green walk さん プロフィール

  •  
green walkさん: 2週間で5キロダイエットする方法を公開します。
ハンドル名green walk さん
ブログタイトル2週間で5キロダイエットする方法を公開します。
ブログURLhttp://inayayy27.com/archives/16
サイト紹介文面倒くさがり屋の私にもできた2週間5キロダイエット法の公開です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供55回 / 209日(平均1.8回/週) - 参加 2017/07/18 21:37

green walk さんのブログ記事

  • 2週間で5?ダイエットをする前に腸内環境を整える重要な理由
  • 最初に注意してほしいのは栄養の吸収のあまりよくない人が2週間で5?ダイエットをはじめると、最悪の場合栄養不足に陥って、ダイエットのために体調不良を起こしてしまうことがあるということです。 私たちは健康で美しくなるために2週間で5?ダイエットに挑戦するのです。ですから、善玉菌を優勢にして、悪玉菌を抑えた状態の腸内環境に整備してから、2週間で5?ダイエットをはじめるべきなのです。なぜなら、必要な栄養がちゃん [続きを読む]
  • 糖質制限(炭水化物)ダイエットは私たち日本人に向いている?
  • ダイエットを糖質制限で行う場合、糖質で摂取するカロリーは1日の総カロリーの10%以下に抑えるようにいわれます。すなわち食べるご飯(白米)の量を極端に減らせということです。 でもご飯(白米)と日本人は切っても切れない文化と伝統があるので、ストレスはかなりの大きさになります。つまり、結論から言えば、糖質制限(炭水化物)ダイエットは私たちには向いていないということです。 糖質制限(炭水化物)ダイエットが [続きを読む]
  • 食事の量を1/3減らせば、ダイエットしながらきれいに若返る
  • あらゆる動物実験で証明されているのが、食事の量を減らせばどの生き物も寿命が延びるということです。食事量を1/3減らして寿命が最高で、5割も伸びた実験もありました。基本的に私たち人間もこの結果に従うことになります。 すなわち、ダイエットをして、食事量を減らせば、健康になって、若返ることが可能になるということです。 空腹があなたを健康にする なぜこのようなことが可能なのでしょうか。人類の歴史は飢餓との戦い [続きを読む]
  • ダイエットの時、朝食は食べるべきか。抜くべきか。
  • ダイエットの食べ物を考えた時、私たちは常識として朝食は食べたほうがいいと思っているし、多くの専門家が健康のためには必ず朝食を食べなければいけないというのを当たり前のように聞いてきました。 しかし、本当のところはどうなのでしょう。それは人それぞれというのが答えです。 朝食の基本とは ダイエットの食べ物を考えるとき、その常識の中で、少し修正する必要があると思うのは「決まった時間に1日3回の食事をとる」と [続きを読む]
  • 2週間で5?ダイエットは幸せホルモンで幸せダイエット
  • 2週間で5?ダイエットを確実に成功させるために、是非してほしいことがあります。それは朝日を5〜10分間しっかり浴びること。そして、できれば同時に10〜30分散歩をしてほしいのです。 そうすると、セロトニンというホルモンが身体の中に増えます。セロトニンは気分を爽快にして、考え方を前向きにし、さらに意欲を湧かせる幸せホルモンなのです。 ダイエットにストレスはつきもの 負荷の少ない2週間で5?ダイエットでも、 [続きを読む]
  • 2週間で5?ダイエットはスリムな身体を維持できなければ成功ではない
  • 2週間で5?ダイエットは一度痩せたら、スリムな身体を維持できてはじめて成功なのです。肥満は糖尿病、心筋梗塞、高血圧、高脂血症のどの生活習慣病の温床となります。 2週間で5?ダイエットは目標の体重をクリアすれば、ゴールということではありません。多くの人がダイエットで失敗するのは目標を達成してもその状態を維持できないからです。 目標が明確であるうちは人はがんばれます。しかし、目標を達成してしまい、次の目標が [続きを読む]
  • 「運動はダイエットに不可欠」という本当の理由
  • あなたが2週間で5?ダイエットをやろうと思う時に考えるのは食事と運動のことだろうと思います。単純に言えば、食べる量を減らして、活動量を増やす。摂取カロリーよりも消費カロリーを大きくするというイメージです。身体を動かすことは生きていく上でも、ダイエットする上でも、私たちが考える以上に大切なことです。 私たちはもっと身体を動かさないといけない 私たちの身体は動かすようにできています。世界全体でみれば、今 [続きを読む]
  • ダイエットを成功させる身体にすること
  • 2週間で5?ダイエットをするとき一番注意しなければならないことは出来る限り、現在の筋肉を減らさないことです。私たちが普通にダイエットすると、脂肪だけが減るのではありません。筋肉も一緒に減って体重は落ちるのです。 元の服が着られなくなる理由食事を極端に減らすことで体重が落ちると、目標を達成したときには筋肉もかなりの量が減ってしまいます。そこで気を緩めてしまい、食べる量をもとの量に戻すと、リバウンドしま [続きを読む]
  • 2週間で5?ダイエットにサプルメントが必要なこれだけの理由
  • 2週間で5?ダイエットを実行しても、きちんとバランスの取れた食事を摂っていれば、サプリメントなどは必要ないと考える方も多いと思います。しかし、実際にはサプリメントは必要です。 もちろんこれだけ飲めば、ダイエットできるなどという怪しいサプリメントの話をするのではありません。実は私たちが食べている現在の食材にその原因があるのです。 食べ物に昔ほどのパワーが無くてしまった 私たちが信じているほど、野菜や果物 [続きを読む]
  • 副交感神経を高めると身体は若返る
  • ご存知のように、自律神経には活動している時の交感神経と休息の時に働く副交感神経の二つがあります。 実はこのうち副交感神経の働きを高めると、私たちの健康に多大な貢献をしてくれることを知っていますか。 中高年になると体力の低下とともに副交感神経も低下してしまいます。副交感神経が低下すると、血管の老化が進み、免疫力も低下し、身体は病気になりやすい状態になってしまいます。 逆に言えば、副交感神経を年齢に負け [続きを読む]
  • ストレス解消法には「涙」が一番
  • ストレスに完全に勝つことは無理です。ストレスとは上手に付き合うのが賢いやり方です。 セロトニンを高めることは安定した精神状態を作るストレス対策でした。 これをもう一歩踏み込んで、スッキリとストレス解消してしまおうというのが、今回のお話です。 ズバリ、ストレスは「涙」の力で解消できます。この「涙」にはストレスに対抗しうる力が秘められているのです。 そして、涙は涙でも感動の涙にこそストレス解消の効果があ [続きを読む]
  • セロトニン神経の達人になって人生の質を向上させよう!
  • あなたの周りに毎日ハードなスケジュールで忙しく仕事をしているのに、いつも元気な人はいませんか。また、普通の人よりも多くのストレスを受けているはずなのに、そんな様子は全く見せない人はいませんか。 社会全般で、活躍している人の多くは朝、ジョギングをしたりジムに通ったりしています。なかには座禅や瞑想を習慣にしているという人も珍しくありません。 彼らはみな、セロトニン神経の達人なのです。セロトニン神経の活 [続きを読む]
  • セロトニン神経の達人になって人生の質を向上させよう!
  • あなたの周りに毎日ハードなスケジュールで忙しく仕事をしているのに、いつも元気な人はいませんか。また、普通の人よりも多くのストレスを受けているはずなのに、そんな様子は全く見せない人はいませんか。 社会全般で、活躍している人の多くは朝、ジョギングをしたりジムに通ったりしています。なかには座禅や瞑想を習慣にしているという人も珍しくありません。 彼らはみな、セロトニン神経の達人なのです。セロトニン神経の活 [続きを読む]
  • セロトニンが作る本当の意味の「規則正しい生活」
  • 「規則正しい生活」といったとき、多くの人は自分の生活のリズムを、時計に合わせようとしてしまいますが、実は時間そのものに意味はありません。 しかし、私たちは「規則正しい生活」が、心身に良い影響を与えることを知っています。 うつ病の治療でも、必ず「規則正しい生活をするように」とお医者さんは言います。そして朝の7時に起きて、8時に朝食をとって、12時に昼食をとって、午後5時には仕事を終えて、夜7時には夕 [続きを読む]
  • セロトニンが作る本当の意味の「規則正しい生活」
  • 「規則正しい生活」といったとき、多くの人は自分の生活のリズムを、時計に合わせようとしてしまいますが、実は時間そのものに意味はありません。 しかし、私たちは「規則正しい生活」が、心身に良い影響を与えることを知っています。 うつ病の治療でも、必ず「規則正しい生活をするように」とお医者さんは言います。そして朝の7時に起きて、8時に朝食をとって、12時に昼食をとって、午後5時には仕事を終えて、夜7時には夕 [続きを読む]
  • セロトニンが身体も心も健康にする
  • セロトニンというと、「うつ病に効く物質」とばかり考えがちですが、それは大きな間違えです。 今回はセロトニンが私たちの健康に果たす役割について少し詳しく説明していきたいと思います。 セロトニン神経には全部で五つの機能があります。1.静かな覚醒2.平常心の維持3.交感神経の適度な興奮4.痛みの軽減5.よい姿勢の維持 一つ目の「静かな覚醒」ですが、セロトニン神経は一秒間に二〜三回の間隔でインパルスという電気信号を出 [続きを読む]