tajiman さん プロフィール

  •  
tajimanさん: 地方上級公務員 合格対策室
ハンドル名tajiman さん
ブログタイトル地方上級公務員 合格対策室
ブログURLhttp://www.koumuwin-goukaku.jp/
サイト紹介文地方上級公務員試験に合格するための方法を解説するサイト
自由文地方上級公務員試験に合格するための方法を解説するサイト
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供49回 / 100日(平均3.4回/週) - 参加 2017/07/09 17:16

tajiman さんのブログ記事

  • 【公務員試験】グローバル化した社会に対応した人材育成【論文の書き方】
  • 教養論文対策として、論文の作品例を紹介していきます。こちらの論文は、筆者が試験対策として実際に準備した論文になります。各自、論文を作成する際の参考としてお使いください。まるパクリはだめだぞ!! スポンサーリンク グローバル化した国際社会において活躍できる人材を育成するために、行政は何をすべきか。考えを述べよグローバル化した国際社会において活躍できる人材を 国外の異なる価値 [続きを読む]
  • 【海外】卒業旅行にお得に行く方法【旅行】
  • 本記事では、海外へ卒業旅行に行く先に、お得に航空券やホテルを予約する方法を紹介します。大学生の方々は公務員試験に合格したら、大学時代の最後の思い出に卒業旅行に行かれるかと思います。社会人になったら、長期休暇が取れなくなったり、自分が休みを取れても友達が休みを取れなかったり、いろいろ制約ができてしまいますので今のうちに長期で行っておくことをオススメします。・・・とは言っても、そもそも海外に行くのが初 [続きを読む]
  • 【就活】志望動機の考え方【面接】
  • 本記事では、面接試験で必ず聞かれる志望動機の考え方を解説します。本サイトは地方上級公務員の試験対策を解説するサイトですので例として地方上級の例を挙げて解説していきますが、特別区や国家一般職であっても考え方は同じですので、ぜひ参考にしてください。 スポンサーリンク まず、県のどの部署に行きたいのかを考えるまず、県庁のHPやパンフレットから、自分がどの部署で仕事をしたいのかを [続きを読む]
  • 【就活】自己分析の方法・やり方【面接】
  • 本記事では、自己分析とは何か?また具体的には何をすればよいのか、について解説していきます。そもそも「自己分析」とは何かよく就職活動の面接対策を行う際に、「自己分析」という言葉を聞くと思います。そもそも「自己分析とは何ですか?」と質問されて、皆さん回答できますか?・「自分を分析することです」とか・「社会人になって本当にやりたいことが何か考えることです」とかいろいろな回答が返ってくるかと思います。昨今 [続きを読む]
  • 【地方上級】社会学の勉強方法【独学】
  • 地方上級公務員試験の「社会学」について、勉強法を解説していきます。本記事のポイント・地方上級試験は2問程度出題!・出題は簡単な問題が多く、単純暗記すれば得点源に・社会学史(古代・現代)と社会集団の対策をすればOK・1月から3月の間に対策を行う。社会学は2問出題!社会学は、地方上級試験では2問出題されます。社会学は、いわゆる「学系科目」といわれる〇〇学という科目の中の一つです。学系科目の特徴は、暗記量が [続きを読む]
  • 【地方上級】政治学の勉強方法【独学】
  • 地方上級公務員試験の「政治学」について、勉強法を解説していきます。本記事のポイント・政治学は2問出題・難易度簡単、暗記中心、過去問の類題が多く出題・出題される分野が偏っている・勉強はアウトプット中心・1月〜4月に学習に取り組む政治学は2問出題地方上級試験で政治学は2問出題されます。政治学はいわゆる学系科目といわれる科目になります。地方上級試験における学系科目は財政学、政治学、社会学などがありますが [続きを読む]
  • 【地方上級】財政学の勉強方法【独学】
  • 地方上級公務員試験の「財政学」について、勉強法を解説していきます。本記事のポイント・財政学は3〜5問程度出題・ミクロマクロと内容が半分以上重複、覚える量が少なく簡単に得点源にできる。・ミクロマクロ経済の過去問が終わった年明けから・勉強方法は過去問のアウトプットのみでOK財政学は3〜5問程度出題地方上級試験における財政学は3〜5問出題されます。中部北陸型の場合:3問関東型の場合:5問(参考)国家一般 [続きを読む]
  • 【地方上級】マクロ経済学の勉強方法【独学】
  • 地方上級公務員試験の「マクロ経済」について、勉強法を解説していきます。本記事のポイント・マクロ経済学は5問程度出題される・ミクロ経済学と同様に、難易度は非常に難しく、対策に時間がかる。・対策は試験勉強を志したらすぐに開始すべき・過去問解く→わからないときは解説読む→それでもわからないなら参考書を読む・過去問の一番最初にある、国民所得理論は最後にやる。・ケインズ派と、古典派の考え方の違いを正確に理解 [続きを読む]
  • 【地方上級】ミクロ経済学の勉強方法【独学】
  • 地方上級公務員試験の「ミクロ経済」科目について、勉強法を解説していきます。本記事のポイント・ミクロ経済学は5問程度出題される・難易度は非常に難しく、対策に時間もかかるが、あきらめない!・対策は試験勉強を志したらすぐに開始すべき・過去問解く→わからないときは解説読む→それでもわからないなら参考書を読む・一番最初に学習する「消費者理論」が鬼門・「言葉の定義」を正確に理解する・ノートを「必ず」作成、知識 [続きを読む]
  • 【公務員試験】理想の公務員像【論文の書き方】
  • 教養論文対策として、論文の作品例を紹介していきます。こちらの論文は、筆者が試験対策として実際に準備した論文になります。各自、論文を作成する際の参考としてお使いください。まるパクリはだめだぞ!! スポンサーリンク あなたが考える理想の公務員像とはなにか。考えを述べよ私が考える理想の公務員像は、昨今目覚ましい発展を続けるIoT技術を理解、県民のために安心で便利なIoTによる新たなサ [続きを読む]
  • 【地方上級】地学の勉強法【独学】
  • 地方上級公務員試験の「地学」科目について、勉強法を解説していきます。 ポイント・地学は1〜2問出題される・出題分野は広いが、昨年出た分野は出ない可能性が高い・地学は暗記科目、過去問をアウトプットいて内容を覚える・対策は直前期にやればOK地学の出題は1〜2問地方上級試験において、地学は例年1〜2問出題されているようです。ちなみに近年、国家総合職、国家一般職は地学が出題されていないようです。よって、ほ [続きを読む]
  • 【地方上級】物理の勉強法【独学】
  • 地方上級公務員試験の物理について、攻略法を解説していきます。 本記事のポイント・地方上級試験では1問出題!・苦手な方は勉強しない!・出題は力学が圧倒的に多い、次いで電気、波動・勉強は試験直前期でOK物理は1問出題される。地方上級試験において、物理は1問しか出題されません。よって試験対策としての優先度は最も低い科目の一つです。高校の時センター試験で物理の点数が良かった!などの、物理が得意だという方以 [続きを読む]
  • 【地方上級】数学の勉強法【独学】
  • 地方上級公務員試験の「数学」科目について、勉強法を解説していきます。 本記事のポイント・地方上級試験は1問程度出題!・数学が得意な方以外はスルーしてよい・方程式や関数の問題が多い。・勉強は試験直前期でOK地方上級試験は1問出題。数学が得意な方以外はスルーしてよい数学は、地方上級試験で1問出題されます。それ以外の国家一般職や特別区では出題されません。1問しか出ないので、もともと数学が得意な方は試験対 [続きを読む]
  • 【地方上級】生物の勉強法【独学】
  • 地方上級公務員試験の「生物」科目について、勉強法を解説していきます。 本記事のポイント・地方上級試験は2問程度出題!・苦手な方は、動物・植物の体だけやるのもOK・動物・植物だけで1点は取れるかも・7〜10年前の過去問に注意、その分野の問題が今年出題されるかも・生物が得意な方は、2点狙っていく。・勉強は試験直前期でOK 地方上級試験で生物は2問出題地方上級試験において、生物は2問出題されます。しかし、 [続きを読む]
  • 【地方上級】科学の勉強法【独学】
  • 地方上級公務員試験の「化学」科目について、勉強法を解説していきます。 本記事のポイント・地方上級試験は2問程度出題!・苦手な方は、暗記系科目だけやるのもOK・単純暗記の無機化学だけでも暗記していくと1点は取れるかも・7〜10年前の過去問に注意、その分野の問題が今年出題されるかも・理系で化学が得意な方は、2点狙っていく。・勉強は試験直前期でOK 地方上級試験で化学は2問出題地方上級試験において、化学は [続きを読む]
  • 【地方上級】行政学の勉強方法【独学】
  • 地方上級公務員試験の「行政学」科目について、勉強法を解説していきます。 本記事のポイント・地方上級試験は2問程度出題!・「日本の地方自治」から1問出る!・学習範囲を「日本の地方自治」「行政責任」「意思決定」「官僚論」に絞る・まずは、特別区の過去問を解く・1月から3月の間に、1日で気合を入れて過去問を1週する! 行政学は2問出題!・国家一般職 5問・特別区 5問・地方上級 2問国家一般職や、特別区では行政学 [続きを読む]
  • 【地方上級】刑法の勉強方法【独学】
  • 地方上級公務員試験の「刑法」科目について、勉強法を解説していきます。 本記事のポイント・刑法は2問出題される・他の受験生はあまり対策しないが、難易度は簡単・民法2の代わりに刑法を勉強するべき・勉強は12月までに・過去問2周で十分対策完了 刑法は例年2問程度出題される。労働法は、地方上級試験では例年2問出題されています。出題数が少ないことから、他の受験生の方で対策せずに本試験に臨む方が多い科目です。しかし [続きを読む]
  • 【地方上級】労働法の勉強方法【独学】
  • 地方上級公務員試験の「労働法」科目について、勉強法を解説していきます。 ※注意:本ページをご覧の方で「労働基準監督官」を受験される方。※労働基準監督官は本ページで解説する労働法に対する解説とは大きく異なります。※難易度が段違いに高い傾向がありますので、こちらのページは参考になさらないでください。 本記事のポイント・労働法は2問出題される・他の受験生はあまり対策しないが、難易度はとても簡単・民法2の代 [続きを読む]
  • 【地方上級】行政法の勉強方法【独学】
  • 地方上級公務員試験の「行政法」科目について、勉強法を解説していきます。 本記事のポイント・地方上級試験は8問程度出題!・出題傾向は参考書の隅から隅まで広く出題される!・難易度は特別区より難しく、国家一般職より簡単・過去問は3周してしっかり暗記を定着させる・12月までに、参考書を2周しておくのがオススメ 地方上級試験における行政法の出題数は5問程度まず各試験種において、行政法がどの程度出題されるかですが、 [続きを読む]
  • 【地方上級】自己PRの考え方【面接】
  • 地方上級試験の面接試験で、必ず準備しなければいけないのが「自己PR」です。この記事では、上手い自己PRの作り方を解説してきます。そもそも、自己PRとは何か?よく就職活動の面接をする際に、自己PRという言葉自体は皆さん聞くと思いますが自己PRって何ですか? と聞かれて、回答できますか? 自己PRとは「私は過去にこんな経験をしてきた」「その結果こんなことを学んできた」「この経験は県庁に入社した時にこのように生かせ [続きを読む]
  • 【地方上級】公務員試験の集団討論のコツ・ポイント【面接】
  • 公務員試験で集団討論という面接があります。一般企業でいうところの、グループディスカッションですね。本時期では、集団討論にどのように望めば、人事によい評価がされるのかを解説していきます。まず、集団討論とはなにか社会人になり、仕事を始めると当然一人で仕事をするわけではなく、同じ職場の人と協力して仕事を行っていくことになります。集団討論では「この子がうちに来たら、周りの人と協力してうまく仕事がやっていけ [続きを読む]
  • 【地方上級】判断推理の勉強方法【独学】
  • 地方上級公務員試験の「判断推理」科目について、勉強法を解説していきます。 ポイント・判断推理は、地方上級試験では6問出題・2016年度は判断推理系の「図形」と併せて9問出題された・問題のレベルは国家総合職よりも難しい。応用レベルの理解が必要・判断推理とは「条件を整理して、そこから言える事を推理する」科目である・過去問は、すぐに回答を見てはだめ!じっくり考えること・本試験で過去問と全く同じ問題は「100%出 [続きを読む]
  • 【地方上級】文章理解 英語・英文の勉強法【独学】
  • 地方上級公務員試験の「現代文」科目について、勉強法を解説していきます。ポイント・英文の出題数は5問程度・出題形式は内容把握がメイン・安定して得点するためには、センター試験レベルの語彙力が必要・主に単語を覚える。文法理解は不要・過去問は毎日コツコツ、通年で取り組んでいく地方上級試験における英文の出題数は5問程度まず各試験種において、英文がどの程度出題されるかですが、例年以下の問題数を目安に出題されて [続きを読む]