TOMO さん プロフィール

  •  
TOMOさん: フランスの田舎で、人と地球に優しいエコ生活
ハンドル名TOMO さん
ブログタイトルフランスの田舎で、人と地球に優しいエコ生活
ブログURLhttps://ameblo.jp/tomokofrance/
サイト紹介文アーティストで自然を愛するフランス人パートナーと、エコ生活。健康で笑顔が続く地球生活を目指して。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供76回 / 101日(平均5.3回/週) - 参加 2017/07/10 17:36

TOMO さんのブログ記事

  • フランス方式の婚姻
  • 自分の自己紹介パートナーの自己紹介最近、友達や知り合いが結婚するという嬉しいお知らせが舞い込んできましたーーーーーーーーーーーーーーーーーーそういえば、1年前、39回目の誕生日、ある決断をしました。今まで、いろいろあったので、両親にこれまでの感謝を込めて喜んでくれる物を贈ろう……選んだものは、お金で買えないもの。きっと、私の両親なら喜んでくれるはず。 自分が幸せを感じる生き方をする。 人と [続きを読む]
  • オーガニック石けん乾燥熟成中
  • 時々、寝ていると、顔の近くに出没するヤモリ? か、イモリ? かわいい目時には、天井から落ちて来ることもやっぱり爬虫類は触れない自分の自己紹介パートナーの自己紹介先日の、オーガニック石けん教室で作ったマルセイユ石けん。ただ今、乾燥熟成中。約一か月後が待ち遠しいなラベンダーのいい香り使用したペットボトルは、フタを開けたまま乾燥させます。2週間くらい経ったら、水を入れフタをして振り、液体石けんとして使いま [続きを読む]
  • ベンガラ染め 〜大地からのメッセージ〜
  • 地元の指定文化財 “かいにょ苑” の庭先風情があり、 昔ののんびりした時代にタイムスリップした気分観覧や学びの場として利用されています。自分の自己紹介パートナーの自己紹介フランスから戻る一か月以上前から楽しみにしていた、ワークショップに参加させて頂きました「ベンガラ染めで “ふんパン” を作ろうの会」 ※ふんパン→ふんどしパンツ(オーガニックコットン) そけい部を締め付けないので血のめぐりが [続きを読む]
  • 砂岩の皿 〜フランス Mikélo のアトリエから〜
  • Mikélo 作 皿 ↑こちらからMikélo の作品をご購入いただけます自分の自己紹介Mikélo の自己紹介今日は、手作りっていいなぁって思えるMikélo の焼いたお皿のご紹介です。この夏、たくさんの お皿を焼きましたがインターネットでは、数枚だけ販売することになりました。渋い色の お皿には、赤が映えますお皿の上には、家庭菜園の唐辛子。砂岩(砂が混ざった陶土)の 皿で、頑丈です。しっかり高温で2度焼きしています。手 [続きを読む]
  • フランス行き航空券
  • Paris シャルル ド ゴール 国際空港自分の自己紹介パートナーの自己紹介気付けば、日本に戻ってすでに4周目そろそろ、日本でするべき手続きの終わりが見えてきたので、フランスに戻る準備を始めました。先日から、フランス行きの航空券を探しているのですが、フランスで、日本行きの片道航空券や往復航空券を買うのよりも日本で買う、フランス行きの片道航空券や往復航空券の値段のほうが少し高いようです。更に、往復航空券よりも [続きを読む]
  • 100万本のコスモス
  • コスモス畑 (日本)自分の自己紹介パートナーの自己紹介フランスから戻って2回目、前回のキバナコスモスに続き、また別のコスモス畑に行きました。6種類、100万本のコスモスに癒されてきましたどのコスモスも、前(上)に向かって生きています花のブーケの中にいるようですコスモスのいい香りに包まれリラックスコスモス畑が迷路のようになっています人間より背丈の高いコスモス達左奥のリフトに乗って、コスモスウォッチングも出来 [続きを読む]
  • オーガニック石けん教室
  • 手作り石けん教室 一緒に石けん作りして下さったみなさん、ありがとうございました自分の自己紹介Mikélo の自己紹介10月8日、人生初チャレンジ!手作り石けん教室をさせて頂きましたきょうの経験で得た、自分の課題を見直してまたどこかで、この経験を生かせたらいいなぁと思いますこの冬は、Mikélo と一緒に、苛性ソーダを使わない方法で、より安全な、石けん作りに挑戦する予定です今回はマルセイユ石鹸。資料は直前まで修正 [続きを読む]
  • アクセサリー作家さんと会う
  • 自分の自己紹介Mikélo の自己紹介先日、アクセサリー作家でもある人生の先輩とお会いしました 私も以前、ビーズでアクセサリーを作って楽しんでいたことがあるので、作品を見せてもらうのも楽しみにしていましたMikélo もですが、この作家さんの作品も、全て一点物。納得のいく物が完成した時の喜びと、完成するまで作品と一緒に過ごした日々から生じる愛着感と愛情を考えると、私だったら、この世に一つしかない手作り品を手放 [続きを読む]
  • パリでは歩く派
  • Paris 屋根の上に人影!?自分の自己紹介パートナーの自己紹介パリに行った時に、街角で見かけた気になったものをいくつか紹介しますParis 小路を馬に乗って進む警察官 優雅だなぁ。Paris 建物の壁に自転車が‼?Paris パリジャンとスカートParis 建物にデコレーションParis レストランのカウンターにボトルフランス大使館に申請していた物が無事、届きました3週間位かかるとホームページに書いてありまし [続きを読む]
  • 睡眠8時間
  • いつ見ても大抵、寝ているムムンヌ(猫)いつもマイペース。自分の自己紹介パートナーの自己紹介私は、日本で働いていた時は、睡眠4時間〜長くて6時間でした。夢や目標を達成する為には、1日のうちでその為に使う時間が、上位3位以内に入っていないと実現は難しいと聞いたことがあります。当時は、仕事に係わる時間が1日の半分をしめ、その次に多いのが睡眠時間。となると、自分の夢や目標に使う時間が次の3位にこないと叶わない… [続きを読む]
  • 形のない物への価値観の変化
  • 都内のホテルの一室 油絵自分の自己紹介パートナーの自己紹介月曜の朝、フランス大使館に用事があり、前日から新幹線で東京へ。都内のビジネスホテルに一泊しました。若い頃は、形のある物への欲求が強く宿泊費や交通費にお金を使うことに罪悪感を感じていました。それが、フランスに住みたいと思うようになった頃からいつでも行けれるように、引越しをスムーズに終わらせたいと考えるようになりました。フランスに1年ほどい [続きを読む]
  • 慣れてきた頃が一番危ない〜石けん作り〜
  • 地元の駅のディスプレー。新幹線に乗るため、2年ぶりに地元の駅を利用しました。見事な まん丸フラワー自分の自己紹介パートナーの自己紹介フランスから戻り、手作り石けん教室で使う材料や道具の手配を、すぐ始めました。しかし、苛性ソーダ(劇薬)が、なかなか手に入らず、焦っていました。地元の薬屋さんをあたってみましたが、どこにも無し。ある薬屋さんでは、 「薬事法が変わり、苛性ソーダは劇薬で、 一般販売は出来なく [続きを読む]
  • 乾燥が始まる前に ひと手間
  • フラワー教室内のカフェで。ドライフラワーのかわいいブーケ3年前に作ったそうですが今もまだ美しさを保っています自分の自己紹介パートナーの自己紹介今、日本に戻り、少しづつ涼しさが増してきているのを感じますフランスでは、9月前半、寒い日が続いて少し乾燥していました。私は乾燥肌のため、空気が乾燥してくると、体中が痒くて、ポリポリかいてしまいますフランス滞在中、ナチュラル志向の方に人気のパリのお店「アロマゾー [続きを読む]
  • 最近、フランスの田舎で流行ってる?!
  • Mikélo 作 卵立て自分の自己紹介パートナーの自己紹介この夏、暑さが原因かは分かりませんが、実は高齢だったニワトリが亡くなりました4日ほど、落ち込み気味でしたが、今は、新しいメンバー(若い娘さん)が加わり4羽仲良く、我が家の庭で暮らしています正直に言うとやはり、若い娘さんの卵は美味しいです 若いって素晴らしいどうやら聞くところによると、今、フランスの田舎では、ニワトリを飼うのが流行っているらしいです!! [続きを読む]
  • キバナコスモス
  • キバナコスモス。 (富山県のスキー場から)自分の自己紹介パートナーの自己紹介昨日は、とても気持ちのよいお天気で、母に誘われ、車で30分のところにあるコスモス畑に行ってきました。コスモスの花言葉 : 調和 謙虚 乙女の真心キバナコスモス( メキシコ原産)黄色やオレンジ色のコスモスは珍しいなぁフランス語名も、コスモスはコスモスcosmosです。cosmos の単語には、"宇宙"という意味もあります。コスモスという名前は、ギリ [続きを読む]
  • ジメジメした生物が出没します 〜フランス編〜
  • 日本の実家の玄関にバッタがいました。(花屋さんで買ってきた物です)本物みたいなフォーム。自分の自己紹介パートナーの自己紹介日本に戻り、3日が経ちました。私は、富山の田舎育ちですが、昆虫類、ハ虫類、虫、触ると濡れる生物などが苦手ですそんな自分でも、フランスで生活して出来るようになったことがあります。運が悪く、ハエ叩きで命を落としたハエを素手で持てるようになりました慣れとは恐ろしい…。そのハエを、玄関の [続きを読む]
  • 夏の終わりは海で〆る
  • フランス 大西洋 Bretignolles-sur-Mer 自分の自己紹介パートナーの自己紹介日本に帰る前、ギリギリセーフで、この夏、一度も行かなかった海に出かけて来ました。ブルティニョール シュル メール、この海岸は砂浜の部分が少なく、岩石、小石が多いです。石の上には、ワカメと藻が張り付いています。スキップ禁止、転倒注意新しい海水がささやくように流れ込んできています。心と体を洗い、癒し、新しい流れが入ってくるかの様で [続きを読む]
  • イラ草のポタージュスープ
  • イラ草。フランス語名ではオフティ。ヨーロッパでは古代ギリシャ時代から、薬用ハーブとして利用され続けています。自分の自己紹介パートナーの自己紹介昨日の夜、無事、日本に帰ることが出来ました。一ヶ月前から、ずっと気になっていた裏庭のイラ草。雨が続いたり、なかなかよいタイミングがなかったのですが、日本に帰る数日前に、ようやく刈り取ることが出来ました。背の高いものは、50センチ以上になっていましたとにかく、 [続きを読む]
  • 自家製モモのジュース
  • 庭のモモをプレッサーでしぼってモモ100%ジュースを作りました。(変色防止にレモン果汁のみ加えました)自分の自己紹介パートナーの自己紹介寒くなりセーターを着ているにもかかわらず、庭のモモがまだなり続けています。大量消費のために、ジュースを作りました。種を取り、皮付きのまま更に6カットしたら、プレッサーに入れます。家庭用の手動プレス機。まさかこんな物までこの家にあるとは…。ワイン用ですが、モモで試してみま [続きを読む]
  • 小さなシャベル作り
  • Mikélo 作 木製さじ(シャベル)自分の自己紹介パートナーの自己紹介朝からMikéloが、たくさん小さなシャベルを作っていました。私は、4種類の紙ヤスリで表面を綺麗に滑らかにする係です。こちらは、椅子をイメージしたシャベル。テーブルに立てられるフォームで、お茶、調味料など、とてもすくい易いです。シャベルに使っている木は、主に、?ナラの木?西洋ヒイラギガシ?栗の木紙ヤスリのあとは、Mikélo が、木の持ち味に合 [続きを読む]
  • 暖炉を使い始めました!
  • 暖炉を使い始めました。暖か〜い自分の自己紹介パートナーの自己紹介フランスにいても、時々、日本のニュースを見ます。特に最近は、北朝鮮情報をよく見ています。北朝鮮の金正恩氏、きっと彼にも、心の奥底に必ず暖炉の火のような暖かい心があるはず。そう信じたい。彼のプライドを傷つけずに、優しさを引き出す方法があれば…。平和な日常が続くことを願い続けます暖炉用の薪わりも、これから5月中旬まで続きます。まさか自分が [続きを読む]
  • リタの木の実と手作り石けんで洗濯♪
  • 庭にキノコが生えてきました秋だなぁ自分の自己紹介パートナーの自己紹介最近、曇り空で時々雨が降ったりとあまり天気が良くありませんでした。昨日は、朝から太陽が出ていて洗濯日より嬉しくていつもより早起きし、さっそく洗濯をしました。洗剤は、自家製の手作り石けんを使っています。時々、リタの木の実も合わせて使います。キッチン用のおろし器で石けんを削ります。パチュリーとラベンダーのアロマオイルをメインに加えた石 [続きを読む]
  • 有機野菜と全粒粉のクスクスでデジュネ 〜お昼ごはん〜
  • 家庭菜園 カボチャの季節 自分の自己紹介パートナーの自己紹介お昼ごはんに、パートナーが家庭菜園の野菜炒めと全粒粉のクスクスを作ってくれましたボールにクスクスとバターを入れ、クスクスより5ミリ位高い位置まで熱湯を注ぎます。湯を張った鍋にボールを入れ、クスクスが水分を吸ってふっくらするまで数分、蒸し煮。火を止め、フタをしたまま置いておきます。パートナーのおすすめの作り方で、とても美味しいクスクスが出 [続きを読む]
  • フランス ナント探検
  • フランス ナントの中心地 ボタン屋さん床にボタンが埋め込まれていてステキ自分の自己紹介パートナーの自己紹介用事があり、ナントまで出かけてきました。そのついでに、少し街を探検街並みは、パリのような建物。ギャラリーラファイエット、モノプリ、スタバなど、パリと同じようなお店が揃っていますパリの有名パティスリーなどの支店は見当たりませんでした。残念。美味しいショコラのお店を発見したのに、記録を残し忘れま [続きを読む]