ひきこもり さん プロフィール

  •  
ひきこもりさん: ひきこもりでも観劇したい
ハンドル名ひきこもり さん
ブログタイトルひきこもりでも観劇したい
ブログURLhttps://ameblo.jp/hikikomorizuka/
サイト紹介文ひきこもりの男子だけど、ヅカ友や友達ができたらいいなー
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供9回 / 154日(平均0.4回/週) - 参加 2017/07/11 13:58

ひきこもり さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ジョジョ展に行ってきました
  • ずっと楽しみにしていたジョジョ展。やっと行くことができました。ジョジョ展は、控えめに言っても最高でした!ディ・モールト ベネ!ネットで知り合った方と前半に行く予定だったものの、先方の都合で後半に行くことになり、後半に2回行くことに…。前半の展示が見れなかったのは残念ですが、それでも非常に満足です。原画は撮影禁止でしたが、いくつか撮影OKの箇所があったのでパシャパシャ。ここでは割愛します。前後しますが [続きを読む]
  • ロケハン失敗?
  • 県外から来る方とジョジョ展に行くことになり、もし関連の場所に行きたいと言われたら、スムーズにエスコートできるよう、今日は1人で下見に行きました。目標は、オーソン(ローソン)、ジョジョ展(せんだいメディアテーク)、ジョジョカフェ(フォーラス)、杜王グランドホテル(江陽グランドホテル)、物販展(イービーンズ)、むかでや、あとはいくつかのマンホールを場所の確認がてら、なるべく最短の距離で行くこと。結果からいうと、 [続きを読む]
  • ジョジョフェス
  • いよいよ始まったジョジョフェス!写真は、仙台七夕まつりのときに写したジョジョ仕様の七夕飾りです。ジョジョの奇妙な冒険に出てくるS市杜王町を体感するイベントが、8/12〜9/10まで開催されています。街中でいろいろなジョジョとのコラボやイベントが開催されてますが、やはり一番の目玉は、作者荒木飛呂彦氏の原画展、ジョジョ展でしょうか。TwitterのTLで、すでに行かれた方の感想などを見て楽しんでます。ジョジョ好きの僕 [続きを読む]
  • ひきこもりニート、ホリエモンを見に行く
  • 昨日、仙台アニメフェスには同行者が見つからなかったため(友人0人)、1人で、ホリエモン祭に行ってきました。堀江貴文氏とビッグゲスト達との対談が、当日券も出るってことで、ひきこもりニートが思い切っての参加です。行く前は、堀江さんのイベントに参加するひとって、意識高い系というか、頭が良いひとだったり、良いところで働いてる高給取りだったり、変わったひとが多そうで、けっこう怖かったのですが、実際に行ってみた [続きを読む]
  • ぼくのなつやすみ
  • ひきこもりのくせに、この夏もやりたいこと、行きたいところはたくさんです。そして、何をやるにも、お金はかかる。ひきこもり状態がずっと続いてると、頭がどうかしてしまって、ひきこもりということをウリに仕事ができないかなとか、バカなことを考えてしまうようになります。思いついたのが、おっさんレンタルみたいな類の「ひきこもりレンタル」です。一緒に散歩やお買い物に同行したりするやつです。どこで募集をかけたら一 [続きを読む]
  • 感謝です
  • どうも。毎月の歌劇では、早花まこ氏の組レポだけは、欠かさず読んでる男です。ブログを読んでもらえるだけで、ありがたいのに、さらには、いいね!やコメント、どうもありがとうございます!コメント返しについてなのですが、いただいたコメントは表示させず、僕のコメントだけを反映させることにしました。僕自身、他の方のブログにコメントしたくても、自分が書いたコメントが他のひとたちに見られるのが恥ずかしくて、躊躇し [続きを読む]
  • 宝塚から離れた理由
  • 宝塚歌劇から離れてしまった一番の原因は、観劇に行ったときの「周りの視線が気になる」ということでした。周りの目を気にして、ファンを辞めるくらいなら、最初からたいして好きじゃなかったんだよ、と言われれば、それまでやと思います。でも、自分はメンズやし、何より、ひきこもりにとって、周りからどう見られてるかということは、どうしてもすごく気になってしまいます。観劇等に行ったときに、実際、何か言われたりしたこ [続きを読む]
  • はじめまして
  • 友達欲しさにブログ始めてみました。ひきこもりで、ややメンヘラ気味でもあり、人生終わってますが、頑張ってみたいと思います。そして、死ぬまでに1度は、宝塚大劇場で観劇してみたいです。ひきこもりで、いままで趣味らしい趣味もなかったけど、100周年の前後くらいに、宝塚歌劇団に少しハマりました。宝塚の世界観に魅了されて、地元に来たのを観劇したり、ライブビューイング観たり、毎月の歌劇とグラフ、関連書籍を購入する [続きを読む]
  • 過去の記事 …