阿憲 さん プロフィール

  •  
阿憲さん: 阿憲のさわやか日記
ハンドル名阿憲 さん
ブログタイトル阿憲のさわやか日記
ブログURLhttps://ameblo.jp/musashigor-0816/
サイト紹介文中国語や英語の勉強や台湾の事物など、日常の中でおもしろい事を見つけたら投稿していきます!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供153回 / 155日(平均6.9回/週) - 参加 2017/07/16 17:14

阿憲 さんのブログ記事

  • コロナ石油ストーブを出しました
  • 新北市の山の方も外気温が13℃ということで、床が大理石(と言っても豪邸ではなく、台湾で普通グレードの床材)の台湾の家では底冷えが堪りません。ということで、今シーズン初めてコロナーのストーブを引っ張り出しました。コロナの石油ストーブは、台湾の北部や山岳部では隠れたベストセラーなんです。昨シーズンが終わった時に、灯油を使い切り、電池を抜いてきれいにしてしまっておいたので、問題なく使えました。問題は、台 [続きを読む]
  • 台北のバス停
  • 台北の公共交通はとても便利です。MRT、そしてバス。料金も安くて、路線も多くて、基本的に問題なく乗り回せます。バスがバス停案内が聞き取れずに怖い感じはしますが、最近はバスの中に運ちゃんの頭の上辺りにしっかりLED案内が流れるので大きく間違うことは無いでしょう。MRTもバスも悠々カードを使えば現金を払う煩わしさも無いし、MRT⇔バスの乗り継ぎ割引も適用されるのでおトクなんです。バスで停留所を一つ2つ [続きを読む]
  • 雙蓮市場
  • 台湾といえば夜市が有名で、殆どの旅行者はどこかの夜市に行くことでしょう。でも、夜市ばかりが市場ではなく、庶民の食材や雑貨の買い物の場である朝市や夕暮れ市というのもあちこちに有ります。その中で、台北では少しずつ観光化しつつ有るのが、大同区にある雙蓮市場です。ここは、野菜、魚、果物、肉、パン、饅頭、巻き寿司、洋服、履物、日用雑貨など殆どの生活用品が調達できます。基本的に一般庶民が買い物をする場所なので [続きを読む]
  • 鴨血
  • 台湾の独特の食べ物に麻辣火鍋(マーラーフォクォ)と言ってやたら辛い鍋料理があります。肉や魚や野菜は夫々別にオーダーするのですが、辛いスープとセットでついてくるものに、豆腐と鴨血(ヤーシュエ)と言って茶色の塊があります。これは何かというと、アヒルの血を固めて熱湯で茹で上げたものです。アヒルの血と聞くとウェッとなってしまいますが、慣れると食感もツルッとしていて、味もしつこくなくて結構ハマります。画像が [続きを読む]
  • 台湾のリンゴ
  • 台湾で流通するりんごの殆どは輸入のリンゴです。台湾でも、高山で栽培されているようですが、一般に流通するほどの生産量では無いので、果物屋さんでほとんど見かけません。私が見た輸入リンゴの産地は、・日本・韓国・ニュージーランド・チリ・米国ですが、この他に南アフリカ共和国からも輸入しているそうです。日本のリンゴは、大きくてとても美味しそうですが、値段が高くて日本人としては買う気になれません。台湾一般庶民も [続きを読む]
  • 台北101 動線
  • 台北のランドマークといえば、台北101。8つの竹の節をイメージした独特のデザインと分速1010mの高速エレベーター、マスダンパーという巨大球形の制振装置、89階にある展望台が見どころです。アクセスはMRT「台北101/世貿」4番出口で地下1階から入ります。展望台行きの高速エレベーターの乗り場は5階に有るので、先ずそこまで見づらい案内を頼りにエレベーターで上がります。地下はフードコートでごった返している [続きを読む]
  • 個人情報管理
  • 台湾にいると、個人の携帯電話、家電に良く勧誘の電話がかかってきます。日本でも家電に証券の勧誘がかかってくる事はありますが、台湾では携帯、家電どちらにも勧誘の電話が掛かってきます。どうやら電話番号以上の情報は持っていない様で、日本の様に「◯◯さんですか?」という事も無く、いきなり。「もしもし、先生、・・・・車のローンはどうですか?」みたいな勧誘を切り出します。就業時間中も、夜間もお構いなし、と言った [続きを読む]
  • 機上のマナー
  • こんなニュースが台湾で報道されると恥ずかしく、肩身の狭い思いになります。既に、日本でも話題になっているようですが、12月9日午後福岡から台湾乗り継ぎでバンコクに向かった3人の日本人乗客が中華航空機内で酔って騒いで、乗務員の制止も聞かず、あまつさえ、タバコまで吸い出したということです。機長は、機内の秩序が乱され且つ安全な飛行が出来ないと判断して離陸30分後に桃園空港に戻ること決断し、桃園空港到着後に [続きを読む]
  • 大谷翔平
  • 台湾は野球の盛んな国です。台湾プロ野球だけでなく、MLBや日本プロ野球の試合を毎日放送しているテレビ局もあります。そんな台湾、しかも大の親日国なので、大谷の動向は関心を持って見つめられています。エンゼルス(天使隊)入りのニュースも早速報じられました。レポートの論調は割りと冷静で、大谷の代理人が発表した、「エンゼルスとの絆」というところはスルー。でも好意的に、オファーの金額が一番高かったわけではない [続きを読む]
  • 手つなぎ
  • 台湾の人は良く手を繋ぎます。もちろん誰とでもと言う訳じゃなくて、親密な仲のカップルだと思います。それが、若いカップルなら分かるのですが、かなりの高齢カップルも、当たり前の様に手を繋いで歩いています。日本では、昔コマーシャルではありましたが、自分がシニアになって手を繋いで、というのは、日本男児としては恥ずかしいという思いがあります。良いか悪いか分からないのですが、変な体面主義が身にこびりついているん [続きを読む]
  • カラオケ 声枯れ対策
  • 台湾で流行っているシニアの昼間カラオケですが、声が枯れている人は余りいません。一方、これから忘年会シーズンになるわが日本では、忘年会の後、二次会はカラオケというのが定番?のようで、マイクを握った翌日は必ず声が枯れてしまいます。違いを調べてみました。先ず、台湾のシニア昼間カラオケでは、・続けて歌う場合は少なく、ゆっくり1時間に2曲くらい・お茶や白湯を飲みながら、おしゃべりしながら自分の順番を待つ・店 [続きを読む]
  • ポインセチア 育て方
  • クリスマスが近くなって、台北の街角の花屋さんの店先にもポインセチアの赤い色が目立つようになりました。このポインセチアですが、毎年毎年「来年も赤くしたい、楽しみたい」と思って、地植えにするのですが、いつもひょろひょろっと伸びてしまって、色は全然赤くならず、そのへんの雑草の様に汚らしくなってしまいます。毎年残念に思っていたのですが、そんなものかと放っていました。気が変わって、ネットで育て方を調べてみた [続きを読む]
  • 猫空と指南宮
  • 台北市内からあまり遠くない山の上までロープウェイで登って、お茶を賞味して、フィトンチッドを胸いっぱい吸って、そして台北101を含む台北市の盆地を一望する素晴らしいビューが楽しめるところがあります。市立動物園のある台北市文山区にある猫空(マオコン)と言う茶どころまで一気に登るロープウェイが爽快です。一番下の駅が、動物園から徒歩3分くらいの所にある、起点の動物園駅で、動物園園内駅、指南宮駅、そして終点 [続きを読む]
  • 淡水線沿線のマングローブ
  • 台湾はあちこちにサイクリングロードや遊歩道が整備?されていて、ちょっとした探検と運動に良いところが結構あります。今日は淡水線沿線でリフレッシュというお話です。MRT淡水線の終点淡水駅の一つ前に紅樹林(ホンシューリン)という駅がります。紅樹林は、マングローブの中国語で、その名前の通り、紅樹林から終点淡水駅に間にはマングローブの林が続いています。自転車のレンタルも出来ますが、ウオーキングがおすすめです [続きを読む]
  • 台湾のサイゼリア
  • 台湾にサイゼリアが13店もあるなんて。知りませんでした。最近、中山北路・南京東路交差点近くのB1に日本で見慣れた看板を見つけたので、「台湾にもサイゼリアが出来たんだ。行かなくちゃ。」と思ったばかり。で、調べてみたら、台湾ヤフーにHPが有ったのですが、私の中国語の能力不足のせいか、分かりずらかったです。よく見てみたら、既に営業停止した店舗もいくつか有って、それを入れないで、中山北路・南京東路交差点近 [続きを読む]
  • 台北市のレンタサイクル
  • 台北のレンタサイクルが好評です。世界的な台湾の自転車メーカーであるジャイアントと台北市が提携して運営されています。ちょっとした距離の移動にみなさん重宝してします。台湾のSuicaとも言うべき悠遊カードで使えるので、本当にお手軽です。街のいろいろな所、公園の入口だったり、地下鉄の駅の近くや高速道路高架下などに時短車置き場が有って、レンタサイクルU−bikeが止まっています。繋留用のピラーに2台ずつロ [続きを読む]
  • 台北 肥前屋のうな重
  • 台北の肥前屋といえば、現地の人だけでなく、在留邦人、旅行者共に有名な人気の日本食堂です。*この写真は店の前に行列がありませんが、午後の休憩時間(2:30−5:00)でお店が閉まっている時に撮ったものです。ここを訪れる日本人の目的は台湾養殖のニホンウナギのうな重を日本より安く食べることで、台湾人は、台湾の食文化に無い日本のうなぎ料理を味わってみたいという好奇心と日本で食べた美味しいうな重を又食べたい [続きを読む]
  • 台湾ビール
  • 台湾のビールは結構いけると、こちらの日本人の間でも好評です。今日は、台湾のビールについてご紹介したいと思います。いくつか地ビール的な銘柄も出ていますが、マイナーなので、全国的な「台湾ビール」のラインナップです。台湾ビールが日本人に好まれるのは、そのルーツにあるのかも知れません。なんと、1919年、台湾の日本統治時代に日本人技術者が台湾で創立した「高砂麦酒」(タカサゴビール)という会社が前身なんだそうで [続きを読む]
  • 台北花のカフェに旅行女子をご案内
  • 台北に住んでいても知らない事が沢山あります。その一つ。今朝、南京東路のコンビニで買物をして出てきた所、日本人の旅行女子の5,6人のグループが行きたいところが見つからないと、困っている様子。お節介な日本人のオジサンとしては、見過ごすことは出来ず、声を掛けました。ガイドブックに載っている「花のカフェ」に行きたい。近くまで来ていると思うのだけれども見つからないとのこと。彼女たちはスマホのナビを使っていた [続きを読む]
  • 台湾の医療
  • 台湾の医療環境は結構整っていると思います。旧帝大の台北帝国大学医学部の流れを汲む国立台湾大学医学部をはじめ、国内には多くの医科大学があり、医療レベルはアジアで第一位だと標榜している程です。健康保険制度も整っており、保険で済ませる限り、個人負担の医療費はかなり安く抑えられます。台湾に長期滞在して居留査証を申請受領すると健保に加入することが出来ます。月額保険料は日本よりもずっと低い額で済みます。そして [続きを読む]
  • 台湾の四季 冬
  • 台湾は島のほぼ中央に通っている北回帰線で真っ二つに別れています。北は亜熱帯気候、南は熱帯モンスーン気候と言われていますが、北だけでなく、それなりに四季が有って、12月、1月、2月の「冬」には、南の高雄あたりでも、セーターを着る程寒くなることがあります。北の台北地方では、冬になると、オーバーコートやダウンジャケットを着ている人を街で沢山見かけます。よく聞く話に、夏は低湿度、冬は高湿度のヨーロッパの気 [続きを読む]
  • 廸化街 買い物 おすすめ
  • 台北の西に有る廸化街は日本人観光客のも有名な乾物の問屋街ですが、もちろん観光客対象の小売もしています。観光客がよく行くのは南京西路から民権西路までの一段(セクション)の半分くらい、民生西路を少し越えて北に行ったあたりまででしょう。南京西路に近い、廸化街の入口付近に手芸用品、布地、端切(ハギレ)のお店が集まっていて、それから先は乾物のお店がずっと続きます。椎茸、薬草(どくだみ、杜仲、棗、枸杞etc.)、 [続きを読む]
  • 中国語 やかましい?
  • 日本人の知り合い、友人の印象でもそうですが、一般に中国語で話すのを聞いているとやかましいと言うかうるさいというのが大方の見るところの様です。確かに、台湾のテレビのニュース番組などを見ていても、レポーターの話し方が、一生懸命なのか、意気込みすぎているのか、耳障りだと思うことが結構あります。台湾のニュース番組の後にNHKのニュースをみると、アナウンサーのおしとやかさに、逆に物足りなく思ってしまったりす [続きを読む]
  • ローゼルのジャム
  • 少し前にローゼルが出回って来て、使い方の一つにジャムを作るのだと紹介しました。ローゼルは中国語で洛神花(ルォーシェンファ)と言って赤紫の花で、花だけこの様にして売っています。自分ではジュースもジャムも作れないので、ローゼルの花は買わずにジャムを探していたら、先週の週末市場で見つけたので一瓶買ってきました。150元だったと思います。花の色の通りの強烈な赤紫色のジャムで、すぐに食べる気もおこらず暫く冷 [続きを読む]
  • 台湾の居留証
  • 台湾に長期滞在する場合には、居留証(ARCカード)の申請が必要です。台湾の領事館に相当する「台北駐日経済文化代表処」のホームページによると、以下の5形態があります。一、雇用(赴任)、投資二-一、家族の呼び寄せ(呼び寄せ人が外国人の場合)二-二、家族の呼び寄せ(呼び寄せ人が本国人の場合)三、留学(大学、修士、博士課程)四、宗教活動五、起業家多いのは、一、ニ、三だと思います。一と三は労働許可証、入学許可 [続きを読む]