mami さん プロフィール

  •  
mamiさん: つれづれ日記
ハンドル名mami さん
ブログタイトルつれづれ日記
ブログURLhttps://mami2013.exblog.jp/
サイト紹介文鉄道好きな夫と一緒にウロウロして 見つけた素敵な場所や美味しいもの旅行記。そして日々の備忘録を。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供199回 / 365日(平均3.8回/週) - 参加 2017/07/09 18:54

mami さんのブログ記事

  • 恋人の聖地「牛窓オリーブ園」
  • お天気の良かった10月の末またまた、牛窓オリーブ園に行ってきました。ここには『恋人の聖地』に認定されている”幸福の鐘”があります。この鐘を三回鳴らすと、幸せになるそうです。♪ 恋人や夫婦、二人で一緒に三回鳴らすのが通例だとかで「鐘をならしたいなぁ〜。♪」と言うと、夫は「勝手に鳴らしてこい。」あ〜、結婚して10年も経つと、こうなるんですね。鐘の下に... [続きを読む]
  • 龍泉寺の紅葉
  • 11日の日曜日に紅葉狩りに行って来ました。今年の春に「吉備の山全山縦走大会」の時に歩いた龍泉寺です。ちょうどスタンプラリーをしていて多くの子ども連れ家族が地図を手に歩いていました。広〜い、龍泉寺の敷地はそのまま、最上稲荷の奥の院へ続くのでこれ幸いと、迷子にならないように地図をもらう列に並びます。紅葉のトンネルが見事です。市内でも、こんなに紅葉が... [続きを読む]
  • 近くにできたパン屋さん
  • 先週、スーパーに行ったらジングルベルがかかっていました。ハロウィン終わって11月に入ったばかりなのに今から”年の瀬”の慌ただしさを感じました。すぐ、ご近所にパン屋さんができたのでのぞいてみました。朝食にクロワッサンとキッシュをいただきます。パリッとした食感の後しっとりとした発酵バターの風味が口いっぱいに広がり絶妙のバランスです。こんなに美味しいクロワッ... [続きを読む]
  • 建部まつり 御旅所祭
  • 御旅所に神輿が納まり、神事が始まります。勅の後は神楽です。厳かに3頭の獅子が神輿を目指しながらの神楽奉納です。お囃子にも種類があるようで、地元の人に教えてもらいましたがすぐには覚えられません。💦神事から私のカメラのバッテリーが切れたので今日の写真は夫の撮ったものです。この後は、八社の神社がそれぞれに神楽を舞います。八社がてんでバラ... [続きを読む]
  • 建部まつり 宮入
  • 今更ですが、先月の建部まつりのようすです。昨年は八幡温泉に神輿が集結したところで時間切れになったので今年は最後まで見ようと時間をとってきました!境内の屋台でお昼を済ませた後拝殿の方へ登ってみましたが、まだ誰もいません。この急な坂の上に神輿が収まる御旅所があります。この神社は七社八幡神社といい、建部まつりは中世から続く祭りで郷内の7社の神輿が郷の総社... [続きを読む]
  • 玉島レトロな街並み
  • 円通寺から下りたついでに玉島市街地にも足を運んで見ました。この町にフラメンコスタジオがあるのでよく来ていたのに街歩きは初めてです。玉島はこの羽黒神社を中心に放射状に道路が伸びています。神社へも三方向から登って行けます。本殿はこの丘の上に建ち、昔は島だったのでは?と、調べてみたら「阿弥陀島」という島だったことがわかりました。岡山県の町並保存地区に指定さ... [続きを読む]
  • 円通寺の「しのうどん」が食べたかった〜。
  • 良寛和尚が若いころ修行したお寺円通寺へ登ってみました。芦葺きの屋根はこの地方では珍しいと思います。ここに来たのは小学校の遠足以来で当時はこの素晴らしいお寺の記憶は全くありません。💦でも、オリの中ので飼っていた猿の記憶は鮮明に残っています。良寛さんの像が立っているけど彼がここにいたのは22歳から33歳までです。ちょっと、老け過ぎてて... [続きを読む]
  • 久々の沙美海岸
  • ちょっと、どよ〜んとした平日の昼下がり沙美海岸へ行ってみました。5年ぶりくらいかな?日本の渚百選にも選ばれている海岸です。たしか、一部は人工海浜だったと思います。それでも、いい景色。県内の中ではいちばん好きな海岸で特に秋に訪れます。ちょっと、瀟洒な建物と門があったので近寄ってみたら美術作家の高橋秀氏のアトリエでした。芸術かと呼ばれ... [続きを読む]
  • 千歳空港から岡山へ
  • 千歳空港です。4日間滞在した北海道ともお別れです。ここで、ちょっとしたアクシデントが!小樽へ行く時、札幌駅の地下で迷って散々、父を歩かせたので保安検査場を確認しておこうと土産物屋さんで父と別れます。が、戻って来た時には父がどこにもいない!土産物を見てまわるのが大好きな父 ?、夢中になりすぎているのか?あちこち探してもいません。スマホで連絡をとろうにも、... [続きを読む]
  • ノスタルジックな小樽駅
  • 旅の最後は小樽駅へ。ノスタルジックで国鉄小樽駅と呼ぶ方がふさわしい。一瞬、止まっているのかと思う時計も現役です。ランプ改札に入る前になぜ気がつかなかったのか。これ、夜になると全部、火が灯るのかな?第三回プラチナブロガーコンテストを開催!旅行・お出かけ部門に応募します♪ [続きを読む]
  • 新鮮市場 うろこ番屋
  • クルージングから戻ると遅い昼食をとるためホテルの隣にあった「新鮮市場うろこ番屋」さんへ。お店の前にあったこのカットフルーツに魅かれてフラフラと。父は家族へのお土産に毛ガニが欲しいとフラフラ。さっそく、富良野のメロンをいただきます。芳香な香りで甘くて美味しい〜。?えぐみが全くないメロンで一切れ400円はお安いのでは?毛ガニです。生きた毛ガニ... [続きを読む]
  • オタモイ海岸で紅葉狩り
  • もう少し長居したかった青の洞窟を後にします。帰りはオタモイ海岸の紅葉を愛でながら帰ります。オタモイとはアイヌ語の「砂の入り江の意」に由来するといいます。写真はかつて、この景勝地にあった一大リゾート施設の跡で今残っているのは高級料亭「竜宮閣」の唐門だそうです。こんな人を寄せ付けないような断崖絶壁に「オタモイ遊園地」と京都の清水寺を彷彿とさせる建物「竜宮閣」... [続きを読む]
  • 青の洞窟へ
  • 烏帽子のような岩礁が見えてきました。ここは、トド岩といい冬から春にかけてトドの群れがやって来るそうです。この岩自体、トドが頭を持ち上げているようにも見えますねぇ。それよりも、日本でトドに出会えることすら知りませんでしたよ〜。水族館で見ても大きなトド、野生のトドをこんな至近距離で見られたらとっても迫力があると思います〜。ここからまた猛スピードで国定公園をクルー... [続きを読む]
  • 秋の運河と小樽海岸国定公園クルージング
  • 北海道は岡山と比べると朝日が登るのが早いです。朝食後ブログをアップしていると父は「旅の時間がもったいない。」とサッサとクルージングへ出かけました。部屋の窓から見ていると3分後には始発の列に並んでいます。ブログを送信後、中央橋の上で船が戻ってくるのを待ち落ち合います。そして、一緒に向かったのが小樽港の竜宮埠頭でボートクルーズを楽しみます。前日までの予... [続きを読む]
  • 北海道素材たっぷりのビュッフェレストラン
  • ホテルの朝食はビュッフェで、とっても豪華でした〜。🎶数ある生野菜の中から選んだサラダと勝手丼。すし飯の上に、サーモン、甘海老、烏賊、鮭フレークなどなど北海道の新鮮な魚介類を好きなだけアレンジしてトッピング!ライブ感があります〜。🎶ホテルのHPの盛り付けはこんな風に見目麗しく写っています。レストランは多くの人がいらした... [続きを読む]
  • 最上階の展望バーラウンジ ドゥウオモロッソ
  • 夜の小樽散策から戻ってきたら最上階にあるバーへ。今年の2月にリニューアルオープンしたばかりの室内は赤と黒を基調にした大人っぽい内装です。最上階にあるから小樽運河も港も一望できるはずですが20時からのオープンなのでちょっと、残念!カウンターのバックには多くのアルコール類が。天井は外観のドームをそのまま見ることができます。父がおとなしくダー... [続きを読む]
  • ジンギスカン倶楽部 北とうがらし
  • 念願のジンギスカンの夕食です。?札幌では、アリスさんからおススメのジンギスカンのお店を教えていただいていたのに台風の強風で持参した傘の骨が折れてしまい諦めてしまっていたのです。すでに1階席は満員で2階に通されました。予約をしていて正解でした。🎶ジンギスカンのお店というと脂ぎった店内を想像していましたが清潔感のある居心地のいい落ち着いた内装... [続きを読む]
  • 運河の周りをそぞろ歩き
  • 「OTARU TIMES GARTEN 」を出て歴史的建造物の倉庫をお写んぽします。この建物は外国人観光客向けの和食屋さんです。旧篠田倉庫といい「木骨煉瓦造」という聞きなれない構造です。石造の多い倉庫群の中で煉瓦の壁がひときわ目立ちアクセント的な倉庫でした。「びっくりドンキー」の店舗も倉庫街に入っていてビックリ!歴史的建造物にお馴染みのこの看板景観条例に... [続きを読む]
  • OTARU TIMES GARTEN 小樽タイムズガーテン
  • 人力車を降りたらお茶をしようと運河沿いを歩きます。辺りが少し暗くなってきたので時計を見ると、まだ4時前。北国の日暮れは早い!見つけたのは、歴史ある石造りの倉庫群にある「OTARU TIMES GARTEN 」小樽タイムズガーテンです。8月にオープンしたばかりのお店です。思いのほか広い店内で天井も高くひとつひとつの席が贅沢に仕切られています。... [続きを読む]
  • 小樽人力車で浪漫旅Ⅱ
  • 日本郵船からの続きです。設計者は佐立七次郎氏で現東大工学部の第一期生だそうです。同期は辰野金吾(日銀小樽支店・東京駅)、片山東熊(迎賓館)曽禰達蔵(三井銀行小樽支店)と錚々たる顔ぶれです。中は見事なインテリアで見学できますが、今回はパスです。門司の旧日本郵船の建物はアメリカ式のオフィスビルでしたがこちらはルネサンス様式の重厚な建物です。窓はすべて二重ガラ... [続きを読む]
  • 小樽人力車で浪漫旅Ⅰ
  • 声をかけてきたのは人力車の車夫の今?さん。ちょっと、迷いましたが「ガイドブックには載っていない穴場も案内します。」の言葉が決め手でした。まずは小樽港へ向けて走り始めます北前船が日本全国の港を巡っていた頃北海道でニシンや石炭、昆布、鮭、鱈などを積み各地で売り本州からは、米や調味料、鉄、綿、薬、反物や衣類など生活物資を積み込み売買しながら北上したそうで... [続きを読む]
  • 小樽に到着
  • 海から、こんなに近いんだ!小樽に到着し、駅から出た途端この風景。沖に白い船が行きかって、港町そのものです。小樽の運河沿いの倉庫群のことくらいは、下調べして海が近くにあることも知っていたけれど坂の上に駅があり港が見降ろせるなんてある意味、絶景じゃありませんか!ホテルの部屋からも最高の眺めです。すぐ下を見降ろせば小樽運河と埠頭へ続く中央橋。... [続きを読む]
  • ホテルノルド小樽
  • 小樽は「ホテルノルド小樽」に泊まりました。🎶地球の歩き方、札幌特派員の市乃宮さん、おススメのホテルで予約を入れたのですが想像以上に素晴らしいホテルでした!お部屋からは小樽運河が見えその奥には小樽湾が広がっています。素晴らしいロケーションですよ〜。運河沿いにある新しくできたレストランから見ても大理石の外観がいい感じです。朝日を... [続きを読む]
  • 魚活魚とあぶり焼 海
  • 北海道に来て3日目です。2日間は台風と舞台で観光はできませんでしたが今日から小樽に向かいます。小樽行きの電車に乗る前に札幌駅の地下でランチを「魚活魚とあぶり焼 海」でいただきます。天ぷらとお刺身の御膳です。ご飯は十穀米で大盛りです半分も食べられませんでした。お値段が安くて期待は全くしていなかったのですがお刺身、めっちゃ新鮮で美味しい!目にも... [続きを読む]
  • 岡山桃太郎空港
  • 朝、空港にやって来ました。今年から「岡山桃太郎空港」と名前を変えています。公募で決まったそうですが名前が決まり披露の瞬間「ああ…、やっぱり。」誰でも知っているネーミングという条件なら「岡山橋本龍太郎空港」とかがよかったなぁ。鳥取の「名探偵コナン空港」みたいに桃太郎がそこら中にいるのかなと思ったけどこの程度でした。飛行機に乗るのは。8年ぶりくらい... [続きを読む]