たまこ さん プロフィール

  •  
たまこさん: 編集者母の日記 中学受験ちゃんねる(2019&2020)
ハンドル名たまこ さん
ブログタイトル編集者母の日記 中学受験ちゃんねる(2019&2020)
ブログURLhttps://easystudyplus.com
サイト紹介文スキあらば勉強をサボる5年4年の兄弟に、バイト塾講師経験を思い出しつつ、いかに学習させるかに挑みます
自由文仕事柄、国語だけは得意なはずの母。学生時代は塾講師&家庭教師でそれなりの成果も挙げていました。でも自分の子供の国語の成績は壊滅的で…そんな日々の日記です。/そもそもの始まり〜ウチの子、内申ボロボロ…?/楽勉を考える/壊滅的な国語をどうするか/歴史の勉強が始まる前に/中学受験をしようかなと思ったら読むマンガ/SAPIXとの相性〜どのクラスも面白い?/おすすめの本
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 53日(平均3.3回/週) - 参加 2017/07/20 10:40

たまこ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 強化月間1週目:やっと学習時間増。でも…
  • やる気を見せなければ中学受験は撤退。かなり厳しめにそう言い渡して一週間。ぐりの勉強時間が少し増えました。 そして、来週からの新コーススタート前に、先生からもぐりへ声掛けをして頂いたようです。次のマンスリーで元のコースにちゃんと戻って来いよと。 普通ならこの辺りで一念発起しそうなものなのですが…。 それでもやっぱり、ぐりにやる気スイッチが入ったとは言い難く、今までみたいに適当なことを言って誤魔化せな [続きを読む]
  • 強化月間2日目。朝勉強が2日続いた!
  • 本気で中学受験をしたいのなら、この1か月、やる気を見せてみろ!これまでのサボり学習はすべて却下!!! ぐり(兄)の成績急降下から始まった我が家の強化月間ですが、中学受験を継続するか否かを判断するための区切りを10月のマンスリー確認テストとしました。 ぐりは昨日、8月のマンスリーの成績表を持ち帰って来ましたが、成績推移がほんとに真っ逆さまです。 ぐりぐら兄弟は、昨日、今日と朝早く起きて基礎トレ、計コン、漢字 [続きを読む]
  • ぐりの成績急降下、彼の正念場
  • ブログの更新をしばらくお休みしていました。 その間に何があったかというと…ぐりの成績がかつてないほど急降下し、にも関わらず相変わらず家庭学習をサボるため、中学受験自体をやめるかどうか(!)という話になっていたのです。(夏休みの終わりにやる気を見せたのは、やはり一瞬でした…) 頑張っていて成績が下がったのなら、勉強法を変えるとか苦手を集中的にやるとか、何か手は打てる。でも全くやらない人の成績を上げるこ [続きを読む]
  • 一瞬で勉強モード復活!
  • お盆休みですっかりダレきっていたぐりぐら兄弟(特にぐら)。しばらく続くかに思われたこのダラダラモードが、昨夜、一瞬にして吹き飛びました。 なぜかと言うと…普段、子どもたちの勉強に我関せずの呑気者、パパ・ぷよっしーが怒ったのです(私もびっくり)。「そんなにやらないなら、今すぐ塾などやめてしまえ!」 すぐにサピに退塾の電話をしそうな怒りオーラを受け、いつもは何でも「ママがそういうならやめるよ、やめたらいいん [続きを読む]
  • お盆休みモードから復活できるのか
  • お盆休みが明けて、夏期講習の最終週が始まりました。 ぐり&ぐらはすっかりダラケモード。お盆休みは親戚の家に遊びに行っていて、文字通りノー勉強。塾の復習どころか学校の宿題さえ進まず…。かろうじてリコーダーの練習だけやっていました。 私は仕事があって先に戻ったのですが、ぐりぐら&ぷよっしーは釣りやら海遊びやらを満喫し、真っ黒になって帰ってきました。 そして今日も、塾が終わった後はリュックを放り出し、私が「 [続きを読む]
  • すきま時間に使いたいEテレ
  • 10分や15分ほどの手持ち無沙汰な時間ができた時、ぐりぐらはよく録画したEテレ番組を見ています。 自主的に見ているので、本人たちにとってはエンタメのくくりだと思うのですが、これが結構タメになります。 よく見ているのは、◆歴史にドキリ(中村獅童が歴史上の人物に扮して自分語りをする。史実の再現VTRなどもあり。ヒャダインが作成し、獅童が歌って踊る「ドキリソング」が強烈で、特にフランシスコ・ザビエルの回は、ぐり [続きを読む]
  • 慶應の新幹線問題「富士山はどの席がよく見えるか」
  • 昨日のネットニュースで中学受験の新幹線の問いが話題になっていました。出題していたのは慶應普通部。2015年の問題です。 東海道新幹線の下りの座席図で、(進行方向を上にして左からA、B、C、通路をまたぎ、D、E)「次の車窓風景は、どの席からよく見えるか?」というもの。 お題は、伊吹山、富士山、伊豆半島。=            = ↑進行方向(新大阪方面)   [A][B][C] [D][E]  =            = [続きを読む]
  • どの学校が合うのか、ズバリ聞いてみた
  • 5年生の夏ともなると、自分の志望校が決まってくるお子さんもチラホラ。 最初から「絶対ここに行く」と決めている子もいて、ウチもそろそろ絞りたい、でもぐりの成績がジェットコースター状態なのでまったく絞り込めない…と悶々としていました。秋からの文化祭や説明会は、どこの学校に行ったらいいのやら…。 そんな状態なので、塾の先生に聞いてみることにしました。「成績はひとまず置いておいて、ぐりの性格に合っていると思 [続きを読む]
  • 国語の題材選びに感動
  • 私は仕事柄、たくさんある情報の中からなぜそれをピックアップしたのか、その題材が選ばれた理由に、つい興味を持ってしまいます。 そんなわけで、ぐりが5年生になってからというもの、SAPIXの国語の題材選びがなんだかとても気になっていたのです。 どういうことかと言うと…『小学生には理解することが難しい、世の中の弱者の話、困難な環境に置かれた人の話が多い』。 クレーム担当の仕事に異動になったせいで心を病んでしまう [続きを読む]
  • 「志望校を自分で記入させて下さい」
  • 夏期講習が終わると、5年生は第1回SAPIXオープンのテストがあります。これは任意のテストですが、夏期講習前の保護者会で室長先生から必ず受けるように話がありました。 その際に最も気を付ける点は、「志望校を子ども自身に記入させること」だそうです。 自分で志望校を記入することで、子どもの中で受験というものがリアルに感じられるようになる、そして、意識している、意識していないの違いはあっても、子どもの心に引っかか [続きを読む]
  • 夏期講習スタート×2人=テキストの山!
  • 4年生の夏期講習がスタートしました。5年生の講習は3日前に始まっていますが、我が家はこれでやっと夏期講習モードに突入。 これまでの3日間、ぐらが横でダラダラしているとぐりもつられてダラダラしてしまい、まぁ気持ちが分からないでもないため私も何となく目をつぶってしまっていました。平日なので仕事もありましたし。 でも今日からは2人とも夏期講習。そして土曜日なので、私がしっかりと見て復習サイクルを作らねばと、テ [続きを読む]
  • SAPIXとの相性〜どのクラスも面白い?
  • 我が家は兄弟でSAPIXに通っていますが、時々「SAPIXにした理由は何?」と聞かれます。答えは簡単、「お弁当がないから」です。 圧倒的な合格実績も魅力ですが、我が家の近辺は他の塾も結構実績が良く、それを踏まえて比べた場合、「お弁当があるか」「土日が空くかどうか」「1人で通えるか」の比重が大きかったです。 私が働いているためそこがやっぱり重要で、働きながらもお弁当を用意しているご家庭は本当にすごいなと思います [続きを読む]
  • 中学受験をしようかなと思ったら読むマンガ
  • 我が家は誰も中学受験の経験がありません。私は大学だけ私立、パパ・ぷよっしーはオール公立。 私は塾講師&家庭教師として中受生を教えたことはありますが、バイト学生で進路指導はしていなかったこともあり、当事者の気持ちのアップダウンにはあまり触れていません。 ぐりぐらが向かう先にある出来事をあまりわかっていない我が家が、(でも要領が悪くて、公立に進むと落ちこぼれるだろうということはわかる)中学受験を疑似体験 [続きを読む]
  • 実りの多かった「北海道開拓の村」
  • 夏の旅行から帰ってきました。 行った先は北海道。百聞は一見に如かずとは正にこのことで、思った以上に面白くてためになるスポットが満載でした。 特に実りが多かったのは、新千歳空港から札幌に向かう途中で立ち寄った「北海道開拓の村」。ガイドブックでは小さく載っているスポットですが、北海道の歴史を知らない子供たちにとっては絶好の学びの場になりました。 ここでは開拓時代の建物を移築して町並みが再現されているので [続きを読む]
  • 【番外編】男の交換日記
  • 今日、ぐらが交換日記をしていると知りました。 交換日記というと、中学時代とかに周りのちょっと進んでいる女の子が好きな男の子としていたアレ? 幼い幼いと思っていたぐらの意外な一面に母としてちょっと複雑な気持ちになりつつ、(でも一生独身でいられても困るし)などと思いを巡らしていたところ、なんでもその日記は、男4人でやっているそうな…。なんだそりゃ。 書いてあることを見せてもらいましたが、「あつい」「ねむ [続きを読む]
  • 夏の旅行
  • もうすぐ夏休み。我が家は子どもたちが夏休みに入った初日から旅行に行きます。ぐりぐらが6年生になる来年、再来年はのんびりとした旅行はできなくなると思うので。勉強のことは忘れて羽を伸ばそう!と言いつつ、こっそり荷物に星座早見盤を入れていますが(笑)。そして1つ発見。旅行のガイドブックは、意外と地理の勉強になっている?名所も特産品も載っていて、しかも楽しそう、美味しそう。いよいよ夏本番。旅行から帰ってきた [続きを読む]
  • 壊滅的な国語をどうするか
  • ぐりぐら兄弟は典型的な算数男児ですが、その例に漏れず国語が大の苦手。主人公の気持ちを問う選択肢など、「どう考えても違うでしょ?」というものを真っ先に自信満々で選びます。 そのため家で国語の問題を解くときは私が横で教えたりもしていたのですが、最近は忙しくて自分だけで解かせていたところ、先日のテストでぐりが見たこともないような偏差値を叩き出してきました。もちろん低い方で。 びっくりして問題を確認してみる [続きを読む]
  • 世界地図と地球儀
  • 最近はぐりがニュースにも興味を持ち始めて、時事的な話題を持ち出すことも増えてきました。 こんな日が来ることを期待してもう随分前からリビングに置いてあったもの、それが世界地図と地球儀です。 私がめちゃめちゃこだわって買ったのに誰にも気にしてもらえなかったアイテムが、ついに!日の目を見ることに!…なったらいいな…。 そんな期待を込めて自己満足的にご紹介。まずはイラストで世界を表現したフランス製世界パズル [続きを読む]
  • 耳からフレーズが離れなくなる「社会科ソング」
  • 車に乗っている時にずっとかけていたら、私まで歌えるようになってしまった「知ってるソング」。これは子どもたちが小さい時に、言葉遊びのCDを買った時に何となく一緒に買って、あれ?難しかった!と封印していたもの。今まさに、大活躍する内容なことに気づきました。 特に強烈なインパクトを残すのが、社会科ソング・日本地理編と理科ソング・生物編。 歌にするのはそもそも無理があるんじゃ…?という歌詞に予想の斜め上のメロ [続きを読む]
  • 伝統的工芸品を見に行ってきました
  • 社会の伝統的工芸品、写真で見てもよく分からないので、兄弟を連れて青山にある「伝統工芸スクエア」へ行って来ました。 以前も連れて行ったことがあるのだけど、その時は2人とも「???」な感じで、塾の授業で習った後に訪れた今回はさすがに理解度が違いました。 子どもたちは箱根寄せ木細工のからくり箱に釘付け。これすごいね、きれいだねとひと通り見た後、越前和紙の折り紙を買って帰りました。 伝統工芸品MAPも頂いたので [続きを読む]
  • 小学校の三者面談で
  • 小学校が夏休み前の三者面談期間に入り、私も学校へ行ってきました。 去年のぐりの傍若無人な生活態度はやや落ち着いたようで、先生からは「特に問題ないですよ」と言われてホッとひと息。でも「塾に行ってるんですよね?」と言われてしまいました。 ぐりは同じクラスに塾仲間が3人いるらしく、学校で塾の話はしないように伝えてあるもののそこは子どものこと、「組み分けどうだった?」「難しかったー!」みたいな会話をしている [続きを読む]
  • 中学受験をしようかなと思ったら読むマンガ
  • 我が家は誰も中学受験の経験がありません。私は大学だけ私立、パパ・ぷよっしーはオール公立。 ぐりぐらが向かう先にある出来事をまるで未経験の我が家が、(でも要領が悪くて、公立に進むと落ちこぼれるだろうという予感はあり)中学受験を疑似体験できるマンガがありました。 コレ、グッと来ました。ご都合主義ではなく、簡単に合格できない現実が描かれていて。やっぱりそうだよね。親が我を忘れないようにしなくては。 なぜか [続きを読む]
  • 歴史の勉強が始まる前に:その3
  • さらに前回、前々回に引き続き、歴史漫画を考えます。ひと通り目を通してみましたが、これはそれぞれの家庭によって好みが分かれそうです。 「角川まんが学習シリーズ日本の歴史」(KADOKAWA)・全15巻+別巻1巻・集英社の次に新しい・表紙と中の作家は異なる・本のサイズが小さくコンパクト(整理整頓がしやすいのは◎、文字&絵のサイズは良し悪しか) 「朝日小学生新聞の学習まんが 日本の歴史 きのうのあしたは…」(朝日 [続きを読む]
  • 歴史の勉強が始まる前に:その2
  • 前回に引き続き、たくさんある歴史漫画のうちどれがぐりぐらに合っているのか検証してみました。黒字は私の個人的意見です。念のため。 「少年少女日本の歴史」(小学館)・全21巻+別巻2巻・ロングセラー(ビリギャルのさやかちゃんも読んでいた)・表紙と中身のイラストにギャップがない・絵のテイストが現代的ではない・現代史の描き方に意見が分かれる 「新版学習まんが日本の歴史」(集英社)・全20巻・一番新しい・そのせ [続きを読む]
  • 過去の記事 …