伊藤真穂 さん プロフィール

  •  
伊藤真穂さん: 発達凸凹情報サイト 管理人ブログ
ハンドル名伊藤真穂 さん
ブログタイトル発達凸凹情報サイト 管理人ブログ
ブログURLhttp://hattatsu-dekoboko.com/category/blog
サイト紹介文発達凸凹情報サイト管理人が、支援級に通う子どもの子育てやママたちとの交流で感じたことを書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 123日(平均1.7回/週) - 参加 2017/07/21 15:08

伊藤真穂 さんのブログ記事

  • 偏食・栄養が心配なお子さまのためのサプリ mog
  • こんにちは。発達凸凹情報サイト 管理人の伊藤真穂です。 「偏食がひどくて栄養が十分に取れているか心配」「食事療法を取り入れたいけど、大人向けのサプリメントは勇気がいる・・」そんなお悩みのママたちのために今回ご紹介するのは、あるママが病気の我が子のために開発した「こどものためのサプリメント」です。 子どもたのめサプリメントmogとは?mogはパッと見たところ、よくあるラムネのように見えます。うちの子どもにも [続きを読む]
  • 2018年1月スタート 子どもの発達アドバイザー養成講座募集開始
  • こんにちは。発達凸凹アカデミー 東京会場 第2期生募集開始のお知らせです。かねてから、お仕事をされている方から「土日の開講はありませんか?」とのご質問をいただいておりました。そのため、2期生は日曜開講となります。日程は以下となります。 【子どもの発達アドバイザー養成講座】◎日程1日目 効果的な支援策 1/21(日)2日目 タッチ&アロマケア 2/4(日)3日目 食事療法 2/18(日)◎時間 10:00〜13:00◎会 [続きを読む]
  • ADHD(注意欠陥・多動性障害)の子どもを伸ばす3つのアプローチ
  • ADHD(注意欠陥・多動性障害)とは?どんな特徴があるの?原因は?集団行動ができない、忘れ物が多い、切り替えが苦手・・など、子どものよくある悩みの解決策と、親が自宅でできることを、まとめました。子どもを少しでも伸ばしたい、できることを増やしてあげたい、問題行動を減らしたい・・・そんな親御さんのヒントになることを願います。ADHDとは?ADHD(注意欠陥・多動性障害)とは、多動性・衝動性・不注意の3つの特徴が見 [続きを読む]
  • 食事療法とは?種類と検査方法、長く続けるための5つのコツ
  • 子どもが発達障害と診断された、又はその疑いがあるとわかった時、何としてでもできることをしたい!と思うのが、親心ですよね。療育施設での支援だけでは不安だし、なかなか思うような結果がでない・・・もっとできることはないか? そんな方は、体の中からアプローチする「食事療法」というものがあります。 この記事では、発達障害の食事療法について、様々な手法と検査方法、長く続けるためのコツなどをご紹介します。<監修: [続きを読む]
  • 運動療育セミナーのご案内
  • 発達凸凹アカデミー主催特別セミナーのお知らせです。 10/27(金)運動療育セミナー7月のインタビュー記事【運動を通じて”脳”を鍛える運動療育】こちらの記事でご紹介した運動療育アドバイザーの国宝孝佳先生による、セミナーのご案内です。 リハビリ屋さんが、”脳”という角度から発達障害の子どもを見て、科学的根拠を元に構築された【運動療育】詳しく聞きたいなーと思って、ダメもとで「東京で講演してくれませんか?」っ [続きを読む]
  • 【大阪】子どもの発達アドバイザー養成講座9/29開講 募集受付スタート
  • こんにちは。発達凸凹アカデミー 伊藤真穂です。本日(8/24)より、発達凸凹アカデミー Basicコース 子どもの発達アドバイザー養成講座の募集を開始いたします。9/7(木)スタートの東京会場は、残席少しございます。発達凸凹アカデミーとは?”ママがママを支える”をコンセプトに2017年5月にスタートした、発達障害のお子様を持つママたちの”学びと交流”の場を目的とした資格取得スクールです。主催者および講師は全員、お [続きを読む]
  • 学習障害とは?〜6つの能力ごとの障害と年齢別の特徴〜
  • この記事は、学習障害とは?年齢別にどんな特性があるのか?学校や家庭でどのような支援ができるのか?やってはいけないことは?周囲へどのように理解してもらうか?について、まとめた記事です。記事を書いたのは、長女さん(平成19年生まれ)は自閉症スペクトラム(アスペルガー症候群)、次女さん(平成20年生まれ)は学習障害(LD)と診断されているお子さまたちを子育て中の、たなかまひろさん。「もしかしてうちの子は学習障 [続きを読む]
  • 運動を通じて脳を鍛える【運動療育】とは?
  • 大阪を中心に「運動療育」の普及に取り組んでいる運動療育アドバイザー・理学療法士の国宝孝佳さんにお話を伺いました。運動療育とは?運動療育と聞くと、〇〇のお困りごとには、◇◇の運動がいいですよ的な、解決策を想像される方も多いのですが、実際はそうではありません。また、運動療育では身体も育みますが、本来アプローチすべきところは脳です。発達障がい児の能力の凸凹の原因は、脳の神経配列に凸凹があることまで分かっ [続きを読む]
  • 子育てにイライラしてしまう時の対処法
  • こんにちは。発達凸凹情報サイト&凸凹アカデミー運営人の伊藤真穂です。夏休みに入り、ママたちのイライラも最高潮になるシーズン到来ですね。この記事では、のんびり屋の長男(中1)と、支援級に通う次男(小1)の男子2人の子育てをしながら、どうやってイライラや怒りと向き合ってきたか、対処法も含めてお伝えします。子育てでイライラしてしまうパターン「私は子育てでイライラしたことがないんですよね〜」というお母さん [続きを読む]
  • 発達凸凹アカデミーの始まり
  • こんにちは。発達凸凹情報サイト管理人&発達凸凹アカデミー主宰の伊藤真穂です。 凸凹アカデミーBasicコース0期生が終わり、ホッとしたのもつかの間、秋の1期生の募集が始まりました。今日は、このアカデミーを始めるきっかけになったお話をしていきます。 発達障害に関する活動私の発達凸凹活動(発達障害のお子さまを持つママのため活動)のスタートは、2015年の3月。「発達凸凹セミナー」でした。講師におうち療育アド [続きを読む]
  • 発達凸凹アカデミー 第1期生受付開始
  • 発達凸凹アカデミー 第1期生の受付がスタートしました。 子どもを伸ばすために、ママが学んでおくといい3つのこと・子どもの自己肯定感を育む「こんな時どうする?」毎日のやりとり「おうち療育」・いつから始めても、プラスの効果しかない「タッチケア」と、ママの心をほぐす「アロマケア」・毎日の「食」から改善に向けたアプローチ「食事療法」 5月にスタートして、6月末に終了したばかりのBasicコース0期生。 学ぶだけ [続きを読む]
  • 障害者のきょうだいとして伝えたいこと。
  • 親としては、病気の子、障害の子があまりにも目が行って、きょうだいがしっかりしているとそれに甘えてしまったり、安心してしまうことは良くあると思う。 ケアラーアクションネットワーク の持田恭子さん。2歳年上のダウン症の兄がいる妹として、一緒に育つ。インターネットが普及し始めたばかりの1996年くらいに、オンラインできょうだいの立場の人と交流する場を作っていた。2013年よりケアラーアクションネットワークを自分で [続きを読む]
  • 不器用な子どもでも履きやすい上履き
  • 学校・園で一番長く履いているもの小学生になると、外履きより上履きでいる時間が長くなります。そして、1日の中で、履いたり脱いだり何度もします。 通常のバレーシューズでは履き脱ぎが難しい子どものために、せめて低学年のうちだけでも、本人が苦労せずに、スルリと履ける上履きを用意してあげたいですよね。 テープタイプ通常のバレーシューズでは履き脱ぎが苦手と感じたり、転びやすいと感じる方におすすめ。マジックテープ [続きを読む]
  • おすすめの絵本
  • 株式会社 童話屋 代表・編集者の田中和雄さん。児童書・詩集および関連書籍の出版を行っています。奥様のみらいななさんは、翻訳家です。(代表作:葉っぱのフレディ いのちの旅)そんなお2人に、いまの子どもたちについて、すてきなお話を伺いました。【日本にあふれる言葉におもうこと】の続きです。 ぞうさんは〇〇のうたとても有名なぞうさんという詩をかいた、まどみちおさんは ぼくが40になってから知った詩人さんです。 [続きを読む]