奈々 さん プロフィール

  •  
奈々さん: IgA腎症☆奈々の記録♪
ハンドル名奈々 さん
ブログタイトルIgA腎症☆奈々の記録♪
ブログURLhttp://iga729.blog.fc2.com/
サイト紹介文ネフローゼで始まるIgA腎症を発症しました。治療記録と食事管理(低たんぱく・減塩)を綴っています。
自由文2017年4月(48歳)、両足が浮腫みはじめ、1ヶ月あまりで上半身まで広がりました。ネフローゼ症候群、腎生検で「IgA腎症」と診断されました。

腎臓は、いちど悪くなったら戻らないなんて、知りませんでした。。。

ネットから情報を得ようとブログを開設。
同じ病気の方と繋がりたく、日本ブログ村へ登録しました。
どうぞ、宜しくお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供60回 / 291日(平均1.4回/週) - 参加 2017/07/18 15:56

奈々 さんのブログ記事

  • 明けましておめでとうございます(遅い;)&近況
  • 年が明けて、あっという間に半月が過ぎてしまいました。皆さま、お元気でおすごしですか?昨年の秋に受けた特大ストレスは、何度も再燃しながら、今になってやっと気持ちが落ち着いてきました。でも、ちょっとしたきっかけで、そのときの事や以前の事まで思い出しては、怒りと落ち込みを繰り返しています。私は上手にストレスを発散できないので、時が解決してくれるのを待つしかありません。   ↑その辺りの事をブログに書くか [続きを読む]
  • 薬局で薬の購入を失敗しました 2017-06
  • こんな失敗は私くらいかもしれません。恥ずかしいですが本当にやった失敗なので記しておきます。第三者に分かるように書くとなると難しいですが・・・。簡単に言うと、病院で新たに処方された薬を先発だと思い込み、薬局でも先発にしてもらったら、病院で飲んでいたのはジェネリックだったと分かったという失敗です。+++本題の前に・・・。新規に薬局へ行くたびに、ジェネリックにするか頭を悩ませています。薬局の方の説明は「ジェネ [続きを読む]
  • 食塩は【3g以上】6グラム未満
  • 退院後の初の外来の時(2017年6月末)に、食事の食塩の事で疑問に思ったことがあったので聞いてみました。入院前の注意事項は塩分に気をつけて下さいと言われ、また、退院の時も食塩6グラム未満と言われて、塩分を最優先して摂りすぎないでくださいと言われていました。   ↑なので、なるべく摂らないようにしてきましたが・・・退院目前に購入した「腎臓病食品交換表」を、自宅でよく読んでみると「食塩は1日3グラム以上6 [続きを読む]
  • 腎臓病レシピ:おなかいっぱい餃子!
  • なかなか調子が出ない日々をすごしていました。この秋に、かなりのストレスを受けてしまい、そのせいなのか。はたまたステロイドの副作用なのか・・・。食事療法、ウォーキングをなんとか頑張りながら、時の流れのままに、日をすごしています。さて、秋口にもうひとつ料理を作っていました。今、これを作る気力があるか?というと、たぶんありません。この頃は、いろいろ前向きにがんばっていました。+++レシピでは、餃子12個で [続きを読む]
  • 腎臓病レシピ:トマト蕎麦
  • こちらは秋口あたりでしょうか?クックパッドで『トマト蕎麦』のレシピを見つけたので作ってみました。元レシピです。  ↓ 【腎臓病】低たんぱく蕎麦でトマト蕎麦 by ズボラが腎臓病元々は『低たんぱく蕎麦』を使ったレシピでしたが、私は持っていなくて普通の『ゆで蕎麦』を買ってきました。でも、そのまま一人前を使うと蛋白が超えてしまうので、半量を使い『しらたき麺』でかさ増ししました。(というわけで、2日続けて同じ [続きを読む]
  • 腎臓病レシピ:野菜だけ餃子
  • こちらは、ある日の朝食の写真です。え〜 朝から餃子?と思われるかもしれませんが・・・じつはこれ、朝食のサラダ分の野菜を包んだ、野菜だけ餃子なのです♪クックパッドで『野菜だけ餃子』のレシピを見つけて、早速作ってみました。リンクしたので、詳しくはそちらをご覧下さいね。しっかり『つくれぽ』まで送っておきながら、たしかニラ切れで、しいたけは干ししいたけを使ったかな?それと、肝心のニンニクを入れ忘れたような気 [続きを読む]
  • 腎臓病レシピ:野菜たっぷりの丼
  • 先月に治療のために入院して、その後、精神的にも落ち込む事もあり、疲れがどっと出てしまいました。気が付けば11月下旬になり、最後の記事は食事療法が大変だという話のままで、今は少しずつ工夫しながら食べられるようになってきたので、それを紹介してから治療経過の続きに戻りたいと思います。なかなか“今”に追いつけません(^_^;基本は、普段食べているものを崩さずに、その材料内で作っています。それでも、目先が変わって [続きを読む]
  • 必死で食事管理 2017-06
  • 退院してからの食事が大変でした。たんぱく質40gの制限で、栄養士さんに教えた頂いたざっくり計算(?)、お肉やお魚は片手半分、野菜は片手に乗る分。でも、お肉やお魚の厚みはどう考えたらいいのだろう?手の大きさでも随分違ってくるだろうに?と、食事を用意しながら、これで合っているのだろうかとモヤモヤしていました。それまで我が家には目盛りのはかり(上皿はかり)しかなくて、デジタルのはかりを買ってから、器を乗せ [続きを読む]
  • ウォーキングを始めました 〜1日20分の有酸素運動〜 2017-06
  • 退院して間もなく、母が見つけてくれた雑誌【けんいちVol.4 慢性腎臓病CKDは怖くない! (630円+税)】に、“「運動」で腎臓は元気になる!”という記事が載っていました。そこには、一度痛んだ腎臓は元に戻るのは難しいけれど、運動をすることによって、腎臓病の進行にストップがかかり、腎機能を高める事が出来ると書かれていて、腎機能が持ち直していく図が載っていました。これだ!私はやる事を決めました。運動は、レジスタン [続きを読む]
  • 1か月弱の入院で体力がガタ落ち!でも、ご褒美にライブに行きました。 2017-06
  • はじめての1か月弱の入院で、自宅の階段は手摺につかまって腕の力を使ってやっと上がり、平地を歩く速度もがた落ち、とにかく、足に力が入らなくなっていました。我が身の弱りぶりに驚きながらも、自宅近くのスーパーまで体慣らしに数日歩き、行ける!とふんだ私は、入院前に申し込んであった、とあるライブへ行くことを決めました。申し込んだ時は、入院することも、それがこんなに長引くとも思わず、退院できなければ諦めました [続きを読む]
  • 腎生検の覚え書き 2017-05
  • 2017年5月末に行った腎生検の事を、入院中にスマートフォンでまとめていました。まとめるのに日数がかかり、文章が繋がらなくて変なところもあると思いますが(いま読み返して、少し直しましたが)、こんな感じだったというのが分かっていただけたら嬉しいです。腎生検ネット情報で、筋肉注射と麻酔の注射が痛いという情報を得ていました。また、先生からは検査よりも、その後のベット上で動かず安静の時間が一番辛いとも。検査入 [続きを読む]
  • 食生活が変ってしまうと感じた食事指導 2017-06
  • 退院間際に食事指導を受けました。この病院では、希望者が申し込み、主治医が指示栄養量を出して、それに基づいて栄養士さんから指導を受けるというものでした。事前に主治医が来て「一応配分量は栄養士さんに伝えたけれど、たんぱく質はそこまで気にしなくていいから、まずは塩分に気をつけてください」と、入院前にも言われたように、塩分第一と繰り返して言われました。私が食事指導を申し込んだと分かった看護師さんから、売店 [続きを読む]
  • 「根治できないかもしれない」 2017-06
  • 退院も近くなった頃の事だったでしょうか?いつものように、様子を見に来てくれた先生が「根治できないかもしれない」と、ひとこと言いました。「完治できないかもしれない」だったかもしれません。いきなりの出来事だったので、私は「はい」と返事しただけで終わってしまいました。+++あとから、どういう事なのか考えました。治れないのは、スマートフォンでネットを見まくって得た情報から分かっていました。尿蛋白と尿鮮血を [続きを読む]
  • 私の基本食/腎臓病 たんぱく質50g 塩分6g未満
  • 転院後に、たんぱく質30g→35g→現在は50gになっています(日記が追いつきません・涙)。エネルギーは1600kcalですが、現在は体重が40kg切ってしまい太りたいですが、肉が付いて欲しい足や腕ではなく、お腹に肉が付くので、様子を見ながら少しずつ太ろうと思います。+++いま、家ではこんな風に食べています。基本的に、火を通して保存してあるものを食べる前に量って、食べながら、濃口醤油で味付けする事が多いです。最近は料 [続きを読む]
  • 体重が減る 2017-06
  • 足の浮腫みが取れてくると、それに合わせて体重が落ちてきました。いちばん浮腫んでいるときは5〜6?増えていたので、最初は体重が落ちるのが嬉しかったのですが、いつもの体重になっても浮腫みが残っていて、その後も浮腫みが取れるにつれて体重が落ち続けるので、だんだん恐くなってきました。毎朝体重測定するので「まだ浮腫みが残っているけれど、今がいつもの体重です」「いつもの体重より○○?落ちました」と、看護師さんや [続きを読む]
  • 足が弱る 2017-06
  • 気がついたら腎生検から2週間が過ぎていました。階段を上がれない期間が終わったので、先生に病院内の階段を使っていいか確認をとり、「無理はせんように〜」と、OKを頂きました。さっそく履いてきた靴に履き替え、上ってみたら… 足がガクガクで全く上れなくなっていました。5階建ての病院。私のイメージでは、上まで上がって、下まで降りて、戻ってこよう。初日だから今日はこれくらいにしておくか!でした。でも、実際は、手 [続きを読む]
  • パソコンからネットできなくなりました。(近況)
  • 10月12日現在、前のようにはいきませんが、なんとかパソコンからネットできるようになりました。でも、下記の疑問はそのままあるので、詳しい方がいらっしゃったら教えてください。よろしくお願いします。+++いろいろあって、私のパソコンがネットに繋がらなくなりました。しばらくはスマホからの更新となるので、更新頻度が落ちそうです。すでに、今後どうするか考えているだけで、数日経ってしまいました。仕方ないので、ボチ [続きを読む]
  • 「ガイドラインに沿ってやれば大丈夫」って、私にもあてはまるの? 2017-06
  • 週に一度、腎臓内科のトップの方が若い方達(研修医?学生さん?)をつれて、それを主治医が案内してくる日がありました。最初は何事が起きたのかと、きょとんとしてしまいましたが、これが教授回診とかいうものなのでしょうか?その時に、主治医が私の状態を説明しているのが、とぎれとぎれに聞こえてきました。私の病名、状態、その中で「難しい」というのが聞こえました。それに対して、トップの方の答えが「ガイドラインに沿っ [続きを読む]
  • 浮腫んでいると冷えますね
  • 私が入院した病室は、冷房が強い所でした。梅雨に入って肌寒い日もあるのに26℃前後の設定になっていました。私は冷房に弱くて、真夏でも28〜29℃の設定ですごしているので、この病院の冷房は寒くて、何枚も着重ねて、布団をもう一枚もらって、2枚重ねの布団にもぐって寝ていることが多かったです。それでも浮腫んでいる足が冷えて、どうしようもなかったです。そうなってみて、入院前に処方箋を持っていった薬局で「浮腫んでいる [続きを読む]
  • ストレスが癒され、人生の休養だと感じた入院生活 2017-06
  • 今まで入院というものをしたことがなくて、どれだけ自由が無くなるのだろうか?と、不安でいっぱいのなか入院しました。でも、いざ入院してみると、先生は朝晩様子を見に来てくれて、看護師さん、スタッフさん、みな優しくてよい人ばかりでした。先生は忙しくて、私の顔と浮腫みを見て、さっと去ってしまうのですが、それでもとても安心できました。そして、担当看護師さんが私を呼ぶ声が優しくて、そんなに優しくされると、私は重 [続きを読む]
  • IgA腎症について
  • 入院中の大事な情報源はスマートフォンでした(2017年6月)。怖かった大腿骨壊死を調べ終わった私は、次に、入院前に腎生検の検索をして【IgA腎症の方のブログを見たことがある】程度の知識しかなかった自分の病気の検索を始め、ひたすらメモしまくりました。スマートフォンの充電中は、自宅の古い医学本(?)の腎臓の所をコピーしてきたのを読んでいました。そうしても、未だによく分からないので、この時にメモした事を大まかに [続きを読む]
  • 大腿骨壊死について
  • 入院中にいきなり言われた「大腿骨壊死」の危険性。それを聞いた母から、そうなったら足を切断だと言われ(母の間違いで切断にはなりません)、怖くなってスマートフォンで調べました。スマートフォンの小さい画面で調べてメモしたものなので、見間違い等あると思います。正確な情報が必要な方は、ご自身でも検索して下さいね。大腿骨壊死大腿骨頭の一部が血流の低下によって壊死(腐った状態ではなく、血が通わなくなって骨組織が [続きを読む]