佐近下野守 さん プロフィール

  •  
佐近下野守さん: 毛利元就家臣団列伝
ハンドル名佐近下野守 さん
ブログタイトル毛利元就家臣団列伝
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/sakonsimotukenokami/
サイト紹介文毛利元就の研究をしております。
自由文素人が趣味で研究しているブログです。宜しく願います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供108回 / 287日(平均2.6回/週) - 参加 2017/07/12 14:54

佐近下野守 さんのブログ記事

  • 坂 源三
  • 坂 源三(さか げんぞう)(生没年不詳)【列伝】天文十九年(1550)、福原貞俊以下家臣連署起請文で、182番目に署名。 坂一族の誰であるかは、不明。情報求む。 [続きを読む]
  • 坂元祐
  • 坂元祐(さか もとすけ)(?〜1575)【列伝】毛利家一門衆。坂広秀の嫡男。子元智。左衛門尉。別名保良?通称五左衛門、新五右衛門、立花山城殿。居城周防玖珂郡高森城主、筑前立花山城守将。坂氏の一族で、坂広秀の嫡男。吉田旗本、隆元の側近、隆元近習の使番、隆元の... [続きを読む]
  • 将軍家の「諱」
  • 【将軍家の「諱」】 経済的な理由というのは外でもない、偏諱の授与の際に拝領する武士からの献金にある。旧来の守護大名は別格だが、新興戦国大名の相場は通字である「義」の字は黄金百両で、諱の下の字は黄金三十両か、または青銅三千疋(三十貫文)と太刀・馬ともに献じ... [続きを読む]
  • 佐伯就実
  • 佐伯就実(さえき なりざね)(1484〜1590)【列伝】吉川衆。通称源左衛門。旧名林就信。官位右衛門大夫。【列伝】幼少のころから元就に小姓として仕え、元服後は近習となった。ところが、陣中隠密佐伯源左衛門が事故死した為、その後任となり佐伯氏を継ぐ。以後、二... [続きを読む]
  • 佐伯継直
  • 佐伯継直(さえき つぐなお)(生没年不詳)【列伝】毛利家臣。父行継。娘(澄澤貞信の妻)。通称六郎兵衛、一庵。毛利家臣佐伯行継の嫡子として生まれる。天文十九年(1550)、福原貞俊以下家臣連署起請文で、160番目に署名。 毛利秀就の命により、毛利就隆の小姓を... [続きを読む]
  • 佐伯元継
  • 佐伯元継(さえき もとつぐ)(生没年不詳)【列伝】幼名亀松。通称藤次郎。子行継。 出自については不明だが、元就に仕える。 享禄三年(1530)7月24日、安芸山縣における尼子経久との合戦に従軍し、弓矢の腕を比類無きものであるとして、翌日に元就から感状を与え... [続きを読む]
  • 財満忠久
  • 財満忠久(ざいま ただひさ)(?〜1569)【列伝】大内家外様衆。官位越前守。通称孫右衛門。父財満隆久。子就久。 財満氏は菅原道真の後裔を称し、安芸賀茂郡財満郷を名字の地とする一族。 天文二十年(1551)、大内家臣であった財満氏であるが、大寧寺の変により... [続きを読む]
  • 児玉源六
  • 児玉源六(こだま げんろく)(生没年不詳)【列伝】毛利家譜代衆。天文十九年(1550)、福原貞俊以下家臣連署起請文で、219番目に署名。 情報求む。 [続きを読む]
  • 児玉才松
  • 児玉才松(こだま さいまつ)(生没年不詳)【列伝】毛利家譜代衆。天文十九年(1550)、福原貞俊以下家臣連署起請文で、184番目に署名。 情報求む。 [続きを読む]
  • 児玉藤右衛門
  • 児玉藤右衛門(こだま ふじうえもん)(生没年不詳)【列伝】毛利家譜代衆。天文十九年(1550)、福原貞俊以下家臣連署起請文で、98番目に署名。 情報求む。 [続きを読む]
  • 尼子のドル箱・宇龍浦
  • 【尼子のドル箱・宇龍浦】 美保関が賑わっている中で、十六世紀の半ばごろになると、西部の宇龍浦がにわかに活況を呈するようになる。 宇龍は『出雲国風土記』にも記載されている良港で、尼子氏の日御碕神社優遇政策や領国内物資流通政策などによって、港の機能が高められ... [続きを読む]
  • 児玉就定
  • 児玉就定(こだま なりさだ)(生没年不詳)【列伝】毛利家譜代衆。通称小三郎。天文十九年(1550)、福原貞俊以下家臣連署起請文で、93番目に署名。 情報求む。 [続きを読む]
  • 児玉就秋
  • 児玉就秋(こだま なりあき)(生没年不詳)【列伝】毛利家譜代衆。父児玉広家の五男。通称弥七郎。兄に元実、元為、元保、就近。官位木工丞、若狭守法名若狭入道。兄児玉元為の養子となる。元就の側近として政務を行う。後に、吉川元春の参謀役。 永正十六年(1519)1... [続きを読む]