朝寝のカプ さん プロフィール

  •  
朝寝のカプさん: 朝寝のカプ
ハンドル名朝寝のカプ さん
ブログタイトル朝寝のカプ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/cappuccinocapu
サイト紹介文ネコは夜行性 そのため朝は食事の後 すぐに眠くなる 人間と同じか
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供104回 / 97日(平均7.5回/週) - 参加 2017/07/13 18:21

朝寝のカプ さんのブログ記事

  • 川柳もまた楽し
  • 台風21号が、日本列島を伺っているどうも進路が列島の方向に向いているようで不気味だ要注意かさて、川柳の「かたえくぼ」を見ているとマスコミの予測外れたこともあるに、秀句の星印がついている言い得て妙、また希望的観測も込められているのか自民300超を伺い、各地で期日前投票が好調総務省の中間発表では全有権者の3.86%が投票したという。便利で自分の都合で投票できる制度が定着した感あり。昨夜は楽天が西武を破り5−2 [続きを読む]
  • 政宗は多彩な,多才な人物だった
  • 青葉山、三の丸にある仙台市博物館。現在、伊達政宗の生誕450年を記念して「特別展 伊達政宗」が開かれている。11月27日までの日程だ。地下鉄で仙台国際センター駅で下車、公園を通り、博物館に向かう。回りの木々も色付き秋色が次第に濃くなりつつある博物館は仙台城の三の丸跡地に建てられたもので当時の石垣の間を通り、博物館に向かう展示物は撮影ができないので紹介できないが筆まめな政宗の横顔がよく分かるまた、文化人政 [続きを読む]
  • ダリア咲き誇る松ヶ岡
  • 鶴岡市羽黒町にある松ヶ岡開墾場は、明治維新後庄内藩士たちが切り開いた豊かな大地です。ここには三階建ての蚕室、五棟が現存し、資料館などとして活用されているその前庭にはこの時期、ダリアが咲き誇り訪れる人の目を楽しませている。きれいに整列したダリアの色も様々だこの記念館の二階には開墾士の末裔、田中兄弟が収集した全国の土人形や土鈴が展示されているその数2万5千点。驚くばかりの点数だ。今日はその何枚かを写真で [続きを読む]
  • 最上川濁流残り水速し
  • 訪れた最上川、前日の雨の影響が残り、水は通常よりも30センチは高い流量で静かな最上川とは様相が異なる。時折、小雨が降り注ぎ、風も強まることもあり、ゆっくりとした船下りとはチト違う水辺の旅だった。松尾芭蕉も今から300年以上前、この最上川を本合海から清川まで、船下りを楽しんだ。というよりは、その句を見ると「五月雨を集めて早し最上川」とある。当初は「集めてすずし」だったが流れのあまりの速さに「早し」と改作 [続きを読む]
  • いま、鶴岡から戻りました
  • 鶴岡を10時に出て、仙台には午後0時40分に到着した途中工事で片側一車線の通行地域があったが、ほぼ時間通りの到着。途中運転手さんの休憩とトイレタイムを10分順調な旅だった。バスも本当に便利になった。座席も一人がゆっくりと座れるようになり狭苦しい感じはなかった。さて、仙台に到着したら共産党の志位委員長が街頭演説をしていた。いわゆる大物が来るとぺぺディストリアンデッキに人が群がることになる。そんな光景を見な [続きを読む]
  • アンコールワットの修復に貢献
  • 今朝のラジオ深夜便でアンコールワットの修復と人材育成に貢献している上智大学、人材養成研究所の「石澤良昭教授」の話があった。まさに「明日への言葉」のコーナーにふさわしい話だった。石澤さんは今年夏、フィリピンのマグサイサイ賞を受賞。遺跡の修復とその保存の人材育成への貢献が認めれれたもの。ポルポト時代などは遺跡は荒れるに任せ、崩れたり崩壊したりしてその遺跡の保存まで手が回らなかったのが実情。石澤さんは、 [続きを読む]
  • 秋点描
  • 庭のナナカマドの実も大部色付き始めてきましたその隣では,サンゴジュも負けずに赤い実をつけています。仕事のある午前、運動をかねて公園に散歩に出かける。気象台の観測圃場もススキをはじめ実のなる木も植えられていて、これは一目で秋を感じることができる公園の広場では、3人が手作りの紙飛行機を飛ばし、滞空時間をカウントしながら、飛び具合を確かめている。]動力はゴムの力。上空にまっすぐ飛ばし、その飛行機が大きな円 [続きを読む]
  • みちのくYOSAKOIコンテスト
  • 今年で20回目となる「よさこい」祭りが土曜、日曜と仙台で開かれた予選を経て、決勝戦に進むという試合形式の踊りで衣装も演技も、大判の旗もそれぞれ工夫を凝らしていた全国から演技団体が集まるこの「よさこい」高知に始まり、1992年に札幌にわたり、全国に広がっていった。東北だけでも8つの実行委員会ができている。「よさこい」がこれほど盛んになったのは何だろうと考える。確かに、阿波踊りなどエネルギーを発散する祭りな [続きを読む]
  • 霧立ち込め、天気は晴れる
  • 今朝の仙台は早朝起きた時は100メートル先も見えないぐらいの霧。時間が経つにつれ、少しずつ見通しがよくなる。予報は晴れ、確率も低い。さて、秋桜コスモスは結構生命力が強い健気に今も咲き誇っているついでに、その近くの花も写真に撮る日曜日の朝、頭が回らず、今日はこの辺で・・・ [続きを読む]
  • Yes We can !
  • 昨夜6時NHKテレビは同時中継で「ノーベル米和賞」の発表を伝えていた。平和賞はこれまでの場所とは違い「オスロ」での発表だ。本論とはあまり関係ないが、日本とは違い女性の活躍が北欧では顕著だ。平和賞を発表したのも「ライスアンデシェン委員長」女性だ。被爆体験を語り継いでいるカナダ在住の「サーロー節子さん」をはじめ、被団協メンバーなど日本ならではの被爆者の声が受賞の原点にある。核兵器禁止条約に署名しない日 [続きを読む]
  • 日毎、寒さが、募ります
  • 仙台の最高気温の予想は今日は20度夜遅くに雨が降りそうな天気。朝起きだしてカーテンを開けると、真っ赤な朝焼けが目に入る。今日の日の出は5:36分。そのほんの少し前に太陽が顔を出す寸前の表情だこんなに朝焼けがきれいに見えることはあまりないかもしれないと思い写真をパチりと撮る。朝焼けは天気の悪化の印。午後になって次第に曇りから夜は雨の予想 [続きを読む]
  • 名月にバチカンからの葉書
  • 昨夜は芋名月。満月は明日という。月齢を見ると明日が15.9ということになっている。どんな月の姿を見せてくれるのだろうか名月や雲に隠れて恥じらいかそれでも、ラッキーなことに切れ間から写真を撮ることができた。さて、ポストには夕方、郵便屋さんが素早く手紙やはがきを入れていくその中の一枚にバチカンからの絵葉書が入っていたサンピエトロ寺院の夜の景色と噴水だ。寺院の上空にも月が出ていてこちらはまん丸のお月さんが出 [続きを読む]
  • 今日は中秋の名月
  • 名月を愛でては芋を食う今朝のお粗末な一句を冒頭に持ってきたが、深夜便を聞いていたらこの芋名月の解説をしていた。ところで中秋の名月が=満月とは限らないという。陰暦の8月15日が今日だが天体と暦の乖離とでも言っていいのだろう。乖離といえば、「希望」は一次公認192人を発表した中には政策で折り合わず、無所属で立候補を表明した人も出るなど基本政策で折り合わない人も出てきている政治家は主張や思考が大事。安全保障や [続きを読む]
  • 「わろてんか」始まる
  • 「ひよっこ」が終わって、「わろてんか」が始まる前回の「朝ドラ」も結構好調だったし、今回は大阪制作で吉本興業の創業者「吉本せい」さんがモデルのドラマだ。ネットを検索すると、毎回のあらすじが最終回まで書かれていて、これは見ないほうがいい。興味が半減すると思ってみないようにしている。初回は「食事中に笑うな」が印象付けられている。外国人の来客に、テーブルが「てん」の失敗でまさに「てんやわんや」の大騒動に発 [続きを読む]
  • 秋桜と書いてコスモスと読む
  • ラジオ深夜便を聞いていたら、午前3時台に山口百恵さんの例のコスモスの歌がかかっていた。最近では百恵さんの息子,三浦祐太朗がこの歌を歌っていると。アンカーが紹介していた結構、さまざまな家庭でこのコスモスを育てている。このコスモス、日本には明治時代にわたってきたという普通はピンクの色だが、最近は青いコスモスも出てきているということを何かのページで読んだことがある薄紅の秋桜が秋の日の何気ない陽溜りに揺れて [続きを読む]
  • ひよっこから雌鶏へ
  • キリがいいのか、9月30日(土)朝の連ドラ、「ひよっこ」が最終回を迎えた。どんな展開になるのか、想像はしていたが、ドラマの終わらせ方は難しい。家族歌合戦的なテレビ出演も交え、家族総出、総出演者登場的な演出で、まあこれまでの回を想い出させてくれた。主人公の結婚というおまけまでつき何はともあれ「大団円」という感じだった今日は関連の写真を連続してアップすることにしてみた。仕事で早朝から出かけた時以外、結構 [続きを読む]
  • かたえくぼ
  • あさ、新聞配達の人も大変だ。4時半過ぎにはもう玄関に届いている時がある「ざっと」見回すが、目をとめることが多いのが「かたえくぼ」の欄と「川柳のコーナー」。今日の「かたえくぼ」は  「昼食券」と題して 自民党ーモリ・カケ 希望の党ーチャンポン  と横須賀の人の投稿が載っていた言い得て妙、有権者は見ているぞ!という警鐘の意味もある。小池代表、民進党の立候補予定者の選別作業に入る。各地の立候補者も憲法や [続きを読む]
  • いよいよ決戦の時!
  • 衆議院が解散、そして選挙の構図が直前でがらりと変わる。新聞の見出しも自公VS希望VS共産などと、踊る。民進は事実上の解党へという具合だ昨日の民進党の両院議員総会は一部のみ中継中身の議論が見えなかったが、結局は希望の党に合流するという。何やら政策論争も深まりを見せないまま選挙戦に突入という感じだ民進は名を捨て実を取る「合流」というが有権者はどう受け止めるのか10月22日(日)に審判が下るもう一つ、小池東 [続きを読む]
  • 外は秋の雨、「カウラのユーカリ」も濡れる
  • 朝方から雨となっている。この時間は一時間に3ミリ程度の雨量を観測しているどうも雷を伴って、午前中は強く降りそうさて、先日散歩がてら,榴岡公園周辺で写真を撮りながら歩いた。公園の市民センターの後ろのあたりに一本の木肌がつるりとした木が立っている。看板があり、遠藤良雄さんが平成4年6月に寄贈したものだというカウラ市産と表記があり、木の名前は「ユーカリ」とある。カウラの名前を聞いて思い出す人もいると思う。 [続きを読む]
  • 榴岡(つつじがおか)逍遥
  • 国道45号線を超えて、仙台管区気象台方向に歩を進める。緑の多い榴ヶ岡公園に出る。今では榴岡と「ヶ」を抜いて表記することが多くなった。この公園、広域避難場所にも指定されているが、普段は手製の紙飛行機を飛ばす人犬の散歩にゆっくりと歩を進める人、木陰で読書する人、運動部の生徒たちがトラックをジョギングする姿など様々だ。ここから少し足を延ばすと寺町界隈がある。向かったのは、五重塔のある孝勝寺。塔の正面に額が [続きを読む]
  • 今日は大型台風の特異日だ
  • 朝のラジオで今日は何の日というコーナーがあるその中で、今日、9月26日は何の日か紹介していた。今日、9月26日は「大型台風の特異日」だという。昭和29年(1954)の洞爺丸台風電遭難事故発生の日だ。実に1139人がなくなっている。今でも思い出すが、七重浜に大勢の乗客の遺体が流れ着いたそして狩野川台風、伊勢湾台風の日でもある日付けひとつ一つに歴史の事実が埋もれている仙台の空は今、晴れ、台風は接近していない特異日に認 [続きを読む]
  • 風雲急を告げるか
  • 若狭新党、いや小池新党がどれくらいの人数を集めてできるのか政界再編の動きで要注目、自民から民進から続々と参加表明ありそんな中で今日、安倍総理は解散日程について会見で表明する既定路線通り、来月22日投票の線で決まることだろう。18歳からの投票年齢引き下げもあり、少しは流れは変わるのかなという感じもするがはてさてどうなることかこうしたかな、宮城二区の自民党の推薦が混乱を極めている現職の秋葉氏を押さず、県議 [続きを読む]
  • 大湯ストーンサークル館
  • 過日訪れた秋田県鹿角市、ここにストーンサークルがあり、古代の遺跡に関心が高まっているただ、現在はクマの出没情報があり遺跡の近くは立ち入りが禁止されている。さて、この遺跡の近くに大湯ストーンサークル館があり、縄文時代の石器や土器など関連の遺物を展示しているこのサークル館の庭には、ストーンサークルの模型がありすぐ近くで石組みの模型を見ることができるようになっている。一説に日時計いや墓だなどいろいろな説 [続きを読む]
  • 身辺雑記
  • 米、日と北朝鮮の言葉の応酬が激しさを増している。北朝鮮外相は太平洋での水爆実験に言及、応酬は続いている。韓国は人道支援として、食糧援助を北にすると、ややチグハグな対応。トランプは苦虫という顔。安倍総理は国連総会から帰国、月曜日に解散について説明する内閣改造2か月での解散、国会論戦を経ないままの解散に疑義も宮城では知事選とのダブル選挙、南三陸町ではこれに町長選、町議選が重なり何とも町選管は戸惑いとと [続きを読む]
  • 糖尿病 予備軍 増える
  • 新聞の一面を見ていたら、国内で糖尿病が強く疑われる成人が1000万人に上るという。厚生労働省の2016年の調査で分かったという。糖尿病の指数とでもいえるものは「ヘモグロビンA1c]6.5%以上で糖尿病が強く疑われる。2012年の前回の調査より50万人増えて1000万人に上ったという今後高齢化が進み患者の数はさらに増えそうこれは放置すると、網膜症や腎症のほか脳梗塞、心筋梗塞などの原因にもなる。問題なのは有病者のうち23.4 [続きを読む]