pikiemon さん プロフィール

  •  
pikiemonさん: ドクターの愉快な子育て奮闘記
ハンドル名pikiemon さん
ブログタイトルドクターの愉快な子育て奮闘記
ブログURLhttp://drpikiemon.seesaa.net/
サイト紹介文現役医師として日常の子育てや教育方針などいろいろなことを書き綴っていきます!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供29回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2017/07/17 09:33

pikiemon さんのブログ記事

  • 小児科教授の子育て本を読みました
  • 慶應義塾大学医学部小児科教授の高橋先生の本を読みました。数ある子育て論の本の中でも読む価値の高い本だと思います。大筋は一般論、プラス方向の話ですので読みやすいかと思います。今や子供の能力の主流は遺伝という存在をやわらかく伝えていて、親の遺伝子からできた子供のできる範囲は限られていることを示しています。つまり過度の期待は禁物、そして愛情を持って育てれば子供が自分のできる範囲で判断して育っていくという [続きを読む]
  • 階級社会の簡単な区別方法
  • 最近twitterをよく見ています。右から左から、上から下からといろいろな意見の大洪水です。しかしそこから面白い話が出てきて飽きませんがこれは非常に危険なツールです。無意識に自分の意見に近い人の呟きしか見なくなる傾向にあるのは事実ですね。とても面白い意見があるのは貴重です。さて、この階級社会でスパッと2つの層にぶった切ってどちら側の人間かわかる方法を紹介します。居酒屋にあなたはいます。2人の大声で話してい [続きを読む]
  • もう自分の信念だけでいいでしょ
  • なかなか感銘を受けた本がこちらです。新・日本の階級社会 (講談社現代新書)新品価格¥972から(2018/7/27 09:20時点)結局自分の階級以外の人間とは友達のフィールドで交わってもお互いが不愉快になるということです。考え方も価値観の相違を乗り越えて共有できる何かがあるなら別ですがそれ自体が実在しないとはっきりわかったわけです。今回は地方の低教育層について書かれていましたがこれは全ての階級に当てはまります。秩序さ [続きを読む]
  • 人生○○ではないという言葉にご注意
  • バブル崩壊後、世界にひとつだけの花が大ヒットして何か違和感を感じていました。みんなが自分最高だったら何でこんなに閉塞感のある社会なんだろうと。みんな一人ひとりが自分が正しいと感じたら社会が成り立たないのになあと。さて、ここのところ人生は○○ではないというフレーズが非常に気になったのです。よく人生はお金じゃないといいます。しかし、そもそもお金のない人がどうしてお金がある状態がわかるのでしょうか?伝聞 [続きを読む]
  • 自己啓発本を一冊だけ読みこむ
  • 自己啓発本というものは手を変え品を変え無数に出ています。読み進めるとじつは本質的には同じ事を言っているだけです。そしてそれを読んで自分もがんばろうと思ってすぐに忘れてまた自己啓発本を買いにいく。こういう行為が起こるので本屋で自己啓発本は常に発売されていくのです。今回読んだ田村耕太郎さんの<頭に来てもアホとは戦うな!> はとてもすばらしい本でした。そこで私は自己啓発に関しては今後この本だけを読み込むこ [続きを読む]
  • できる人が成功するということを噛み砕いています
  • ホリエモンの10年後の仕事図鑑を読みました。確かにAIという諸刃の剣が出現していかに人間が自分らしく生きていくかは大きな問題です。好きなことをとことんやるというホリエモンの意見には賛成です。問題はそれをするための能力が重要だと思います。この本は対談形式でとても読みやすいのですが2人とも自分というものがあり能力も把握していて環境も自分の思い通り動かせるからこそここまでの主張ができます。大方の考えには賛同 [続きを読む]
  • 仕事より子育てが好きです
  • 前回に続いて今回は私のなぜを突き詰めたことを書いてみます。妻は外で仕事がしたいということが根本でした。今回は私の意見である仕事より子育て、妻の子育てや世間一般の常識が理解できないということをテーマとします。前回と同じようになぜを何回も繰り返しました。上記のテーマは非常に関連していて同一だとわかりました。私の意見は世間一般では受け入れられないこと。たとえば横並び、平等、協調性よりも独創性、自己主義、 [続きを読む]
  • 妻の育児ノイローゼを解決しましょう!
  • 相変わらず気分の上下でしんどそうな時のある妻です。しかし最近かなりの改善をみています。解決の道筋ができたのでご報告します。とてもシンプルで簡単でした。まずはノイローゼに対して育児相談や周りの協力が果たして役に立っているのかなというのが疑問でした。悩みを聞いてもらって解決策をみんなで考えるとか少し自分の時間を持ってリフレッシュなんていうやり方は前時代的だと思いました。というのも物事の根本的な解決では [続きを読む]
  • 自分優先主義の行方
  • ホリエモンの<自分のことだけ考える。無駄なものにふりまわされないメンタル術>を読みました。いつものホリエモン節です、相変わらず行間を読まないといけません。彼は非常に頭がいい人なので一般人の喜ぶところを書いていきますが本当に言いたい所は行間です。(146)自分のことだけ考える。: 無駄なものにふりまわされないメンタル術 (ポプラ新書)結局は自分自身のやりたいことをやってみる。自分の思ったことを言え、やれ。そこ [続きを読む]
  • 今の日本に何も期待しないで自分で考えること
  • 国会議員の論争にしてもマスコミの報道にしても世界から見たら笑い者レベルのことを真剣にやっています。財務省もこういったノイズでかき乱されてどこまでみっともないんでしょうか。大衆迎合の局面に国自体が陥っています。末期のローマといったところでしょうか。こういう状況ではバカ、貧乏人の圧倒的多数の大きな声が今まで以上に正義となります。こんな中で子育てをしなければいけませんが何も心配することはないと思います。 [続きを読む]
  • 子育ての先輩と飲みました
  • 医者学年では下ですがお子さん2人を東京の某私立幼稚園に通わせている同じ科の後輩と飲みました。東京の有名幼稚園の受験の話や家庭環境の話などとてもためになる時間をすごしました。子育ては自由にやっているといいながらやはり基本はしっかり押さえているなあと思いました。いままでブログで書いてきたように子供にしっかりしたレールを敷いてやるとかまあ当たり前のことをしているわけですがやはりいい確認になります。伸芽会 [続きを読む]
  • 泰明小学校の制服騒動でわかる日本の今の現状
  • アルマーニの制服という単語だけ一人歩きしていている感じです。小学生が嫌がらせを受けるということがあったり嫌がらせ電話を学校にしたりと。今回は公立の小学校だからこそ問題にされましたね。馬鹿な人間がメディアで子供はみんな同じ能力、可能性があるんだから差別するなとか子供の時から貧富の差をつけてどうするとかのご意見。笑うしかないですね。遺伝子とか教育環境とか家庭環境考えてモノを言えですよね。学区外から意識 [続きを読む]
  • 子育てをする人間のレベルを見極めること 解決編
  • さて子供を自分たちの思い描いている方向に成長させていく戦略のお話です。自分たちと同じレベルで良いのならそれで良し。自分たちより更なる上のレベルにいってもらうのに何が必要かというお話でした。シンプルにいきましょう。子供になってもらいたい将来像、つまりピラミッドのそれぞれの位置よりも劣る人間を切り捨てる。たったそれだけが単純かつ最も効果的な方法だと思います。肉体を酷使して時間の長さで比例的にお金を稼ぐ [続きを読む]
  • 子育てをする人間のレベルを見極めること その2
  • さて3本のピラミッドどんな感じでしたか。そして子供にはピラミッドのどの位置に行かせたいですか?書いてみます。どうでしょう。それが現実です。子育てに関わる自分を含めた周囲の人間のピラミッドと希望する子供のピラミッドが同じなら問題なしなんでしょう。自分たちのやりたいというか経験則でやれば大きく外れることはないと思います。しかし問題はそれ以外です。まあその前に自分の話を。私の場合は、子供にはピラミッドに [続きを読む]
  • 子育てをする人間のレベルを見極めること その1
  • 親が自分の能力を的確に把握してこそよい子育てができると思います。いろいろな書籍を読んで大体大筋としては学歴、社会性など要素がたくさんあって絶対的な成功はない。だからこそひとりひとりが尊敬される社会でその中で生きていける大人を育成すればいいというなんとも聞こえのいいお話しで終わるのが定石でそうすると本は売れる(笑)。こういう結末だと誰もが子育てに悩まないし自分を責めることはない。そうして知った顔をし [続きを読む]
  • 京都で一人新年会
  • 年末からずーっと娘とべったり。今夜はお暇をいただいて京都で一人新年会です。まずは八坂神社に初詣祇園を散策いつもお世話になっているの割烹へ。フグ尽くしにおせち料理も出してくれました。プロの技を堪能続いてロッキングチェアへ。京都の夜を堪能です。じっくり料理とお酒を堪能したいい夜でした。 [続きを読む]
  • 妻が育児ノイローゼになりましたわ(苦)
  • なんだか最近変だなあと思っていたら妻が育児ノイローゼです。子供の世話やいろいろなことが重なっての発症ですねえ。私が仕事で毎週1泊2日で家を開けていることも問題なんですね。根本的なところでは娘が他のお子さんよりも活発というか多動なんですよ。そして癇癪持ち。本当にひどいものなんです。私の性格をほぼ100%引き継いでいるような感じです。いわゆる遺伝子で多動症のところをうれしくも引き継いでくれたわけです。ところ [続きを読む]
  • 1歳半検診に行きました。うちの娘大丈夫かなあ?(笑)
  • ぎょうせいがやっている1歳半検診に行ってきました。小児科の先生の診察では相変わらずの大泣きで歯科検診も大泣きでしたが問題なく歯も16本虫歯なしです。そしてどうもうちの娘が私に似て落ち着きがなく過活動的で少しこだわりが強いなあと思ったので発達相談を受けてみました。積木をくみ上げたり、紙に円を書いてそれに対して娘がどう反応するか、すずのひったボトルを扱うなどの検査をしてまあいろいろと世話話をして子供との [続きを読む]
  • 1型糖尿病の子供たちへ
  • 1型糖尿病の子供たちを救うプロジェクトに賛同してふるさと納税しました。学生時代にポリクリで小さな患者さんを診させていただいたことを思い出しました。懸命にがんばっている子供たちに少しでも力になれたらと思います。返礼品として有田焼 青花 いぬとうさぎの丸銘々皿(2枚セット)をいただきました。うちの娘のゴハン茶碗として愛用しています。 [続きを読む]
  • そろそろ幼児教室へ。効果はあるのかな?
  • 幼稚園、小学校受験の準備というか娘の情操教育のために塾に通わせようと思います。いろいろな塾に様々なコースがあってなかなか面白いですね。私自身もお受験をしたのですが私立の小学校に入ったとしても一流大学に行けずたいした地位ある仕事にも就けない連中も多数いました。幼児教育というのは親の自己満足と子供の可能性を最大限生かしてやりたい思いというのが本音ですね。パンフレットとにらめっこですね。 [続きを読む]
  • 馬鹿な人たちとの付き合い
  • どうしても自分の知的レベルに合わない人たちと接しなくてはいけない時があります。まともに義務教育の過程も習得していないような無教養な人たちと時間を共有するのは苦痛です。しかし上司が面白いことを言いました。まともな学のない人と接する時は小学年低学年の子供に話すようにしゃべりなさいと。赤信号はわたってはいけないレベルの話で全てを済ませなさいと言う事です。これが効果てきめんでした。本も読まない、歴史上の人 [続きを読む]