kiina27 さん プロフィール

  •  
kiina27さん: ここからみえるもの
ハンドル名kiina27 さん
ブログタイトルここからみえるもの
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/iotamama27
サイト紹介文日々の記録です。育児、時々マラソン。ものづくり。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供254回 / 297日(平均6.0回/週) - 参加 2017/07/12 01:17

kiina27 さんのブログ記事

  • 2018/3/23(金) キモノ愛憎
  • 今日は子供たちの通っている小学校の卒業式である。子供たちは早く帰ってくるので、仕事は休む。公的(?)な仕事は朝の旗ふりのみ。旗ふりをしながら、驚いたこと。卒業生のなかに和装(袴姿の女の子)がけっこういたこと。キモノで通学は大変なのか、親御さんが車で送ってきたり。これは、どういうことなんだろう。少なくとも私たちの世代ではなかった。卒業式なんて、ふだん着で出てたような。自分の知らないうちに何だかの意識改革 [続きを読む]
  • 2018/3/19(月) 『全面0のサイコロ』
  • 先日榛名の図書館で借りた絲山秋子さんの『薄情』を読んでる。絲山秋子さんは群馬県高崎市在住で、高崎を舞台にした小説が多数ある。この『薄情』はほんの数年前の自分の生活と地続きで、記憶を手繰り寄せながら読んだ。 こいついいサイコロだな、と宇田川は思った。きちんと1から6まで目が出るサイコロだ。 なぜそんなことを考えたのかはわからないが、人間関係はかけ算だなあ、とつくづく感じていたのだった。つまらない奴とつ [続きを読む]
  • 2018/3/17(土)
  • 先週、はるな梅マラソン(ハーフ)走ってきた。もう何度も出てる大会で、オット実家近隣なので、気楽に走ってきた。持病治療中なので、ドクターストップがかかってたけれど、エントリー料が勿体ないので、無理せず走った。全くキツくなかった。マイペースに時計も見ずに走ったら、2時間超えしてた。別に何とも思わない。梅は三分咲き位?途中、目を瞑って走ってたし、ここは絶望的に田舎だ。(花がきれいとか、感じることは無理だっ [続きを読む]
  • 2018/2/22 (木) 不義理
  • 当方、故障中のため、人と上手く接触が出来ません。LINEもメールも怖くて見れない。何とか仕事に行き、最低限の家事をしている。走るのは苦にならない。走っているときが幸せ。たくさんの人が、私に愛情をくれる。そして、いつもお返しに困る。本当に困っている。正気に戻らないとお返しなんて出きるわけない。もう少し、もう少ししたら治るから、そのときまで不義理を許して下さい。 [続きを読む]
  • 2018/2/16(金) ギリギリ。
  • 毎日、ギリギリのラインで時間を過ごしてる。酔払いだし。素面になると、物凄い鬱に襲われる。毎朝、今日こそもう本当にダメかもしれない。と思いながら、お弁当を作り、仕事へ行く。会社の人たちが何故かあたたかいんだ。特に何もしていないのに。今日は、授業参観があるのでお昼で上がらせてもらった。子供たちに興味を失ってるのが、分かる。子供たちに限らず、全てのもの物事に。明日は父の誕生日会を姉の家でする予定。チーズ [続きを読む]
  • 2018/2/13(火) 自覚症状ないけど、病人です。
  • 今日は、病院(内科)へ行くために仕事を休んだ。持病が新薬で治療できる、とても有り難いことなんだけど、私の心はどっかへ行っちゃって、何だかもう、どうでもいいって感じ。 薬が合うかどうか、私の場合は徐脈がネックになっいて、頻繁に通院するようにと医師に言われた。今月は人が足りなくて、思うように仕事を休めない。子ども絡みの用事もあり、休む場合は、キチンと理由を説明しないとだろう。日曜日は長男とオットはお台場 [続きを読む]
  • 2018/2/11(日) 教科書にのっていた詩2
  • 日曜日。オットと長男はお台場へ遊びに行きました。私と長女は家でのんびり過ごしてます。長女と近所の中華料理店でラーメンを食べて、帰りに100均とスーパーでバレンタインデー用のチョコレートの材料やラッピング用の細々したものを買って帰りました。何だか、ここのラーメンは完璧なんだ。高崎の『四川』。うーん、でもちょっと「しょっぱい」かな。昨日に引き続き、吉野弘の詩。確か 英語を習い始めて間もない頃だ。或る夏の [続きを読む]
  • 2018/2/10(土) 教科書にのっていた詩
  • 赤い林檎の頬をして眠っている奈々子。お前のお母さんの頬の赤さはそくっり奈々子の頬にいってしまってひところのお母さんのつややかな頬は少し青ざめたお父さんにも ちょっと酸っぱい思いがふえた。唐突だが奈々子お父さんは お前に多くを期待しないだろう。ひとがほかからの期待に応えようとしてどんなに自分を駄目にしてしまうかお父さんは はっきり知ってしまったから。お父さんがお前にあげたいものは健康と自分を愛する心 [続きを読む]
  • 2018/2/8(木) 「強く、明るく」とか。
  • 長いこと日記をつけていなかった。本や漫画やいろんな人のブログをだらだら読んで過ごしていた(勿論、日常業務のかたわら)。恵方巻も食べたし、豆まきもした。たこ焼き器でたこ焼き作ったり。家族全員で遊びながら、食事が作れる。良い娯楽をみつけた。派遣の仕事も久しぶりの婚礼の仕事、緊張しながら、楽しめた。日帰り温泉も行ったし、毎日よく眠っているので、気分もだいぶ楽になってきた。それなのに、我が家の玄関にはまだ鏡 [続きを読む]
  • 2018/2/1(月) 修理中
  • 朝から、二日酔みたいに頭が痛いし、熱があるみたいに全身が怠い。肩と首が凝り固まってる。病気はイヤだな。こんななのに、私はきっとバカみたに健康体なんだ。今日は学校のPTAの用事もあるし、全てが面倒で、生活全般に興味を失ってる。なーんにも心に引っ掛からない。反対に目に映る全てのものが心に引っ掛かって、こんなの一生掛かっても処理できない、どうしようってときもあるから、落差に戸惑う。今日も『綿を乾燥させる仕 [続きを読む]
  • 2018/1/31(水) 具合い悪い
  • 子供のインフルエンザで仕事を休んでたら、すっかり生活のリズムが狂って、具合いが悪くなってきた。原因は分かってるので、たてなおす方法も分かってる。どうして辛い目に合うのに、同じ事を繰り返すのだろう。バカなんじゃないだろうか。本当に今日は朝から体も心もしんどく、半泣きで旗降りをして、仕事は休ませてもらって、お医者へ行ってきた。長女は今日から学校へ。オットは風邪が治り切らず、会社休み。買い物しても玉子の [続きを読む]
  • 2018/1/30 (月) 書記
  • 『人物の気息気韻といふものは語り伝へがたいものである。萩原先生のやうな人物に就いては、なるべくささやかな瑣細な日常平凡事に就いて語るのが有功であらう。それもふんだんに。ということになって、かけ替へのない葉子さんのやうな語り手をえてことを私は最も喜ぶ』これは萩原葉子さんの『父・萩原朔太郎』の「帯」に三好達治が書いた文なのですけど、「長っ」と思うと同時に「そのとーり」とも思います。生き証人(萩原葉子氏 [続きを読む]
  • 着心地の悪いパジャマを着ると
  • 朝、早く着替えられていいですよ。パシオスで買った、上下で千円位のスエット。素材はポリエステル100%。布フェチを自認している私は、こんなものを着ていると、そっこう脱ぎ捨てて、ごみ箱へ棄てたくなる。でも、こいつのお陰で朝、目が覚めるとともに、素早い着替えができる。着てて不快なパジャマって、けっこういいかも。と思っているのです。 [続きを読む]
  • 2018/1/29(月) 不意に与えられる休息
  • インフルエンザの菌が、私の住む建物に蔓延しているようであります。長女に引き続き、オットと長男も体調不良を訴えています。ホントかな?この二人の本質は『ナマケモノ』です。信用なりません。とりあず、医者へいって検査してきて下さいってコトで。私はいたって元気です。長女も熱も下がり、暇をもて余しています。でも、先程学校へ行ったところ、インフルエンザにかかったら5日間は登校出来ないとのこと。私も子供とともに休 [続きを読む]
  • 2018/1/28 (日) 爽やかじゃない日曜
  • 徹夜してしまったし、飲んでしまったし、濁った頭でダラダラ過ごす休日はホントいやだ。走ってもいない。最低最悪。最低限の家事をして、「予約してた本が入ったから!」と言って一人で図書館へ行く。今日は実用書は少な目、活字の本をたくさん借りた。私は、『読める本』が限られてて。漫画そうなんだけど、ストライクゾーンが狭い。借りても読めるかは不明。二行も読めば「アウト!」ってなってりして。偏屈なんだよ、自分。リカ [続きを読む]
  • 月安さん!
  • 「月安さん!」(ツキヤスと読む)雑踏のなかで呼んででみても、振り返る人の数は限りなく0%に近いだろう。『月安』って、私の母の旧姓。全国に150人程しか生息していないらしい。母の実家は東京の日暮里の繊維街で商売をしていた。母の兄が家業を継いでるのかと思っていたが、そうではないとのこと。日暮里繊維街の『月安??商店』は親戚になるのだか、現在営業しているのは一軒のみ(たぶん)。月安家は富山県をルーツとする。富山 [続きを読む]
  • 2018/1/27(土) ZINEを買いに。
  • 予告通り、SNARKへZINEを見に行く。初めて来たけど、よく知ってる通りにあった。今まで気にとめなかった。想像してたより地味な印象。中に入る。数人のお客が熱心に並べられたZINEに見入っている。あるいは、「なにコレ」と軽く見流している。お客さんは、皆若そうで、どんな思いでここに来ているのか、私にはよく分からない。一通り、『商品』に目を通して、実用的かな?と思った物を購入。きれいな本で、買って良かったです。内 [続きを読む]
  • 2018/1/26(金) インフル上陸
  • 夕べから長女が熱を出して、今日は私も仕事を休んでお医者へ連れて行く。子どもたちが通う学校では、インフルエンザで2クラスが学級閉鎖になっている。私もオットも体調不良。予想通り長女はインフルB型で、おそらく家全体に菌が蔓延している。今週末は家族単位での活動停止となるだろう。近所に小児科があるのは有り難い。帰りにスーパー寄って『柔らかくて消化の良いもの』を買って帰る。インフルエンザといっても、高熱が出る [続きを読む]
  • 2018/1/25(木) 働きながら引きこもる
  • 私は生れつき社会不適応者であると思う。保育園の頃から外の世界に出ていくのは大変苦痛なことであった。小さな頃、友だちと遊んだ記憶は殆どない。ともだちって。よくわからない怖い生き物だった。家庭の中でも、母と姉は突然ヒステリックに怒り出す怖い存在だったし、父は多忙でレアキャラだった。弟はまだ、この世に存在してなかった。保育園での記憶は、自分のマークは『ミカン』ってこと、パンの日に出るうずまきでザラメがの [続きを読む]
  • 2018/1/24(水) 火鉢が欲しい。
  • 今年はじめてのお茶のお稽古。今日は見学の方と途中から参加された方とで計7名。賑やかだった。お軸は春入千林処々鶯(はるはせんりにいりしょしょうぐいす)と書かれている。もちろん、教わらないと読めない。「春の気配が林という林に充ち、至るところで鶯が鳴いている」といった意味らしい。雪が残り、関東は寒波が襲ってきている。厳しい寒さだけど、立春は近い。春は遠いようで、自然は日々春の準備をしている。炉に灰を入れる [続きを読む]
  • 2018/1/23(火) 睡眠不足。
  • 夜は眠りましょう。どんな手段をとってでも。朝、雪かきをする。2時間遅れでの登校の子どもたちも遊びながらお手伝い。暇をもて余した近所の子どもたちも、何となく外に出てきて、雪で遊ぶ。オットは午後から出勤。甘酒をパッケージのレシピに忠実に作ったら、激甘だった。甘党のオットはちょうどいいと言い、私はお湯を足して作り直した。オットは甘党で、好きなものを好きなだけ食べてるのに、太らない羨ましい体質だ。私は食べ [続きを読む]
  • 2018/1/22(月) 雪 。夜更し。
  • お昼過ぎから、チラチラと降り始めて14時、レインコートは着ずに急いで帰宅。雪が降ると子どもたちは嬉しそう。何度も表へ出て、雪で遊ぶ。玄関に小さい雪だるまができていた。学校からメールで明日は2時間遅れの登校になるとのこと。仕事は休むことにする。最近、とても調子が良い。気分がフラットなのってこんなにラクなのかと思う。でも、毎日ボンヤリと本やマンガを読み、スマホを眺め、腑抜けのような生活をしている。図書館 [続きを読む]
  • 2018/1/21(日) ベアッガイ
  • このクマのロボットは、ガンダムに出てくるんですか。長女が作る(オットの指導のもとで)ようになり、ずいぶん仲間が増えました。プチッガイはミキマキちゃんの服を(強引に)着せることができます。いちばん右側の白い子はアルバイトの求人誌を持っています。自転車に全員乗れました。余談ですが、インフルエンザがうちの子どもたちの通う学校に上陸しました。現在、2クラス学級閉鎖になっています。長男も長女も自分のクラスが学級 [続きを読む]