ミツシマ さん プロフィール

  •  
ミツシマさん: eta10am
ハンドル名ミツシマ さん
ブログタイトルeta10am
ブログURLhttp://eta10am.ml/
サイト紹介文そこそこ長く生きているIT技術者ミツシマの日常とか過去帳を、絵日記ライクに開帳してます。
自由文ミツシマについて:
いわゆるIT技術者の範囲内で色々な職種を経験。
具体的には地下室で軟禁状態とか、プチプチを布団代わりに床で仮眠とか、サーバー群一斉ダウンとか。
そんなドキドキのイベントが体験できるお仕事を経験済み。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供29回 / 56日(平均3.6回/週) - 参加 2017/07/19 14:38

ミツシマ さんのブログ記事

  • 期待の新人、潰すか育てるか、という話
  • 今年の夏は概ね涼しくて、熱帯夜も夏ばても未経験のまま秋を迎えてしまいました。個人的には助かるけれど、農作物とか色々心配ですな。雹も降ったし。というわけで、秋なので、秋の転職シーズン(?)が到来しました。あながち冗談でもなく、9月になると求人件数が増えるそうな。で。転職者が増えるということは、各所で「新人さん」が登場するわけですがね。今回はそんな人々にまつわる、新人教育担当者側のお話です。育てる文化 [続きを読む]
  • 技術レベルの今昔という話 その2
  • これは先月書いた「技術レベルの今昔という話」の続きのような話です。昨今忙しすぎて、中々記事を書いてる(というよりも絵を描いている)時間が取れないんですが、まあ、時々書いてますんで、おつきあいくだされ。というわけで、わたくしミツシマが昨今の忙しさの中で思うことを書いてみようかなと思います。いっそ笑って済ませてしまいたいくらい、途方にくれるレベルの自称エンジニアさんがいるんだまず。ここで取り扱うのは「 [続きを読む]
  • モンスターユーザーに反撃した話
  • 今年は涼しいままで夏終了かと思ったら、暑さが戻ってきた。ああ、勘弁してくれないかなあ。というわけで、今日は「勘弁して欲しいなあ」という人々に関するお話です。情シスだけブラック化するという話をもう少し掘り下げる以前の記事でも書いたんですが、会社全体で見ればホワイト企業であっても、情シス部署のみブラック化しやすい傾向があります。何故って、そりゃ、あんた、外回りから帰ってきた営業サン達がねえ。こんな事を [続きを読む]
  • 技術レベルの今昔という話
  • この数年で特に思うことを、ちょっと書いてみようかな。わたくしミツシマがIT業界に入った頃と、現在で、ちょっと違いが出てきたのではないかな、という話です。率直に言うと、業界平均レベルが年々落ちてるんじゃネエかという話です。裾野を広げた代償かなあIT業界におきましては、どこへ行っても、何の仕事でもエンジニア不足と言われています。なので、ITエンジニア系の求人広告を見ると「一から教えます」的な文言で、未経験 [続きを読む]
  • 今年の怪談話(IT仕事という意味で)
  • さて、昨今涼しい日々が続いております。お盆の真っ只中、いかがお過ごしでしょうか。時期柄という訳でも無いのですが、個人的な怪談を書いておこうと思います。他人事なら笑い話なんださてと。先月、ITMediaでこんな面白いニュース記事がありました。共感しかない「上司のパソコンにまだイルカがいたでござる」 現代の「あるある」を浮世絵風に描くシリーズがクセになるシュールさ - ねとらぼ https://t.co/hFSoa4Mn4Z @itm_nlab [続きを読む]
  • 面接時の服装(面接官側)を見て、空気を察する話
  • 世間には面接される側(就職活動中の人々)の、面接時の服装に関する記事が沢山あります。でも面接官側に関するネタは少なそうだな、というわけで、今日は面接官側の服装観察メモをお送りします。これも一つの情報収集源です通常、転職活動の際、企業情報を知る手段はとても限られています。募集要項や当該会社のWebサイトに口コミサイト、そして現職の方々の発信情報(とくにSNS)といったものが主な情報源ですかね。現場の人から [続きを読む]
  • 「すのこ」で熱暴走対策ができる話(主にNotePC)
  • 連日あっついですねえ。あまりに暑いので、季節柄の熱暴走ネタをちょっと書いてみようかな。ご家庭のPCにも応用できます。100円ショップの小型スノコという裏技昔は会社のPCといえばデスクトップが当たり前だったんですが、今ではNotePCに席巻されております。ペーパーレス時代の昨今、会議にNotePCを持ち込むのは当たり前の時代になりましたからねえ。あとは、自分の作業環境を抱えてどこにでも移動できるというのはいいですな。 [続きを読む]
  • リアルな炎上体験という話(主にPC機器)
  • 夏なので(?)暑い話を一つ。むしろ熱いというか、発火ネタ。PCが煙を吹いて炎上したという話です。リアル炎上に遭遇すること数回ネット界隈をざっくり検索してみると、そこそこ居るようなので、それほど珍しい話ではないはずなんですが。ただ「やらかした」頃の会社以外のところでは、非常に珍しがられる上に同僚から同様の話は聞いた事も無いので。よくあることではないようです。でも、一時期ちょいちょい炎上してたんだー(笑 [続きを読む]
  • PCの蓋を開けるという重労働の話
  • 昨今こういう事態に陥ることが無いので、メーカー側で改善したんだろうな、と思い立ち。今日はPCの蓋と腕力勝負に関する話でお送りします。蓋を開けるだけで「終了」気分になる日今の時代、こういう事はあまり発生しないと思いますがね。そもそもデスクトップPCの蓋を開ける機会がほとんど無い時代だし。わたくしミツシマが二十代だった頃に勤めていたソフト開発会社の納品時には、PC機器をあわせて導入することが多く、納品設置+ [続きを読む]
  • 疲労困憊時のお食事の話
  • どんな仕事でも、繁忙期で大変な時期があったりします。疲れて辛いですよね。そんな辛い日々の最中は「食事の時間だけが楽しみだ」という人がいました。こういう人は、結構多いんじゃないかな。今回は、そういう楽しみすら奪われた(笑)状況下でのお話です。お食事注意。食べたら寝るで。気分的には「食べたら死ぬで」に等しい訳です。何故って、そもそもが納期直前で一瞬の余裕も無い事態だから。さて、わたくしミツシマが陥った [続きを読む]
  • HDD廃棄のちょっとした思い出の話
  • さてと。今日はHDD廃棄について書こうかなと思います。やるなら微細に根気良くね大抵の企業の場合、社内のクライアントPCはレンタル品なので、レンタル期間終了後はリプレイスになります。なので、HDDのデータを抹消して、レンタル業者さんへ返却するという手順になります。買取PCだった場合は、やはりHDD抹消を行い、PCリサイクルの廃棄フローに乗せて所定の手続きを行い、廃棄業者に引き取って貰うことになりますがね。このHDD抹 [続きを読む]
  • 「ちょっと子供がね、てへ、ペロ」ごとに信頼関係が崩れるケースの件
  • 昨今は男女の区別無くこういう事があるので、グレーゾーンの話題ではあるけれど、ちょっと思うところを書いてみようかな。子供の病気をだしにして、突然休む人たちの話です。グレーゾーンの連発は、自分だけではなく、周囲の子持ち組の立場も悪くするんだぞIT業界を転々と渡り歩いているわたくしミツシマですが、単なる偶然なのか、それともIT業界のカルチャーなのかはわからないけれど、育児に関して有給の取りやすい環境が大半で [続きを読む]
  • 人質サポート対応という話
  • 昨今、時々耳にする「人質司法」という用語がありまして。意味は、Wikipediaから抜粋すると以下のとおりです。身柄の長期拘束によって、自白や警察や検察の意に沿った供述を得ようとしているものとして、検察庁や裁判所、あるいは現行司法制度の実態を説明する際に用いられる言葉である。ポイントは、「長期の拘束」によって「拘束する側に都合のいい結果」を引き出そうとするところ。さて、今日はこの人質司法ならぬ人質サポート [続きを読む]
  • 転職活動今昔という話
  • さて。今回は、先週結構話題になったブログの記事を元ネタにして書いてみようかなと思います。つまり、これ↓。(もう読んだよ、という人も結構居るんじゃないかなあ)「最近の若い奴はすぐ辞める」オッサン達のヤバい勘違いの話。 昔は全てが紙ベースだったんだまず、元ネタのブログは、だいたいこんな感じの事が書いてあります。・最近の若者がすぐ会社をやめる理由は、スマホという情報交換デバイスが発達した事による。  → [続きを読む]
  • フロッピーディスクのサイズは3つあったんだという話
  • 先日。Twitterにて #インターネット老人会 がトレンドになっている事を知り、1 tweetだけ参加してきました。老人会かあ...まあ、分野が分野なので老人会で正しいんだなあ...としみじみしてしまいましたが。さて、今回はそんな昔懐かし系のお話です。昔は規格が沢山ありすぎて、全然ユニバーサル(いつでもどこでも)な感じじゃなかった今から思い返すと...という事なんですが、わたくしミツシマが若かりし頃。今よりずっとPC機器は [続きを読む]
  • パスワードを変更してもセキュリティレベルが上がらない件
  • 夏なので、学生さんは夏休み。そしてお仕事を持つ皆さんも夏休みの季節なので、長期休暇に備えて色々促されてるかと思います。とりあえず、パスワード期限切れが近いユーザーさんには、パスワード変更を促しておく、とかね。というわけで、今回はパスワードにまつわる微妙な話をお送りします。たしかに体裁はストロング パスワードなんですがーさてと。パスワードですが、会社のPCの場合、きちんとシステム管理者が設定していれば [続きを読む]
  • 初出社後に気づく困った事情の件
  • 転職は「ご縁」があっての賜物です。ご縁があるから縁続きになる訳ですが、そのご縁が良縁なのか地雷なのかは、入ってみないと分からない。というわけで、今回は転職にまつわるお話です。遠くから暖かく見守る他部署の人々、という微妙な空気結構な転職回数を誇る(笑)わたくしミツシマですが、良いご縁ばかりでもなく。地雷を踏んだようなヤバい転職先にも遭遇しました。でも、面接時にそんな気配は無かったんですよ?面接で見抜 [続きを読む]
  • ロールモデルが居なかった世代なんだ、という話
  • つまり、わたくしミツツシマくらいから上の女性エンジニア世代の話です。そもそも同性の先輩が居なかった世代なんだーさて。そこそこ長く生きているワタクシですが、同世代の同業者に遭遇することが「あまりありません」です。まあ、ワタクシの行動範囲が狭いだけかもしれませんが、相対的に女性エンジニアの数は少ないですな。大所帯のIT系企業に行けば、勿論女性の人数は増えますが、それにしたっても、比率として五割を超えるこ [続きを読む]
  • LANケーブルの爪が折れた場合の対処の話
  • ケーブル話が続いておりますが、もいっちょ連投しておこうかな。LANケーブルのいわゆるツメ(ラッチ)が折れた場合の話です。折れたら終いやないでー昨今は会社にネットワークなんぞ当たり前の時代なので、LANケーブルもかなり一般化したようですが。LANケーブルに付き物の、些細だけれど重大な事故。それは「ツメ(ラッチ)の破損」です。折れても使えなくは無いけれど、PC側LANコネクタ部分からいつ抜けるかわからないので、危な [続きを読む]
  • IT女子の服装の話(たまにはスカートはきたいという話)
  • 暑いですなあ。暑いときは涼しい服装でしのぐのがベストプラクティスってワケですが。今日は仕事着の話でいきますよ。利便性と実用性を優先せざるを得ない職務さてと。わたくしミツシマの場合、エンジニア稼業を始めて以降ドレスコードのゆるい所に多くあたったので、男性はジーンズにTシャツ(冬はフリースやネルシャツ)が大半でした。じゃあ女性は、という所です。これは職務内容による。終日座り込んでいる開発プログラマや、 [続きを読む]
  • LANケーブル自作できますということが、案外希少価値だったという話
  • LANケーブルネタでもういっちょ行っとくか。いわゆる現在のところ一般的に知られるRJ-45コネクタタイプのLANケーブルですが、今のところカテゴリは、えーと 7 が一番高いのか。詳しく知りたい方は、たとえば下記エレコム公式サイトの情報を参照していただけえるとよいかと思いますがね。LANケーブル: ELECOMカテゴリの数値が高いほど、規格が新しく、性能もよく、通信速度も上がります。勿論、新しい規格のものほど値段も高額にな [続きを読む]
  • IT業界での手書き履歴書は絶滅危惧種レベルですがね、という件
  • あれっ、他の業界ではまだあるんだ?むしろ今でも新卒の就活時には必須アイテム?えー?イマドキってWebエントリー盛んだよね??と思ってささっと調べてみたところ、まだまだ生きてるんだ(^^; へえ...というわけで、今回はちょっと手書き履歴書について思うところを書いてみようかなと思います。手書き履歴書はスポ根精神旺盛なワカモノでなければ無理だと思うね。実のところ、IT業界は手書き履歴書からいち早く離脱したので、わ [続きを読む]
  • 遠かりし10base-2 and 10base-5
  • 先日、ラジオ番組で聞いた事。昨今「同軸ケーブル」と言って意味が通じない人が増えたそうで。でも、テレビのケーブルは同軸ケーブルだよね、とツッコミが入っていたんですが、まあ、ピンと来ないだろうねえ。そんな調子だから、当然LANケーブルが同軸ケーブルだった時代なんて、昨今のナウでヤングな(←死語)若い世代のエンジニアには通じないんだろうなぁ〜と思ったら、実際通じませんでした。というわけで、ちょっと古き良き [続きを読む]
  • これ、年を食うと使える高度な裏技(?)ではないんだ、というはなし
  • あっついなあ。関東地方の梅雨明けってまだだよね?連日の真夏日に体がついてゆかないワタクシですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。わたしゃぶっちゃけ体調くずしてふらっふら(笑さて、業界に限らず、職場には一人や二人の不健康自慢さんが居ると思いますが、私の知る限りのIT業界はそんな人ばっかりです。健康診断で「ひっかかる」事がステータスとなている会社とか、俺の方が病んでいると言わんばかりの病状報告会(という雑 [続きを読む]
  • プログラマ30歳(35歳)引退説を思い出したあの件
  • これはこの数年内に遭遇した出来事です。このブログのAboutからも察しがつくように、まあ、ご他聞のもれずワタクシもこの問題に直面しております。IT技術職というお仕事の中で、どういう具合に「それ」が到来するのか、ちょっとメモしておこうかな、と。「それ」っつーのは、つまりアレです。「老眼」のこってす。はじまりは「豚汁事故」いわゆる社内情報システム部にて、デスクトップ系を担当していた頃のお話です。ある朝、出社 [続きを読む]