ゆりあ さん プロフィール

  •  
ゆりあさん: 虹の橋へ☆まりあへの溢れる想い
ハンドル名ゆりあ さん
ブログタイトル虹の橋へ☆まりあへの溢れる想い
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/angelxxstory02
サイト紹介文2017年6月、15歳で虹の橋へ。 ヨーキーまりあとの想い出・そして日々の出来事を。
自由文ペットロスではなく、まりあロスの日々です。

大切な可愛い・・かけがえのない存在でした。
出逢えたあの頃に戻りたい。
戻れないとわかっていても。。。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供102回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2017/07/13 17:11

ゆりあ さんのブログ記事

  • 〜月法要とコスモス〜
  • 今日は霊園での月法要でしたが、その前にコスモスを見に行ってきました。風にそよぐコスモスに、癒された〜たくさんのミツバチさんが飛び交ってたけどそれさえも気にならないほどに。よく見ると、いろいろな種類・色のコスモスが咲いてるこっそりと、ひまわりが〜〜が、まりあの分身をうまい具合にのっけてくれたけどひまわりに隠れて、ほとんど見えない状態で諦めようとしたとき。「これでどう〜〜〜??」って感じに、ひょっこり [続きを読む]
  • 16回目の月命日
  • 今日は16回目の月命日です。急に秋めいてきて、一層まりあの温もりが恋しい二度目の季節が巡ってきた月日が流れて、悲しみや寂しさの形も変わってきたように感じる時もあるけど。だけど・・その大きさは変わらないんですよね。写真立てのなかのまりあ。どの方向から見てもこちらを見つめているように感じます。いつも・・気づけばジーーッと、見つめてたもんね。「な〜に?  まりあ」って声をかけたときのあの何とも言えない可 [続きを読む]
  • 9/23 玉置浩二〜60' CARNATION〜 と、奇跡的な再会
  • 9/23 ラブリーホール(河内長野)での玉置浩二さんのコンサート。こちらへは初めて行ってきました。チケットで座席はわかっていたけど、いざ着席してみるとマイクスタンドが真正面にあって、近過ぎて・・昔から、安全地帯&玉置さんのコンサートでは座席運がほんとにいいんですよね〜。玉置さんがステージに現れた瞬間から、涙が溢れて第一部は、ほとんど涙・涙でした。。。いろいろな人の顔が浮かんだり、まりあのことを想ったり [続きを読む]
  • 〜9/16 B'z LIVE-GYM・ライブ編〜
  • 30周年のライブツアー。'95 舞洲'08 神戸ユニバー記念競技場私にとって、3回目の野外ライブ。2月3日の京セラに続き、今回もアリーナ席!!真ん中やや左より、肉眼でシッカリ見える距離。近い〜〜!  近いよ〜〜〜!!京セラの時と同じぐらいの距離感!!!色々な意味で、とにかくB’z最強〜なライブでした。・MCのとき稲葉さんが、「月が出てます。」 振り向いて見上げたお月さま。 同じ月を見てると想うと、胸がジ [続きを読む]
  • 〜9/16 B'z LIVE-GYM・グッズ編〜
  • 『B'z LIVE-GYM Pleasure2018 HINOTORI』9/16 ヤンマースタジアム長居へ。今回の同伴者は、B'zのLIVE初体験の友達。事前に予習のために、何枚もDVDを貸してあげたりして何日も前からお天気が心配だったけど、お天気も良くなって。しかし・・ほんとに蒸し暑くて大変でした5時半からの開演だけど、早めの3時に到着。まずツアトラ撮影目当てで、スタジアム前に向かっていると。なんと、途中のグラウンド??に、トラックがた [続きを読む]
  • 〜15回目の月命日と、ねがい〜
  • 今日は15回目の月命日です。先週の台風21号による各地での大きな被害と北海道での大地震。復旧・復興が進み、被災された皆さんが1日も早く平穏な生活を取り戻すことができますように。。。そう願うばかりです。あの台風で、数分間の停電が起きただけだったけど怖くて怖くて、友達とずっと電話で励ましあってました。友達や知り合いや親戚宅で被害があったり。テレビでしか見たことがない光景を目の当たりにして。改めて自然災 [続きを読む]
  • 〜花火と秋の気配〜
  • 昨日 9月1日。友達と約束していた、いずみの国納涼花火&グルメグランプリなどのイベントへ。早朝からすごい雷と雨で、開催が心配だったけど予定通りってことで、会場近くに住む友達宅へ夫婦でお邪魔到着後しばし休憩して、4時頃いざ出発すでにかなりの人で賑わってたけど、グルメグランプリの出店前には、まだ大行列はなくて端から順番に、どれにしようか〜?と悩みながらいくつかチョイス。あの時間ならほとんど並ばずに、全 [続きを読む]
  • 〜8月終わりの小さな決断〜
  • 今日で8月も終わるというのに、本当に暑すぎるいつまで続くのかな〜。まりあの愛用品。その中の・・想い出がいっぱいのキャリーバック。まりあがいなくなってから、何度も処分しようとしても泣けて泣けて、どうしてもできなかった。だけど今日・・一番出番が多かったキャリーバックだけを手放す(処分)ことにしました。ようやくひとつだけ。幼いころから、出かけるよりも通院の方が多かったね。忘れられない。祈る気持ちで通院し [続きを読む]
  • やっぱり帰ってきてたのかも・・・
  • 昨日の続きです。13日の友達宅のワンコ&ニャンコ。いつもなら「おやつ♪ ちょーだい♪」 「あそんでー♪」ってやたらと長い間絡んでくる、コンビなんですけどねいつもなら同じ部屋でいて、モフモフしてるはずのニャンコなのになぜか隣の部屋に雲隠れするし。いつもなら必ず膝の上にベッタリ・トイレにまでついてくる甘えん坊のワンコなのに、程よい距離感を保ってるし。普段と同じように歓迎はしてくれたのに、暫くしたらコン [続きを読む]
  • 気配は感じなかったけど・・・
  • 二度目のお盆でした。13日のこと。夕方お迎えの灯りを灯すまでに帰宅するつもりで午後から友達宅へ向かいました。駐車場に着いて、ふと空を見たら天高い場所から、地上に伸びるような渦を巻いた形状の長い長い雲。まるで・・遠くに旅立った全ての魂が大切な家族のもとに帰るためにひかれた道筋のようで、胸がジーンとして。。。デジカメを持ってなかったことが、悔やまれました6月12日、まりあの一周忌の日。お線香を使い切っ [続きを読む]
  • 〜昨夜のペルセウス座流星群〜
  • 昨日は14回目の月命日。霊園ではお盆法要。そして昨夜、某所に夜空を眺めに行ってみました。もちろんまりあの分身も一緒に。お目当ては、ペルセウス座流星群。だけど、ダメもとっていうか、ほとんど期待もせず。ところが・・なんと「えーっ?  ここでこんなに見えるの?」結構星空が広がってるし、夏の大三角もハッキリと確認できるしかも到着後30分の間に、3回も流れ星が〜〜〜でも残念なことに、は見逃してるしなんとか1 [続きを読む]
  • 〜14回目の月命日と、お盆法要〜
  • 今日は14回目の月命日です。そして・・霊園ではお盆法要がありました。一緒に暮らしていた日々よりも、長い長い月日が過ぎたような寂しさ。そして逢いたいという、叶わぬ願い。それは・・時の流れとともに増すばかりです法要後に、いつものように庭園へ。さっそく蝶がヒラヒラと舞い降りてきて私を目がけてとんでくる〜姿を変えたまりあだと想うと、恐怖心も消えます。今回も蝶は、写ってないなぁ少し移動して空を撮影しようした [続きを読む]
  • 夢に込められた意味・・・
  • 命日を迎える前の6月10日。まりあにまつわる夢をみました。帰ってみたら、まっくろチビスケのヨーキーちゃんが!!オモチャで遊びながら、はしゃいでるまりあもいるんだけど、姿はおぼろげなシルエットだけ。「なんでここに?おチビちゃんがいるの???」って想いながらも、オモチャで遊んであげている。そして・・あの日以来の夢。リビングにいて、「まりあ〜」って呼んだらそばにきたのに。   気配はあるのに。やっぱり、 [続きを読む]
  • 〜ひまわりと、たくさんの想い〜
  • たくさんのひまわりを見たくて酷暑の中・・まりあの分身も一緒に行ってきました。この前に立った瞬間、浮かんだ言葉は『一生懸命』みんなこんなに一生懸命に咲いてるって想ったら、感動して涙がこみあげた。。。画像を取り込んでから、気がついたトンボさん。まりあが姿を変えて「一緒に見てるよ〜」って、メッセージをくれたのかな逢いたくてたまらないから、ついそう想ってしまいます。ミツバチさんたちは、大忙しでいっぱい飛ん [続きを読む]
  • 〜まりあに出逢えた2002年〜
  • 早いもので、あと数日で7月も終わり。ロシアで開催されたワールドカップも15日にフランスの優勝で、幕を閉じました。なんで今頃?開催中に記事にしたくてもできなくて・・・でも、やっぱり残しておきたくて・・・2002年、5月。私達の娘になって、まもなく行われたワールドカップこの日は、応援のために弟もやってきてとまりあとパチリ。ちっちゃいくせに、不機嫌そうな顔今もあるミニメガホン。  薄汚れてるけどそして・ [続きを読む]
  • どこかで、まりあも・・・
  • 今年も・・天神祭り奉納花火を、テレビで観てました。昨年、いつも傍らにいたまりあがいない寂しさを痛感したから、今年はやめようかとも考えたけど。きっと少しはマシだろうと思ったのに。やっぱり、泣けて泣けて。。。も、もらい泣き。二人がこうなってしまう理由もあるから仕方ないんだけど。。。まりあもどこかで観てたかな・・・昨年と同じで、泣き言しか綴れないよ〜 [続きを読む]
  • コブクロのライブへ
  • 昨日の21日。  機会があれば行ってみたかった、コブクロのライブへ1月に、ぴあの一般発売にダメもとでエントリーして当選。まさかまさか、こんなに酷暑になるなんて〜地下でツアトラ撮影。1台は大阪ナンバーだったけど両方ともナンバープレートは・・やっぱり5296(コブクロ)撮影後、階段を上がりながら空を見上げたら開演前の時間だったけど、目線の先にお月さまが。トークは面白すぎるし、ファンとのからみも多かった [続きを読む]
  • 〜不思議な不思議なおはなし〜
  • 昨日、20日の出来事を。まりあに逢いたくて、寂しくて。それは・・毎日のことだけど。でもその想いにも波があって昨日は大きな波に襲われて苦しいほど。ふと・・スピリチュアルな内容を綴ったブログを開きました。『いつもそばにいる』『何かを感じたときは、それがメッセージ』そんなよくあるフレーズにも、涙が溢れて止まらなくなった。すると・・チュンチュンさえずりながら、スズメがベランダに。思わず窓際に駈け寄ったら、 [続きを読む]
  • 13回目の月命日
  •    今日は13回目の月命日です。一周忌法要から、あっという間の1ヶ月。昨年の七夕の日にブログを始め、1年が過ぎる頃には心境や生活など、何がどう変化しているんだろう・・と想っていたけど。。。ずーっとケージもそのまま。愛用品もほとんどそのまま。ただ・・まりあがいないだけ。またここで、手が止まって涙が溢れてくる。今の気持ちを表現すること。なんでできなくなったのかな。。。綴りたいこと、たくさんあるのに。 [続きを読む]
  • 〜七夕の日に願いと祈り〜
  • ちょうど1年前の七夕の日にブログをはじめました。あの頃・・カラ元気出して明るく振舞っても、やりきれない想いに押しつぶされそうな毎日。そんな状況から救いを求めた場所だった。1年が過ぎた今日はいろいろな想いを綴るつもりでしたがまた日を改めることにしました。先月の16日、神野山での満天の星空。天の川・ベガやアルタイル。「七夕の日は、晴れますように・・」と願いをこめて、眺めていたのに。まさか広範囲な地域でこ [続きを読む]
  • 自然と天の川と流れ星〜フォレストパーク神野山へ〜
  • 〜続きです〜めえめえ牧場入場無料。家族連れやカップルで、賑わってました。まりあの分身も一緒に、記念撮影を。のどかな雰囲気のなかで、羊さんたちの鳴き声が響いてる。それが激しくなる時って、誰かが羊せんべい(1束 100円)をあげてるんだな〜って、すぐわかるから可笑しくて〜。私達のときも、「めぇ〜っ!!」の大合唱。ちょうどこの場所の前に、自販機と売店と羊舎。売店と言っても、ソフトクリームだけだったかな? [続きを読む]
  • 自然に囲まれて〜フォレストパーク神野山へ〜
  • もう2週間前の16日。満天の星空と天の川が見たくて奈良県山添村のフォレストパーク神野山へ。一周忌を終え、気象条件が揃ったこの日を逃したくなかった。まりあとの・・あの日の約束を叶えるために。せっかくだから早めに出て、周囲の自然も満喫することにしました。名阪国道 神野口ICを出ると、何回か手作り風の看板があり矢印の方向へ進むといいんですけど。途中までしかストリートビューで確認していなかったことを後悔す [続きを読む]
  • 花の文化園へ・・・Ⅱ
  • 〜続きです〜クレマチス園から、アジサイ園へ。まだ通路に面した場所だけど、こんな風流な光景が。ここからなかへ。見たこともない多くの種類のアジサイ。綺麗って、何回言ったかな〜。そして、こんな可愛らしくて可憐なアジサイに心を奪われました。撮影後、プレートを見ると・・さっきのバラ園のときと同じでまりあからのメッセージのような気がして。。。ふたつの文字を繋げたら・・  最高のメッセージアジサイを見ながらの森 [続きを読む]
  • 花の文化園へ・・・Ⅰ
  • 昨日 6月13日。河内長野方面に所用があり、帰りに花の文化園へ寄ってみることに。まりあの一周忌法要の翌日でもあり心身のリハビリというか現実逃避というか。。。もちろん、まりあの分身も一緒。『奥河内くろまろの郷』農産物直売所・レストラン・パン工房があり広い無料駐車場利用OK。このうしろの旗の見えるところが階段になっていてここから登っていきます。登り切ったところには、登ってくるのが困難な方のためのわりと [続きを読む]
  • まりあの一周忌法要
  • 霊園で一周忌法要を、執り行っていただきました。〜まりあへ〜あの日から1年。そう考えると・・本当にあっという間に時が過ぎたけど。まりあがいなくなってから、いろいろなことがいっぺんに起こり過ぎたよ。。。1年前のあの日。まるで昨日の出来事のように鮮明に覚えているのにまりあに逢えなくなってから、もう何年も何年も過ぎてしまったようで、寂しくてたまらないんだその時々で、「もう・・」だったり、「まだ・・」だった [続きを読む]