インドラネット さん プロフィール

  •  
インドラネットさん: インドラネット
ハンドル名インドラネット さん
ブログタイトルインドラネット
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/komejirusi6
サイト紹介文ふと感じたことを書きます。パソコンが壊れる度に全てが消えるデジタルデータ。このブログをクラウド風に活
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 139日(平均0.8回/週) - 参加 2017/07/17 02:20

インドラネット さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • カラスバトがやってきた?
  • こりゃ、カラスバトじゃねえ?アパートの横の枯れ松にこれで3日連続飛来中。つがいのようです。2羽います。声は「ウー」みたいな感じ。まあよく聞くような声です。ただ、3日前に飛来したときは「カリカリカリ」みたいな音を出していました。そのときは、「あ、カラスだ」と一瞬思い、でも変な声だったので、大きさからするとサシバのようでもある。しばし ???でもなあ頭は小さいし、首も長い。色もカラスみたいだ。と、ここで [続きを読む]
  • 貴乃花の罪
  • またまた貴乃花のことです。マスコミでも盛んに取り上げているのであまり気乗りはしないのですが、、、貴乃花による貴ノ岩への処遇は異常です。27歳にもなる貴ノ岩の部屋を周りから見えないように封鎖しているという報道があります。恐らくは携帯電話も取り上げているのでしょう。このため貴ノ岩からの肉声がメディアからもほとんど入ってきません。もしこれが本当ならいつ監禁罪に問われても不思議ではありません。加えて親方から [続きを読む]
  • 貴乃花親方のプライド
  • 私、どうも風邪をひいているようです。体がだるくっていけない。だからなのか、少し気が重たい話をします。貴乃花親方のことです。俺は大横綱だ。今の八角理事長をはじめすべての役員、協会関係者は、私より格下のものばかりではないか。この俺こそが日本相撲協会の代表であるべきだ。それなのに巡業部長とは我慢ならん。今回の事件をきっかけに八角理事長には引退してもらって、私が「旧弊にまみれた相撲界を刷新する新理事長」に [続きを読む]
  • FOMCの利上げ
  • 今日は2本目。でも1本目とぜんぜん関連性の無い話題。11月1日にあった米国のFOMCで物価目標をさらにあげる可能性が指摘されている。だが、ほぼ完全雇用の状況下で一向に賃金が上昇しないともある。私、思うんですけどね。いくら金利を上げても、経済的に引き締めを食らうだけで、デフレは解消するどころか悪化するのではないですか。もしかすると彼らは根本的に問題の本質がわかっていないのではないでしょうか。このデフレ気味の [続きを読む]
  • 男はみんな恐妻家
  • 今回もふと頭によぎったことをメモります。今日は男と女。恐妻家って多すぎる。男のほとんどがそうじゃないだろうか。そもそも男と女が一緒に暮らすこと自体問題があるようにも思われる。もしかすると人間という動物にとっては、昔(平安時代)のような男が女性の家を訪れる「通い棔」こそ健全な形なのではないだろうか。たしか東南アジアではこの風習が未だに行われている地区もある。家を守るのは女性たち。男たちはそこに時折通 [続きを読む]
  • 人生に不要なもの
  • やっぱりブログを更新するのは難しいですね。なんせ基本怠け者なんでね。感じたり、考えたり、むっときたり、「こりゃいいね。ぜひ拡散したいものだ」と思うことはよくあるんだけど。このブログは、そんなときの忘備録(おっと変換されない。「備忘録」だと変換される)として活用するつもりでいたんだけどね。てなわけで、たった今ふと思ったことがあったので、忘れないうちに書いておこう。‐‐‐‐‐‐‐‐‐人間、よく弱気にな [続きを読む]
  • 消費税を5%に下げましょう!
  • 1ヶ月半ぶりの投稿だ。ブログ更新したくても何も浮かばないし、「!」と来て書きたいなと思うときには寝る前だったりする。義務でもないし、思い付きを書こうとはじめたブログだから、まっいいか、と思っていたらほんとにほったらかしになってしまった。てなわけで、衆議院選挙も期日前投票が始まり、候補者の演説もだんだん力は入り始めた感じの今日この頃。選挙期間だからというわけではないが、最近は私の住む離島でも南北朝鮮 [続きを読む]
  • トランプ大統領が戦っているマスコミの節度
  • 宮崎正弘氏のメルマにアンディチャン氏の「米国の民主主義が衆愚政治になった」というコラムが載っていたので紹介したい。-------------------------------------------------------------------- 民主主義、デモクラシーとは「民衆政治」のことだと言うが、民衆が賢い選択をするとは限らない。むしろその逆である。今のアメリカはデモクラシー、言論の自由と民衆の多寡で政治が決まるようになった。 メディアは事実を報道すべき [続きを読む]
  • 必死の金正恩
  • 今朝北朝鮮がミサイル発射。北太平洋で着弾。これは、今までのミサイルよりもさらに手作り感のつよい(つまり北朝鮮製)ミサイルになっているようだ。数日前、3発のミサイルを発射し、すべて失敗したのも、これと同じく北朝鮮製のミサイル開発の現れだろう。ロシアに頼りきっていたのでは、もし核弾道ミサイルの開発に成功して、アメリカやシナ(国際的には中国ではなく「シナ」が正しい)からの脅威からは逃れられたとしても、ロ [続きを読む]
  • グーグル様のご命令
  • 最近、ブログの文字数が長くなりすぎなので、今回は簡単な思い付きを。。。スマホを使っていると必要なソフトをダウンロードしなければならなくなる、こともある。そこでソフトを探して、インストールするわけだが、グーグル先生がうるさい。まずはともかくGoogle Playなるところからでないとダウンロードができないらしい。Google アカウントも必要で、挙句に(無料ソフトなのに)支払い方法まで選択させられて、気持ちが悪いった [続きを読む]
  • トランプ大統領と北朝鮮の類似点
  • 「グアムに対して何かすれば、誰も見たことのないような事態が北朝鮮で起きることになる」これ昨日のトランプ大統領の発言。どっかで聞いたことがある言い回しだな、と思ったら、いつも北朝鮮が発表するコメントにそっくり。やれやれ、っていう感じ。日本人の口からは決して出ない台詞だと思うよ。あんまり共感できない表現スタイルだな。口ばっかりで本気じゃない証拠。他人事? 責任取るのが怖い?中東イランの核開発には過激な [続きを読む]
  • 「世界におけるCHINAの呼び方」に目からうろこ
  • きょうは、たまたまネットサーフィン中に「世界におけるCHINAの呼び方」を見つけ、世界のほとんどで「シナ、チナ、キナ、キタイ(これは契丹が語源らしい)」と呼ばれていることがわかり、感心していたら、そのコメント欄に素晴らしい説明が寄せられていたので、次のとおり転載します。これはわかりやすい。必読です。------------------------櫻盛居士 のコメント: 2015年1月7日 3:03 AM 日本の場合は古来よりずっと日本で、 [続きを読む]
  • 安倍さん大丈夫かな
  • 安倍首相「予定通り消費税10%へ引き上げ」だって。しかも、「2020年度のPB(基礎的財政収支)黒字化と同時に累積債務の対GDP比を抑えていく。」そうだ。もし、これ本気ならクレージーなことだ。前回消費税を8%にあげたとき、せっかくうまく行きかけていたアベノミクスが、けっ躓いたことを覚えていないわけはないはずなのに。消費マインドの冷え込みで、国内景気が腰折れて、それ以降、悪くはないが景気が良くなったと [続きを読む]
  • 囲碁
  • ブログって日記を書くようにはいかないのね。なかなか更新できない。ところで、今日は一ヶ月ぶりにパンダネットで囲碁を打ってみた。なんでめったに碁を打てないかというと、対局に1時間半ほどかかる上、対局前に戦う前の気力と集中力、どういう心構えで戦うかという気持ちの整理を行う必要があるのだ。対局後も、漫然と終わるのではなく、勝ったときには勝因、負けたときには敗因を確認するようにしている。こんなことだがら、よ [続きを読む]
  • 近い将来なくなってしまう職業
  • たまたま、竹中平蔵氏のトランプ政権分析記事を読んでいて、ふと思った。このような「分析・検証」を専門とする職業に大学教授というものがあるが、この分野はまさに人工知能の得意とするところで、10年後に職業として機能できているだろうか。そもそも研究職のうち、どのような分野がその時点で必要とされつづけているだろうか。工学?、物理学?、医学?、文学?・・・少なくとも経済学、法学についてはなくなるだろう。まった [続きを読む]
  • 過去の記事 …