安らぎの里 さん プロフィール

  •  
安らぎの里さん: 安らぎの里
ハンドル名安らぎの里 さん
ブログタイトル安らぎの里
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/hirokon-nk
サイト紹介文ホッとすること・笑う事・泣くこと・前向きに考える事・・とうとう・・ 日々つれづれなるままにつぶやい
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2017/07/09 20:17

安らぎの里 さんのブログ記事

  • 一番可愛いころ・・・(^^♪
  • 一番可愛いころ・・・(^^♪今は4年生になっている「お姉ちゃん」の、これは2才になるかならないかの時の絵をお父さん(次男が)描きました。それは通っている保育園での行事で描かなければならなくなったのか?自分の意志で描いたのか解りませんが・・私のお気に入りです。特徴をよくとらえてちょっとデフォルメして描いているのが面白いです。絵を描くのがプロの仕事をしているお父さんですから、もっともっと可愛いころの [続きを読む]
  • 折り紙・・・
  •     折り紙・・・孫の玩具も最近はあまり買いません。大体はゲーム形で遊んでしまうので退屈せず、何時間でもゲームで遊びます・・。玩具のスマホも内容はゲームが入っています。可愛い内容のゲームですが。。上の子が4年生で、下の子が3才なのである程度共通して遊べる内容です。二人とも女の子です。アンパンマンの縫いぐるみは下の子は離しません。犬のぬいぐるみ、泣いたり、動いたり、反応するものでも、しな [続きを読む]
  • 夏バテ? 気疲れ?
  • 夏バテ? 気疲れ?昨日、次男家族が帰っていきました。まだいる間に私の体調が崩れ病院行でした。いつもは駅まで見送りに行くのですが、駅に行く元気もなく家で別れました・・・年々、体力低下してるのがわかります。少しずつ回復しています。こちらもぼつぼつのペースでいきます。よろしくお願いします。では又〜〜   [続きを読む]
  • お盆ー次男家族の帰省
  • お盆ー次男家族の帰省  今日から(夕方)一週間賑やかになります。(嬉しさ半分、帰っていくことを考えると虚しさ半分)ネガティブな私です。その間しばらくお休みします。誰にもブログの事は知らせていません。(^^♪皆様もお体ご自愛下さい。熱中症もまだ油断は出来ないでしょうね。すきまを縫って、現れるかも・・・では又〜〜   [続きを読む]
  • ヨルガオ(夜顔)
  • ヨルガオ(夜顔)ヨルガオ(夜顔)  ヒルガオ科 別名:ユウガオ(夕顔)  花期:夏〜秋 ユウガオ(夕顔)と呼ばれることもありますが,ユウガオは、ウリ科の植物でカンピョウをとるもので,まるっきり別のものです。※みなさま、「朝顔」・「昼顔」・「夕顔」・「夜顔」があるのをご存知でしたか?私は知りませんでした。昼顔があるのも知りませんでした。昼顔は朝顔と大きさも同じくらいだと思う。夕顔は他の [続きを読む]
  • ミソハギ(禊萩)
  • ミソハギ(禊萩)ミソハギ(禊萩)  ミソハギ科               別名:ボンバナ(盆花)  花期:夏 夏のお盆の時期などに仏壇や墓に供えられます。旧暦のお盆の頃に咲くのでボンバナ(盆花)とも呼ばれるそうです。2 枚の葉が交互に対生し,赤紫の花がきれいです。 語源は禊萩(みそぎはぎ)だとも溝萩(みぞはぎ)だとも言われています。後者の語源が示すように,山野の湿地に生える多年草です。 [続きを読む]
  • 長崎の鐘
  • 長崎の鐘今日は8月9日 長崎に原爆を落とされた日。3年ほど前、大正琴の演奏でどうしてもこの曲を弾きたかったので必死に練習し、発表しました。作詞:サトウハチロウ 歌:藤山一郎二人とも私の大好きな人です。音だけをブログに挙げたいのですが、いろいろ調べても、私には解りません。・・"(-""-)"あきらめました。また調べたいと思っています。この曲までに「モンテンルパの夜は更けて」「異国の丘」「岸壁の母」など [続きを読む]
  • 涼しい・・・
  • 涼しい・・・昨日、今日と、涼しすぎ?又、暑くなると言っていますが、差が激しいですね。気候も落ち着かない・・台風、大雨、酷暑、体がもちません。日本の四季が無くなっていくみたいな気がします。気持ちのいい季節、春と秋がどこかへ行ってしまって寂しい・・もうちょっと何とか昔の気候に戻ってほしいです。寂しいと言えばパソコンでの話、古いワードのバージョンで出来ていた事が新しくなるにつれ、できなくなっていく。 [続きを読む]
  • ブログを初めて6月12日で1年が経っていた。
  • ブログを初めて6月12日で1年が経っていた。その日から何日かおきに(2日置き?、3日置き?)、「1年前のあなたの投稿」がメールに入ってくる。「想い出を振り返ってみませんか?」「1年前に書いた記事の感想を書いてみませんか?また、ライフログとして1年後の自分に向けて素敵な思い出をブログにまとめましょう♪」 ーgooブログー親切だなとも思うし、せかされていると感じる時もある。。記事が描きやすいようにとの [続きを読む]
  • 8月6日 広島「原爆の日」
  • 8月6日 広島「原爆の日」8月6日 午前8時15分17秒1945年(昭和20年)広島に原爆が落とされた日付・時間です。「広島平和記念式典」が行われます。ました。。うん十年前、一度だけこの式典に参加しました。年々、テレビでの報道も、扱いが薄れていくような感じがします。高校野球、先日の豪雨の被害、日体大、ボクシング・・・のニュースも大事ですが・・8月6日「広島」・8月9日「長崎」 平和を祈り願う日にしたい [続きを読む]
  • 昔の絵-猫ちゃん
  • 昔の絵-猫ちゃん沢山描いたトールペイントの絵で一番お気に入り。猫ちゃんが好きなのでフワフワ感が出せたかな?お昼寝している猫ちゃんの幸せそうな雰囲気が出たかな?本当は飼いたいのですが・・・・"(-""-)"私が子供の頃は犬と猫、一緒に家にいました。今日は朝から町内の溝掃除でひと働きしました。あまり汗をかかない私が汗をかきました。:;(∩´?`∩);:今日も見ていただいて有難うございました。では又〜 [続きを読む]
  • 半夏生(はんげしょう)
  • ハンゲショウ(半夏生)ハンゲショウ(半夏生)  ドクダミ科  花期:初夏   “半夏生”とは太陽の黄経が 100 度になる日で,夏至から 11 日目(7 月の 2 日頃)です。植物としての“半夏生”もこの頃に花をつけるからこの名前になりました。 別の説では,花に近い葉っぱの一部が白くなり花よりも目立つので,“半化粧”だともいわれます。夏の暑い中で、ちょっと涼し気です。今日 [続きを読む]
  • 母の俳句 〆くくり
  • 母の俳句 〆くくり今日は昨日より暑かったように思います。クーラーを入れて、廊下へのドアは開けたままにしています。部屋と廊下の温度差がこわいので。。今日はそうしていても、部屋をでて廊下に一歩出るとその暑さたるや、今までにないものでした。恐いくらいです。でも暑いと言っても涼しくならないので・・・母の俳句の締めくくりをブログに挙げて、気を紛らします。下の句が母が一番自分ではお気に入りだったのだと思い [続きを読む]
  • この暑さ!!
  • この暑さ!!今日の暑さ、頭の中がぐちゃぐちゃになるほどの暑さだった。。今日は昼から、パソコンの授業があったから気持ちがシャキッとなったけど仕事がない時は気力、体力が動かない・・・・($・・)/~~~まだしばらくこの暑さがつづくらしい・・・授業中はクーラーが聞いている部屋の中だからいいけれど、涼しいところから暑い外へ出たときの暑さ、目が回るほどです。($・・)/~~~まぁまぁそんなに熱くならないで落ち [続きを読む]
  • ノースポール
  • ノースポールノースポール  キク科    別名:パルドーサム  花期:春〜初夏 マーガレットに似ていますが,草丈も花の大きさも小さめです。春早くから初夏まで長く花壇を彩ってくれ ます。少し前に挙げた「ナツシロギク」とにていますが、よく見ると違います。ナツシロギク ↓(花の形も、葉っぱの形もちがいますね。)でも、夏の暑い時に白い花涼しげでいいですね。。。今日も見て [続きを読む]
  • 母の俳句ー8
  • 母の俳句ー8母の俳句、いっぱいある中で私が、いいなと思うのを冊子にして母が元気な間にプレゼントできたので喜んでくれただろうと思っています。毎年花見の季節に近くの公園の土手で、私の家族、姉の家族、母の妹夫婦、3家族が花見をしていました。この中の最後の句が胸に刺さります。この年が母と一緒の花見の最後になりました。冊子の裏表紙(母の干支はうさぎでした)台風、まだ九州でうろうろしていま [続きを読む]
  • 母の俳句ー7
  • 母の俳句ー7台風、私のところは、被害勧告は出ましたが、無事被害も無く今は静かな日常に戻っています。が・・・・過ぎた後に大雨があるとか言ってましたから、まだ油断はできないのかな?現在、台風の最中の地域もありますのでくれぐれも被害がないことを願っています。母の俳句、珍しく変わったものに目を付けた句がありましたので、まとめてみました。   珍しい進路の台風、初めてですが、今後なにがおこ [続きを読む]
  • 母の俳句ー6
  • 母の俳句ー6私が写真を撮り始めて、暫くした時、「フォト五七五」というものがあることを知りました。写真と俳句のコラボ。母に頼んで、私の撮った写真を見て俳句を創ってもらいました。右端のが特にお気に入りです。紅シジミ蝶も好きです。  このブログでも、何回目かの登場です。明日、台風どうなるのでしょう??"(-""-)"嫌です。今日も見ていただいて有難うございました。では又〜〜   [続きを読む]
  • 母の俳句ー5
  • 母の俳句ー5義兄が亡くなったのは、義弟が亡くなったあくる年だった。。体調が悪いと言って、病院で診てもらったら即、大きい病院を紹介され入院、手術・・・あっという間の出来事でした。手術出来ない状態だった。それでも体調が楽な時は仕事を続け、2年ほど闘病し、天国へ旅だった。40歳半ばだった。世間では良いことは重ならないけれど、悪いことは2つも3つも重なるといわれるが、本当にそうだった・・・。手術を待っ [続きを読む]
  • 母の俳句ー4
  • 母の俳句ー4冬の句です。カレンダー・・・が好きです。家から駅まで歩いたら30分はかかる遠い道を(自転車なら10分くらい)通勤していました。40分ほど汽車に乗って、京都駅まで何年間か通いました。母は歩いてですから30分かかる道を娘のために迎えに来てくれたんですね。。。最期の胡蝶欄・・・は、義弟(夫の弟)がハウスでいろんな花をそだてていました。胡蝶蘭は新しい花を育て始めて無理をしたのか、一夜のう [続きを読む]
  • 母の俳句ー3
  • 母の俳句ー3たった「1反」の田んぼでしたが、良く田んぼの世話をしました。田植えも手で植えて、稲刈りの後は麦も育て、麦踏もしました。昔は機械もなく、手作業で一応の事はしてきました。母は京都生まれ、京都育ちでしたが、頑張り屋さんでした。その母の背中を見て、母を助けたい一心で手助けをしました。そんな中から生まれた俳句。私が好きな句は右端の「迷い傘・・」です。今日は少しましだったのかな?こう [続きを読む]
  • 母の俳句−2
  • 母の俳句−2母の俳句は素人の私には解りませんが、今、流行の芸能人がいろんな分野で腕を競い合う「プレバト」という番組でも俳句がありますが。見れるときはいつも見てます。母の俳句のランクは解りませんが、誰が見ても、分かりやすい言葉で創られていると思っています。身近な毎日の生活の一部を日記のように創っていました。孫の事、私の大正琴の事、等々表紙41度を超える暑さが出てしまいましたね!!( ゚ [続きを読む]
  • 母と俳句
  • 母と俳句母が亡くなって今年で10年が来ようとしている。年末の12月25日で、年賀状も出してしまった後でした。。苦労して私達(女ばかり3人の姉妹)を育ててくれた母でした。絵を描いたり、俳句を作ったり、人形を1からの手作りで創ったり、器用な母でした。母の作った俳句を私がパソコンで入力し、一冊の本にして母に渡しました。少しづつ紹介しようかなと・・・・しばらく私の思い出に付き合ってください。いろいろ有 [続きを読む]
  • 昭和ー22
  • 昭和ー22(明治・大正・昭和)金子 みすゞ  1903年(明治36年)4月11日〜1930年(昭和5年)3月10日大正時代末期から昭和時代初期にかけて活躍した日本の童謡詩人。大正末期から昭和初期にかけて、26歳で死去するまでに500余編もの詩を綴ったとされる。西條八十からは「若き童謡詩人の中の巨星」と賞賛された。が・・・決して,幸せな人生では無かった。23歳で結婚したものの、文学に理解のない夫から詩作を禁じら [続きを読む]
  • ウツギ(空木)
  • ウツギ(空木)ウツギ(空木)  ユキノシタ科         別名:ウノハナ(卯の花)       花期:春 別名は,♪卯の花の匂う垣根に...という,あのウノハナ(卯の花)です。山野でもよくみられます。茎が中空なので空木と呼ばれます。※「卯の花」!知らなかったな〜 良く歌っていた歌。。 見ていても卯の花 と気づかず認識していなかったのだろう・・・ 卯の花の匂う垣根に ホトトギス早も来鳴き [続きを読む]