sora さん プロフィール

  •  
soraさん: sora no curtain
ハンドル名sora さん
ブログタイトルsora no curtain
ブログURLhttp://soranocurtain.com/
サイト紹介文プロブロガーを目指すsoraの雑記ブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供43回 / 148日(平均2.0回/週) - 参加 2017/07/11 22:13

sora さんのブログ記事

  • 文字数の壁
  • soraはこのブログ以外にもブログを運営しているのですが、どうやら検索エンジンの上位にくる記事と、そうではない記事である傾向が出てきた。それは、記事の文字数。決して上位表示されている記事は競合が少ないキーワードの記事ではなく、むしろレッドオーシャンなのだが、しっかりと上位表示ができていて、安定したあPVを稼いでくれている。その文字数の目安は2000文字。この2000文字が現時点での一つの壁なのかもしれない。 [続きを読む]
  • 鶯谷にある『萩の湯』は快適な都内最大級の銭湯
  • 都内最大級の銭湯ということで9月頃に行ってきた『萩の湯』さん。なぜ9月に行った銭湯の記事なのかは気にしないでどんどん読んじゃって下さい(笑)まず、萩の湯の場所ですが、JRの鶯谷駅から歩いて5分程度です。時間にしては近いのですが土地勘がないとすんなりたどり着くかどうかは微妙。ここはgoogle mapなどの地図アプリを頼りにして行くか、しっかり事前に場所を把握してから萩の湯を目指しましょう。萩の湯はスーパー銭湯で [続きを読む]
  • 日馬富士の暴行事件について思うこと
  • ふだんは相撲を見ることもなく、千秋楽辺りで優勝がかかった一戦をたまたまTVを観ていたら見入る位のsoraですが、今回の日馬富士の暴行事件については思うところが多々あります。冷静に、中立に、日馬富士のファンでもなく、貴乃岩のファンでもなく、ましてや貴乃花親方とは無関係な状態で事実だけを見れば明らかに加害者が日馬富士で、被害者が貴乃岩のはず。にも関わらず、一部マスコミや相撲ファンからは貴乃岩の親方である貴乃 [続きを読む]
  • ブログの記事を書くスピードを高めよう!その為の意識&ツールのはなし
  • 時間に余裕がある人、気の向くままにブログを書いている人はあまり重要ではないかもしれませんが、ブログを書くことを生業(なりわい)としている、もしくは副業として記事作成をやっている、やりたい、と思っている人は少しでも早くブログの記事を書きたいですよね。soraも専業ブロガーではなく、本業もあり、家族もいるのでブログを執筆するのに割ける時間は限られています。なので少しでも早く書きたい!ということでブログの記 [続きを読む]
  • SEOの観点からみたWordPressのパーマリンク(URL)設定の考察
  • このブログ以外でも多くのサイト・ブログをWordPressで管理・運営しているのだが、構築初期の段階で慎重に検討しなければいけないのが、パーマリンクと言われる公開用のURLですね。なぜ、WordPressサイト構築初期の段階で慎重に検討しなければいけないのかというと、運営途中で変更した場合にそれまでに付いていた被リンクのリンク先が存在しなくなってしまうからである。もちろん.htaccessファイルで検索エンジンに正しくURL変更 [続きを読む]
  • そういうブログに出逢うとついついそのブログが欲しくなってしまいます
  • soraはよくブログを徘徊します(笑)ブログを書く時間の数倍、いや数十倍はほかの人のブログを読んでいるような気がします。もちろんブロガーとして有名な方であったり、アフィリエイトで成功されている方のブログも拝見しますし、たまたまGoogleで検索して、たどり着いたブログなんかも面白かったり、有意義であったりすればしっかり最後まで読んでいます。このGoogleの検索でたどり着いたブログでいつも気になるのが数記事だけ投 [続きを読む]
  • WordPressで記事の複製(コピー)を簡単にしてくれるプラグイン
  • このブログもWordPress(ワードプレス)というツールを使って作成していますが、そのWordPressを使っているとあるあるなのが記事の複製(コピー)をしたいということ。雛形のようなテンプレートを作っておいて、必要に応じて書き換えて投稿できたらブログ更新の効率化ができますよね。そこで便利なプラグインなのが「Duplicate Post」プラグインをインストールして、有効化するだけで、投稿一覧のメニューに「複製」というメニュー [続きを読む]
  • ブログタイトルの由来
  • 2記事目にして早くもブログのネタが無い(笑)「そんなんだったらブログ辞めちゃえよ」という声が聞こえてきそうですが、なかなかどうしてブログを辞められない(笑)まず仕事の話は現在の立場上、コンプライアンス的に問題となるため話はできず。家族の話もこのブログでは(当面は)身バレ防止のためタブー。そうなってくるとホント、時事ネタにちょっと毛が生えた程度のことしかブログでは書けない状況ですねー。まあ、ちょっと [続きを読む]
  • ブログ「SoranoCurtain」Reborn.
  • 今から約7か月前の2017年4月にドメイン「soranocurtain.com」を取得したのですが、当初の思いであったPVウハウハは具体的な行動が伴わず頓挫。ブログの更新も滞ったままとなっていました。7か月の間には、WordPressのテンプレートを変更して、デザインを一新。心新たに再スタートしたものの、やはり二度目の頓挫(笑)続かないですね…ブログ運営。しかし、「二度あることは三度ある」の格言もあるので、些か自信はありませんが何 [続きを読む]
  • ね、手帳一冊で夢がひろがって楽しいですよね。
  • もうすぐ10月も中旬になってきて、街はハロウィン一色♪この時期が過ぎるとあっという間に今度はクリスマス商戦になって、気が付けば佐野厄除け大師のCMを見ることに。そして、お節料理を食べつつ初詣へと、まさにルーチン化された師走が過ぎていく。そんなこの時期にお約束事の一つに「来年の手帳選び♪」どんなにデジタル化が進んで、Evernoteが便利になったり、Googleカレンダーでスケジュール管理を完璧にこなしても、アナログ [続きを読む]
  • 雇われの身が発するただの愚痴
  • 何度も繰り返し書きますがこのブログは雑記ブログです。雑記ブログとは言えただの日記じゃアクセス数は増えないし、収益化なんてとても無理と思っています。にも関わらず、にも関わらずですよ!(大事なことなので2回言いました。)日記以下とも言える、今回は愚痴です。というか雇われの身で働くのは本当に心身ともに疲弊しますね。この地球上には雇う側と雇われる側しかいない。この真実を小学生の頃に教えておいてほしかったと [続きを読む]
  • 鶯谷にある『萩の湯』は快適な都内最大級の銭湯だった
  • 都内最大級の銭湯ということで行ってきました『萩の湯』さん♪場所はJRの鶯谷駅から歩いて5分程度です。スーパー銭湯ではなく、普通の銭湯ということで値段もリーズナブル。基本の入浴料金は大人460円、中人180円、小人80円。浴室内にあるサウナが別料金で平日は120円、休日でも170円なので安いですよね!しかも、御食事処もあったりしました!こちらの食事処はお風呂を利用しなくても食事のみの利用可能でもちろんその場合は入浴 [続きを読む]
  • BVLGARI(ブルガリ)の腕時計は素敵ですねぇ…でも
  • 最近、とある試験を受けに行ったり、セミナーに参加したりとしていると腕時計の必要性をすごく感じる。ふだんはスマホで時間を知るのだが、試験中やセミナー中などはスマホを見るわけにもいかないので「やっぱり腕時計が必要だな」となるわけである。昨日観た「踊るさんま御殿」でも石原良純さんが「試験場に腕時計を忘れた」エピソードを話されていたので「あ、みんな一緒なんだなぁ」なんて思いながら手元にあったスマホで『腕時 [続きを読む]
  • スターバックススターを貯めるんだ!
  • ついにと言うべきかスターバックスコーヒー(starbucks coffee)でポイントサービスが明日(9/20)から開始されますね。そのポイントサービスの名は「スターバックスリワード」と言います。この際サービスの名称などどうでもいい。知りたいのはポイントの仕組みじゃ(笑)。どうやらポイントはスターと呼ぶらしい。いや、だから、名称はどうでもよくて…このスター、緑のスターと金のスターの二種類あるとのこと。で、肝心のスターの貯 [続きを読む]
  • 雑記ブログ死亡
  • 『雑記ブログ死亡』・・・実はここまでの記事を全部「下書き」ステータスにしちゃいました。「soranocurtain.com」というドメインを今年の4月に取得して、そろそろ半年になるのですが記事数は100未満で、目標としていたPV(ページビュー…何記事読まれたか、見られたか)も到達しなかった為、心機一転ということで前述の通りすべてを「下書き」にして非公開とさせていただきました。で、心機一転どんなブログを目指すのか?!『雑 [続きを読む]
  • ふと思いつたのは「高校生の脱毛」
  • このブログ「Sora no curtain」は複数のサイト運営をしている私が運営上の備忘録を気ままに書き綴っている雑記ブログなのだが、何かテーマを決めて時々更新していくのも面白いかなっと思っている。では、どんなテーマが良いだろうか・・・ふと思いつたのは「高校生の脱毛」(笑)そこに至った経緯は次のような感じなのです。最近、わが家の息子が「毛深い」ことに悩んでいるらしい。私に「どうしてこんなに毛があるの?」「どうし [続きを読む]