yuka さん プロフィール

  •  
yukaさん: 生き辛さから生き易さへ
ハンドル名yuka さん
ブログタイトル生き辛さから生き易さへ
ブログURLhttps://ameblo.jp/healing-soyokaze/
サイト紹介文機能不全家庭で育ったACの、自分を育て直すブログです。
自由文心理学、恋愛依存、対人関係、機能不全家庭など。
人は皆、愛され幸せになる権利があります。
自分が幸せになることを諦めないで!
そよ風のようにあなたに寄り添って、心が豊かになる人生を一緒に探していきましょう。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 85日(平均2.1回/週) - 参加 2017/07/18 15:32

yuka さんのブログ記事

  • 誰に受け入れられたいの?
  • あなたは誰に受け入れられたいんだろう。両親?兄弟?恋人?友達?職場の上司?職場の同僚?近所の人?コンビニの店員さん?いいえ、どれも違う。あなたが受け入れてほしいのは、あなた自身なんだよ。 [続きを読む]
  • 自分への許し
  • こんにちは!カウンセラー/セラピスト目指し中のゆかです。爽やかな秋晴れになりました。近くで運動会をやっているのか軽快な音楽が聞こえて、楽しい気持ちになる朝。私はと言うと、先日ヨガ友達と久しぶりにヨガをしてきました。天気がよかったので、海辺でのヨガ。青空と風と心地よい波音の中で体を伸ばしてとっても気持ちよかったです。ヨガの最中。私が心理的に苦しい状況にある話をしてみたら、そこから発展し、『自分への許 [続きを読む]
  • 自立への第2歩目
  • こんばんは心理カウンセラー、セラピスト目指し中のゆかです。気づけばあっという間に10月。今年も残り2ヶ月となりました。私の個人的な部分では、心理学の勉強を本格的に始めて半年目に突入です。この半年間、学校での勉強以外にも本を読んだりセミナーに参加したりと必死に自分を模索した日々でした。それは、どうして私はこんな風になってしまったのか、私の中で何が起きているのか、なぜ、幸せと感じられないのか、どうして [続きを読む]
  • 回復への第一歩とは
  • こんばんはカウンセラー/セラピストの卵、ゆかです。?? アダルトチルドレン、生き辛さ、恋愛依存などを手放し明るく、心穏やかに生きたい。それが目標だとしたら、最初に何をするべきなのでしょうか。 最初にすべきこと。それは、自分の外側に助けを求めることだと思います。 私がまだアダルトチルドレンという概念、生き辛さ、人間関係依存症など知らず心理学に無縁だった頃。恋愛する度に依存し、職場の人間関係に躓いては離 [続きを読む]
  • 自分と関わる人たち。
  • 極端なポジティブ思考になってしまうけれど、自分に関わる人々は、良くも悪くもママでありパパなんだと思う。もちろん本当のママパパではないけれど、関わる人々から何かを学び、何かを教えてもらったりして私たちは日々成長している。つまり、周りにいる人に自分を育てて貰っているのだ。苦手な人や嫌いな人からですら、私たちは必ず何かを学び、生きていく知恵にしている。クソーと思う上司にも、嫌な人だな!と思う人にも私た [続きを読む]
  • 育て直しへの冒険
  • 自分で自分を育て直すのには時間も労力も掛かる。カウンセリングなど外部サポートを受けたらお金も掛かる。精神的、経済的負担が大きいため何度それをしないで済む人を羨んだことだろう。けれども。長い人生において、誰もが悩み、苦しむ時はあるんだ。それは皆同じなのだから、羨んだって仕方がない。そりに私が今取り組んでいることは必ず人生で役立つと信じよう。自分で自分を育て直すことは思い描いている自分を自分で創り出 [続きを読む]
  • 親からの無償の愛は幻想
  • 「幼少期に得るはずだった、親からの無償の愛は今後の人生で与えてくれる人は皆無に近い。なぜなら、自分でない他人のために尽くせるのは親しかいないから。たとえ結婚して夫/妻を持ったとしても、その人は親ではないから、親として機能してくれることを期待してはいけない。」 以前カウンセリングを受けている時当時のカウンセラーに言われた言葉です。この言葉を聞いた時、とてもショックでその日はとても気分が落ち込んだこと [続きを読む]
  • アダルトチルドレンとは②
  • 今晩は台風が近づいてきているせいかどんよりした天気ですが暑さが落ち着きましたね!(写真の中の空は快晴です(笑)さて、前回のアダルトチルドレン①の続きになります。今回も以前読んだ本からの抜粋になります。 出来る、出来ないはおいておき、アダルトチルドレンを克服したあとどういう自分になっているか。イメージ作りに役立てて頂ければ幸いです「アダルトチルドレンにとっての回復とは」ACにとっての回復とは、一言で [続きを読む]
  • アダルトチルドレンとは①
  • 今晩は以前書いていたブログから持ってきました。知っている人もそうでない人も、もう一度おさらいです。アダルトチルドレンとは、Adult Chilrden of Dysfunctional Familyの略で、機能不全家族で育ち、大人になった人のことを指します。 機能不全家族とは:「マイナスの機能を持った家族」機能不全には見える機能と見えない機能がある。例えば嗜癖家族、共依存性のある家族など。※嗜癖(特定の習慣に極度に没頭すること)※共依 [続きを読む]
  • 久しぶりに
  • 久しぶりにサボり気味だったヨガ教室にいき身体をほぐせた週末。心も体もリフレッシュできて気分爽快★自分の好きなことを意識的に生活に取り組むことの大切さを改めて感じました。自分の好み、好きなもの、好きなこと、趣味何をしている時が幸せかを考えることは自分に栄養を与え、生きるエネルギーを補充すること。自分への癒しを考えることは本当に大切です!どうしても自分のケアが後回しになってしまい、せの結果、訳もなく [続きを読む]
  • 自分軸で生きていますか?
  • 三ヶ月ぶりに美容室に行ってきました。かれこれ学生の頃からお世話になっているスタイリストさんにカットとパーマをお願いしたのですが、、、久しぶりに、自分軸が相手の方に傾いていることをヒシヒシと感じ、私自身、どうしちゃったのだろう?とソワソワしていました。色々と、聞かれるのです。『どの位切りましょうか。パーマは緩め?強め?どのような仕上がりにしたいですか?ロットは太めにしましょうかね?前髪のパーマはど [続きを読む]
  • 優しさに触れよう。
  • ACを始め、何らかの心理的不安、生きづらさを抱えている時、優しさに多く触れることで、少しずつ癒されていくことがあります。それは直接人と関わる中で得られたり、方法はそれだけではなく、様々にあります。例えば好きなアーティストの曲を聴いたり、その方が書いた歌詞をゆっくり読んでみる。映画やドキュメンタリーを見たり、小説や誰かが書いたエッセイを読んでみる。自分で絵を書いてみる。旅に出て綺麗な景色を見たり、地 [続きを読む]
  • 人生は、航海。
  • 船から出た波跡を見て、ふと人の人生は航海に似ていると思いました。次々と生まれては泡となり消えていく波跡。最初に出来たものは、数分経てばやがて形をなくし、1番新しく生まれたものは太く、鮮明に残る。人生という船旅に出て最期死ぬ時まで立ち止まり休んだり、別の港に立ち寄ったりしながら、生きていく。また船の上では多くの出会いもあるでしょう。そうやって、私たちの人生は豊かになっていきます。楽しくて幸せな思い出 [続きを読む]
  • 失った夏―夏祭り
  • 久しぶりに夏祭りに行ってきた夜のこと。それは地元で催される小さなお祭りでした。規模が小さいとはいえ、盆踊りの櫓が組まれ、出店もありなかなか本格的。童心に戻ったような感覚で、盆踊りにも参加してきました。とっても楽しくて、終始はしゃいでいました。ジャンル問わず、音楽に合わせて体を動かすと心がスッキリします。子供の頃から今位の年齢になるまで夏祭りに行ったことがありません。両親にも連れて行って貰った記憶 [続きを読む]
  • 自己防衛
  • 本日から8月。あっという間に7月も終わってしまいました。夏も残り半分ですね(о´∀`о)熱中症に気を付けて、夏をもう少し楽しんで行きましょう!さて、前回の記事では。他人に対し自己開示をほとんど出来ないままここまで生きてきてしまったという話を書きました。一度何かに気が付くと、それを元に更に自己理解を深めていくことが多いのですがここまで自己開示が出来ないのは何故だろうと考えてみました。辿り着いた答えは「過 [続きを読む]
  • 親に対する気持ちを認めてあげる。
  • 機能不全家族で育った者には、*『家族(親)は良いもの』*『産んで育ててくれた親には感謝し、親孝行しないといけない』*『親を嫌うなんて親不孝だ。』などという世間の価値観を押し付けられるのが苦痛です。まだまだ日本では、親は絶対的な存在であるという考え方が根深く、その価値観に反している自分を恥じては罪悪感を感じ、親に対するネガティブを感情を押し殺してしまいがちです。そんな時は、少し考え方に幅を持たせるよう意 [続きを読む]
  • 自己開示が出来ない。
  • 私が普段から人と話す時、出来事レベルの話しかせず、自分の感情を極端に話さない傾向があると気がついたのは、つい数日前。心理学の授業中の、とある出来事でした。私が、ネガティブな感情、思考を他人につっこまれそうになると無意識のうちにそれを事前に回避し、自分自身でもその部分に触れないようにしていると、柔らかく指摘され、私自身とても驚いてしまいました。それと同時に、私がどんな人とも親密になれない理由が分か [続きを読む]
  • 過去の私を労おう
  • 私はきちんと、過去の自分を褒め讃えたことがない。あの辛い状況の中、必死で自分を守りながら耐えていたこと、そして生き抜いてきたこと。私は、頑張って耐えているなんて思っていなかった。私は、自分が無理をしているなんて発想がなかった。私は、苦しくて、誰かに助けて欲しい気持ちに気づいていなかった。私は自分の感情を常に押し殺し、自分という人間の中で迷子になってしまった。辛かったよね、私。今も辛いよね、私。た [続きを読む]
  • アダルトチルドレンの嘆き
  • 『カウンセリングやセラピーワークで開示出来ない話程その人にとってとても傷付いた出来事であり、深く傷ついている=トラウマである。』という主旨のツイートをしたところ多数の反響がありました。このツイートをする前に少しだけ分析してみたのですが、深く傷付き思い出したくないからその感情と記憶に蓋をするのですね。しかし、自分では過去に葬ったと思っていても、実際はずっと心の中に留まっており、それが気づかないうち [続きを読む]
  • イギリスでの絶望と再生
  • 「自分の心理に何等かの問題を抱えており、それが原因で対人関係に悪影響を与えている。さらにその事実が自分の人生を悪い方向へ持っていっている。」 このことを自身で認識したのは、4年前私がイギリスに滞在している期間でした。以前のツイッターアカウントで話が出ていたかも知れませんが、私は一時ロンドンに住んでいました。元々は語学が好きで、英語を話せるようになり、国際的な仕事をするのが私の叶えたい夢でした。二十 [続きを読む]
  • 孤独を愛する。
  • 孤独を愛せるようなりたい。孤独を恐れない自分でありたい。 孤独=寂しい気持ちと向き合うこと。孤独=虚しい気持ちと向き合うこと。1度触れてしまうと引き返せない位に哀しくなる。自分なんて一人ぼっちなんだって 胸が締め付けられる程寂しくて寂しくて仕方がない哀しいから逃げたくなる苦しくなるから逃げたくなる拒絶するから、その感情が余計に大きくなる でもね、一呼吸置いてから 問いかけようよ「逃げてどうなるんだ [続きを読む]
  • 癒しの時間
  • 久しぶりに何も予定のない休日。彼とのデートもおやすみし、1人の時間を充実させようと一ヶ月前からこの週末を楽しみにしていました。今日は家事もほとんどやらず、代わりに大好きなペーパークラフトに専念。実は数ヶ月前からペーパークラフトにどっぷりハマり折紙やロールペーパーで様々なものを作っています。昔から折紙が大好きでした。自分の心の中にあるイメージを形にしていくのが好きで、子供の頃は図工の時間が好きだった [続きを読む]
  • 表面=内面?
  • 今朝のニュースで、とある女性議員が元秘書に対し、数々の暴言、暴行を浴びせたと音声レコード付きで報道されていました。その議員の経歴は間違いなくエリートです。六大学(MARCH)を卒業し、そのままバリバリ働いてきたキャリアウーマン。きっとガッツリ稼いでもいるでしょう。その音声を聞いた時、その議員の人間性を問うことを通り越し、哀れんでしまいました。とても可哀相な人だなと。数々の本で言われているように地位と名誉 [続きを読む]
  • 心理学と一緒に生きる。
  • 私は今定期的にスクールの心理学講座へ通い、心理学の勉強をしています。将来は自分、人を癒せるセラピストになりたいと思っています。仕事と並行し、昨年からいくつもの学校見学へ行き、情報を集めていました。心理学の勉強を始めたら、新たにブログを開設し、人のこころに焦点を当てたブログを書くことを決めていました。自分の感情を吐き出すだけではなく、向き合うブログ。それは日常生活の中で、自分の心、人の心の動きを考 [続きを読む]
  • 穏やかな時間
  • 久しぶりに祖母宅へ帰ってきた週末。10数年住んでいた家と祖母と過ごしていることもあり、とても気持ちが落ち着いています。実はここ数週間、理由がわからないけれど何かに追い立てられているような焦燥感が拭えず、心のどこかが疲れているように感じていました。けれど仕事後や休みに予定を入れることを止められず気持ちを誤魔化し、自分を追い立てるように、日々を過ごしていました。自分で時々無性に泣きたくなり、歩みを止め [続きを読む]