大石健人 さん プロフィール

  •  
大石健人さん: 目標達成プログラム・大石塾
ハンドル名大石健人 さん
ブログタイトル目標達成プログラム・大石塾
ブログURLhttps://ameblo.jp/1217ooishi/
サイト紹介文キーワードは、考え方と行動。あなたの自己実現をお手伝い、大石健人の目標達成プログラムです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供45回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2017/07/11 13:41

大石健人 さんのブログ記事

  • 突き抜けよう♪【記事No.1037】
  • 新たな学びを得るため、プレゼン交流会へ。 参加者は高校生から、ご高齢の方まで約20名。 大変貴重なスピーチを聞かせて頂きました。 辛い経験を乗り越えたこと。 今夢中になっていること。 夢を追いかけていること。 どのスピーチもまさにドラマ、とても勉強になりました。 中でも感動したのが高校一年生の、ちーちゃん。 開口一番、僕は度肝をぬかれました。 「あらゆる物質が、例えば原子の全てが、゛くま ゛さんだったら、どん [続きを読む]
  • 人気記事BN :中島くん、凄いぞ!【記事No.1011】
  • 中島くん。近所のスーパー、レジ担当。歳の頃は21か22くらい、身長は175センチ程度、細身、顔は嵐の松潤っぽいイケメン君です。彼は、いつも僕の顔を見て微笑みながら「ありがとうございます」と言ってくれます。実に気持ちいいです。混雑時でも、彼は迅速、確実にレジの作業をこなし、決して笑顔を忘れることはありません。ある日、たまたま、中島くんとは向かいのカウンターにいたので、僕は彼から何か学ぼうと、遠目から、それ [続きを読む]
  • 永遠に0パーセントを選択しますか?【記事No.1036】
  • 「怖い?何が怖いんですか?」 「失敗が怖いんです」 「では、やめときましょう、無理をする必要はありません。行動をしないことも選択ですから」 「あ、はい…」 「ただ、これだけは言っておきます」 「…はい…」 「自動車を持っていても、運転をしなければプラモデルを飾っているのと同じです、目的地までは到着できません」 「…でも、失敗したらどうするんですか!」 「じゃあ、あなたは失敗が怖いからと言って、ずっと車庫の [続きを読む]
  • 山に眠る財宝【記事No.1035】
  • 目標を達成できない理由のひとつに、自分を知らないってことがあります。 本当は何んらかの能力をもっているのに、それに気がついていない。 もしくは、活用できていない。 自分の特質や強みを知るには過去の掘り起こしが有効です。 過去の楽しかった事、悲しかった事を、紙に書いてみてください。 日が暮れるまで遊んだこと、迷子になったこと、好きな子ができたあの日、試合に負けたこと勝ったこと…。 過去の喜びや悲しみは [続きを読む]
  • 偶然に意味をつけると人生が変わる【No.1033】
  • 僕は、心に描いた未来を時折ノートに書いています。 文章やスケッチで、こんなことになったらいいなぁ、と思いを膨らませながら書いていると楽しくなってきて、もうそれが実現したかのような気持ちになります。 武道教室をもち、子供達を指導している自分の姿。セミナーに来てくれている人達が、僕の話しに頷いたりメモをとったりしているシーン。 全て、実現しました。 でも、こうなれたのも40代になってからです。30代までは常に [続きを読む]
  • パラレルワークの実現【記事No.1031】
  • 怒り。 なんで俺ばっかり、私ばっかり… 怒りの根本原因を突き詰めると、【自分という存在を大事にしてくれてない腹立たちさ】なんですね。(他にも原因もありますが往々にしてコレです) あの人より一生懸命やってるのに!なんで、認めてくれないの?俺のことナメてんのか? つまり、自分が尊重されているか、いないか、のセンサーが自動的に反応しているのです。 例えばサラリーマンであれば、必ず評価というものが伴い賃金に反 [続きを読む]
  • 祈りとは気づくこと【記事No.1030】
  • 祈りの力。 かつてアメリカで、この祈りについて実験が行われ、祈ってくれる人が多い患者の方が快復する確率が高いことが実証されたそうです。 心の持つ力、やはりあると思います。 何故ならば、私自身もそれを身をもって感じてきたからです。 妻は何度も病に倒れました。 その度に、もうだめかもしれないと挫けそうになりましたが、妻は何度も崖っぷちから生還しました。もちろんそれは彼女自身の気力であり、まさに人間の底力に [続きを読む]
  • 朝を使え【記事No.1029】
  • ただいま午前4:28 まだ外は暗く、静かです。 今、僕はこの記事を書いてます。 以前は仕事が終わったあと夜遅くまでPCと向き合っていたのですが、昼間の諸々の思考が頭に残りフレーズを絞り出すのに時間がかかっていました。 そんなこともあって昨年から執筆活動を朝にシフトしたところ、夜には比べものにならないほどの直感やひらめきが得られています。 昼間の膨大な情報が睡眠中にキチッと整理整頓されているイメージでしょうか [続きを読む]
  • 恐れと期待のバランスがとれた時、道は開ける【記事No.1027】
  • 恐れ。 例えば、サラリーマンを辞めて起業したい…。 でも、毎月の給与がゼロになる恐怖があります。同僚や上司の目、はたまた今までの人間関係が壊れるかもしれない恐怖もあります。一方、成功への恐怖も同様で、成功したらどうしょう、何かわずらわしい事が起こるのではないか…。そんな袋小路に陥ります。 しかし、恐怖を上回る期待があるのであれば、前に進んでもいいお知らせです。 ワクワク没頭し、無我夢中になっている時、 [続きを読む]
  • 決断。その本当の意味とは【記事No.1025】
  • 決断。 決断することによって、人は行動します。行動することによって未来が生まれます。 しかし、どうでしょう。 目標に向かって行動することはできても、それ以外のこと、つまり目標の達成に無関係なことって断つことはできていますか? 社会生活をしている以上、現実的にはなかなか難しいとは思いますが自分自身の事はコントロールできると思います。 例えば ただ見ているだけのテレビ番組漠然と検索しているネットサーフィンど [続きを読む]
  • 正と負のサイクル【記事No.1023】
  • あれもこれも欲しい。欲しい=足りていない=枯渇感です。お金、高級車、ブランドの洋服、名誉…。誰かと比較し勝ることで満足したい…コレって要は「どうだ!俺ってスゴイだろ」なんですね。でも、一時的に欲しいものを手にいれてたとしても、すぐになくなってしまうか、誰かより劣っていると感じた時、劣等感に支配されるでしょう。何故ならば、必ず上には上がいるからです。比較や優劣を基準にした人生に、心の平安はなく、幸せを [続きを読む]
  • ムカつくで終わってません?【記事No.1021】
  • できたら会いたくない…話したくない…そういった方、誰しもおられると思います。自分がしんどくなるのなら、無理して話さなくても全く問題ありません。でも、お仕事上、接しなければならない場面もありますよね。なので、どうせなら、人間関係そのものを自分を成長させるツールとして活用するのもアリではないでしょうか。 耳に入る言葉は、あなたへの賞賛ばかり、誰にも意見されず、いつも快適に仕事できている…コレってあなた [続きを読む]
  • メンタルの強さとは、コレだ【記事No.1020】
  • 仕事におけるメンタルの強さとは。「あの人はメンタル強いね」話したり聞いたりしたことありますよね。ではメンタルが強い人ってどういう人なんでしょうか?難行苦行をしないと心は強くなれないのでしょうか?それは、違います。心の強さとは、ズバリ、切り替えの速さなんですね。例えば仕事で、ミスをしたとします。↓「失敗してしまった、どうしよう…」一瞬思う↓「いや、後悔を引きずるのはやめよう!」と気持ちを切り替える↓ [続きを読む]
  • その正義、危なくないか?【記事No.1016】
  • 日大問題。 連盟から、監督とコーチに処分が下されましたね。 事実上の追放。 なので この騒動、もう、そろそろ 終息してもいいんじゃないか…そんな心境です。 今回の処分を機に、騒動の沈静化を望みます。 何故ならば、これ以上マスコミが、監督やコーチに悪のレッテルを貼り続けても、そこに意味を見いだすことは出来ないからです。 各メディアも、今後はアメフト部及び 大学が、体質改善にどう取り組んでいくのか?にスポット [続きを読む]
  • なんでも拾え【記事No.1015】
  • 意識とは。 脳で思考しているものなのか? はたまた脳とは別のものが、意識をつくっているのか? もし、そうだとしたら別のものって何? みたいな感じで、意識について、ここ数日 検索しまくりました。 そして意識とともによくヒットしたのが、量子というワード。 量子論、量子脳、量子物理学、量子もつれ…。 どうやら意識とは、量子というものが関係しているみたいですね。 かなり、わけわかりません。 現時点の知識で、ざっくり [続きを読む]
  • 中島くん、凄いぞ!【記事No.1011】
  • 中島くん。近所のスーパー、レジ担当。歳の頃は21か22くらい、身長は175センチ程度、細身、顔は嵐の松潤っぽいイケメン君です。彼は、いつも僕の顔を見て微笑みながら「ありがとうございます」と言ってくれます。実に気持ちいいです。混雑時でも、彼は迅速、確実にレジの作業をこなし、決して笑顔を忘れることはありません。ある日、たまたま、中島くんとは向かいのカウンターにいたので、僕は彼から何か学ぼうと、遠目から、それ [続きを読む]
  • それは恋に似ている 【記事No.1010】
  • 僕は昨年まで、現役の空手選手でした。空手の形(KATA)競技は、技のキレ、強さ、緩急など、表現力を競い合います。技は突き 蹴りだけなく、片足で立ったり、回転したり、飛んだり、多岐に渡るので、しっかり練習を積まないと、本番でのミスやケガに繋がりかねません。演武時間は、1分15秒から30秒。この1分少々の時間のために、何百時間も稽古に費やすのです。出来ることは何でもしました。動画でのフォームチェック。自分より上 [続きを読む]
  • やってやろうじゃないか【記事No.1009】
  • 欲はあるけど、度が過ぎない程度に快楽を得ることができる。 ↓人生を楽しんでいる人。 優しいが、騙されない。 ↓物事を見極める事ができる人。 関わった人に、良い影響を与えている。 ↓自分の特質、能力を把握しており、それを他者にも与えることができる人。 人生のマスター達は、これら三つの要素を全て兼ね備えてます。 そして、更に共通しているのは、笑顔が素敵なこと。 相手を論破 [続きを読む]
  • 真の成功とは【記事No.1008】
  • 空前の 副業、起業ブームです。一度きりの人生、自分の可能性にチャレンジするって、素晴らしいことですよね。皆様の成功を 心よりお祈りしております。しかしながら、ビジネスの成功よりも 最優先して頂きたい事が一つだけあります。それは幸せな家庭 を築くこと。こんな言葉があります。「家庭を犠牲にしてまでの成功は、成功にあらず」ある指導者が語ってしました。全く僕も同感です。胸に手をあてて、考えてみてください。今、 [続きを読む]
  • 力の発揮、三原則【記事No.1007】
  • 試合や受験、或いはスピーチなど本番で力を発揮するための3つ方法、をご紹介したいと思います。 1.力をぬくいいとこ見せてやろう、と思った瞬間、身体中の筋肉が硬直し、柔軟さや、しなやかさが失われます。また、過度な興奮は思考の停滞も招きます。そこでオススメなのが腹式呼吸。意識を丹田(おへそから指三本分下くらい)におき、鼻から息を吸い、その空気を丹田に送り込む気持ちで、お腹を膨らませます。膨らみきったら、次 [続きを読む]
  • 人生とはアイデンティティを探す旅【記事No.1003】
  • 平日の誰もいない公園。 三角形の公園、ちょうど真ん中あたり。 ここでよく自転車おしてたな… 十数年前、息子が自転車に乗るために練習した公園です。 倒れても倒れても、自転車を起こして何度もチャレンジする息子。 そして最後は、いつも半ベソ…。 あの時の光景が、ついこの間のように思え、目頭が熱くなりました。 そんな息子も今は、親元を離れ独り暮らし。 喜びと安堵、そして寂しさ。 時の流れに切なさを感じます。 この、 [続きを読む]
  • 意識のハシゴを昇れ【記事No.1002】
  • 3人の作業員がいます。それぞれに、どんな仕事をしているのか聞いてみました。作業員A 「俺は自動車のエンジンを組み立てているのさ」作業員B 「僕は座席シートを取り付けているよ」作業員C 「私は安全快適な、家族の幸せを運ぶファミリーカーつくっているんです」AとBは、単に自分が担当する仕事を話してます。比べてCは自分の仕事が、いかに世のためになっているのかを語っていますね。この作業員Cのように、自らの仕事を [続きを読む]
  • 愛 心 実【記事No.0100】
  • 親子、夫婦、職場での悩み、或いは自分の不甲斐なさ…。 変わりたいけど変われない。 もがき苦しむ原因とは何か。 それは、好むと好まざるに関係なく、幼い頃から刷り込まれた価値観、忘れられない原体験かもしれません。 父や母、教師、部活の監督、環境…あなたは逆らえなかった。 何故ならば、愛を失いたくなかったから。 だから全面的にあなたが悪かった訳ではないのです。 しかし、残念ながら過去は変えることはできません。 [続きを読む]
  • 心の○○○○を使え【記事No.0097】
  • ある夫婦の口喧嘩。 「俺だって毎晩毎晩、遅くまで仕事やってんだ!」「私だって、育児と家事でヘトヘトなのよ!!」 聞いたこと(言ったこと)ありませんか?僕も昔よく言ってました。 これら2つの言葉には共通点があります。何だかわかるでしょうか?そう、「俺だって」「私だって」なんです。自分ことが最優先になってますね。 つまり、心の矢印が完全に内向き、すなわち自分向きになっているのです。 もちろん、四六時中言い争ってる [続きを読む]
  • 宇宙?神?【記事No.0095】
  • こんなこと言われたことありませんか?「優しいね」「明るいね」「すごい分析力だね」「体力あるね」「努力家だね」「笑顔が素敵」「センスがいいね」「格好いい」「元気だね」「頑張ってきたんだね」… 好きなことはなんでしょうか?本を読む、街へ出かける、映画を見る、ドライブ、料理をする、走る、絵を描く、美術館へいく、模型を作る、サッカーを見にいく、パソコン、スマホ、一人でいること… 過去にこんな感情はありました?「とても寂しかった」 [続きを読む]