井上剛(ごう) さん プロフィール

  •  
井上剛(ごう)さん: 50代からの出会いと恋愛
ハンドル名井上剛(ごう) さん
ブログタイトル50代からの出会いと恋愛
ブログURLhttps://xn--l8je7h.tokyo/
サイト紹介文50代こそが恋愛最強の世代、50代だからできる恋愛論
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供40回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2017/07/09 19:22

井上剛(ごう) さんのブログ記事

  • 50代男性が女性を落とす視線の使い方
  • 女性とコミュニケーションをとるときに、言葉以外のテクニックとして重要なものに視線の使い方があります。そもそも、女性と話す時に、情熱的な目力があると初対面でも好印象を残す事ができます。こういった言葉以外のテクニックを使えば、かなりの高確率で女性を落とすことができます。視線の3要素を意識する。出会いの瞬間から、相手の目をしっかりと見つめて、見つめる時間をとることで、女性に対して、あなたの好意を印象づけ [続きを読む]
  • モテる男はサイトやアプリで出会っている
  • セフレがたくさん作れる時代男の都合のいい願望に「セフレを多数キープしておきたい」そういうのがあります。もしかしたら、女性にもこういった願望はあるかもしれません。これは、良い、悪いということではなく、男とは、そもそも、そういう動物だということに過ぎません。しかし、まあ普通は、そんなことなかなかできないのですが、インターネットが出会いを大きく変えた結果、誰でも、セフレキープなど簡単にできるようになって [続きを読む]
  • 50代男性が20代女性との会話で注意すること
  • 50代男性は恋愛において、最強の世代です。これは間違いありません。しかし、だからといって、誰もがモテるわけではありません。なかでも、20代女性に対しては、その対応を注意しなければ、ただの「優しいおじさん」で終わりかねないのです。そこで、ここでは、50代男性が若い女子相手に、特にやってはいけない言動について説明しておきます。自分を「おじさん」と自称しないまずもっとも50代男性が20代女性に対してやってはいけな [続きを読む]
  • あげまん女性の見つけ方
  • 世の中には「さげまん」の女性がいますが、反対に「あげまん」の女性も確実に存在します。「さげまん」とは、肉体関係を持った男性の運気を下げ、不運な巡り合わせにする女性を「さげまん」といいます。反対により良い巡り合わせにする女性を「あげまん」といいます。男なら、女性と恋愛をしパートナーとなっていく時に、できればこの「あげまん」女性と付き合えると、誰もがいいなと思うものです。付き合う前にあげまんかどうかを [続きを読む]
  • さげまんの本質とは精神的な傾向
  • 世の中には、「さげまん」と呼ばれる女性がいます。「さげまん」とは、肉体関係を持った男性の運気を下げ、不運な巡り合わせにする女性を「さげまん」といいます。反対により良い巡り合わせにする女性を「あげまん」といいます。同じ付き合うのならまちがいなく「あげまん」と付き合いたいものですが、なかなかそれを判別できません。かといって、付き合う前から「さげまん」かどうかなどなかなかわからないものです。さげまんの判 [続きを読む]
  • ミステリアスな男が女の好奇心を刺激する
  • 女が男のすべてを知りたがる理由女性の多くは、男性よりも好奇心が旺盛です。その原因は、やはり原始時代にさかのぼります。現在のように、科学知識が発達していない原始時代には、次に何が起こるかまったく予想できません。雨が降るのか、嵐になるのか、雷がおちるのか、全くわからないのです。さらに、突然、猛獣に襲われるかもしれません。こういった環境の中で、生き抜いていくには多くの情報を必要としていました。雨が降る気 [続きを読む]
  • 女が抱かれたいと思う男
  • 女が抱かれてもいい男とはあるアンケートに次のようなものがありました。「抱かれてもいい」と思う男性の特徴というものです。その結果がこちら1位:清潔感がありいい匂いがする男性……29%2位:紳士的で女性の扱いが上手な男性……23%3位:顔がタイプな男性……21%4位:声がタイプな男性……12%5位:体型がタイプな男性……12%さて、この結果を踏まえて、どのように感じましたか?イケメンはそれほどモテないこの結果で注目 [続きを読む]
  • 50代男性が一瞬でモテるようになる5ステップ会話術
  • 50代男性が恋愛勝者になる会話術50代を過ぎたら、どんなハンサムであっても、老齢化が進んできて、顔にはシワが増え、お腹もたるんでしまい、もはや顔や体で勝負することはできません。しかし、決してハンサムではないのに、イケメンじゃなくても、オヤジであってもモテる方法があります。それが、話し方です。あなたも覚えがあるかもしれませんが、いつも女性が側にいる50代野男性。飲み会などでやたらとモテている50代の男性。そ [続きを読む]
  • 50過ぎだからと恋愛から逃げていないか
  • 出会いがない50代男性が今すぐすべきこととはなかなか女性と巡り合えないのは、「出会いがない」から・・・はたして、それ本当ですか?「出会いがない」これは、恋愛相談を受ける50代の男性から、必ず出てくる言葉です。もしかしたら、「出会いがない」という言葉で、ただ恋愛から逃げているだけではありませんか。そこで今回は、「出会いがない」と悩んでいる50代の男性が、今すぐすべきことを、ここで、明確にしておきます。まず [続きを読む]
  • 50代男性が最低限の努力で彼女を作る方法
  • 50代を過ぎて彼女が欲しい彼女が欲しい。既婚未婚問わずに、そう思ったとき、まず何をしたらいいのでしょうか?出会いの場に足を運んでみたり、恋愛ノウハウを学んでみたり、マッチングアプリを試してみたり。人それぞれいろんな努力をすると思います。しかし、その努力はほとんど失敗に終わってしまいます。多くの恋活や婚活を始めた50代の男性が「なかなか上手くいかないなあ」と感じるようです。恋活・婚活サービスはいろいろあ [続きを読む]
  • 50代男性は恋愛の本質を理解しておこう
  • 恋愛の本質とは何でしょうか私の専門は、基本ビジネスなので、「お金とはどうやったら稼げるのか?」こういったことを教えていたりします。お金を稼ぐ本質とは、一言で言ってしまえば「価値と価値の交換」 だということです。もう少し分かり易く言うと、子供の頃に お婆ちゃんの肩叩きした代わりに駄菓子を買ってもらうというあれです。あるいは、友達の宿題を手伝って120円の 缶ジュースを奢ってもらう感覚ですね。つまり、何 [続きを読む]
  • 女性にモテたければお洒落に気を使うだけでいい
  • 女性に好かれる為にはまず見た目から女性に好かれるためには、とにかく見た目が重要になります。どれだけ重要かというと、次のような女性に対する楽天オーネットのアンケートがあります。「初対面の相手の印象は会ってからどのくらいで決まりますか?」「会った瞬間」31.3%「会ってから数秒」24.2%「会ってから2〜3分」19.8%「会ってから10分程度」11.5%「会ってから10分以上」13.2%つまり、会ってから数分で7割が印象を決め [続きを読む]
  • いい人になるな!ゲス男になれ!
  • 「いい人」という言葉は男性にとって侮辱ですあなたは「いい人」と聞いてどうんな印象を持つでしょうか?少なくとも私は、女性にモテそうな男性とは思えません。安全な男として女性から重宝されるかもしれませんが、まず、まちがいなく恋愛の対象からは外されている場合に使われるのが「いい人」という言葉です。だから、「本当にいい人よね」なんて女性から言われても少しもうれしくないし、むしろ侮辱されたと感じてしまいます。 [続きを読む]
  • モテる男というのは余裕のある大人の男こと
  • 余裕のある大人の男を目指せそもそもどのような男がモテるでしょうか?もちろん人によって、好みが分かれるので一つのタイプと言う訳にはいきませんが、それでも絶対的にモテるタイプというのが存在します。それが、「余裕のある大人の男性」です。ほとんどの女性が余裕のある男性に惹かれます。これは、周囲にいるモテるといわれる男性を観察してみれば、直ぐに気が付きます。彼らは、どこか落ち着いていて、大人の余裕を持ってい [続きを読む]
  • モテる男というのは余裕のある大人の男
  • 余裕のある大人の男を目指せそもそもどのような男がモテるでしょうか?もちろん人によって、好みが分かれるので一つのタイプと言う訳にはいきませんが、それでも絶対的にモテるタイプというのが存在します。それが、「余裕のある大人の男性」です。ほとんどの女性が余裕のある男性に惹かれます。これは、周囲にいるモテるといわれる男性を観察してみれば、直ぐに気が付きます。彼らは、どこか落ち着いていて、大人の余裕を持ってい [続きを読む]
  • 女運の悪い男は優しい男が多い
  • 男運と女運巷でよく耳にする「男運が悪い女」という言葉。あなたも、そんな言葉を聞いたことがあると思います。一方で、「女運が悪い男」ってのはどうでしょうか?この場合は、実はあまり身近にいないとおもいませんか。付き合った人が浮気ばかりしたり、汚部屋でも平気な超だらしない人だったり…。付き合ってから「こんなはずじゃなかった…」と思うくらいではありませんか。ただ、これは、ただのダメ女だけであって、女運が悪い [続きを読む]
  • モテたければ女性の前で心を裸にすること
  • 自慢話は女性に嫌われる女性にとって、一番嫌われるトークが自慢話ですしかし、世の男たちからは自慢話が止まりません。飲み会なんかでよく見かけるのですが、とにかく世の男たちは自慢話が好きなようです。自分を大きく見せたいのか、とにかくかっこつけたい。それを聞いていた女性から「え〜ほんとですか〜、○○さんてすご〜い」なんて言われたら、とにかく最高に気分がいい。確かにこの気持ちはよくわかります。しかし、一番嫌 [続きを読む]
  • 女性は男の何倍もスケベな生物
  • 女性を口説けない男が多い世の中には、最後の最後で女性を口説けない男が多すぎます。「なぜ、そこで躊躇する?」「そこで押さなくてどうする?」そんな、じれったい男がとにかく多いのです。女性の方はとっくにOKを出しているかもしれないのに、「もし断られたら・・・]「今までの関係が・・・」そんなことを考えて、踏みとどまってしまっているのです。女性の方が圧倒的にスケベである最後の一押しができない男性が知らない重 [続きを読む]
  • 女性は男の何倍もスケベな生物
  • 女性を口説けない男が多い世の中には、最後の最後で女性を口説けない男が多すぎます。「なぜ、そこで躊躇する?」「そこで押さなくてどうする?」そんな、じれったい男がとにかく多いのです。女性の方はとっくにOKを出しているかもしれないのに、「もし断られたら・・・]「今までの関係が・・・」そんなことを考えて、踏みとどまってしまっているのです。女性の方が圧倒的にスケベである最後の一押しができない男性が知らない重 [続きを読む]
  • デートで女性に財布を開かせない
  • 最近のデートは割り勘が当たり前最近は、デートでも割り勘が当たり前だということをよく聞きます。まあ、昔と違って、女性も男性と同じくらい働くのが当たり前の時代ですし、実家暮らしだと生活費もあまりかからないから、安月給で独り暮らしの男よりも平均的にお金を持っています。これは確かに事実でしょう。合理的に考えれば、確かに割り勘が当たり前かもしれません。さらには、男性が「ここは奢るから」といっても、女性の側が [続きを読む]
  • デートでは女性に財布を開かせてはいけない
  • 最近のデートは割り勘が当たり前最近は、デートでも割り勘が当たり前だということをよく聞きます。まあ、昔と違って、女性も男性と同じくらい働くのが当たり前の時代ですし、実家暮らしだと生活費もあまりかからないから、安月給で独り暮らしの男よりも平均的にお金を持っています。これは確かに事実でしょう。合理的に考えれば、確かに割り勘が当たり前かもしれません。さらには、男性が「ここは奢るから」といっても、女性の側が [続きを読む]
  • モテオヤジとは野獣紳士のこと
  • 女性は優しい男が好き女性は優しい男が好きな生き物です。中でも、さりげない優しさが大好物です。これ見よがしな恩着せがましい親切はむしろ不快に感じる場合が多いので、そこだけは注意が必要ですが、基本的に、「女性には優しく」を心がけておくだけで、おもわずチャンスが巡ってきたりします。だから、普段から紳士的な態度で女性と接している人も、これを読んでいる人には多くいると思います。これは、基本的には間違っていま [続きを読む]
  • モテオヤジとは野獣紳士のこと
  • 女性はさりげない優しいさが好き女性は優しい男が好きな生き物です。中でも、さりげない優しさが大好物です。これ見よがしな恩着せがましい親切はむしろ不快に感じる場合が多いので、そこだけは注意が必要ですが、基本的に、「女性には優しく」を心がけておくだけで、おもわずチャンスが巡ってきたりします。だから、普段から紳士的な態度で女性と接している人も、これを読んでいる人には多くいると思います。これは、基本的には間 [続きを読む]
  • 50代男性の為の恋愛必勝法則
  • 押してもダメなら引いてみろはウソ「押してもダメなら引いてみろ それが、テクニックだ!」恋愛に関して、こういったことをまことしやかに言う人がいます。しかし、こと恋愛においては、これは、まったく役に立ちません。こんなことを言っている人は、たいていの場合、まともな恋愛を知らない負け犬なのです。なぜなら、引いているうちに別の男に狙っている女性をかっさらわれる可能性が高く、こんなことをしていたら単なるマヌケ [続きを読む]
  • 50代男性が恋愛勝者になりたければ社長になれ
  • とにかく長が付くと女性にモテる女性は「〇〇長」という言葉の響きに弱いものです。こどものころから、生徒会長や学級委員長はモテるものです。これは、大人になっても同じで、女性は長が付く男に弱いものです。社長であれ、PTA会長であれ、どんなちっぽけな権力であっても女性は惹きつけられていきます。なかでも社長は最強です。社長って、なんかすごそうで、お金持ってそうですから。だから、自分の会社をもって、名刺に代表 [続きを読む]