ニンニン さん プロフィール

  •  
ニンニンさん: 男の妊活塾
ハンドル名ニンニン さん
ブログタイトル男の妊活塾
ブログURLhttp://otokononinkatsu.com/
サイト紹介文妊活男性向け情報を集めてみました。自然妊娠から不妊治療、ED、元氣な精子を作るために出来ることなど。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供39回 / 41日(平均6.7回/週) - 参加 2017/07/20 11:35

ニンニン さんのブログ記事

  • 妊娠確率を上げるための射精後の姿勢ってあるの?
  • 妊娠率を上げる射精後の姿勢少しでも妊娠率を上げるために射精後の姿勢を工夫したいと努力している妊活夫婦もいらっしゃるだろう。 男性のペニスから女性の膣内に放たれた精子は過酷な環境の中を泳いで卵管内の受精をする場所、卵管膨大部までたどり着く必要があります。 だから少しでも精子の動きを助けるために姿勢の工夫で何とかなるならやってみたいというのが心情です。 中には精子が漏れるのを防ぐために膣をギュッと閉めて [続きを読む]
  • パートナーによる膣、会陰マッサージの感想
  • 膣、会陰マッサージの効果と疑問膣や会陰のマッサージは色々な効果があり、さらにパートナーである男性がしてあげることで精神的な満足感が高まるという。 いいことがいっぱいあるようだけど、男性としては不安やちょっとした疑問もわいてくる。 そこで現在定期的に膣と会陰のオイルマッサージに取り組んでいる経験を踏まえて、男性が感じるであろう疑問に答えてみます。 目次勃ってしまわないのか膣を傷つけてしまわないのかどれ [続きを読む]
  • 会陰マッサージは妊娠前からするとより効果的
  • 会陰のマッサージは切開を避けるのに効果を発揮する妊婦さんは妊娠8か月を過ぎたあたりから出産に向けた準備を始めます。 服やベビーベッド、おむつなど必要なものを買いそろえたり、名前を考えたり、色々とやることはあるけど、ここでいう準備は産むための体のケアのことです。 体のケア、それも赤ちゃんが生まれてくる部分についてのケア。 膣と肛門の間の数センチのところに「会陰」と言われる部分があります。 ここにオイルを [続きを読む]
  • 妊活男性ですが、プレッシャーを感じていなのはなぜだろう?
  • なぜか妊活のプレッシャーは感じません世の中、妊活をプレッシャーに感じる夫婦が多いようですが、私自身ほとんどプレッシャーを感じていません。 もちろん赤ちゃんを諦めているわけではありません。 「出来なければ仕方がない」とどこかで思いながら、それは本心ではないです。 きっと最高のタイミングで、授かるはずだと思っています。 だけど、私たち夫婦が不妊だとするとその原因を調べた方がいいと思うので来週不妊専門のクリ [続きを読む]
  • 妊娠しやすい状態を作るために 〜男性の禁欲がもたらす効果〜
  • 妊活において男性の禁欲は必要がないとされる理由は禁欲することによって精子が古くなるからである。 古くなった精子は受精する能力がなくなり、精液中に使えない精子の量が多いと元氣な精子の動きを邪魔することにもなりかねない。 1日か2日ごとに射精をしていれば常に生きのいい精子が射精精液中に満たされていることになる。 そのため妊活中は禁欲をせずに毎日あるいは2日ごとぐらいにセックスをした方が妊娠率が高まるとされて [続きを読む]
  • 男性が禁欲をした方が妊娠しやすい場合だってある
  • 妊娠を目指す夫婦にとって、男性が禁欲する方が妊娠しやすいのは本当だろうか?一般的な答えを言うと「禁欲をした方が妊娠しやすい」というのはうそになります。 「一般的」と表現したのが今回のミソで、最近の傾向にちょっとだけ反論し「禁欲した方が妊娠する確率が高くなる」ことだってあるという論理を展開してみたいと思う。 一昔前までは「毎日セックスをしていたら精子が薄くなり妊娠しにくくなる。だからある程度禁欲をした [続きを読む]
  • 精液検査を受けるときの禁欲期間の数え方は?
  • 禁欲期間どうやって数えたらいいの?本日のテーマは精液検査を受けるときや人工授精、体外受精のために採精する場合の禁欲期間の数え方です。 病院から「禁欲期間は〇日でお願いします」と指示されるけど、これってどうやって数えたらいいのでしょうか? 例えば火曜日が検査の場合、その前は日曜日に射精するのか土曜日に射精するのかで迷うことがあるようです。 病院で指示されて、その場で確認すればいいのだけど、その時は思い [続きを読む]
  • 妊活夫婦にとって男性禁欲期間はどれくらい必要なの?
  • 男性の禁欲期間が注目されるのはどんな時?妊活において男性の禁欲期間が注目されるのは人工授精か体外受精の採精前の期間です。 禁欲期間、つまりセックスをしないか、または自慰行為によって射精をしない期間をいうわけですが、人工授精か体外受精の前にはどのくらいの期間が必要なのでしょうか。 病院によっても指示はまちまちですが、たいてい2〜4日の禁欲期間の後、射精した精子を提出するよう求められます。 説は色々あって [続きを読む]
  • 妊娠希望の人!セックスの後精子が漏れるのは心配ですか?
  • セックスの後精子が漏れちゃったらどうしよう妊娠を希望している人は当然避妊をしないでセックスをします。 基礎体温をつけて、妊娠しやすい日をチェックしてその日にタイミングを合わせます。 普段から食生活にも気を使い、ストレスを溜めないようにして、睡眠不足にもならないよう体調を整えて赤ちゃんを授れるよう夫婦でできる限りの努力もするでしょう。 排卵日の2日前が一番妊娠しやすいっていうから、その日を含めて前後3日 [続きを読む]
  • 妊活に対して協力し合うパートナーシップの築き方 その3:家族親戚づきあい編
  • 将来「妊活に対する考え方が合わない」なんてことにならないために人生の中の一大事である「妊活」。 夫婦で協力して取り組むために、「日頃からパートナーとのコミュニケーションを円滑に図っておきましょう」というコンセプトでこのシリーズを書いています。 今回のテーマは「家族・親戚づきあい」です。 私たち夫婦はお互いの親や親戚との付き合いを結構楽しんでいます。 妻の父、私にとっての義理の父とは結婚する2年ぐらい前 [続きを読む]
  • 妊活に対して協力し合うパートナーシップの築き方 その3:家探し編
  • 将来「妊活に対する考え方が合わない」なんてことにならないために妊活って言うまでもないけど夫婦にとっては一大決心が必要になります。 どんな風に妊活を行うかによって、精神的にも肉体的にも経済的にも負担の程度は変わってくるけど、負担が重くなればなるほど夫婦で話し合って協力し合って取り組むことが大事になります。 元々考えが一緒だったり、話し合ってお互いの意見が合えば問題ないけど、意見が食い違ったり、どちらか [続きを読む]
  • 妊活に対して協力し合うパートナーシップの築き方 その3:結婚式準備
  • 将来「妊活に対する考え方が合わない」なんてことにならないために結婚は結婚式のためにするんじゃなくて2人とその周りの人たちが幸せになるためにするものです。 最近は結婚式をしない夫婦も増えているみたいだし、親族だけでこじんまりとする人も多いです。 結婚式より、その後の生活の方が大切だから、無理にする必要はありません。 だけど、今回この記事を書こうと思ったのは、結婚式を通して自分たちがどんな結婚生活を送って [続きを読む]
  • 妊活に対して協力し合うパートナーシップの築き方 その2:お金
  • 将来「妊活に対する考え方が合わない」なんてことにならないために妊活とお金の問題妊活ははっきり言ってお金がかかります。 一般的な不妊治療はまず検査を受けて、そのあと「タイミング法」→「人工授精」→「体外受精」と進みます。 ものすごく大雑把な計算だけど 不妊検査は1万円前後。 タイミング法は数千円。 人工授精は1回あたり2万円〜3万円 それを通常は5〜6回受けます。 そのあと体外受精に進むと1回あたり30〜50万円。 [続きを読む]
  • 妊活に対して協力し合うパートナーシップの築き方 その1:子供への接し方
  • 将来「妊活に対する考え方が合わない」なんてことにならないために①こんな風に「妊活の話し合い」が始まる 妊娠を望んでいてもなかなか子供ができないとあなたは「妊活」を意識し始めます。 すぐに「妊活サイト」を検索して知識や情報を手に入れるはず。 それをもとにして自分ひとりならすぐに行動に移すことができます。 検査を受けに行ったり、食生活を変えたり、サプリメントをとったり… だけど「妊活」はパートナーと2人3脚 [続きを読む]
  • ちつのトリセツ実践編 〜口にオイルを含んでも気持ち悪くないのか?〜
  • 男性にもできる「膣のトリセツ」実践編「ちつのトリセツ」カテゴリーに属するコンテンツも今回で13話目になりました。 書き始めた当初から最低20話は書きたいと思っていたので、近づいてきた感があります。 オイルケアには体を根本から改善する力があると思っているので文章にも自然と力が入ります。 トリセツには膣をケアすることでセックスに関することだけじゃなく、様々な体の不調が改善されることが紹介されています。 妊娠を [続きを読む]
  • ちつのトリセツ実践編 〜オイルは皮膚から吸収される〜
  • 男も「ちつのトリセツ」のご利益にあずかりたい「ちつのトリセツ」という本を参考に実際に妻の膣及び会陰マッサージを実践しています。 実際にマッサージを受けると気持ちいいらしく(セックスのそれとは異なります)、気づけば妻はいつも寝息を立てています。 受けているときに気持ちがいいだけじゃなくて次の日も体が温かくなるようです。 スーパーの総菜売り場に勤めているので冷蔵庫や冷凍庫の出入りの度に体が冷えるのです。 夏 [続きを読む]
  • 「ちつのトリセツ」実践報告 〜男性もやってみた〜
  • 「ちつのトリセツ」に書いてあることを実施してみました女性には10個の穴があるけど、男性には9つしかありません。 しかも肝心の膣がない! 膣はセンターを貫き、体の奥に入ることができる。 体の奥に入れるから内臓にも影響を与えやすい。 奥が深いからかなり広範囲にわたってマッサージができる。 中指の長さ分は充分に入れるわけです。 そんな立派な穴は男にはありません。 仕方がないので男の人はそれ以外の穴をケアすることに [続きを読む]
  • 月の満ち欠けを生活に取り入れる具体的な方法
  • 今回も月の満ち欠けに関する記事月の満ち欠けがそんなに重要? ただ単に月と太陽と地球の位置関係によって月が満ちたり欠けたりする。 それだけのことなのになんで人間の生理現象や生活のリズムにまで影響するんだろうか? 照明がなかった時代なら月明かりによって夜の移動や夜なべなどに影響したことは大きく理解できる。 新月の夜、闇夜に紛れて色々なことを企んだ人もいるだろう。 命のやり取りが日常的に行われていた時代、あ [続きを読む]
  • 月の満ち欠けのリズムを生活に取り入れる 〜男性にもお勧め〜
  • 出産だけじゃない!月の満ち欠けが私たちの体や心に与える影響前回「月の満ち欠けと出産との関係」を書きました。 月が一直線に並ぶ、新月と満月の前後は月と太陽の引力が強く働くためか、ほかの日と比べて約10%高くなるのです。 人間以外の生物を見ても、満月や新月の日に産卵や出産をするものがたくさんいます。 出産に限らず、地球上の生命はみな月の影響を受けて生命活動を営んでいます。 それが顕著に表れているのが女性の月 [続きを読む]
  • 満月や新月の日は出産が多い! 〜月の満ち欠けと出産との関係〜
  • 満月や新月の日に出産が多いって本当?いきなり結論ですが、「満月や新月の日に出産が多い」のは本当です。 現場の医師の助産師さんがそれを実感しているし、統計的には満月や新月とその前後はそれ以外の日に比べて10%も出産が多いのです。 月の光が地球上の生命に大きな影響を与えているのは周知の事実。 ウミガメや珊瑚などが満月かその反対の新月とその前後に産卵するのは有名です。 生命の神秘とか不思議さとか感じますが、こ [続きを読む]
  • たばこの甘いフィルターが禁煙を難しくしている
  • たばこをやめられない理由はニコチンより砂糖だったたばこの前にちょっと違う話をします。 甘いものってなかなかやめられないものです。 甘いものは人を幸せにします。 ケーキやパフェ、クッキーやチョコレートを食べているときに怒っている人ってあんまりいない。 デザートを食べようとするだけで幸せな気分になります。 「デザートは別腹」とはよく言ったものですね。 言い訳にしか聞こえないけど、実際食事で満腹になった後、デ [続きを読む]
  • 飲んでしまった! 妊娠初期のアルコールの影響
  • 妊娠超初期の妊婦のアルコール摂取は心配しなくていい?妊婦のアルコール摂取が胎児に影響することはよく知られています。 だけど、妊娠が分かるのは1か月とか2か月、3か月。遅い人は4か月過ぎてから分かることもあります。 だからアルコールを摂取する習慣のある人が妊娠が分かってから慌ててネットで調べたり、専門家に相談するケースはよくあることです。 飲酒の頻度や1回に飲む量、妊娠が分かるまでの時間、それに個々の体質や [続きを読む]