milktea さん プロフィール

  •  
milkteaさん: 憑依?!解離性障害?!からのサバイバル
ハンドル名milktea さん
ブログタイトル憑依?!解離性障害?!からのサバイバル
ブログURLhttps://ameblo.jp/milktea4113/
サイト紹介文20年以上前に解離性障害を発症して、どのように治ったかの記録です。
自由文解離性障害の娘さんをお持ちになっている、お母さんとお話をする機会があり、自分の体験をお話しました。そのお母さんは、途方に暮れられていたのですが、私の今の姿を見て、希望になったと言って下さいました。解離性障害は、なかなか人にも理解してもらいづらく、今の医学でも対応が出来ていない分野のように思います。
それで、もしかしたら私の体験が少しでも、今悩まれている方の希望に繋がればと思って、書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 207日(平均1.8回/週) - 参加 2017/07/20 11:50

milktea さんのブログ記事

  • 夫の異変 8
  • 家に戻ると、相変わらず、ミシッという音がして、真氣光の氣が出るという音楽、音氣を鳴らすと、途中で止まり、家の中は、何も変わっていませんでした 家の中のマイナスの氣は、大人しくなるどころか、それまでにも増して、ざわついているように感じましたでも、夫の変化から考えると、我が家のマイナスの氣には、真氣光が相当、効果があると思えました対処の方法があることがわかったので、私の中の不安な気持ちは、少し小さくな [続きを読む]
  • 夫の異変 7
  • 初めて、家で真氣光をあててから、夫は真氣光のグッズも身につけてくれるようになりましたそして、氣をあてた翌日、取りあえず真氣光のセンターへ夫を連れていくことにしました。 平日でしたので、その日にしないといけない用事を済ませた後、店は臨時休業にしました。 夫は、家では、自分の足で立てない状況にまで追い込まれていたので、どうやって連れて行こうかと思ったのですが・・・真氣光のセンターへ行くことも了承した夫 [続きを読む]
  • 夫の異変 6
  • 私は、夫の状態を目の当たりにもしていても、現実が信じられないという思いが消えず、悪い夢の中にいるような気持ちでしたしかし、この信じられない現実から逃れるためには、真氣光をやっている私が腹をくくって、夫に関わる見えない何かと対峙するしかありません 夫の状態と同時進行で、我が家では、不思議なことが起きていました。 例えば・・・家の中では、誰もいないのに、時々お茶碗が触れ合うような音が、カチャっと鳴った [続きを読む]
  • 夫の異変 5
  • そんなある日の朝、目覚めると、私の布団の傍に夫がいました 私は、まだ、寝ぼけた状態だったのですが・・・ 夫が言うには・・・「何かわからないけど、ずっと自分の耳元でささやく声がしてきて・・・部屋にあるタンスには、30センチぐらいのおおきな蜘蛛が張り付いていて、蛇や狐も見える」 私は、ただただびっくりして、「何それ」とだけ言いました 続けて夫は・・・何がどうなっているのは、わからん近所の人達がたくさん家 [続きを読む]
  • 夫の異変 4
  • 夫の顔からは、しだいに生気が消え、目も虚ろになってきていました皮膚も血の気が消えて、茶色っぽく見えます。 店にいるのも苦痛なようで、すぐ奥の部屋で倒れこむようになってきました。そして、だんだん、歩くことがままならず、這いずって移動するようになりました。何故か、足の甲が反った状態になってしまい、立てなくなっていました。 手も足も小刻みに震えています。寒い時期でもないのに、身体の芯まで冷えているようで [続きを読む]
  • 夫の異変 3
  • 夫のその時の生活の中心は、家庭でもなく、仕事でもなく、友人と飲みに行くことのように見えました。 一度、飲みに出ると帰りは、12時過ぎは当たり前 大概、どうやって帰ったかは、覚えていないようです。ひどい時は、家に帰っても、倒れこんだまま、動こうとしなかったりしていました。 子供にもお父さんは、どうしようもない人に映っていたようです 義母や私は、そんな夫のことが心配だったのですが、夫はそんなことを気にも [続きを読む]
  • 夫の異変 2
  • 「真氣光のこと 4」で書いたように、ハイゲンキによって、購入した本人だけではなく、家族やその家系のご先祖様にまで、真氣光のエネルギーがじわじわと届くのだそうです。 その時点で、知識としては、そんなことを知っていたので、夫が不思議なくらい、真氣光を嫌悪するというのは、何か、そうさせるマイナスの氣が浮かび上がって来ているせいなんだと思いました 対峙しなければいけないのは、夫の背後にいる見えない何かなので [続きを読む]
  • 夫の異変
  • その頃、我が家は結婚して、10数年経っていました。子供たちも小学生、中学生で、そろそろ進路が気になる年代に入っていました。私の抱える仕事は、忙しく、確かにあまり夫のことは、気にしていなかったかもしれません でも、世間的にも、夫婦の心のすれ違いなんて、よくある話でしょうし、我が家が特別だとも思えません そんな時、夫は、私の仕事の得意先の人と言葉の行き違いで、トラブルになりました私がお詫びに、先方へと走 [続きを読む]
  • 離れていく・・・夫との距離
  • 真氣光の研修講座から帰ってみると、当然ですが、それまでの日常生活が待っていました。 帰ってから、数日が過ぎた頃、近所の人から、夫の話を聞かされました。家の近くに公園があるのですが、そこで深夜、夫がボーっと一人でブランコに腰かけているのをみかけたというのです 夫は、その頃、同業者組合の用事と言って、出かけることが多く、家にいても仕事場にいることが多く、夫婦の会話もあまりなくなっていました。 結婚して、 [続きを読む]
  • 初めての真氣光研修講座へ 3
  • 研修講座では、毎朝、6時には起床です家では、毎朝起きると、背中が張った感じがしたり、首が痛かったりするのですが、研修講座では、身体に全く痛みを感じないのが、不思議でしたお陰で、体が軽く感じられます 毎朝一番に、ヨガの龍村修先生のご指導で、般若心経を唱えました。朝の空気に全員の読経の唱和が心地よく響きます雑念もなく、生きることにまっすぐに向かえている気がして、そんな風に思える自分が少し嬉しかったです [続きを読む]
  • 初めての真氣光研修講座へ 2
  • そんなわけで、やっとその年の8月に、初めて真氣光の研修講座に参加することが出来ました この頃は、生駒の真氣光の研修施設での開催で、4泊5日でした。現在は、全国各地の施設を借りて、毎月異なる場所で、3泊4日で開催されています。 初参加の時は、8月でお盆をはさんでの期間であったせいか、参加者が80名ほどはいたように思います。しかし、知り合いがあまりいるわけでもなく、参加会場にいるとはっきりした理由がわからない [続きを読む]
  • 初めての真氣光研修講座へ
  • 原因は、よくわからないけれど、ずっと家に帰ると不安感が増してくるという状態をなんとかしたいと思い続けていました。 家の中でのよくわからない現象や私の不安感、そして子供達の病気や事故、一見バラバラに起きていることのようでしたが、何か原因となっているのは見えない氣のように思えて仕方がありません といって、頭で考えて解決できるものではないので、とにかくもっと強力なプラスの氣を受ける事が必要と思えてきまし [続きを読む]
  • 第二幕!? 3
  • 氣を受けに真氣光のセンターへ行くと、自分の気持がリラックスできて、少し心が軽くなるのがわかりましたそれだけ家では、無意識のうちに、気持ちが緊張状態になっていたという事の様です。 一体、家に何があるのかと思うのですが、わかりません。でも、不思議なことは、いくつかありました 引っ越しをしてから、パソコンが不調で、よくフリーズ状態になっていました。ある日の夜には、店の電気も消して、パソコンのスイッチも切 [続きを読む]
  • 第二幕!? 2
  • 長男は、近くの病院に搬送され、脳波を初め、色々と検査をされました脳波が若干おかしいかも・・・とは言われましたが、腫瘍とかいうものもなく、血液検査でも異常はなく、これといった病名はつきませんでした。 しかし、その後何度も、長男は頭痛を訴えるようになり、原因不明のまま1年以上通院しました。 長男は勉強も頑張る子供なのに・・・と思いましたが、私の仕事は仕事は忙しく、子供のこと中心に考える心の余裕はありませ [続きを読む]
  • 第二幕!?
  • 引っ越し先は、子供達が転校しなくてはいけないという煩雑さはありましたが、まわりに夫の知り合いや義父母もいて、知っている場所であるという安心感がありました 長男、次男は、それぞれの小学校、中学校共に、問題なく次の学校に馴染んでいるようで安心しました。 物件は、店舗付き住宅で、木造で築40年以上経過しているようでした。建て増しもされたようで、複雑な作りでしたが、部屋数も多くて良かったなと思いました 私は、 [続きを読む]
  • 真氣光のこと 4
  • 真氣光という気功の一番の大きな特徴は、機械を使って、氣を受けるということに尽きるのではないかと思います 見えない氣のエネルギーが、モノから出るというのは、見えない氣の世界を知っている人でも、驚くようなことのようですが、それを可能にしたのが真氣光です 真氣光は、先代会長が夢でハイゲンキの作り方を教えられたところから始まりました。先代の会長が夢で教えられた通り、何かよくわからないのに、作ってみたという [続きを読む]
  • 真氣光のこと 3
  • ここまで、お読み頂きまして、ありがとうございます私の体験の話の続きに行く前に・・・ もう少し、真氣光のお話をしておこうと思います。 真氣光のセンターに行っていると、元々見えない世界に興味があって、他の宗教や霊能者に関わられていたという人や、霊能者をしていたという人に出会うことがあります また、私のように、見えない何か、霊的な存在の影響を受けていると思われるような状態に陥って、医療に限界を感じた人から [続きを読む]
  • その後・・・
  • 解離性障害という病状が落ち着いて、普通でしたら、それでめでたし、めでたし・・・というところなのでしょうが、私の場合、まだその先が、ありました。 私の体調が改善に向かって来た頃、夫にもある変化がありました。仕事の方は、相変わらず苦しい状態で、生活費は私がパートタイムをして得た収入と実家からの援助で支えられていました。 夫は、仕事がヒマだったので、コツコツとある商品を作り上げていました。その商品を見せ [続きを読む]
  • 自分の状態について考える 2
  • 前回の記事で書いたような状態での会長セッションは、3か月から4か月くらいは、続いたでしょうか・・・。その後は、しだいに真氣光を受けることによる反応は、落ち着いてきていました 一方で病院にはかかっていました真氣光のことは、病院の先生には真氣光をやりだした当初、少し話した時に、「私のような人が気功をやるとさらにおかしくなる」と言われたので、真氣光で私の身に起きたことは、全く伝えていませんでした。 薬もま [続きを読む]
  • 憑依現象、再び??? 6
  • 初めての会長セッションでは、真氣光のグッズを使って一人で氣を受けているのとは、違って、多くの魂さんが光の世界へと旅立って逝かれました 人格魂が変わる度に、私の中の思いがどんどん変化して行きます その時、出て来た人というのは、何百年も前なのでしょうか戦に関係したような感じの人が多くいました何故、それがわかるかというと、脳内でふっとそんな戦いの場面が浮かんで、見せられるのです 矢に刺されたり、斬られたり [続きを読む]
  • 憑依現象、再び??? 5
  • 真氣光では、自分でハイゲンキなどのグッズから氣を受ける以外に、月に一度、中川会長から、直接氣を受けられる会長セッションというものがあります。 参加者は、氣が出ているというマットを敷いて、横になり、それぞれ自分所有のハイゲンキなど、氣が出るグッズを持参しています。 それらの氣グッズには、すべて氣を入れるという工程があるのですが、それをしているのが中川会長で、宇宙から真氣光のエネルギーを中継することを [続きを読む]
  • 憑依現象、再び??? 4
  • 前回の記事で書いたような、気持ちがざわざわした状態は、なかなか治まる気配がありませんでした普通なら、眠れなくなるところでしたが、まだ精神科にかかっていたので、そこはお薬に助けられました。 でも、あまりに心がざわざわして、落ち着かないので、真氣光のセンターのスタッフに、初めて相談してみました。 すると、「何かそうなるきっかけに思い当たることは、ありませんでしたか」と聞かれました。思い当たることと思っ [続きを読む]
  • 憑依現象、再び??? 3
  • 憑依現象、再び??? 2 の続き 生まれて初めての不思議な体験で、ゆっくりと何が起きたのか考えたいところでしたが、そうさせてはくれない何かがすでに私の意識の中にいました そさせない何かというのは、真氣光でいうところのマイナスの氣なのですが・・・真氣光を受けながら、次々とマイナスの氣が浮かび上がってくる感じです勝手に誰かが何かを喋っている感じがしたり、身体の中に力が入って、何かのエネルギーが動く感じが [続きを読む]
  • 真氣光のこと 2
  • 私の「憑依現象再び 2」で書いた体験ですが、真氣光をやりだして約1年ぐらい経った頃に起きたことでした。それまでは、氣を感じて、身体が動いたりするものの、見えない魂を感じることはありませんでした それなのに、出て来た魂さんは、「これが欲しゅうて、欲しゅうて」と水晶へと手を伸ばして来ました その時は、全くわかりませんでしたが、今から思えば、私が一年間、日々真氣光を受けたことで、私に関与している見えない魂 [続きを読む]
  • 真氣光のこと 1
  • 前回の記事で、氣の状態は変化し得るものと書きましたが、マイナスの氣が、プラスの氣へと変化するのは、通常なかなか容易ではありません一般的には、マイナスの氣、いわゆる霊的な何かが原因と考えられると、除霊するという発想になる事が多いようです。 しかし、こうしたマイナスの氣というのは、生きている人と何らかの深いつながりで結ばれていることが多く、除霊でその一部の霊的な影響を取り除けたとしても、それは氷山の一 [続きを読む]