sonrisa さん プロフィール

  •  
sonrisaさん: 不登校ママが笑顔になれますように
ハンドル名sonrisa さん
ブログタイトル不登校ママが笑顔になれますように
ブログURLhttps://ameblo.jp/happysonrisa
サイト紹介文高1息子が中学不登校でした。泣いたり、たまに笑ったりの日々を忘れないように少しずつ書きとめています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供138回 / 347日(平均2.8回/週) - 参加 2017/07/12 22:40

sonrisa さんのブログ記事

  • 強がらなくてもいいよ
  • おはようございます。 今日の大阪は一日中雨のようです 明日からは晴れて暑くなるみたい。今年の夏は猛暑らしいですが、そんな予報を聞くだけで夏バテになりそうです さて。 昨日の記事の通り、転校ショックからの立ち直りは早かった私、ツイッターで呟きながら、自分の頭を整理していきました。 そこに綴られていたのは、不登校ママさんとしては割と優秀な言葉たち 今読み返すと ほら、私はこんなにわかってるやん こんなこと [続きを読む]
  • 不登校生のフシギ
  • ワールドカップのコロンビア戦を見ながら書いてます。 時差3時間(日本よりも早い)のNZにいる息子も見ているらしく、明日、寝坊しなや、と相変わらず余計なお節介を焼いている私です。 突然ですが、不登校生の行動って、 不可解だったり あり得なかったり イミフだったり しませんか わが家の息子がそうでした。 1日15時間モンスト生活がその最たるものでしたけど、それ以外にもたくさんありました。 転校して速攻で不登 [続きを読む]
  • 再登校のハードル
  • 振り返り記事、転校から即再不登校のお話は一気に書きました。 退学して転校とか、1日しか学校に行けなかったとか、そうそうない経験だけに鮮烈に記憶に残ってます。 1日で不登校になるなんて、当の息子も全く予想していなかったと思います。 不登校から学校に復帰することは、正直言って簡単なことではありません。 息子に限らず、再登校したものの、途中で疲れてお休みに戻ることは決して珍しくはないんですよね。 特に、こ [続きを読む]
  • 地震、怖かったです((((;゚Д゚)))))))
  • ご存知のとおり、今日は大阪で大きな地震がありました。会社の最寄駅に着いたところで地震が発生電車が揺れまくって、めちゃくちゃ怖かったですとりあえず出社したものの、一人家に残しているワンコが心配で心配で、もう涙目でした震源地からは少し離れているけど、高層階なのできっと揺れてるし、物が飛んできてワンコに当たったりしてたらどうしよう 幸い、早い時間に自宅最寄り駅までの電車が動いたので、仕事ほっぽりだしてソ [続きを読む]
  • 娘の存在
  • 退学届を出した翌週、息子は公立に転校するのですが、その間に我が家には大きな変化がありました。 娘が1年間の留学を終えて、家に戻ってきたのです。 娘は不登校留学ではなく、高校のプログラムで行った普通の留学です。 不登校初期の息子が荒れ荒れだった頃、娘は留学中で、一番大変な時期に娘を巻き込まずに済んだのは幸いでした。 そして、退学から転校の怒涛のその週に、娘がいてくれた事で私は本当に救われました。 ちょ [続きを読む]
  • 心にスキマをつくる
  • 昨日の記事を書いてから、もうひとつ思い出したことがあるので追記します。あの頃の息子は、できることが少しずつ増えていました。そのひとつが、電話に出ること??不登校になってから、息子は学校からの電話を恐れて、昼間であろうが夜であろうが、家の電話には一切、出なくなりました。かと言って携帯にかけたりメールすると、ゲームの邪魔をしたと言ってキレるので、外から息子に連絡を取る手段はありませんでした。転校を決め [続きを読む]
  • ⑮ボクは自宅警備員
  • 振り返り記事ですが、公開にします。今回はヘビーになる予定でしたが、次回に変更です。年が明け、息子は転校を決めました。決めてからの息子は、どんどん明るくなっていきました学校に戻らなきゃいけないという気持ちと。もう手遅れという気持ちと。これから先を不安に思う気持ちと。がんじがらめになった状態から解放されたんだと思います。ガリ勉進学校では落ちこぼれたけど、公立なら楽勝でやっていけるはずって自信もあったは [続きを読む]
  • 素敵な出逢いがありますように?
  • お友だちのrikaさんとなつろんさんが、こんな楽しげな会を企画されています楽しそうなので、私も参加しますrikaさんとなつろんさんのイベントはいつも大盛況ですが、今回は、な、な、なんと総勢24人の一大イベントママさん達のパワーいっぱいで、エネルギー満タンチャージできること請け合いですねrikaさんとなつろんさんは、リアルでも仲良くしてもらってますが、ふたりとも、なかなか出逢えないレベルのパワーの持ち主。一緒に [続きを読む]
  • 不登校にベターはあってもマストは無い
  • 振り返り記事、前回は「上げ」記事でしたが、次、実は落ちます 上がった後は、鉄板の「下げ」がやってくる。 まぁ、不登校期のお約束ですね。 私立中学校を退学して、公立に転校し、一瞬で再不登校に戻ったというエピソードなので、割とヘビー。 ちょっと気合入れてから書きます。 で、今日は全然違う話です。 不登校でも何でも、悩みのある時って、どうしても正解を探したくなります。 特に私のようにせっかちな人の場合、最短 [続きを読む]
  • お母さんが元気になること
  • 不登校からの回復を、ものすごくシンプルかつ乱暴にまとめてしまうと。子どもが元気になることを目指す子どもが元気になる前に、親が元気になるってことかな、と思います。子どもが学校に行くことでもなく、勉強することでもなく、昼夜逆転をやめることでも、ゲーム依存を断ち切ることでもなく。とにかく、元気になってもらうそのために、親はあの手この手を尽くして頑張るわけだけど。でも、頑張ってるお母さんに元気がなければ、 [続きを読む]
  • 初めての不登校親の会
  • 息子が冬眠モードに入った頃、私は息子を見守りつつ、自分と向き合う作業に試行錯誤していました。不登校支援カウンセリングは、我が家においては、どうやらお金のムダっぽいと薄々気づき初めていたので、他に良いものがないかと手当たり次第にお試しカウンセリング的なものを試しまくりました。基本的に依存心が強く、かつ行動力のある私、一人で自分に向き合うのではなく、外に答えを探していました。その頃、試してみたもの。ヒ [続きを読む]
  • 今を楽しむ♪
  • 今振り返りで書いているのは、4年前の息子です。4年前、ほぼひきこもりで、ゲームしかしなかった息子、今は週3回サッカーと、週1回バスケットをやってるそうですサッカーは地域の選抜チームに入っていて、今日は久しぶりに点を決めた〜って、LINEが来ました。2年間、スマホやゲームのコントローラーより重いものを持たない生活だったせいか、最初はスタミナがなくて大変だったみたいだけど。最近は少しずつ体力もついてきた様 [続きを読む]
  • 親が人生を楽しむこと
  • 連投になってしまいますが、とっても素晴らしいネットの記事を見つけたのでご紹介しますね。 我が子をひきこもりから救った親がやめた「二つの行動」 この記事を書いた安田祐輔さん、ご自身が不登校、ひきこもり、うつといった壮絶な経験を経て、今は様々な悩みや事情を抱える子どもや若者を支援する活動をされている方です。 ときどき、このような記事を発信されていて、読む度にとても共感できるのですが、この記事は親の気持ち [続きを読む]
  • rikaさんのレイキ講座
  • 少し時間が経ってしまったのですが、先週日曜日にrikaさんのレイキ講座を受講しました♪ お友達のなつろんさんと一緒に。 講座については、なつろんさんが詳し〜くレポくださっているので、こちらをどうぞ。 私の場合、なつろんさんのようにビンビン何かを感じるというよりは、じんわりと穏やかに癒されたような感覚でした。 実はこの日、私は胃腸炎からの病み上がりで。 前日は水しか受け付けなかったので、フラフラでレンタル [続きを読む]
  • しんどくて辛くて苦しい時は
  • 回顧録、ちょっとお休みしててすみません。もうひとつ公開記事を。不登校初期のように、しんどくて辛くて苦しくてしょうがない時は、とりあえず今をやっつける、今日をやっつけるという気持ちでいると、何とかやり過ごせる気がします。そんな時でも明るい未来を思い描ける人は素晴らしい。けど、精神状態がよろしくない時に先のことを考えると、不安や心配が押し寄せてくることの方が多いかもしれません。将来なんて誰にもわからな [続きを読む]
  • 究極のルーティンは癒しの時間でした
  • 葛藤期だけで⑩までいってしまいましたが、そろそろ安定期に入ります。 そろそろ安定期って、何だか妊婦さんみたいですが。この頃、息子と私は究極のルーティン生活を確立していました。息子はひたすらモンスト。朝か昼か夕方かわからないけど、起きてスマホを手にとりモンスト、スタート〜食事とトイレ、たまにお風呂以外はスマホを手放さず、スマホ持ったまま寝落ちしてました 私は、母親になって初めてと言ってよいくらい、ゆっ [続きを読む]
  • 近くに仲間がいるかも
  • 昨日、会社で会議があったのですが、会議前の待ち時間に隣にいた同僚(男性)と雑談していて、その人がぽろっと最近うちの子、学校行きたがらなくて困ってるんですよね。今朝も学校に送ってから会社来たんですよ。と話してくれました。あら。うちの息子、不登校だったよ。私、経験者やし、いつでも相談乗るよ。と言うとえ まじすかめっちゃ、心強いっすというわけで、仕事が終わった後、緊急プライベートミーティングやりました。 [続きを読む]
  • 育て直しと親の育ち直し
  • 昨日の記事で育て直しって書きましたが、当時の私は、息子を育て直しながら、自分自身が育ち直している感覚でした。子どもが不登校になると、親も否応なく自らと向き合い、価値観や人生観すら大きく変わることも多いと思います。私もそうでした。最初は自分の子育てを悔やみ、自分を責めることから始まり。自分との向き合いの中で、自分がいかに窮屈でしんどい生き方をしてきたかに気づきます。しんどい生き方は当然のことながら親 [続きを読む]
  • ⑧葛藤期〜甘え直し
  • 葛藤期、息子は昼夜逆転、ゲーム三昧以外の傾向として、やたらベタベタスキンシップというのがありました。夜、仕事から戻るとまずハグを求められました。 両手を広げて玄関まで出てきて、お母さん、ハグしてハグ、みたいな。ハグだけで足りな時は、膝枕を求められました。私をテレビの前に座らせて膝枕でゴロ寝する息子。お母さん、ご飯作りたいんですけど。まぁええやん。一緒にテレビ見ようや。昼間一人で寂しいの?まぁな。て [続きを読む]
  • イエスと言わせたくて
  • 昨日のブログ書いた後で、思い出したことがあります。カウンセリングのことを息子に話す前に、夫がこんな映画をレンタルして息子と一緒に見てました。イエスマン “YES”は人生のパスワード [Blu-ray]1,500円Amazonジム・キャリーのコメディですが、NOばかりでネガティブな人生を送っていた主人公が、すべてにYESと答えるようにしたところ人生が好転した、というお話。その頃息子は、親が何を言ってもNOでしたから。カウンセリング [続きを読む]
  • 回復のはじまり
  • 回顧録は連日ヘビーな記事ばかりですみません。この頃は、今思い出しても本当にキツかった。四六時中、片時も息子のことが頭から離れず、胸のあたりには常にイガイガしたものがあって、楽に呼吸ができない。大げさではなく、人生の底を見た思いでした。でも今振り返れば、息子が学校に行くのをやめた日から、回復への道は始まっていたと思います。私は少しずつ変化しながら元気になり、息子も落ち着きと元気を取り戻していきました [続きを読む]
  • 頑張らないと不登校オバケがやってくる
  • 振り返り記事、だんだん重くなってしまってスミマセン。なるべくさらっと書きたいのですが、実際のところ、相当にしんどくてヘビーな日々だったので。当時の私は、全身全力で不登校を阻止しようと思ってました。私が頑張らないと、不登校オバケがやってくるそんな心境で、焦って怯えてました。不登校オバケに取り憑かれたら、息子の一生が台無しになってしまう。そんなことはさせない。私がオバケを退散させなきゃ。それくらい、不 [続きを読む]
  • ありがとうございます!
  • 限定記事をアップし始めてから、たくさんの方にアメンバー申請をいただいてます。読んで下さり本当にありがとうございます!申請の際は一言メッセージを、とお願いしておきながらお返事が遅れており申し訳ありません m(_ _)m少しお時間下さいませ。メッセージ送ったのに承認されてないよー、という方、もしいらっしゃったらお手数ですがお知らせいただけるとありがたいです。ブログを始めて1年半、最近はすっかりネタ切れで、何書 [続きを読む]
  • アメンバー申請に関するお願い
  • たくさんの方にアメンバー申請をいただきありがとうございます改めまして、アメンバー申請して下さる方にお願いです。勝手ながら、アメンバーは不登校関連の悩みを持たれる方、ご経験された方に限定させていただいています。ご自身がブログをされていない場合は、簡単でけっこうですのでメッセージをお願いできますでしょうか?お手数ですが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。 ブログランキングに参加しています♪にほんブ [続きを読む]
  • ①不登校になる前の息子と私
  • 昨日予告した不登校の振り返り、今日から少しずつ書いていきたいと思います。まずは不登校になる前のこと。私はワーキングマザーで、自分で言うのも何ですが、仕事は割とバリバリやってきた方です。息子は生後6ヶ月から保育園生活でした。保育園の頃は、小さくて動きも遅くて、ただただ可愛らしい息子でしたが、小学生になって変化が見られます。意外にもクラスのリーダー的存在になった反面、お友だちとのトラブルが多く、しょっ [続きを読む]