Nagi〜凪〜 さん プロフィール

  •  
Nagi〜凪〜さん: nagiclubのブログ
ハンドル名Nagi〜凪〜 さん
ブログタイトルnagiclubのブログ
ブログURLhttps://nagiclub.muragon.com/
サイト紹介文くまさんのブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 52日(平均2.2回/週) - 参加 2017/07/11 19:08

Nagi〜凪〜 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 笑ってくれたら・・・
  • 幸せを感じる瞬間・・・ 自分の、言葉だったり 行動だったり そういったもので あなたが笑ってくれたら 生きていてもいいんだなって そう実感できます だから・・・セラピストというお仕事が大好きです 疲れたオーラ満載でご来店されたお客様が、 お帰りの時に階段を軽やかに降りていく その背中を見るだけで・・・ 幸せを感じる時間です [続きを読む]
  • 何故 おっさん達は新地で高い酒を飲むのか・・・
  • 酒屋で購入したら、せいぜい2000円〜3000円の酒を「ボトルキープ」と称して10000円〜15000円支払って・・・ コンビニで購入したら100円そこそこの水や炭酸水に1本300円〜500円支払って・・・ さらにチャージとかいう何も購入していないのに発生する料金を支払って・・・ それでもおっさん達は新地に通います。 客足が遠のいたとはいえ、今もおっさん達は新地に通っています。 なぜなら・・・ 自 [続きを読む]
  • 幸せって?
  • 明石家さんまさん出演のCMでは「ポン酢しょうゆのある家」だということでしたが 人により幸せの定義が色々あるとおもうんですね ・趣味 ・お金 ・仕事 ・名声 ・家族     などなど ・・・で、その共通点はというと たぶん「居場所」ということなんだと思います。 自分の存在を認めてもらえる場所が「幸せ」な場所であり 自分の存在を認めてもらうためのツールとして 「趣味・お金・仕事・名声・家族・・・・・」 [続きを読む]
  • 「どうしよう」・・・って悩まないことです
  • 「どうしよう」・・・ この悩み方は出口がありません。 「どうしよう・・・どうしよう・・・・」 繰り返すだけです 悩むときは 「こうしよう」・・・「ああしよう」・・・ 1回で出口にあたることはありませんが、 ああして こうして ダメな道をつぶしていけば いずれ出口にたどり着くものです もし失敗したら・・・ 失敗したらダメな道がひとつハッキリするじゃないですか 焦らなくてもいいんです ひとつずつダメを [続きを読む]
  • 笑ってはいけない・・はまちゃんの扮装が差別だって?
  • 「黒塗り」の扮装が黒人差別だという声が上がっているらしい。 マジか・・・ 「金髪のカツラにブルーのコンタクト」・・・付け加えるならカタコトの日本語 コントでよく見るこの景色を白人差別だと言うのか・・・ なぜ「黒い肌」だけが差別だと言われなければならないのか・・ 黒人は人類の中で、最も芸術的能力の高い人種である。 俳優、音楽家、アスリート など 色々な芸術的分野で活躍する。 黒人のバンドがジャズを演 [続きを読む]
  • 小さなお店のための集客の極意
  • 「集客」はお商売をする上での重要な課題の1つです。現在は「ネット」が主流ですが新聞広告やチラシ、ティッシュ配りなども時と場合により効果を発揮することがあります。そして何よりも問題なのはこの方法全てについて「費用」が発生するということです。 多少の宣伝広告費は必要ですが、宣伝広告費が原因で赤字・・・なんてことになるとそれはもう小さなお店にとっては致命的なことです。 当店は、Wixというサイトでお店の [続きを読む]
  • 人生、誰しも今が100点満点なんですよ
  • あの時・・・あっちを選んでたら・・・ あの時・・・告白してたら・・・・・・ あの時・・・あの時・・・ 一生懸命生きてきた、あなたの選択は常にベストなんです。 だから、ここまでの人生は100点満点なんです。 色々な障害物を乗り越えて・・・よくやってきたと 自分をほめてあげましょう!! そして・・・ 明日からも100点満点になるように頑張るぞ!!っと [続きを読む]
  • 男と女 その発言について
  • 男の苦労をもっと女性は理解しなければいけない・・・ ・・・という発言を 男性がするとケンカになる 女性の働きにもっとねぎらいの言葉をかけなければいけない・・・ ・・・という発言を 女性がするとケンカになる でも・・・ 男の苦労をもっと女性は理解しなければいけない・・・ ・・・という発言を 女性がして 女性の働きにもっとねぎらいの言葉をかけなければいけない・・・ ・・・という発言を 男性がすると 素 [続きを読む]
  • オープンから1年がたち・・・・
  • 2016年12月16日 「もみほぐしサロン Nagi〜凪〜」が誕生しました。 私以外の全員が「1年もたない」と思っていたはずです(笑) 昨年の12月30日は、一人で店番しながら「火の用心」の声を聴いていました。 カウンタに頬杖ついて・・・結局電話も鳴らず・・・ 今年は12月30日は・・・ リピーター様11名 ご新規様1名 ご来店で セラピストも私以外に2名の女性セラピストが出勤してくださって 閉店 [続きを読む]
  • 成功は偶然 失敗は必然
  • 成功を語り、自分と同じ道を歩けばみんな成功しますと語る輩は「おかげさま」という言葉を知らないんだろうな。 成功は「たまたま地雷を踏まなかっただけ」です。耳を傾けるべきは「地雷を踏んでしまった人」の話です。 成功は色々な偶然の積み重ねです。そしてその偶然は周囲の人たちによってもたらされた偶然です。だから成功は「周囲の人たちのおかげ」であり、それは偶然でしかないということです。 一方失敗は必然です。失 [続きを読む]
  • 「違う」を認めることで世界が広がる
  • 同じ政党の中で意見が分かれていると、マスコミは「まとまっていない」と批判します。私には「全員が同じ意見」であるほうが不気味に感じます。日本人は「人と違う」ことを嫌います。でも「人と同じ」だと思っている人がいるとしたら、それは勘違いで「無理してあわせている」か、もしくは大根と蕪の違いに気づいていないか・・・のどちらかですね。 ファーストオートというバイク販売会社の会長様は、「たくさんの普通があること [続きを読む]
  • 「作者の気持ちを述べよ」という問題について
  • 日本では、古来より直接的な表現を避けることを良しとしてきました。そんな日本の小説を読んで「作者の気持ち」はそんなに簡単に読み取れるものではないと思います。 その昔、ある小説家が自分の書いた小説を問題にした共通一次試験の問題に挑戦して「作者の気持ち」を間違えたというエピソードもあります。 「作者の気持ち」を最も読み取りにくい小説の1つにサンテグジュペリの「星の王子さま」があります。この小説は一読する [続きを読む]
  • 「知らない」ということを知ることです
  • 自分は「知っている」という意識は、成長を妨げ他人を軽蔑し視野を狭くします。 世の「老害」と呼ばれる方たちは、決して能力が劣っているのではありません。むしろ「害」になりうるほどに知識や技術があるんです。ただ・・・悲しいかな新しい技術や新しいやり方を否定し、自分の知っていることが一番素晴らしいと考えているので「害」になるわけです。 話は変わりますが・・・ 私は京都という町に8年ほど住んでいました。そし [続きを読む]
  • 違和感のある電話・・・
  • もみほぐしサロンを開業してから、色々な団体からたくさんのお電話をいただきました。 その中で笑えるものをいくつか紹介したいと思います。 1.弊社はネットを使った集客が得意です。ぜひあなたのお店を宣伝しませんか?   わかりますか?この違和感。   ネットを使った集客が得意な会社が、なぜ電話で販促をかけているのか・・・   ネットを使った集客が得意なら、ネットで販促すればいいのに・・・   この電話に [続きを読む]
  • 自分のために生きると楽になる!!
  • 自分の行動の全ては自分のためにするものだと・・・そういうお話をするとだいたいの方は「ひとりよがり」「自分勝手」といった印象を持たれるようです。 例えば・・・大好きな彼女へのプレゼントって誰のための行動だと思いますか? 彼女へのプレゼントの根っこには「彼女をよろこばせたい」という気持ちがあります。 「彼女をよろこばせたい」というのは誰の欲求なのかというと・・・ 自分の欲求ですよね? そう!!あなたは [続きを読む]
  • 楽しく生きるために知るべきことは?
  • 講演会やセミナーなどで聞かされる話はほとんど「成功者」の話です。日本には失敗した者に冷たく「失敗しなかった者」を褒めたたえる風潮があります。要するに日本で言う「成功者」とは「失敗しなかった者」なんですね。 「失敗しなかった者」の話しは、彼がここに至るまで失敗しなかった一本の道について語られます。そして「みなさんもこの一本道を歩きましょう」という結論にたどり着きます。ところが・・・その道の先に彼と同 [続きを読む]
  • 過去の記事 …