ヒロシ さん プロフィール

  •  
ヒロシさん: 80男ヒロシと英語でチャット
ハンドル名ヒロシ さん
ブログタイトル80男ヒロシと英語でチャット
ブログURLhttps://ssclub237.muragon.com/
サイト紹介文あなたからのコールをお待ちしています。(月曜から金曜、午後10時から11時の間)
自由文元英語教師、まだ英語から離れられません。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供47回 / 302日(平均1.1回/週) - 参加 2017/07/18 15:00

ヒロシ さんのブログ記事

  • 動画の掲載方法は?
  • 写真の掲載はできるのですが、動画ができません。私のアルバムから選択できないのです。どなたか教えていただけませんか。本部に問い合わせましたが、繋がりません。よろしくお願いします。 [続きを読む]
  • 帰ってきたヒロシ
  • 80男ヒロシがさっそうと(?) 村ごんに帰ってきました。「80男ヒロシと英語でチャット」の名のもとに。みなさまからのコールをお待ちしています。歳をとってからの人との会話は認知症予防に良いと聞いています。皆様のご協力をお願いいたします。あなたの了承が得られれば、その音声をここに掲載したいと思っています。 [続きを読む]
  • ヒロシ無事帰国
  • 一ヶ月に渡る私のオーストラリア、パースでのホームステイが終わり、 今朝無事に自宅に戻って参りました。 その間、ホームステイ奮闘記を読んでいただいた方々には、深く感謝いたします。 さらに、コメントまで頂いた方々にはどんなに励まされたかわかりません。 改めてお礼を申し上げます。 一応、「80男ホームステイ奮闘記」のブログはこれで終わらせていただきますが、 またいつの日か、お目にかかれることを祈りつつ、 [続きを読む]
  • 総括 (2)
  • さて、自分の反省点として、一番大きな失敗だったと思うのは、 こちらでホームステイ中、特別な活動がなかったことである。 日本を出る前に、日本語を教えるなどのボランティア活動とか、 地域の社会活動に参加するとかの機会を、探していたが間に合わなかった。 こちらに来てから、何か見つかるかもしれないと思っていたが、 結果的に何も見つからなかった。 この旅の主な目的がバカンスだとしても、一ヶ月も観光地訪問とか [続きを読む]
  • 総括
  • 私のパースでのホームステイも残り少なくなった。 ここらで総括をしておこう。 まず、この80になる老人をホームステに受け入れてくれたエリーナに感謝する。 病気したり怪我をしたりしないか、心配だったと思う。 私自身もそれを一番恐れていたが、今までのところどうやら無事に過ごして来た。 すべてのもの、すべての人に感謝したい。 さて、住環境だが、まず朝はいろいろな野鳥の鳴き声に目を覚まされ、 昼は庭の日向で [続きを読む]
  • オーストラリア英語
  • 自分の日本語訛りの英語を棚に上げて、 オーストラリア英語をうんぬんするのは憚れるが、 自分の感じたことをありのまま述べさせていただこう。 私がもう半世紀近く前に、初めてオーストラリアを訪問して以来、 オーストラリア英語もかなり様変わりしたように思える。 あまり評判の良くなかったオーストラリア英語の特徴として、 「エイ」の発音が「アイ」になるということがあった。 例えば「ツデイ」(today) が「 [続きを読む]
  • 私がこちらに来て嫌なことが一つある。 それは犬である。 私はもともと犬は好きなのだ。 だから普通の犬は本能的に私に好意的である。 ところが中にはバカ犬がいて、私に吠えかかるのもいる。 フィジーでは咬まれたこともある。 オーストラリアにも、どうもばか犬がいるようである。 (オーストラリアでは番犬として飼われている犬が多く、 吠えない方がバカ犬かもしれないが) 道を歩いているとき、よく塀の内から吠えら [続きを読む]
  • ヒロシの冒険
  • 今日もオーストラリアは快晴ですよ。 日本のみなさんは快晴と聞くと、暑さでうんざりすると思いますが、 こちらは雨がちな日の続いた冬の後でやって来た 春 の快晴は実に気持ちのいいものです。 さて、昨日はオーストラリア晴れの天気に誘われて、 ヒロシは一大冒険を試みました。 以前、ジョンフォレスト国立公園を訪れたとき、 谷間を降りて行き、反対側の山まで行ってみたいな、 という衝動にかられました。 それを今 [続きを読む]
  • 春めく
  • 今日は、朝から空も突き抜けるような、雲ひとつない日本晴れだ。 いや、オーストラリア晴れだ。?????? 私がこちらに来てからまだ20日余りだが、 季節は確実に動いている。 朝は10度前後まで下がるが、昼間は20度前後まで上がる。 オーストラリアはもう春なのだ。 私がこちらに着いてすぐは、野の花もまだ遠慮がちに咲いていたが、 今はもう一面に咲き誇っている。 Now, where shall I go [続きを読む]
  • オーストラリアの野鳥
  • 私はあまり野鳥に興味がないので、つい書きそびれていたが、 オーストラリアは野鳥の宝庫と言ってもよいのではないか。 とにかく、こちらに来て以来、今までに見たことのない野鳥を数多く見かけた。 驚くべきはカラー付きの野鳥を数多く見かけることだ。 鳥は種類によってそれぞれ鳴き声が違うことをご存知だろうか。 鳥の種類がどれだけあるか知らないが、それぞれに違った鳴き声を与えるのには、 神様も大変だったろうとい [続きを読む]
  • ロットネスト島
  • 今日は、パースの観光地の一つであるロットネス島に行ってきた。 そこはフリーマントルの沖合18kmに浮かぶ小さな島である。 途中、バス、電車の遅れで9時45分発のフェリーに乗れるか ヤキモキしたが、奇跡的に間に合ってホッとした。 さすがに紺碧のインド洋に浮かぶこの島の浜辺は美しく、 私はあまり人の行かない浜辺を独り占めした。 ハプニングが二つ。 私が一人浜辺で、休憩をしながらスナックを食べていたら、 [続きを読む]
  • なくて困った物
  • こちらに来て、なくて困ったものは色々あるが、 これは以前にもちょっと触れたが、まずウオッシュレットである。 これはここの家庭だけでなく、他のほとんどの家庭にもないと思う。 日本人はもはやこれなしでは、非常に不便を感じる。 日本を訪れる中国人がウオッシュレットのすばらしさに感激し、 よく買って帰ると新聞で読んだことがある。 早く世界中に広まると良いが。 次は、ここの家庭には電子レンジがない。 こんな [続きを読む]
  • オーストラリアの虹
  • 昨日は、前日パースの街を歩き回ったので、 一日中疲労感が残り、何もしたくなかった。 自分の部屋でぼーっとしていて、ふと外を見ると虹が出ていた。 早速、カメラに収めた。 私の部屋から 後でエリーナに虹を見たかと、聞いたら見てないと言うから、 写真を見せてやった。 こちらは、天気が変わりやすいから、よく虹が出るでしょう、 と聞いたらそうでもないという。 私はこちらに来てから、もう2・3回見た気がする。 [続きを読む]
  • 善人か悪人か?
  • 昨日はパース散策で、いろいろな人と話をしたと言ったが、 まだ話好きのおじさん一人のことしか書いていない。 実はもう一人、ご婦人のことをぜひ書いておきたい。 外国旅行をするとき、一人で行くか団体旅行で行くか 大きな問題である。それぞれ一長一短がある。 まず、団体旅行は安心で、気楽である。 反面、変化に乏しい嫌いがある。 その点、一人旅行は変化の連続でひと時も気が休まらない。 何が起こるかわからない。 [続きを読む]
  • パース散策
  • 今日は、パースの街に行って 今帰って来たところだ。 実は、パースの街は今日で2度目だが、 前回の時は雨で、あまり回れなかったので、 今日は思いっきりどこそこ回って来た。 まず美術館、それに博物館と思ったが 博物館は改装中ということで行けなかった。 それで街をぶらぶらして、 キングス公園というところに行って来た。 かなりの距離があったが、ブッシュウオーキングで鍛えているので どうにか持ちこたえた。 [続きを読む]
  • ここはどこ?
  • 今、夏の甲子園大会、熊本県代表の秀岳館が敗れた。 ずっと実況放送を見ていた。 日本で見るのも、オーストラリアで見るのも同じだ。 自分がオーストラリアにいることを忘れさせる。 あらためて IT 技術の進歩に驚かされる。 インターネットに関する限り、自分がどこにいても同じだ。 日本のことはもとより、郷里の熊本のこともすぐわかる。 まだ熊本は暑のかな、と思い調べると30度ちょっと。 これじゃまだ帰れない [続きを読む]
  • お子様サイズ?
  • 昨日は、フリーマントルというところに行って来た。 ここはパースの外港で、歴史的建造物が数多く残る町として知られている。 まず、電車の料金制度が面白かった。ゾーン制といってパースを中心として、 ゾーン1, 2, 3, 4 と別れている。したがって、私の乗るところからパースまでの料金と その距離が倍もあるフリーマントルまでが同じになる。 もうひとつ面白いことがある。 コンセッション (concessi [続きを読む]
  • どちらがよい?
  • 私たちは外国旅行をすると、よくその国と日本を比べてしまう。 これが必ずしも悪いこととはいえない。 なぜならその違いに気がつくことが、 外国旅行の醍醐味の一つといえるからである。 率直に、ああこれは日本の方が進んでいるな、と思うことがある。 私にとって、それはウオッシュレットである。 今や日本は普通の家庭はもとより、公衆トイレ、駅のトイレ、 いたるところ普及している。 私は外国旅行をしていて、未だウ [続きを読む]
  • 「ドスーン」何の音?
  • 昨夜、そろそろ休もうかとしていたら、 外で、「ドスーン」という音が聞こえた。 一瞬、交通事故だと思ったが車同士の衝突なら、 もっとひどい音がするはずだと、訝りながらも床についた。 すると、周りが何か騒々しくなった。 カーテンを少し開けて外を見ると、パトカーが2・3台来て 灯をポカポカさせている。 やはり交通事故だったのだ。あとでエリーナに聞いたのだが、 家族を乗せた車が roundabout (環 [続きを読む]
  • 懐かしのマンゴ
  • 私が20年前に、シドニーに住んでいたときは、 よくマンゴーを食べていたものだ。 とにかく、その値段が日本に比べると、桁違いに安い。 一個100円もしなかったと思う。少し悪くなったのは3個100円くらいで、 よくそういうのを食べたものだ。 今回は、こちらは冬なのでマンゴーは食べられないと思っていたが、 なんと、昨日スーパーでそれを見かけた。 その感激を想像いただけるだろうか。値段はと見ると、 一個 [続きを読む]
  • 元を取り出せ
  • ブッシュウオーキングについては、以前にも一度書いたことがあるが、 最近ブッシュウオーキングをしていて、なぜかふっと思い出したことがある。 それは北海道旅行をしていたときのことである。 バスガイドさんが面白いことを言った。 温泉に来たら、3回は入らなければ元を取りもどせない、と。 夕食後、寝る前、それに朝起きてから。 なるほどと思い、それ以来それを実行している。 何故それを今思い出したかを考えたら、 [続きを読む]
  • 「荒野の墓標」
  • 今日は、エリーナが私を西オーストラリアの代表的観光地である ピナクルスに連れて行ってくれた。 ガイドブックによると、 「太古の昔、海辺だったこの一角に貝が堆積し石灰岩質の土台を造り上げた。 そこに深く根を張った原生林が枯れた後、大地が風化されていき、 根の間に残った石灰岩層が、まるで塔のように残ってできたのがピナクルスという。」 片道3時間ほどもかかるところだったが、 自然の驚異を感じさせる壮観さ [続きを読む]
  • 蓼食う虫も好き好き
  • ホームステイの家族のこと、家のことを書いたからついでに、 というよりはもっと大事な食事のことを書かなければならない。 普通のホームステイは、昼食はなくても朝食と夕食は出される。 しかし、ここは軽い朝食が出されるだけで昼食、夕食がない。 もし頼めば、有料で作ってくれるという。 私が最初にここに着いたとき、夕食を頼んだことがある。 私は肉は食べないが、魚は食べると言っておいたら、 早速魚料理が出た。魚 [続きを読む]
  • 人いろいろ
  • 今日も、昨日に続いて雨、しかも雷も鳴り冬の嵐といったところ。 今日も1日家にいなければならないようだ。 したがって、今日は私がお世話になっているホームステイの家について、少し書いてみよう。 前にも少し書いたが、ここはパースから電車とバスを乗り継いで 40分くらいのところにある住宅地である。 住宅地とは言っても、周りはユーカリの木やその他いろいろな木に囲まれて、 静閑な地域である。それでいて、バスの [続きを読む]