happypenugin さん プロフィール

  •  
happypenuginさん: それでも幸せな人はいるから
ハンドル名happypenugin さん
ブログタイトルそれでも幸せな人はいるから
ブログURLhttp://www.happypenguin.net
サイト紹介文特別支援学級の担任をしていて感じたこと。幸せな子ども時代を過ごす子どもが一人でも多く増えるように。
自由文はじめまして「ハピペン」です!
放課後の学童保育6年→特別支援学級担任5年目です。
インクルーシブ教育と教室で出来る支援について考えるのが好きです。
最近考えていることは「ゴールの共有」「目的の共創」です。https://goo.gl/81nYAR
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供192回 / 156日(平均8.6回/週) - 参加 2017/07/13 04:47

happypenugin さんのブログ記事

  • 【合唱・合奏の学び】「ハピペン」なりの意味づけ
  • コミュケーション能力は、バッターボックスに立った数「ハピペン」です。2学期末、合唱・合奏の練習がとある学年で頻繁にあった時期でした。突然感想をふられて何を語るか。そういうのを考える日々だった。最終の感想として二つ挙げた。合唱と合奏に共通するものいきなり本番は可能か合唱と合奏に共通するもの書かないで問うたら「音楽!」と即答され、「さすが!」と思った。私が言いたかったのは「合」ってこと。「合 [続きを読む]
  • 【授業のUD】小貫悟先生の講演を聞きました!
  • 遅寝早起き!マズイ!「ハピペン」です!たまには授業論。新学習指導要領に示されていることまず、前提。次期学習指導要領には主体的・対話的で深い学びの実現に向けた授業改善障害のある児童(生徒)などについては、学習活動を行う場合に生じる困難さに応じた指導内容や指導方法の工夫を計画的、組織的に行うこと。といったことが書かれている。一つは、向こう10年すべきことは、授業改善ってことだと。もう一つは、学 [続きを読む]
  • 「どの人間も生きていてよい」【改め】
  • やっちまったー!!二日酔いーー!!!「ハピペン」です。この本いいっす。めちゃ希望満載に感じる。「なんとかする」子どもの貧困 (角川新書)作者: 湯浅誠出版社/メーカー: KADOKAWA発売日: 2017/09/08メディア: 新書この商品を含むブログを見る何かすれば救われる誰かがいる。活動を一発で当てる必要はない。徐々に広がる。長く続けることだ。全く必要のない他者なんていないのだ。テンプルグランディンの言うように、 [続きを読む]
  • 【伝説の板書】自分ならどうするか。私を鍛えてくれた先生の話。
  • 夢を見た。「ハピペン」です。はじめて小学校で働いた年、一緒に組んだ定年の先生の夢を。その先生が、あるクラスに入って授業をしたのを見たことがあった。授業時間がはじまる。机の上にランドセルが置いてある子が4名。ロッカーの上には段ボールが二つ。机の上に乗っている子も2名。みんながそれぞれしゃべっている。前を向いている子は0に等しい。さて、どうするか。その先生は板書をした。伝説の板書1.机の上 [続きを読む]
  • 【学校と子どもの貧困】貧困とは?
  • 9時間睡眠という贅沢(?)をしてしまった「ハピペン」です。何時間寝ようが自由だろうけど。完全に、まなびと!さんに触発されて本を購入。週末に貧困について話す機会もあるからっていうのもあるけれど。manabito.hateblo.jpそもそもの、知識のインプットが足りなかったと反省。今はこの本に目を通しています。「なんとかする」子どもの貧困 (角川新書)作者: 湯浅誠出版社/メーカー: KADOKAWA発売日: 2017/09/08メディア: [続きを読む]
  • 【カタルタ】カタルタは人間をハックしている!
  • いつもより電車が遅くなる「ハピペン」です。10月から徐々に遅れていく……。これを見越して4月に設定しないと厳しいのかもなあ。習慣おそるべし。今日もカタルタの話をしてしまおう。やはり!「カタルタ」はニーズを拾える可能性がある!今日、二階から帰りまでの間に歩きながら「カタルタ」を使った。「今日頑張ったことは?」と聞いて、カードをめくって話を展開させていく。すると「体育でシュートが入ったのが嬉し [続きを読む]
  • 【自分のこれまで×SF×カタルタ】「先天的価値」と「後天的価値」
  • 今日は久しぶりのがっつりOFF。昨日は【OXFAM】の楽しい集まりに参加させていただき。【OXFAM】は、「貧困のない公正な社会の実現」を目指すNPOです。oxfam.jpこの話はまたどこかでしよう。今日は、昨日浮かんだアイデアと【自分のこれまで】や【SF(ストレングスファインダー)】や【カタルタ】を掛け合わせて浮かんだことについてメモをしておこうと思う。昨日、待ち合わせの時間まで、ぽっかり空いた時間があり、コーヒーを [続きを読む]
  • 【他者意識】何気ない日常に真実や奇跡は潜む
  • 昨日の夜は調子こいてスタバで読書しようとしたら、急に眠くなって3ページしか読めませんでした「ハピペン」です。いやーコーヒーをこぼさなくて良かった。おかげで2時台に起きています。ふと読もうとしている本を振り返った。「自尊感情」に紐づいていろいろ出てきてもいるし、全然違う本も読みたくなっている。自尊感情の心理学: 理解を深める「取扱説明書」作者: 中間玲子出版社/メーカー: 金子書房発売日: 2016/04/15メディ [続きを読む]
  • 【朝起きること】子どもに強いられるか?
  • 朝起きにくいなあ……と思っている「ハピペン」です。と思った朝「ふたせん」も似たようなことを思っているのを見て微笑ましい。早起きのプロが起きづらい時期なら、私は本来であれば昼まで寝てしまっていてもおかしくないのである。もうちょっとこの朝起きるトークをしたい。(金言に行きたい人は下方は跳んでね)起きれない。この気持ちはちょっと苦しい。今の起きる時間だと、実は職場への到着も早い方ではない。一瞬「あと [続きを読む]
  • 【Learn my way #2】誰かに大切にされるということ
  • 朝、目の前でバスのドアが閉まった(後方)。前の方にいって運転手さんに「すみません、お願い」ってポーズを取る。無事乗せてもらえました!「ハピペン」です。こういう社会に潜むポジティブを集めたいね。そして、昔は、バスなんて、どこでも止めて乗せてもらえていたという話を聞いたからこそそういう行動に出られるという事実。ポジティブかつ人間らしい知識や生活経験を共有したいなあ。さてさて【Learn my way #2】です。 [続きを読む]
  • 『自尊感情革命』非意識の自尊感情って……えっ?
  • 花金に一人で串カツ屋「ハピペン」です!底が知れますね。トホホ。何してるかってキモいけど、お酒を飲みながら、これを読了するという、リラックスしてしたいことをしているだけなのです。自尊感情革命 なぜ、学校や社会は「自尊感情」がそんなに好きなのか?作者: 山崎勝之出版社/メーカー: 福村出版発売日: 2017/09/08メディア: 単行本この商品を含むブログを見る4人席で1Hくらいならの条件付きから、カウンターであと1H [続きを読む]