花菜 さん プロフィール

  •  
花菜さん: EMDRを受けて生まれて初めて母親を愛した私
ハンドル名花菜 さん
ブログタイトルEMDRを受けて生まれて初めて母親を愛した私
ブログURLhttp://sinagawa11.mixh.jp
サイト紹介文母から幼児虐待を受け、複雑性PTSDになる。EMDRを受けて50年以上前のトラウマを克服。
自由文私がこれまでに歩んで来た道と受けた虐待。EMDRの素晴らしい効果。
趣味はテニス、バードウォッチング、家庭菜園、手芸
夫とペットの犬や鳥、魚と暮らしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供136回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2017/07/22 09:56

花菜 さんのブログ記事

  • 私の解離状態が2日間続く
  • 今日は2度も解離を起こした。いずれも、娘の具合の悪さが影響しているのだが。 1度目はリボトリールを飲むと30分程で見事に治り、足の重さも無くなり、普通に歩けるようになった。 2度目は娘がフラッシュバックを起こし、不安定になり、「お母さん、今日は私の扱いに気をつけた方がいいよ」と口にした後のこと。車の運転中で、色々と言ってくる娘に対して、少し大きな声で「危ないから、運転に集中させて」と言うと、「そういう [続きを読む]
  • トラウマは広がって行くもの
  • 父親にされた様々なことを思い出したA子は、とうとう「(父親に)殺される」と言い出した。そこまで、父親に対する恐怖心が強くなって来たのだ。私自身も体験したことがあるのだが、この恐怖心はどんどん広がっていくのだ。 私の場合はこんな風だった。A子が小学生の時だが、担任から酷い仕打ちに合わされた。医師からも、その担任とは距離を置くために、登校するのも、禁じられた。私にとって、その担任が恐怖の対象になった。怖い [続きを読む]
  • A子の悪夢と私の解離
  • 朝、「おかあさ〜ん」とA子の叫び声が聞こえた。とっさに、A子が悪夢を見たとわかった。食べかけの食事を放置して、A子の部屋へ急いだ。やはり、悪夢だった。抱きついて来たA子を慰めながら、私も抱きしめてあげた。聞くと、高校の時のいじめの夢とのこと。意地悪した人ばかり出てきて、いじめられ、当時、助けてくれた先生や友達は1人も出てこない。今回の夢は相当にA子に影響があり、目を覚ましても、現実に戻れない。私に「先生 [続きを読む]
  • A子がTUTAYAでフラッシュバックを起こす
  • A子が観たいアニメのDVDを借りにTUTAYAへ行った。しかし、残念ながらそのアニメのシリーズは一つも置いてなかった。DVDが無かったのはA子のせいでは無い。単に、お店にDVDが無かっただけのことである。しかし、この時A子は父親との過去の出来事を思い出してしまった。フラッシュバックだ。その時A子は父親と車で、ゲオへ行った。しかし、その時も、今回と同様に借りたいDVDは無かった。A子は父親に「TUTAYAに連れて行って」と頼ん [続きを読む]
  • 夫とのLINEでわかった新事実
  • 以前から娘が父について「自分で都合の悪いことは覚えていない。悪いとも思わない」と批評していた。夫は娘に対して様々な虐待と思われても仕方がないことをやってきた。長期の入院生活から退院しても娘は具合が悪かった。現在よりもっとひどい状態だった。今ではわかったが、主治医、看護師、他の多くのスタッフから虐待を受けていたのだ。病気が良くなるはずがない。当時の娘ができた事はたったの3つだった。インターネットで簡 [続きを読む]
  • 朝から解離
  • 朝、ベッドから起き上がる時から様子がおかしかった。身体が重たい。まだ、横になっていたい。しかし、仔犬の様子が気になり、何とか起きた。と、床に足をつけた途端に、いつもと違うことがわかる。立ってみる。まるで、床から足が離れないように、足が重たい。柱や壁につかまりながら、ようやく一階に降りた。ティアは丸まって寝ていた。しばらくすると、私の音で起きて、頭を上げる。「ああ、生きていた」と一瞬ほっとする。いつ [続きを読む]
  • 解離も人それぞれー娘の場合 2つのパターン
  • 娘は現在も毎日、解離を起こしている。解離による身体症状も激しい。頭痛、体の強張り、関節痛、体の痛み(体の内部の時もあれば、表面の時もある)。体の痛みが酷い時は、手足の先まで痛くなるし、手足の指と指の間の皮膚すら、つっぱり痛みを感じる。娘は私と違い、想像力が高いので、解離もしやすい。解離して、小学生の時の娘、中学生の時の娘が表面に出て来る時もある。過去の自分に乗っ取られることも時には起こる。しかし、そ [続きを読む]
  • 珍しく解離が続く1日だった
  • 朝、4時半頃に1度目が覚めた。しかし、身体が重たく疲れを感じたので、もう一眠りした。夢見が悪かった訳でもない。しかし、6時過ぎに起きた時には、解離が始まっていた。軽い解離なので、意識は普通にある。酷い解離を起こすと全く記憶が残らない。どういう状態かというと、頭の中で特に前頭葉がうにゅうにゅする感じとやたらに足が重いのが特徴的だ。足の重みを感じる症状は私の解離の中では1番出やすい。いつもなら、起きてしば [続きを読む]
  • 仔犬がやって来た!
  • 4日前に、2ヶ月になったばかりのマルチーズの仔犬が我が家に来た。天気予報は雨、しかも激しい雨の可能性もあるとのこと。車で迎えに行くとは言え、雨は可哀想だと思っていたが、移動の際は一切降らなかった。この子は運が強そうだ。今度は女の子で、とても活発な子だ。名前は娘が命名。ギリシャ神話の女神様から「ティア」と名付けてくれた。星になったマルは男の子で、性格はかなり大人しく、いたずらも殆どしなかったし、ご飯の [続きを読む]
  • 複雑性PTSDで困ることと魔法の〇〇
  • まず最初に、大きな地震が続いています。被害が最小限で済むことを願うと共に被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。私は複雑性PTSDにうつ病を併発している。うつ病の方は幸いにも、医師から処方された薬でコントロールが出来る。それでも、重症の娘を抱えながらの生活なので、うつ病には、基本的に一剤とされている抗うつ剤を三種類服用している。絶対にこれ以上増やすことは出来ないので、精神的に負荷がかかる物を取り除く [続きを読む]
  • 前の夫のことでEMDRを受ける
  • 今日のカウンセリングのテーマは既に決まっていた。前の夫の精神的虐待についてだ。新幹線の駅に向かう車の中で、体の異変が始まった。胸の辺りがイライラ、ざわざわする。新幹線に乗り、すぐにメジャートランキライザーを1錠飲んだ。しばらくは薬が効いていた。しかし、新幹線が目的地へ近づくと、不安感が襲って来た。予定より1本早い新幹線に乗ったので、カウンセリングまで時間を潰さなければならない。どこで時間を潰すか考え [続きを読む]
  • 父親にキレそうになる
  • 先日、実家へ行って来た。家に入り、父がこう言った。「最近、信じられないことがあるんだよね。 親が子供を虐待する、何でそんなことが出来るんだろうな」何言ってるの?あんたの事じゃん。と思ったけど、口には出さなかった。虐待って、暴力だけじゃないんだよ!貴方自身がやった「お前は頭がいいから、国立大学へ行け」だって立派な虐待だ。そもそも私に自分の憧れの人の名前を付けたことで、母親が嫉妬心を抱き、私を虐待し [続きを読む]
  • 解離も人それぞれ ー私の場合
  • C先生に私の大学時代の話をしていた時のこと。ある日、車を運転して、公園みたいな所へ行き、ぼおーっと過ごしていた。そこには池があり、夕暮れ時にヤマセミが飛んで来た。模様からしてヤマセミだと思うけれど、実際よりも大きく見えた。最近、Google MAPで調べてみたけれど、どこの公園に行ったのかもわからない。当時からバードウォッチングを趣味にしていたのだから、珍しいヤマセミを見たのなら、後日、もう一度確認に訪れて [続きを読む]
  • ペットロスでEMDRを受ける その2
  • 最初にC先生から、過去のトラウマを扱うEMDRとは違うことの説明を受けた。続けて「マルちゃんの出来事を起こった順番通りに今日までのことを話してください」との指示を頂いた。今回もU先生と同様、C先生が手を左右に振り、それを目で追うという眼球運動を使うことになった。EMDRが始まった。手の動きを目で追っていると、C先生から「一番最初にマルちゃんがおかしいと思ったのはいつですか?」と尋ねられた。それは亡くなる2 [続きを読む]
  • PTSDの命日反応
  • とにかく体調が悪い。今朝はゴミ出しの日だったので、外へ出て歩いてみたが、本当にトボトボとしか歩けない。テニスの自主練習の日だが、とてもじゃないけど、無理と判断してLINEで、断りの連絡を入れた。一昨日、東京へカウンセリングに行った疲れがこんなに長引くかなぁと不思議に思いながら、とにかくゆっくり過ごしていた。いつもはある食欲も出ずに、昼食を抜いて体の回復に努めた。しかし、さっぱり元気にならない。4月と言 [続きを読む]
  • おみくじ
  • 話が少し戻るが、千鳥ヶ淵に花見に行く前に、娘の病気が治るようにと、上野の五條天神社へ行った。そこで、二人でお参りをして、健康祈願の御祈祷をお願いをして、その後、おみくじを引いた。家の近くにも大きな神社があり、毎年初詣での時にはおみくじを引いている。私がいつも気にしていたのは「病気(やまい)」だった。自分自身も長く患っていたので、自分の病気について占っていた。すると、「信心すれば、良くなる」、「病は軽 [続きを読む]
  • ペットロスでEMDRを受ける その1
  • 夫がアパートへ引っ越して、娘と二人暮らしになってからしばらく経っていたが、娘とは必ずしも上手くいってなかった。お互いが素直な時は良いのだが、娘が朝から解離を起こしていたりすると、トラブルになることがしばしばあった。マルが亡くなって、私が気落ちして余裕が無くなると、娘とのトラブルは増えた。娘からは「お母さん、ずっとイライラして、今まで怒らなかったことでもすぐに怒る」と指摘されるが、私は客観的に自分を [続きを読む]
  • このままじゃダメだ
  • マルの火葬は動物病院から紹介されたお寺さんでやってもらった。人間のお寺さんだが、ペットの葬儀もやってくれる。こんな所があるなんて、初めて知った。娘が花言葉を調べてくれて、かすみ草、ガーベラ、家にあるローズマリーを持って行った。対応も丁寧で優しく迎えてくれた。部屋の中には祭壇もあった。お坊さんがお経も唱えてくれた。娘と私が書いた手紙、花をマルの周りに飾って、最期のお別れをした。涙がふた粒、溢れて来た [続きを読む]
  • マルを火葬してもらう日の朝
  • 私はまだ近親者を亡くしたことがない。両親も兄妹も健在。前夫の養母の姉の死には立ち会ったことはある。でも、あまりにも遠い存在だったので、悲しい気持ちは殆ど無かった。リビングには動かなくなったマルの亡骸が確かにある。昨日から、鳴き声も聞いていない。しかし、私の心はマルとのことを思い出すことを拒否している。拒否することで、マルの死を受け入れない状態であることもわかっている。昨日書いたブログにも、私の感情 [続きを読む]
  • 突然、愛犬「マル」がお星様になった
  • あとひと月で13歳になるはずだった。人間で言えば、70歳を越えた頃に当たるのかな。最近は、寝ている時間も増えて、活動量が減っているのは目に見えていた。しかし、一昨日までは全く元気だったのだ。ご飯も良く食べるし、声も力強かった。それが、昨日の朝、ゲージの中が余り消化されていない軟便でいっぱいだった。水をたくさん飲んだのか、水の減りが激しかった。マルは元気が無かった。ここ二日、朝起きるとヒーターの上から外 [続きを読む]
  • 夫が家を出る
  • 娘と父親の関係は相変わらず悪かった。娘の相手は全て私がしており、夫は何一つ関与していなかった。娘が具合が悪く、パニックになった時にも、私一人で対応をして、夫は常に蚊帳の外だった。夫が今までに起こして来た問題もあるが、それだけではなく、娘は夫の発言や答えを求めている時の無言にも腹を立てていた。C先生の何回目かのカウンセリングの時に、娘はいかに父親と上手く行っていないかを訴えて、しまいには「お父さんと [続きを読む]
  • 複雑性PTSDの説明を受ける
  • C先生から、お母さんに面談に来て欲しいという依頼を受けて、娘と一緒に会いに行った。話というのは、娘の症状のことだった。娘はアクシデントがあるとキレたようになるのだ。アクシデントとは言っても、日常的にある些細な(あくまでも、私からすると)ことなのだが。本人は「解離を起こしている」とか「フラッシュバックを起こしている」と言うのだが、とてもフラッシュバックを起こしているようには見えない。単にヒステリーを起 [続きを読む]
  • 新しいカウンセラー
  • 実家に戻って来た娘の為に、私がお世話になっているU先生が新しいカウンセラーの方を紹介して下さった。初めてなので、私も一緒にご挨拶に行った。アラフォー位で、はきはきした男性の方だ。初めに「病院で虐待を受けて、治療機関に強い不信感があるのに、良くここへ来て下さいました。」と言ってくれた。考えてみると、こんな事を言われたのは、初めてのことだ。娘に対して、とても心を砕いて下さっているのが、良くわかった。娘 [続きを読む]
  • 興味がないことは覚えない、必要なことも伝えない夫
  • 夫の話が続いて恐縮だが、記憶力の悪い夫にうんざりしている。10日程前から、夫が背中の痛みを訴えていた。私は若い頃にひどい頚椎ヘルニアを患ったことがある。診てもらった先生は大変腕が良く、私が勤めていたクリニックの患者さんが整形外科の診察が必要な時は必ず、その先生に紹介していた。ヘルニアは通常、椎間板がつぶれて中身が出る為、時が経てば、中身が干し葡萄の様になり、悪さをしなくなり、ヘルニアも治って行くとの [続きを読む]
  • アスペルガー傾向の夫の特徴
  • 正月早々、私達の言い争いの声を聞いて、娘がフラッシュバックを起こした。銀座行きは中止せざるを得なかった。親の言い争いは娘が小学生の時にさんざんして来たのだ。その嫌な記憶を思い出させてしまったのだ。娘が言うには「親父(実父)の方がまだマシだ。親父は変わろうとしていた」その通りだ。前の夫は反省して、変わる為の約束を自分で決めて実行しようとしていた。約束を書いた日から3日間は。不思議なことに4日目からは、約 [続きを読む]