相内神社宮司 さん プロフィール

  •  
相内神社宮司さん: 相内神社社務日誌
ハンドル名相内神社宮司 さん
ブログタイトル相内神社社務日誌
ブログURLhttps://aynonay.blogspot.jp/
サイト紹介文北海道北見市御鎮座、相内神社より発信。諸祭事初め日々の記録、祝詞関連の記事など。
自由文北海道北見市御鎮座、相内神社より発信。諸祭事を初め日々の記録、宮司のつぶやきなど。祝詞関連の記事もあります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供87回 / 150日(平均4.1回/週) - 参加 2017/07/16 14:10

相内神社宮司 さんのブログ記事

  • 大嘗祭期日決定につき皇大神宮豊受大神宮奉幣祝詞
  • 官報・昭和三年一月十六日内務省令第一号/即位礼及大嘗祭ヲ行フ期日定マリタル為神宮ニ奉幣ノ儀ノ当日神宮ニ於テ行フ祭祀ノ祭式ハ神宮新嘗祭祭式ノ例ニ依ル、其ノ祝詞左ノ如シ二 皇大神宮豊受大神宮奉幣祝詞度会の宇治の五十鈴の川上(度会の山田原)の下つ磐根に大宮柱太敷き立て、高天原に千木高知りて、皇御孫命の称へ辞竟へ奉る掛けまくも畏き天照坐皇大御神(豊受大御神)の大御前に恐み恐みも白さく、天つ神の御子の随に高 [続きを読む]
  • 大嘗祭期日決定につき皇大神宮豊受大神宮大御饌供進祝詞
  • 官報・昭和三年一月十六日内務省令第一号/即位礼及大嘗祭ヲ行フ期日定マリタル為神宮ニ奉幣ノ儀ノ当日神宮ニ於テ行フ祭祀ノ祭式ハ神宮新嘗祭祭式ノ例ニ依ル、其ノ祝詞左ノ如シ一 皇大神宮豊受大神宮大御饌供進祝詞度会の宇治の五十鈴の川上(度会の山田原)の下つ磐根に大宮柱太敷き立て、高天原に千木高知りて、皇御孫命の称へ辞竟へ奉る掛けまくも畏き天照坐皇大御神(豊受大御神)の大御前に恐み恐みも白さく、今年の某月某日 [続きを読む]
  • 府県社以下神社明治節祭祝詞
  • 官報・昭和二年十月二十一日内務省令第四十四号/官国幣社以下神社祭式中左ノ通改正ス(※明治節祭祝詞を付加)(第二 府県社以下神社祭式)明治節祭祝詞掛けまくも畏き某神社の大前に社司(社掌)位勲功爵氏名恐み恐みも白さく、遠皇祖の大御代より天皇命の御代・御代受け伝へ来坐せる序の随に、天つ日嗣の高御座に坐して、食国天の下の大御業を恢べ給ひ、皇大御国の大御隆を進め給ひし明治天皇の高き大御徳を尊み奉り、厳しき大 [続きを読む]
  • 官国幣社明治節祭祝詞
  • 官報・昭和二年十月二十一日内務省令第四十四号/官国幣社以下神社祭式中左ノ通改正ス(※明治節祭祝詞を付加)(第一 官国幣社祭式 五 祝詞)明治節祭祝詞掛けまくも畏き某神社の大前に宮司位勲功爵氏名恐み恐みも白さく、遠皇祖の大御代より天皇命の御代・御代受け伝へ来坐せる序の随に、天つ日嗣の高御座に坐して、食国天の下の大御業を恢べ給ひ、皇大御国の大御隆を進め給ひし明治天皇の高き大御徳を尊み奉り、厳しき大御代 [続きを読む]
  • 皇大神宮・豊受大神宮明治節祭祝詞
  • 官報・昭和二年十月二十一日内務省令第四十三号/神宮ニ於テ行フ明治節祭ノ祭式及祝詞左ノ通定ム(二 祝詞)皇大神宮豊受大神宮祝詞度会の宇治の五十鈴の川上(度会の山田原)の下つ磐根に大宮柱太敷き立て、高天原に千木高知りて、皇御孫命の称へ辞竟へ奉る掛けまくも畏き天照坐皇大御神(豊受大御神)の大御前に恐み恐みも白さく、高天原に事始め給ひて、遠皇祖の大御世より皇御孫命の御世・御世受け伝へ来坐せる序の随に、天つ [続きを読む]
  • 例祭社司(社掌)祝詞
  • 官報・昭和元年十二月二十八日内務省令第二号/大喪中ニ於ケル官国幣社以下神社大祭式左ノ通定ム(第二 府県社以下神社祭式)例祭社司(社掌)祝詞掛けまくも畏き某神社の大前に社司(社掌)位勲功爵氏名恐み恐みも白さく、高天原に神留り坐す神漏岐・神漏美命以ちて、天つ社・国つ社と称へ辞竟へ奉る中に、此の大宮を静宮の常宮と鎮り坐す大神の広き厚き恩頼を尊み奉り仰ぎ奉りて、一年に一回仕へ奉る常の例の今日の御祭に、大前 [続きを読む]
  • 新嘗祭社司(社掌)祝詞
  • 官報・昭和元年十二月二十八日内務省令第二号/大喪中ニ於ケル官国幣社以下神社大祭式左ノ通定ム(第二 府県社以下神社祭式)新嘗祭社司(社掌)祝詞掛けまくも畏き某神社の大前に社司(社掌)位勲功爵氏名恐み恐みも白さく、今年の新嘗祭仕へ奉らしめ給ふに依りて、皇神等の成し幸へ給へる八束穂の秋の初穂を、御食・御酒に仕へ奉りて、山野の物は甘菜・辛菜、海川の物は鰭の広物・鰭の狭物、奥つ藻菜・辺つ藻菜に至るまでに置き [続きを読む]
  • 祈年祭社司(社掌)祝詞
  • 官報・昭和元年十二月二十八日内務省令第二号/大喪中ニ於ケル官国幣社以下神社大祭式左ノ通定ム(第二 府県社以下神社祭式)祈年祭社司(社掌)祝詞掛けまくも畏き某神社の大前に社司(社掌)位勲功爵氏名恐み恐みも白さく、今年の御年始め給ふに依りて、大前に斎まはり清まはりて献奉る御食は和稲・荒稲に仕へ奉りて、御酒は甕の上高知り、甕の腹満並べて、大野の原に生ふる物は甘菜・辛菜、青海原に住む物は鰭の広物・鰭の狭物 [続きを読む]
  • 祓詞
  • 官報・昭和元年十二月二十八日内務省令第二号/大喪中ニ於ケル官国幣社以下神社大祭式左ノ通定ム(二 祝詞)祓詞掛けまくも畏き伊邪那岐大神、筑紫の日向の橘の小戸の阿波岐原に、御禊祓給ひし時に生り坐せる祓戸大神等、今日仕へ奉る神職等が過ち犯せる罪穢有らむをば、祓へ給ひ清め給へと申す事を聞し食せと、恐み恐みも白す [続きを読む]
  • 例祭宮司祝詞
  • 官報・昭和元年十二月二十八日内務省令第二号/大喪中ニ於ケル官国幣社以下神社大祭式左ノ通定ム(二 祝詞)例祭宮司祝詞掛まくも畏き某神社の大前に宮司位勲功爵氏名恐み恐みも白さく、高天原に神留り坐す神漏岐・神漏美命以ちて、天つ社・国つ社と称へ辞竟へ奉る中に、此の大宮を静宮の常宮と鎮り坐す大神の広き厚き恩頼を尊み奉り仰ぎ奉りて、一年に一回仕へ奉る常の例の今日の御祭に、大前に斎まはり清まはりて、御食・御酒種 [続きを読む]
  • 新嘗祭宮司祝詞
  • 官報・昭和元年十二月二十八日内務省令第二号/大喪中ニ於ケル官国幣社以下神社大祭式左ノ通定ム(二 祝詞)新嘗祭宮司祝詞掛けまくも畏き某神社の大前に宮司位勲功爵氏名恐み恐みも白さく、今年の新嘗祭仕へ奉らしめ給ふに依りて、皇神等の成し幸給へる八束穂の秋の初穂を御食・御酒に仕へ奉りて、山野の物は甘菜・辛菜、海川の物は鰭の広物・鰭の狭物、奥つ藻菜・辺つ藻菜に至るまでに置き足はして、天皇命の宇豆の大幣帛捧げ奉 [続きを読む]
  • 祈年祭宮司祝詞
  • 官報・昭和元年十二月二十八日内務省令第二号/大喪中ニ於ケル官国幣社以下神社大祭式左ノ通定ム(二 祝詞)祈年祭宮司祝詞掛けまくも畏き某神社の大前に宮司位勲功爵氏名恐み恐みも白さく、今年の御年始め給ふに依りて、大前に斎まはり清まはりて献奉る御食は和稲・荒稲に仕へ奉りて、御酒は甕の上高知り、甕の腹満並べて、大野の原に生ふる物は甘菜・辛菜、青海原に住む物は、鰭の広物・鰭の狭物、奥つ藻菜・辺つ藻菜に至るまで [続きを読む]
  • 津島神社列格奉告臨時奉幣祭祝詞
  • 官報・大正十五年十月二十五八日内務省令第五十二号/大正十五年十一月一日国幣小社津島神社ニ列格奉告ノ為勅使参向ニ付当日行フ臨時奉幣祭ノ祭式及祝詞左ノ通定ム 二 祝詞掛けまくも畏き津島神社の大前に宮司位勲功爵氏名恐み恐みも白さく、今回天皇命の大命以ちて、御社の格を国幣小社に進め給ひ昇せ給ひぬ。故是を以ちて、今日の生日の足日に官位勲功爵氏名を大御使として、其由を告げ奉らしめ給ふが故に、斎まはり清まはりて [続きを読む]
  • 長慶天皇皇代に列せられたるに付官国幣社以下神社に於て行ふ祭祀の祝詞
  • 官報・大正十五年十月二十一日内務省令第五十一号/長慶天皇皇代ニ列セラレタルニ付官国幣社以下神社ニ於テ行フ祭祀ノ祝詞左ノ通定ム掛けまくも畏き某神社の大前に宮司[社司(社掌)]位勲功爵氏名恐み恐みも白さく、今回天皇命の大命以ちて長慶天皇を後村上天皇の次の御代の天皇と仰ぎ奉り尊び奉らせ給ふ事を、天下に宣べ知らしめ給ひぬ。故是を以ちて、今日の生日の足日に如此の状を告げ奉らくと、大前に御食・御酒、種種の物を [続きを読む]
  • 朝鮮神宮例祭宮司祝詞
  • 官報・大正十五年十一月十五日大正十五年十月十六日朝鮮総督府令第七十六号/官幣大社朝鮮神宮祭式中左ノ通改正ス第一大祭式祈年祭新嘗祭ノ部ノ次ニ左ノ如ク加フ(中略)第五祝詞 新嘗祭幣帛供進使祝詞の部の次に左の如く加ふ 例祭宮司祝詞掛けまくも畏き朝鮮神宮の大前に宮司位勲功爵氏名恐み恐みも白さく、高天原に神留り坐す神漏岐・神漏美命以ちて、天つ社・国つ社と称へ辞竟へ奉る中に、此の大宮を静宮の常宮と鎮り坐す大神 [続きを読む]
  • 氷川神社・熱田神宮・出雲大社・橿原神宮・明治神宮例祭祝詞
  • 官報・大正十五年五月十日内務省令第十二号/官幣大社氷川神社、官幣大社熱田神宮、官幣大社出雲大社、官幣大社橿原神宮及官幣大社明治神宮例祭式左ノ通定ム 二 祝詞掛けまくも畏き某神社の大前に宮司位勲功爵氏名恐み恐みも白さく、高天原に神留り坐す神漏岐・神漏美命以ちて、天つ社・国つ社と称へ辞竟へ奉る中に、此の大宮を静宮の常宮と鎮り坐す大神の広き厚き恩頼を尊み奉り仰ぐ奉りて、一年に一回仕へ奉る常の例の今日の御 [続きを読む]
  • 志賀海神社列格奉告臨時奉幣祭祝詞
  • 官報・大正十五年四月八日内務省令第十一号/大正十五年四月十五日官幣小社志賀海神社ニ列格奉告ノ為勅使参向ニ付当日行フ臨時奉幣祭ノ祭式及祝詞左ノ通定ム 二 祝詞掛けまくも畏き志賀海神社の大前に宮司位勲功爵氏名恐み恐みも白さく、今回天皇命の大命以ちて、御社の格を官幣小社に進め給ひ昇せ給ひぬ。故是を以ちて、今日の生日の足日に官位勲功爵氏名を大御使として、其由を告げ奉らしめ給ふが故に、斎まはり清まはりて仕へ [続きを読む]
  • 台南神社列格奉告臨時奉幣祭祝詞
  • 官報・大正十四年十二月九日大正十四年十一月十八日台湾総督府令第七十一号/官幣中社台南神社列格奉告ノ為勅使参向ニ付当日行フ臨時奉幣祭ノ祭式及祝詞左ノ通相定ム 二 祝詞掛けまくも畏き台南神社の大前に宮司位勲功爵氏名恐み恐みも白さく、今回天皇命の大命以ちて、御社の格を官幣中社に崇め奉り給ひぬ。故是を以ちて、今日の生日の足日に官位勲功爵氏名を大御使として、其由を告げ奉らしめ給ふが故に、斎まはり清まはりて仕 [続きを読む]
  • 南宮大社列格奉告臨時奉幣祭祝詞
  • 官報・大正十四年十一月十一日内務省令第二十五号/大正十四年十一月十五日国幣大社南宮神社ニ列格奉告ノ為勅使参向ニ付当日行フ臨時奉幣祭ノ祭式及祝詞左ノ通定ム 二 祝詞掛けまくも畏き南宮神社の大前に宮司位勲功爵氏名恐み恐みも白さく、今回天皇命の大命以ちて、御社の格を国幣大社に進め給ひ昇せ給ひぬ。故是を以ちて、今日の生日の足日に官位勲功爵氏名を大御使として、其由を告げ奉らしめ給ふが故に、斎まはり清まはりて [続きを読む]
  • 宇佐神宮・香椎宮臨時奉幣祭祝詞
  • 官報・大正十四年十月一日内務省令第十七号/大正十四年十月六日官幣大社宇佐神宮ニ同月九日官幣大社香椎宮ニ勅使参向ニ付当日行フ臨時奉幣祭ノ祭式及祝詞左ノ通定ム 二 祝詞掛けまくも畏き宇佐神宮(香椎宮)の大前に宮司位勲功爵氏名恐み恐みも白さく、遠天皇の御世御世、皇朝廷の大御業弥栄えに栄え坐す中今の大御代の験と、今より後、十年に一度大幣帛献奉らしめ給はむと掟て給ひ定め給ふ。是を以ちて、今日の生日の足日に官 [続きを読む]
  • 天皇 皇后両陛下御結婚満二十五年当日祭祝詞
  • 官報・大正十四年五月五日内務省令第九号/天皇 皇后両陛下御結婚満二十五年ノ御祝儀ヲ挙ケサセラルル当日官国幣社以下神社ニ於テ行フ祭祀ノ祝詞制定ノ件掛けまくも畏き某神社の大前に宮司[社司(社掌)]位勲功爵氏名恐み恐みも白さく、明御神と天の下知ろし食す天皇命、皇后宮と大御結婚の礼典行はせ給ひしより、今年は二十五年に満ち給ひぬ。斯く長く久しく二柱相並び坐して、内外の政事治め給ふ事を喜び給ひ寿ぎ給ふ随に、今 [続きを読む]
  • 天皇 皇后両陛下御結婚満二十五年当日祭大御饌供進祝詞・奉幣祝詞
  • 官報・大正十四年五月五日内務省令第八号/天皇 皇后両陛下御結婚満二十五年ノ御祝儀ヲ挙ケサセラルル当日神宮ニ於テ行フ臨時奉幣祭ノ祭式及祝詞左ノ通定ム 二 祝詞 大御饌供進祝詞度会の宇治の五十鈴の川上(度会の山田原)の下つ磐根に大宮柱太敷き立て、高天原に千木高知りて称へ辞竟へ奉る、掛けまくも畏き天照坐皇大御神(豊受大御神)の大御前に恐み恐みも白さく、明御神と天の下知ろし食す天皇命、皇后宮と大御結婚の礼 [続きを読む]
  • 皇太子殿下御結婚礼当日祭祝詞
  • 官報・大正十三年一月二十二日内務省令第四号/皇太子殿下御結婚礼当日官国幣社以下神社ニ於テ行フ祭祀ノ祝詞左ノ通定ム掛けまくも畏き某神社の大前に宮司[社司(社掌)]位勲功爵氏名恐み恐みも白さく、八十日日は有れども今日の生日の足日に、天皇命の大命以ちて、食国の法の随に有るべき政と為て、皇太子妃を定め賜ひ、結婚の大御礼を行ひ給ふに依りて、此くの状を告げ奉らくと、御食・御酒、種種の物を献奉りて称へ辞竟へ奉ら [続きを読む]
  • 皇太子殿下御結婚礼当日祭祝詞
  • 官報・大正十三年一月二十二日内務省令第三号/皇太子殿下御結婚礼当日神宮ニ於テ行フ祭祀ノ祭式及祝詞左ノ通定ム度会の宇治の五十鈴の川上(度会の山田原)の下つ磐根に大宮柱太敷き立て、高天原に千木高知りて称へ辞竟へ奉る、掛けまくも畏き天照坐皇大御神(豊受大御神)の大御前に恐み恐みも白さく八十日日は有れども今日の生日の足日に、天皇命の大命以ちて、食国の法の随に有るべき政と為て、皇太子妃を定め賜ひ、結婚の大御 [続きを読む]
  • 明治神宮例祭祝詞
  • 官報・大正九年十月二十九日内務省令第三十五号/明治神宮例祭式左ノ通定ム(明治神宮例祭式 二 祝詞)明治神宮例祭祝詞掛けまくも畏き明治神宮の大前に宮司位勲功爵氏名恐み恐みも白さく、高天原に神留り坐す神漏岐・神漏美命以ちて、天つ社・国つ社と称へ辞竟へ奉る中に、此の大宮を静宮の常宮と鎮り坐す大神の広き厚き恩頼を尊み奉り仰ぎ奉りて、一年に一回仕へ奉る常の例の今日の御祭に、官位勲功爵氏名を御使と為て、天皇命 [続きを読む]