Alex&Jessica さん プロフィール

  •  
Alex&Jessicaさん: Bar Alex&Jessica
ハンドル名Alex&Jessica さん
ブログタイトルBar Alex&Jessica
ブログURLhttp://alexjessica.seesaa.net/
サイト紹介文ウィスキーのインプレッションやサッカーテニスなどスポーツの話題も。チョットお酒に合う話です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供40回 / 117日(平均2.4回/週) - 参加 2017/07/20 12:33

Alex&Jessica さんのブログ記事

  • 【ウィスキー】ウィスキーの最高に美味い飲み方
  • ジョニ黒は、世界で一番売れているスコッチ。日本では、安いところで2000円ほど。2000円切ることはほとんどないと思う。その割に、それほど特徴が無いと思っていた。ところが、実はやはり値段以上に美味しいウィスキーであることがわかった。なぜこれまで、分からなかったのだろう。匂いには敏感であるにもかかわらず、なぜこの美味しさに気がつかなかったのだろう。芳醇な味わいの中に、レーズンの香りもある。これが2000円で堪能 [続きを読む]
  • あおり運転による事故死は必然だったか
  • 「あおり運転」は昔から存在している。長年の運転暦がある人なら、100%された経験があるのだと思う。俺はわりとゆっくり走ることもあり(2車線を縫うように走っても、高速道路を制限速度大幅超過で走っても、疲れるだけであまり到着時刻は変わらないと思っているから)、あおられることももちろんある。バックミラーに相手のライトが移らないほど接近されたり、トラックにあおられたこともある。大型トラックのドライバーは基本的 [続きを読む]
  • ドナルド・トランプ大統領の訪アジア
  • ヒラリーさんに競り勝ってこの人が大統領となり、「アメリカ・ファースト」と言い出したときにはどうなることかと思っていた。しかし実際に始まってみると、なかなかどうしてこれまでの大統領よりもメリハリがついていて良い感じかもしれない。先んじて、娘のイバンカさんが来日。容姿端麗の金髪美女、それほど若くなく、家庭を持っている辺りも好印象。頭もよく、人気が出ない理由がないな。ものすごくいい女だと思うよ、もっとも [続きを読む]
  • Blade Runner 2049
  • Blade Runner 2049混むかな〜と思っていたけど、なんとか公開2日目に視て来ましたよ、Blade Runner 2049!これこそ、大人が見るSF映画、だな。1982年制作の『ブレードランナー』の続編。前作の監督、リドリー・スコットが製作総指揮。これまで続編が出来なかったのは、第一作の主演であったハリソン・フォードとリドリー・スコットの確執だとかって報道があるが、真偽の程はようわからん。興行成績は、北米は期待したほどではなか [続きを読む]
  • サッカー日本代表、欧州遠征組に浦和から5名招集
  • サッカー男子日本代表の、2017年11月に行われる欧州遠征2試合(ブラジル戦(10日、フランス・リール)とベルギー戦(14日、ベルギー・ブルージュ)のメンバーが発表された。(詳細は以下)我が浦和から5名選出されたのは素直に喜ばしい。やっと浦和の選手の良さをわかってくれたのかな。常にJ1で上位に位置し、ACLでも活躍しているチームから召集するメンバーが少ないなんて普通に考えればありえないでしょ。GK:西川はこのところ [続きを読む]
  • 平昌冬季五輪公式HPの地図に日本無し!
  • 2018年開催、韓国・平昌冬季オリンピック。この公式HPにある世界地図に、「日本」が無い事が判明し話題となっている。それ以外に日本固有領土である竹島も「Dokudo」、日本海も「East Sea」だとか。オリンピックに政治を持ち込むなんて、いかにも韓国らしい。サッカーの試合ですらそうだったものな。そこまでしないと、日本に対して優位に立つことができない、いや、優位に立つこと事態がすでに方向を見失っているというべきなのか [続きを読む]
  • 浦和レッズ ACL準々決勝で逆転勝利!
  • 次男坊のおかげで、久しぶりにさいたまスタジアム2002で観戦。アウェイで1−3で迎えたホームゲーム。前半に先制され、これはかなり厳しいと感じたのだが、なんとかハーフタイムには1−1の同点に。勝利への最低ラインをここで確保したのは大きかった。実際、前半の戦いぶりをみているかぎり、気合いが空回りし動きもちぐはぐ。西川のミスも手伝っての失点だったから、いくらなんでも後半の追い上げは誰もが予想していなかっただろう [続きを読む]
  • ロシアW杯 アジア最終予選突破
  • 見事なまでに、ほぼ完全なる試合運びの中で、最終予選を突破し本戦行き確定してくれた。最終予選の初戦を落としたチームは本大会に行けないというジンクス、そして過去のデータ。オーストラリアとは過去の最終予選のなかで、引き分けこそあるものの勝利したことがない。そして、オーストラリアと引き分けると、最終戦のアウェーでのサウジアラビア戦となる、絶体絶命の、非常に崖っぷちな状況であった。B組トップであった日本は、 [続きを読む]
  • W杯アジア最終予選のメンバー発表、本当にイケるのか
  • W杯アジア最終予選もあと2試合。初戦でUAEに負けたことがやはりひびいている。日本は現時点でB組の1位で勝ち点17、2位のサウジアラビアと3位のオーストラリアは勝ち点同じで16、日本とわずか1差。得失点もあまり差がないから、1試合の勝ち負けで簡単にひっくり返る。各組上位2チームはそのままW杯の出場権獲得、3位はさらにプレーオフを戦う必要がでてくるのだから、なんとしても次の試合には勝利しなければならない。しかしな [続きを読む]
  • 浦和レッズ FC東京に2−1で勝利!
  • 嬉しいじゃないですか!FC東京に競り勝って2−1勝利。スタメンには、3戦連続の菊池、そして新加入外国人のマウリシオ。菊池は相変わらず良いパフォーマンスを見せてくれているが、ちょっと疲れた感もあるな。マウリシオは、堅いね〜。派手さはないが、じっくりと役に立ってくれている感じ。若いのにやるなあ、守備陣の安定感が抜群に良くなったように見える。1点目の興梠のシュートは技あり。個人技が光ったが、それまでのパスワ [続きを読む]
  • 北朝鮮 グアム攻撃はあるのか
  • 度重なるミサイル実験に、シビレを切らしたのか、それとも準備万端整って、いよいよ北朝鮮殲滅のシナリオを実行するのか。トランプさんの単なる暴走ではないはずだから、どんな裏事情があるのだろう。挑発し先に攻撃させる、もしくはその確固たる証拠を掴んで報復と言う名の攻撃をするのか。本当に飛んできた時、日本は領空侵犯として撃ち落とすのか。専門家が、いろんな意見を述べている。実際に、北朝鮮製ミサイルの精度も憶測の [続きを読む]
  • 【ウィスキー】Jameson
  • ジェイムソン、アイリッシュ・ウイスキーの世界No.1売り上げ。アイルランドに4つある蒸溜所の中で最大手のミドルトン蒸溜所で作られる、ブレンデッド・ウイスキーでアイリッシュ・ウイスキーの代表銘柄なのだそうだ。この、ミドルトン蒸溜所って、タラモア・デューなんかも作っているらしい。伝統の3回蒸留、癖がなく、それであるが故に味気も何もないのかと思っていた。しかし、良い方に裏切られた。モルト原酒もブレンドされてい [続きを読む]
  • バボラ ピュアアエロ2016
  • 4年強使った、バボラ ピュアドライブ2012から先日乗り換え。フェイス面積:100平方インチレングス:27インチウェイト:平均300gこれまでのピュアドライブと同じスペック。しかしこれまでと異なった、荒いストリングパターンによるものか、以前に試打したときは全然合わないと思った。しかし今年のローランギャロスを見ていてどうしても欲しくなった。基本的にトップスピン派なのだが、時折スピンをかけきらず、ぶっ飛んでいくピュ [続きを読む]
  • 越後長岡 長岡まつり大花火大会 【美麗写真あり】
  • 我がふるさと、新潟県長岡市で70年以上も続く大花火大会は、日本の三大花火大会のひとつであり、声を大にしていつでも自慢できるシロモノだ。子供の頃からなれ親しみ、これこそが越後長岡の誇りなのだ。長岡人の魂はそれに象徴されていると言っても決して過言ではない。第二次世界大戦の空襲で旧市街地の8割が焼け野原となり、多くの命が失われた。その空襲から1年後の21年8月1日に開催されたのが、長岡まつりの前身「長岡復興祭」 [続きを読む]
  • 内閣改造!期待する人は
  • 女性議員のトンデモない不祥事はとにかく仰天だった。稲田さんの日報隠蔽問題、まあこれは確信犯か。「ハゲ〜」のとよたまゆこ、ってアホ議員。一線がなかなか超えられない、タレント議員「今井絵里子」。さらには議員ではないが、奥さんの昭恵さんのど天然ぷり。彼の足をひっぱるばかりの人たちに囲まれていたわけだが。安倍さんによる内閣改造。期待の新任は、この外務大臣となる「河野太郎」氏。「政界の異端児」なのだとか。サ [続きを読む]
  • 小林麻央さんの訃報に思う
  • こんなに綺麗でハツラツとした、しかも周りをいかにも元気にしてくれそうな女性。長い間の闘病生活の上、2017年6月22日に他界。新潟県小千谷市生まれ、同郷としても注目していた。闘病生活に入ってからは、メディアでも特にその様子が伝えられていた。余命少ないと報じられてから、ずいぶん頑張った感がある。結果としてそれが、海老蔵と子供達の絶大な宣伝になった。下世話だが、おそらくそれも狙っていたのだろう。自分が他界し [続きを読む]
  • 【ウィスキー】Connemara
  • アイルランドの新進で注目を集めている蒸留所で作られる、シングルモルト・アイリッシュ・ウイスキー。「カネマラ」とはアイルランド西部の街の名前で、国立公園も有名で、かつてピートの採掘場所だったのだとか。だからかアイリッシュウイスキーはスモーキーな印象ではないのに、ちょっと異端な感じがする。新進のブランドらしからぬ、堂々とした印象を受ける。ボトルのデザインもおしゃれ。そもそもウィスキーのボトルはどれもお [続きを読む]
  • 民進党 蓮舫さん代表辞任
  • グラビアアイドルからの政権入りなのは有名なところ。その時代からあまり好きなタイプではなかったが、結果的には党内で孤立したのが辞任への引き金になったようだ。極めて仕事ができるが、他人にも厳しく、まったく人望もない女性上司の典型に見える。「女」を見せず、むしろ排除して男性社会で生き抜くために、常に気を張っている。眉根にシワを寄せて、はむかうものは徹底的に叩き潰す。そんな印象に見える。もちろん、テレビや [続きを読む]
  • 稲田防衛大臣 引責辞任
  • いつまでもつのか・・・・・・・、と思っていた。南スーダンの活動での陸上自衛隊の日報問題で、責任を取って辞任となった。この問題、なかなかわかりにくい。というか、メディアの記事が「ともちん」の責任問題に言及し、本質をなかなか報道していないことにもよる。なぜ、阿部さんは「ともちん」を重用しているのか。頭は当然良いのだろうが、自衛隊の活動状況や主要各国の防衛相と比べると、あまりにもバランスが悪い感じがする [続きを読む]
  • 浦和レッズ ペトロビッチ監督解任
  • ジェイなどの補強をして再起をはかる札幌に0-2で完敗。しかもあろうことか、槙野は信じられないようなファウルを犯して、一発レッド退場。3枚換えという荒業にでたものの、そのうち那須が負傷退場。後半途中から9人での試合となってしまった。アウェイであるにしろ、下位に低迷している相手に完封負けとはいただけない。関根がひとり気を吐いていた感じ。でも絶対的に人が足りず、彼の作ったチャンスを活かせなかった。さずがのコ [続きを読む]
  • 浦和レッズ セレッソ相手に惨敗、復活できるのか
  • 浦和在住のため、というか住む前から浦和レッズを応援している。Jリーグ開幕当初はリーグのお荷物的な存在であり、よくベルディにカモられたものだ。あのときは武田なり、ラモスなりが憎くてしょうがなかったな。面白いもので、一世を風靡したベルディは万年J2だし、武田はアホなコメディアンになってしまった。当時のベルディの面影はなく、浦和レッズは反対にJ屈指のビッグクラブとなった。監督が現ペトロビッチに交代してから、 [続きを読む]
  • 竹鶴 ピュアモルト
  • ニッカ、竹鶴 ピュアモルト。先日実弟が家族で遊びに来てくれた時に持って来てくれたもの。だいぶ以前に「ちょっと贅沢」な気分で買って飲んだ記憶があるが、美味いは美味いがあまり記憶に残っていなかった。それで久しぶりの箱入りでもらったので「おお!」と興味が沸騰した。カミさんを前にして、照明を落としてインターネットラジオでジャズを聴きながら、ゆっくりとウィスキーをオンザロックで味わうことが最近(とはいっても [続きを読む]
  • ジョニー・ウォーカー 緑ラベル
  • ジョニー・ウォーカーは世界的に有名なスコッチ。どこのスーパーにいっても、この銘柄はおいてある。誰でも一度は目にしたことがあるぐらい。だいたいは赤いラベル。気の利いたところでも黒ラベルといったところ。このジョニー・ウォーカーは、赤・黒(12年)・緑(15年)・コールド(18年)・青(18年以上)とラベルがある。当然その順で値段が跳ね上がる。青ラベルになれば、実売価格1万5千円ほど。昭和の時代では、ジョニー・ [続きを読む]