大石健人 さん プロフィール

  •  
大石健人さん: 目標達成プログラム・大石塾
ハンドル名大石健人 さん
ブログタイトル目標達成プログラム・大石塾
ブログURLhttps://ameblo.jp/1217ooishi/
サイト紹介文キーワードは、考え方と行動。あなたの自己実現をお手伝い、大石健人の目標達成プログラムです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供51回 / 341日(平均1.0回/週) - 参加 2017/07/11 13:41

大石健人 さんのブログ記事

  • メンタルの強さとは、コレだ【記事No.1020】
  • 仕事におけるメンタルの強さとは。「あの人はメンタル強いね」話したり聞いたりしたことありますよね。ではメンタルが強い人ってどういう人なんでしょうか?難行苦行をしないと心は強くなれないのでしょうか?それは、違います。心の強さとは、ズバリ、切り替えの速さなんですね。例えば仕事で、ミスをしたとします。↓「失敗してしまった、どうしよう…」一瞬思う↓「いや、後悔を引きずるのはやめよう!」と気持ちを切り替える↓ [続きを読む]
  • その正義、危なくないか?【記事No.1016】
  • 日大問題。 連盟から、監督とコーチに処分が下されましたね。 事実上の追放。 なので この騒動、もう、そろそろ 終息してもいいんじゃないか…そんな心境です。 今回の処分を機に、騒動の沈静化を望みます。 何故ならば、これ以上マスコミが、監督やコーチに悪のレッテルを貼り続けても、そこに意味を見いだすことは出来ないからです。 各メディアも、今後はアメフト部及び 大学が、体質改善にどう取り組んでいくのか?にスポット [続きを読む]
  • なんでも拾え【記事No.1015】
  • 意識とは。 脳で思考しているものなのか? はたまた脳とは別のものが、意識をつくっているのか? もし、そうだとしたら別のものって何? みたいな感じで、意識について、ここ数日 検索しまくりました。 そして意識とともによくヒットしたのが、量子というワード。 量子論、量子脳、量子物理学、量子もつれ…。 どうやら意識とは、量子というものが関係しているみたいですね。 かなり、わけわかりません。 現時点の知識で、ざっくり [続きを読む]
  • 中島くん、凄いぞ!【記事No.1011】
  • 中島くん。近所のスーパー、レジ担当。歳の頃は21か22くらい、身長は175センチ程度、細身、顔は嵐の松潤っぽいイケメン君です。彼は、いつも僕の顔を見て微笑みながら「ありがとうございます」と言ってくれます。実に気持ちいいです。混雑時でも、彼は迅速、確実にレジの作業をこなし、決して笑顔を忘れることはありません。ある日、たまたま、中島くんとは向かいのカウンターにいたので、僕は彼から何か学ぼうと、遠目から、それ [続きを読む]
  • それは恋に似ている 【記事No.1010】
  • 僕は昨年まで、現役の空手選手でした。空手の形(KATA)競技は、技のキレ、強さ、緩急など、表現力を競い合います。技は突き 蹴りだけなく、片足で立ったり、回転したり、飛んだり、多岐に渡るので、しっかり練習を積まないと、本番でのミスやケガに繋がりかねません。演武時間は、1分15秒から30秒。この1分少々の時間のために、何百時間も稽古に費やすのです。出来ることは何でもしました。動画でのフォームチェック。自分より上 [続きを読む]
  • やってやろうじゃないか【記事No.1009】
  • 欲はあるけど、度が過ぎない程度に快楽を得ることができる。 ↓人生を楽しんでいる人。 優しいが、騙されない。 ↓物事を見極める事ができる人。 関わった人に、良い影響を与えている。 ↓自分の特質、能力を把握しており、それを他者にも与えることができる人。 人生のマスター達は、これら三つの要素を全て兼ね備えてます。 そして、更に共通しているのは、笑顔が素敵なこと。 相手を論破 [続きを読む]
  • 真の成功とは【記事No.1008】
  • 空前の 副業、起業ブームです。一度きりの人生、自分の可能性にチャレンジするって、素晴らしいことですよね。皆様の成功を 心よりお祈りしております。しかしながら、ビジネスの成功よりも 最優先して頂きたい事が一つだけあります。それは幸せな家庭 を築くこと。こんな言葉があります。「家庭を犠牲にしてまでの成功は、成功にあらず」ある指導者が語ってしました。全く僕も同感です。胸に手をあてて、考えてみてください。今、 [続きを読む]
  • 力の発揮、三原則【記事No.1007】
  • 試合や受験、或いはスピーチなど本番で力を発揮するための3つ方法、をご紹介したいと思います。 1.力をぬくいいとこ見せてやろう、と思った瞬間、身体中の筋肉が硬直し、柔軟さや、しなやかさが失われます。また、過度な興奮は思考の停滞も招きます。そこでオススメなのが腹式呼吸。意識を丹田(おへそから指三本分下くらい)におき、鼻から息を吸い、その空気を丹田に送り込む気持ちで、お腹を膨らませます。膨らみきったら、次 [続きを読む]
  • 人生とはアイデンティティを探す旅【記事No.1003】
  • 平日の誰もいない公園。 三角形の公園、ちょうど真ん中あたり。 ここでよく自転車おしてたな… 十数年前、息子が自転車に乗るために練習した公園です。 倒れても倒れても、自転車を起こして何度もチャレンジする息子。 そして最後は、いつも半ベソ…。 あの時の光景が、ついこの間のように思え、目頭が熱くなりました。 そんな息子も今は、親元を離れ独り暮らし。 喜びと安堵、そして寂しさ。 時の流れに切なさを感じます。 この、 [続きを読む]
  • 意識のハシゴを昇れ【記事No.1002】
  • 3人の作業員がいます。それぞれに、どんな仕事をしているのか聞いてみました。作業員A 「俺は自動車のエンジンを組み立てているのさ」作業員B 「僕は座席シートを取り付けているよ」作業員C 「私は安全快適な、家族の幸せを運ぶファミリーカーつくっているんです」AとBは、単に自分が担当する仕事を話してます。比べてCは自分の仕事が、いかに世のためになっているのかを語っていますね。この作業員Cのように、自らの仕事を [続きを読む]
  • 愛 心 実【記事No.0100】
  • 親子、夫婦、職場での悩み、或いは自分の不甲斐なさ…。 変わりたいけど変われない。 もがき苦しむ原因とは何か。 それは、好むと好まざるに関係なく、幼い頃から刷り込まれた価値観、忘れられない原体験かもしれません。 父や母、教師、部活の監督、環境…あなたは逆らえなかった。 何故ならば、愛を失いたくなかったから。 だから全面的にあなたが悪かった訳ではないのです。 しかし、残念ながら過去は変えることはできません。 [続きを読む]
  • 心の○○○○を使え【記事No.0097】
  • ある夫婦の口喧嘩。 「俺だって毎晩毎晩、遅くまで仕事やってんだ!」「私だって、育児と家事でヘトヘトなのよ!!」 聞いたこと(言ったこと)ありませんか?僕も昔よく言ってました。 これら2つの言葉には共通点があります。何だかわかるでしょうか?そう、「俺だって」「私だって」なんです。自分ことが最優先になってますね。 つまり、心の矢印が完全に内向き、すなわち自分向きになっているのです。 もちろん、四六時中言い争ってる [続きを読む]
  • 宇宙?神?【記事No.0095】
  • こんなこと言われたことありませんか?「優しいね」「明るいね」「すごい分析力だね」「体力あるね」「努力家だね」「笑顔が素敵」「センスがいいね」「格好いい」「元気だね」「頑張ってきたんだね」… 好きなことはなんでしょうか?本を読む、街へ出かける、映画を見る、ドライブ、料理をする、走る、絵を描く、美術館へいく、模型を作る、サッカーを見にいく、パソコン、スマホ、一人でいること… 過去にこんな感情はありました?「とても寂しかった」 [続きを読む]
  • ブレてブレてブレまくれ【記事No.0093】
  • 人間 我慢ばかりしてると、心がパンクします。 なので、ストレスがたまってきたら、必ずどこかで発散してください。 ましてや、静かな心でいないといけない。許さないといけない。感謝しないといけない。などは、決して無理してする必要はありません。 更に言うならば、それらの無理を強いるような指導者は間違ってます。 何故ならば、この○○しないといけない、と思っている時点で、もう自分以外の誰かになろうとしてるのですか [続きを読む]
  • ○○時間をどう使うかは、人生の醍醐味だ【記事No.0091】
  • 今、日本の平均寿命は、女性87.14歳 男性80.98歳と言われてます。 そこで、こんな計算をしてみました。 睡眠・労働・食事など生存するために必要な時間以外の時間、つまり、空白の時間はどのくらいあるのか、っていう計算です。 大体、80代まで生きれるとして、健康でいられるのを75歳までとし、35歳の人のケースでしたら ① 残り総時間   40年間=14600日=350400時間② 普通に生きるために必 [続きを読む]
  • 覚悟決めてる?【記事No.0090】
  • 目的を達成するために、絶対必要なもの。 それは、覚悟です。 生半可な気持ちで目的を成し遂げることはできません。 スキルが必要ならば、遊びになんかいったりせず、四六時中、技を磨いてください。 お金が必要ならば、余計な買い物などせず、出費を最低限に抑えてください。 何がなんでもやる。 徹底的にやる。 「アイツはバカだ」と罵られても、腹の底で「今に見とれ!」と闘志を燃やす。 目的達成までの道のりは、まさにイバラ [続きを読む]
  • 立てぇ、立つんだ、ジョ〜【記事No.0090】
  • どうもー大石です。 ところで皆様、運動はされてますか? 僕は空手の指導をしているのですが、やはり現役の頃に比べると、体力は落ちました。 仕事が忙しく、今のところ週3回の指導が、唯一の運動です。 なのでどうすれば、効率的に運動量を増やせるかと思案していた所、いい方法に気づきました。 そう、誰でも、簡単にいつでもできる運動。 名付けて、「立てぇ、立つんだ、ジョ〜」トレーニング。 例えば通勤電車、「席が空いている [続きを読む]
  • 機微を感じとる大切さ【記事No.0089】
  • コミュニケーションについて考えてみました。時々、一方的に話しかける人を見かけますが、積極的な声かけが、必ずしも信頼関係に繋がるとは限りません。時と場合によります。双方向のコミュニケーションがあってこその信頼関係。セミナーや研修で学んだマニュアル一辺倒のアプローチでは、相手の心は離れます。「今日は話すのが苦痛だ、ほっといくれ」という日が、誰しもあります。相手のちょっとした仕草や横顔から、感情の機微を [続きを読む]
  • 仕掛け【記事No.0088】
  • 月に一回、僕はとあるお地蔵さまを訪れます。 ここは、かつて妻が生死をさまよった時、毎日通った忘れられない場所です。 二十年前、妻は病に倒れ、急速に衰弱していきました。 ただ祈ることしかできませんでした。 何かにすがりたい…。 病院近くのお地蔵さまへ、毎日のように訪れました。 「俺があいつの寿命を縮めてしまった…」「どうか、どうか、妻を助けてください!」「これは、僕に学べということですか?じゃあ妻は何のた [続きを読む]
  • 『人間力TAKAMENKAI』スタート
  • どうも、大石です。 この度、LINE@を始めました。 名付けて『人間力TAKAMENKAI』(人間力高めん会) 僕が一貫してお伝えしているテーマは【心づくり】です。ビジネスでも恋愛でも、目的を成就するには、この【心づくり】、すなわち【人間力の向上】が不可欠です。 感謝 努力 貢献 礼節 厳しさ 思いやりこれらが、備わった人間は例外なく、人に信頼され人に感動を与え人が集まってきます。何故ならば、磨き続ける心が己の魅力 [続きを読む]
  • 時間が必要だった。だから、まだ間に合う!【記事No.0086】
  • 僕は、10年前には想像もつかなかった道を今、歩いてます。 偶然なのか必然なのか、運命というものなのか…。 一介のサラリーマンだった僕が、師との出会いにより空手を始め、大会で成績を残せたこと。  自分の道場を運営できるようになったこと。 ブログを書き続けたことで、セミナー講師のお声がけを頂いたこと。 ほんと人生って不思議です。 しかし振り返ると僕は、4、5年前からずっと今の自分をイメージしてきたような気がしま [続きを読む]
  • 俺はなんて〇〇〇な男なんだ!【記事No.0083】
  • あるレストランでの出来事です。 お昼ご飯、僕はピラフ、妻はパスタをオーダーしました。 「シーフードピラフと、きのこパスタですね♪」と、ベテランと思われるウエイトレス。 そして数分後。 「お待たせいたしました」 先に、妻のパスタがテーブルにおかれます。 「時間もないから、先にいただくね」 「あぁ、いいよ」 15分くらいたったでしょうか、妻が言います。 「遅いね」 「まだ、15分だし、お客も多いから仕方ないよ」 [続きを読む]
  • ○○は未来も過去も変える魔法【記事No.0081】
  • 何かに熱中しているとき、辛かった過去は忘れてませんか? 好きなアーティストのコンサート趣味に没頭している時はたまた恋をしている時…。 実はその時、過去はどこかに行ってしまってるんです。 あったとしても、それは過去という1枚のカードが、ただあるだけ。 悲しかった過去を俯瞰できる瞬間です。 つまり、目的に向かって情熱を傾けた時、人は過去と決別することができるんですね。 やがて、過去そのものが感謝に変わってい [続きを読む]
  • 誰も悪くない
  • 誰も悪くなかった。 52年の生涯で、はっきりとわかったことです。 18の時、僕は故郷を離れました。 その理由は親元を離れたかったから。 愛情という鎖…それを断ち切りたかったのです。 この鎖を断ち切るのに随分と年月を要しました。 僕は多くの誤解や過ちを、繰り返してきました。 そして、ようやくわかったこと それは、 親も、未熟極まりない人間だった。 そして、必ずしも正しくはなかった…。 でもきっと、のたうち回りなが [続きを読む]
  • 感謝。「心の言葉で未来を描く」セミナー講演会
  • 本日は、クレオ大阪中央にてセミナー講演会の演壇に立ちました。雨の中、7名の方が足を運んでくださり、感謝感激しております。また、セミナー後は、「感動した!」という嬉しいお言葉まで頂戴しました。しかしながら、まだまだ反省点も多く、力不足を痛感しております。「心の言葉で未来を描く・空手道が教えてくれた夢叶え方」次回は夏頃に、開講予定です。それまでに、少しでも課題を克服し、講師としてのスキルを磨いて参りま [続きを読む]