ころすけ さん プロフィール

  •  
ころすけさん: ころすけのお金のお話
ハンドル名ころすけ さん
ブログタイトルころすけのお金のお話
ブログURLhttp://investment777.hatenablog.jp/
サイト紹介文投資関連の記録です。。 資産形成を行っている方々と情報共有したいと思っております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供219回 / 273日(平均5.6回/週) - 参加 2017/07/19 15:18

ころすけ さんのブログ記事

  • 【インドが成長する理由】いざ向かうは世界最大の人口大国
  • インドが中長期的な投資において、有望だといえる理由の1つとして、人口増加のメリットは外せません。国の短期的な景気動向を見るうえでは、人口動態は大きな要素となりませんが、中長期的な経済成長を考える上では極めて重要な意味を持ちます。人口ボーナスがもたらすメリット・デメリット経済発展の未熟な新興国において、人口ボーナスというのは良いことばかりではありません。多くの人口を抱えながら、生産力や資本の蓄積が乏 [続きを読む]
  • 【インドが成長する理由】住宅需要拡大 -家を全ての人へ-
  • 住宅需要拡大インドにおいて、中産階級は住宅需要の拡大に貢献しています。もともとインドでは、多くの世帯が密集する都市部を中心に住宅が圧倒的に不足していたのです。家を買いたくても建設が追いつかず、望んでいるのに手に入らないという状況なのです。人口ボーナスのビッグウェーブ人口の増加により、急増している住宅難民。これは住宅整備が需要に追いつかず整備が遅れたことが原因です。モディ政権以前は財政事情が厳しく、 [続きを読む]
  • 相場考察
  • 今月の相場考察 今月の相場考察 日本市場 景気加速はスローペース 米国市場 経済失速?トランプ政権の行方は 米中貿易摩擦で殴り合い開始 欧州市場 経済は賃金上昇が鍵か 新興国市場 ブラ [続きを読む]
  • 【インドが成長する理由】消費力がマーケットを拡大させる原動力
  • インドという大国が大きく成長していくのには、国民がお金を使い、内需の経済を回していかなければなりません。現在、富裕層や中産階級が台頭してきており、それがパワー源となり持続的な消費拡大に向かっています。留まるところを知らない消費マーケット動向に注目すれば、成長への道がハッキリと見えてきます。 インド富裕層の年収 増え続けるスマートフォン 中国に負けない白物家電爆買い [続きを読む]
  • 【インドが成長する理由】新興国は政治の安定性が肝
  • 新興国というと、どんなイメージでしょうか。貧富の差が激しい。衛星環境が悪い。戦争、内紛が絶えない。クーデターやデモが頻繁に起こる。などなど、様々な事が考えられると思います。さて、インドについてのイメージはどんなイメージでしょうか。日本人には、まだまだ古いイメージが定着したままです。なぜ、インドについて注目するのか。その理由を説明すれば、少しはイメージが変わりますかね。政治が安定していることによる恩 [続きを読む]
  • 【新興国投資戦略】長期投資におけるインドの存在感
  • これは、銀の窪みに水を落として、細い音色を奏でるインド古来の楽器"アサオ・キッターラ・オハギャ"です。嘘です。さて、過去にリーマンショックという世界不況に直面し、各国は軒並み不景気となりました。それからというもの、先進国・新興国共に協調しながら様々な景気対策を打ち出しました。この時、BRICsの中でも中国とインドは迅速に対応し、経済不況から真っ先に抜け出す事に成功します。それには理由がありました。 イ [続きを読む]
  • 【新興国投資戦略】リーマンショックにより分裂したBRICs
  • かつて新興国ブームを巻き起こしたBRICsは、2003年に誕生しました。当時、新興国の成長は著しく、特にパワフルだったこの4国を総称としてこの名で呼んだのです。現在、この4国は《中国・インド》と《ブラジル・ロシア》の2グループに分けて考えられています。それは一体どういうことなのか。今回はそれぞれを簡単に説明していきます。リーマンショックにより分裂したBRICs2000年から約7年間続いた好景気は、米国のサブプライムロー [続きを読む]
  • 【株式投資を始める方へ -参-】
  • 株式市場にはそれぞれフィールドが存在します。東京証券取引所は、日本最大級の証券取引所です。私たちが耳にしたことのある国内の企業は、この東京証券取引所に上場しているのです。東京証券取引所東京証券取引所は、日本国内で一番大きな証券取引所のことを指します。ニューヨーク、ロンドンと並び世界三大証券取引所の一つとされています。東証の中でも特に基準の厳しい東証一部に上場すると、資金調達力のアップやブランド力、 [続きを読む]
  • 2018年 〜春〜 今年の相場はどのような季節になるのだろうか
  • 今年も桜の綺麗な季節となりました。まもなく私が株式投資を始めて、1年が経とうとしています。振り返れば2017年前半はとても好調な相場環境にあった為、誰もが悲観的にならずに笑顔が溢れる相場だったのかなという雰囲気を感じています。素人の投資初心者の輩が何言ってやがると思う方もいらっしゃるでしょうが少なからず、私はこの上昇相場の恩恵を受けた個人投資家の1人です。2018年の年明けから急落する場面や、不安なニュース [続きを読む]
  • 【株式投資を始める方へ -零-】株式投資における未来
  • 株式投資を始めてみませんか人生においてプラスしかない株式投資を行うということは、各企業の経営や、業績などを調べ、それを見極めるという事になります。それは、各企業の強みや弱みを知ること。ということは、企業間の競争関係や、業種毎の"今"を知るということ。それらは、生きていく上でとても有利なこととなります。株式投資は新たな世界を見せてくれる学生にとっては就職活動において正しい判断が出来るし社会人にとっても [続きを読む]
  • 【無知は地獄へまっしぐら】人生も投資も自己責任です
  • FUCK YOUぶち殺すぞ ゴミめら…お前たちは皆 大きく見誤っているこの世の実体が見えていないまるで3歳か4歳の幼児のようにこの世を自分中心求めれば周りが右往左往して世話を焼いてくれるそんな風にまだ考えてやがるんだ臆面もなく…甘えを捨てろ出典:賭博黙示録カイジ -利根川幸雄-さすが利根川さん。いつも真理を突いた言葉で私たちに気付きを与えてくれます。いつまでもいつまでも、誰かに助けを求めれば全て解決すると甘い考え [続きを読む]
  • 【金融危機に備えよ】大企業が倒産する可能性を想定しておく
  • 資本主義市場という名の下、世界の株式市場はアップダウンを繰り返しながら、概ね右肩上がりに進んでいきます。高騰し、大きく下落し、人々はそれに興奮し、悲観し、過ちなどを繰り返しながら欲望の経済は成長を続けていきます。近年、2008年のリーマンショック以降 大規模な金融危機は起きていません。そのため、暴落が来たら買い向かうと宣言している個人投資家の方々も結構いらっしゃいます。ですが今一度、リスクの確認をして [続きを読む]
  • 【ころすけファンド】愛称:奇天烈斎(キテレツ) 2018/03
  • ポーーーーーーーーーン彼の朝は早い。几帳面な彼。朝起きてからの行動はいつも決まっている。6時には目を覚まし、NYの相場をチェック。唇を噛み締めてよし。今日も良いおはぎゃぁ。そう心の中で静かに叫び、ヤカンで沸かした白湯を一口啜る。熱い。ヤケド。リビングに行きラジオをON聴こえてくる音楽に身を任せながら全力で歯磨き。歯が摩耗してしまうのではないか。そんな事を思っていた矢先に、次は日経平均先物をチェック。ニ [続きを読む]
  • 【インドの中心でITが捗る】世界の企業がバンガロールに進出する理由
  • 人口13億人の巨大マーケットであるインド市場。 なかでも、南インドに位置するインド有数のハイテク都市"バンガロール"このバンガロールには多くのグローバル企業が進出をしています。 特に目立つのが米国IT企業の多くで、戦略拠点にしているほど。それには理由があって、インドに研究開発拠点などを置き、社内の人材や資金を投資して、インドから世界へイノベーションを生み出していくグローバル戦略拠点にしようと目論んでいるか [続きを読む]
  • 【友人たちへ】伝えておきたいこと
  • 漠然と伝えたいこと資本主義の世に生きている僕たちは、資本を持つことを知らないまま生きてきてしまった。 何となく働いてお金を稼いで、とりあえず何とかなると思って生きてきた。 適当に生きてきた訳じゃない。 だから将来を考えて、僕たちのほとんどが大手企業に入社した。 己の肉体のみを酷使して、労働者として必死に生きてきたんだ。 色々あったりしたけれど、今はみんなちゃんと働いているんだ。 だからこそ。だからこそ、 [続きを読む]
  • 【INFY】Infosysはインドを支える優良企業
  • Infosysは、世界最大規模のソフトウェア企業の一つで、コンサルティング、テクノロジー、アウトソーシングと、次世代サービスのグローバルリーダーです。インドから世界に躍進した企業のひとつでもあります。多くの素晴らしい技術者が揃っており、 NYナスダックへの株式上場や、自社全従業員へのストックオプションの提供など、インドでは今までになかった理念で成長してきました。そんな素晴らしいInfosysを少しご紹介。 Infos [続きを読む]
  • 【最悪のシミュレーションを】最悪を先取りしておく重要性
  • 最悪のケースを想定しておけば、急落した際に慌てずに済むはずです。本当の最悪を想定せず、甘い事を考えているからリスクを取りすぎたり、急落した相場を見て慌ててしまうことになるのです。「想定よりも悪かった」という事を無くしてしまえば、下落急落暴落はウェルカムトゥザマーケットなのです。最悪のパターンを考えておくもし、相場が大暴落した時に自分の資産はどれぐらいになっているでしょうか。想像した事はあるでしょう [続きを読む]
  • 【2100年を考える】人口半分以下の日本はどうなるのか
  • 日本の人口は減っていく一方。人口減少による問題は、国全体を脅かす問題です。年金や医療問題、社会保障などにわたる難しい問題がたくさん山積みな状態。人生100年時代ということは、今年産まれた子供達が2100年という時代を生きているということ。そこには、あまりに残酷で恐ろしい事実ばかりがあります。 高齢化が止まらない日本 人口減少がもたらす問題 大きな問題の山 ①縮小するマーケ [続きを読む]
  • 【コンテナ革命】「便利」の先に待っているもの
  • 時代、業界、関係なく人々は常に便利なモノを追い求めます。「より良く」「より便利に」「みんなが幸せに」ビジネスというのは、そういった顧客ニーズに応えるために技術開発、設備投資、試行錯誤などを繰り返すことで、今より新しいモノを産み出していきます。多くの場合、1社のみで顧客ニーズを最初から最後まで全てを満たすことができません。そのため、それぞれの得意分野に特化した企業同士が連携して複雑な連携を構築します [続きを読む]
  • 相場考察
  • 今月の相場考察世界の景気は堅調に推移していますが、米国長期金利か゛急上昇して米国株式か゛下落しました。2015年8月に起きたチャイナショックの時と同じ程度ではないかと言われていますが、引き続き注意か゛必要だと思われます。 今月の相場考察 日本市場 米国の金利に振り回される展開 米国市場 ブラックマンデーの再来か [続きを読む]