Roro さん プロフィール

  •  
Roroさん: 1から始めるピアノのコンクール 入門編
ハンドル名Roro さん
ブログタイトル1から始めるピアノのコンクール 入門編
ブログURLhttp://pianocompetition.hatenadiary.jp/
サイト紹介文音楽の世界に縁遠いママが娘の為に挑んだピアノのコンクール奮闘記!
自由文初めてのコンペ参戦から先生への対応、その他諸々同じく迷う方々の参考になればと思い、ここに綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 148日(平均0.9回/週) - 参加 2017/07/18 22:53

Roro さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 侮ることなかれ、コンペにおける足台選び。
  • 娘がコンクールに参戦し始めたのが小3の時。平均的な身長と体重ではあったけれど、若干足元が不安定だったあの頃。普段は特別なんとも思わず何もなしで弾いていたのだけど、急に先生が言い出した。「本番は足台が必要だと思います、うちにありますから今度持って来ますね」と。えっと、足台って何ッ?!貸して頂いたのは板。(後で調べたら「アシストスツール」と言うらしい)何の変哲もない板。黒い布みたいなものは貼ってあ [続きを読む]
  • グレンツェンピアノコンクール
  • グレンツェンピアノコンクール公式サイト | ピアノコンクール入賞率が高く、課題曲も易しい。クンクールを始める方の導入編としては非常に入りやすいコンクールです。娘は過去2回の出場経験あり。(初年度は地区大会まで、次年度は全国大会出場)初めて挑んだコンクールもこのグレンツェンピアノコンクールでした。コンクールで大事にする基本的な事が何か、大舞台で審査員の方に観られながら弾くという事がどんなプレッシャ [続きを読む]
  • コンクールに出るならいくら必要?
  • お恥ずかしい話ですがコンクールに出場するに際し、私は費用の事など全く考えておりませんでした。。。。orz「コンペ? 何それ? え? 出てみたい!!! 」と言うのが私の思考回路。そこから娘が「やりたい」と言うまでにいろいろ創意工夫を凝らしましたが、「いくらかかるんだろう?? 」なんてまるっきり考えていませんでした・・・苦笑。結論から申し上げて、コンクールに出たければかなりの出費を覚悟する必要が [続きを読む]
  • 追加レッスンはおいくらですか。
  • 某大手ピアノ教室のグループレッスンからピアノを始めた娘。2年間ほどそこで仲睦まじく音楽の楽しさを学んでから、小学校1年生の時に今の先生の個人レッスンに切り替えた。その先生は同じ某大手ピアノ教室に属する先生で、その大手ピアノ教室のシステムの下、「先生」と「生徒」と言う関係を今も尚続けている。レッスンは週に1回、(年間40回程度と決められているので休みが入ることもある)1レッスンは30分。個人のグレードに応 [続きを読む]
  • Hakujuホール
  • ハクジュホール施設情報↓300席収容のシューボックス型のホール。Hakujuホールを運営している白寿生科学研究所が、「音楽」や「心地の良い空間」は三原則の1つ、「心の健康」に貢献できるとの考えから設立。上質の音楽を心地の良い空間でお届けすることで、「健康のトータル・プロデュース」に貢献する事を目指しているそうです。その為、客席の椅子にこだわりがあり。個人的な所としては、参加したコンペでは舞台袖から出入 [続きを読む]
  • How to try コンペディション! 何から始めればいいの?
  • さて、ピアノのコンクールと言うものが何かわかった。(わかってない人はコチラ)やらせてみたいんだけど、何から始めればいいの????そんな方の為の今回の記事です。まずはズバリ!今習っている先生に、「コンペに出てみたいです」と申し上げてみよう。私も後から知ったのだけど、実はコンペに対応出来る先生と出来ない先生というものが存在する。私は先生なら誰でもコンペに出る指導が出来るものだと勝手に思ってい [続きを読む]
  • 汐留ベヒシュタイン サロン
  • 汐留ベヒシュタイン・サロン | ユーロピアノ株式会社施設情報↓80席収容出来るホール。とても綺麗な作りで新しい感じ。とあるコンペ会場として使用したが、舞台袖らしい舞台袖がなく、エントリー者全員が中の客席で待機する形式だった。素人の個人的主観↓意図していたわけではないのだが、国産のピアノばかりを使って練習して来ていた娘。ここで初めて、「なんか違う感じがした。鍵盤が小さい気がして弾きにくかった。しか [続きを読む]
  • コンペ? 何それおいしいの? ってか、結局なんなの?
  • コンクール、又の名をコンペディション、略してコンペ。ピアノって「発表会」と銘打ったお教室での披露の場だけかと思いきや、演奏したものをピアノを専門に生きてきた先生方に評価して貰い、点数をつける場があるんだって知っていました・・・?それが「コンペディション」です。私がそれを聞いてふとイメージしたのはフィギュアの世界。勿論ピアノは大技があるとか曲の中で自由に踊るとかはないのですが、一生懸命練習して [続きを読む]
  • コンクールに出る子はみんな生ピアノか?!
  • ピアノを習うご家庭の永遠のテーマですね。家に置くピアノ問題。ピアノのお教室、先生、全ての方が口をそろえて言います。「生ピアノが良いです」と。わかってますわかってます。十分わかった上で、それでも電子ピアノしかおけない人はどうしましょうという話です。それでも、未だかつて、「電子ピアノの方がいいですよ」なーんて人に出会ったことがありません。当たり前ですね。ピアノはあくまでピアノ。「電子ピアノ教 [続きを読む]
  • 必携! コンペに持参すべきマストアイテム!!!
  • 3年ほど前から娘がコンクールに出るようになり、全く無知の異世界だったコンペの事が、数々の失敗を乗り越えた事で、少しだけわかるようになってきました。そんな失敗を重ねた上でRoroが感じた個人的なコンペへの必携アイテムをいくつかご紹介します。参加票やドレス、足台や楽譜など必須アイテムは先生や各会場とご相談下さい。その上で、「これがあった方が良いぞ」という物をお話します。まず第一に・・・アームウォーマ [続きを読む]
  • 船橋市 勤労市民センター ホール
  • 船橋市勤労市民センター|千葉県船橋市|会議室|展示室|ホール|音楽室|和室|茶室|レクリェーション・ルーム|トレーニング・ルーム施設情報↓簡単に言ってしまえば、市民会館。学芸会やちょっとした出し物のホールではあるけれど、音楽に特化したり、響きを重視したりはしていない。建物自体も古い。その為雑な指使いで演奏をすると、そのままガツンガツンとした音が響く。ここで滑らかな演奏や優しい、繊細な音色を出 [続きを読む]
  • 浜離宮朝日ホール 音楽ホール
  • 浜離宮朝日ホール|音楽ホール|概要公式HPより抜粋↓世界でも最も響きが美しいホールの1つと評価されるシューボックス型(靴箱のような立方体)の室内楽ホール。米国音響学会によって1996年に「Excellent」の評価を頂く程、最高品質を誇ります。弱音による繊細な演奏をすべての座席で満喫できるホールとして知られています。素人の個人的主観↓プロの演奏を聴くには最高のホールでしょうが、コンペとして挑むのは丸裸にさ [続きを読む]
  • 自己紹介
  • 娘のごくごく平凡な経歴。4歳5ヶ月で某大手音楽教室に入会。2年間そこのグループレッスンカリキュラムをこなした後、同じ大手音楽教室付属の個人レッスンへ移動(6歳5ヶ月)。以来、その個人レッスンにて毎週30分のレッスンを受ける。現在に至るまで先生のチェンジ歴はなし。8歳8ヶ月の時に初めてコンクールにトライ。以来毎年何らかのコンクールにトライして日々勉強を重ねる。音大やピアニストを目指す予定はな [続きを読む]
  • コンペまであとちょっと!
  • 先日、コンペの参加票が送信されてきて、その件で先生にラインしました。先週は祝日に被っていたのでレッスンはお休み。前回のレッスンから14日間を空けて最後のレッスンをしたら、3日後に本番です。様々な方のブログを拝見しているとコンペ前は割りと追い込みというか、直前レッスン的なものが開かれているように思うのですが、我が子はあまりそういうことがなく。。。今回もフツーにレッスン通りのスケジュール以外の追加はあり [続きを読む]
  • 練習録・その①。
  • コンペ後、初レッスン。個評を見た先生が言ったのは、「(指摘を受けている所は)全部先生が言っている事だったね」との事だったそうです。えぇ、そうですね。。。orzファイナルまではこの日を含めてレッスンは4回。ってことで、今日もビデオを持って行く。だがしかし、この日の練習は発表会曲に終始。(ちなみに発表会まではこの日を含めて6回)発表会曲は今までの娘のイメージと違い、物凄く激しくて強い曲。それでも通常発表会 [続きを読む]
  • やりたくないなら辞めればいい。
  • 娘のピアノの話。先日ブルグミュラーコンクールを終えて、やっとコンペ曲から解放された娘。かと思いきや、実はそうじゃないんですよね。先生はあまり良い顔をしないのですが、時間的な事もあって予選曲でファイナルも進もうと思っています。のでファイナルまではコンペ曲からは解放されないし、12月の発表会でもその曲を弾くことになっているので、もう後2ヶ月くらいは向き合わなくてはいけません。が、娘のやる気がまじ半端ない [続きを読む]
  • ブルグミュラーコンクール2016東京大会!
  • ブルグミュラーコンクール2016東京大会!今年度1発目。日程の事しか考えないで汐留の「ベヒシュタインサロン」を選択。物凄く当たり前だけど、ピアノはベヒシュタインだった(゜ロ゜)弾き終わり、「けんばんがなんか小さかった」「ちゃんとひいてるのに音がこもるんだよ! 」と物凄く不機嫌な娘。「あー、ヤマハとかと違ってベヒシュタインはドイツ製だから、いつもより押し込まないと音が出ないんだよね」と先生。先に言ってよ( [続きを読む]
  • コンペ見学。
  • 次回出る予定のコンペの見学に行って来ました。娘はグレンツェンピアノコンクールにしか出たことがなく、従って浜離宮朝日ホールでしか弾いたことがない。「コンペ=浜離宮」というイコールが成り立っている娘。今回のコンペは上まで行けないとそういう舞台で弾く事は出来ません。事前に説明はしたけど、イマイチわかっているのか不安が残ります・苦笑。伺った先はピアノサロン。こじんまりした感じのアットホームなコンペでした。 [続きを読む]
  • ピアノマラソンコンサート2016!
  • 先週末、住んでいる地域の近くで、ピアノマラソンコンサートがありました。参加者が順番に弾いていくというもので、スタンウェイのグランドピアノをホールで弾ける絶好のチャンス!って事で参戦。実は数年前にこのピアノマラソン第1回目にも参加した事があるのですが、その時に比べて物凄く本格的になっていました。初回はホールの客席ガラガラだったのに、今年は割りと埋まっていた!娘には「ホール練習だと思えばいいよ」なん [続きを読む]
  • 過去の記事 …