岩手下野船団 さん プロフィール

  •  
岩手下野船団さん: 鮎一筋
ハンドル名岩手下野船団 さん
ブログタイトル鮎一筋
ブログURLhttps://ameblo.jp/ayuhitosuji/
サイト紹介文シモツケテスターによる岩手、秋田河川釣果情報及び鮎の飼育日記
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 60日(平均2.5回/週) - 参加 2017/07/22 17:30

岩手下野船団 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 米代川4.5
  • 16日、17日と今年最後の鮎釣りに行ってきました。台風が心配な釣行でしたが、なんとか間に合いました。いつものように朝、7時に出発10時ごろ鹿角につき、とりあえず大滝温泉の有名な宿に宿泊するので、挨拶がてら情報を聞いていろいろ話ししてるうちに、11時になりそれから川を見に、いろいろ見て回ってなんやかんやで、宿前になんとなく決めてお昼になり午後からの実釣です。今回は私含め、3名です。1名は橋の上流へ、私達2名 [続きを読む]
  • 米代川3
  • 今日も米代川に行って来ました。朝7時に出発、10時ごろには到着して川を下りながらどこに入ろうかみているとなんか川が、ささ濁りではないか?くる途中雨が降っていたけど、こっちは濁るぐらい降ったのか、でも水は増えてないし、釣りはできる範囲だからよしとし、今日は人が少ない、どうしたのか何処も空いてて入れる状態なので、高長橋のずっと上流に入りました。ささ濁りで川の状態が見えないままスタートです。いきなり、連れ [続きを読む]
  • 米代川2
  • 米代川、鹿角地区に行ってきました。大増水で鮎が残っているか心配でしたが情報を集めてみると、小さいながらもまだいるようなので行ってきました。朝7時に出発、着いたのは着替えて川にたったのは10時ごろでした。いろいろみて回り今日も高屋橋下流にはいりめした。着替えてる間に先行者に川向いから入られしまったと思いましたが、目当ての場所じゃないところに入ったため、すかさずやろうとした場所に入りました。開始そうそう [続きを読む]
  • 明日はどこへ、何年か前の北上川鮎
  • 9月に入り、鮎も終盤なんだけど今年は 大雨、増水で何処もパッとしません。 いつもの年なら、今から大鮎を、北上川、 米代川に行ってバンバンかけて楽しんでい るはずなのに、何だかなー? いろんな川に行ったけど(東北)、やっぱり きかない鮎は、北上川の鮎ですね。 流れも平坦に見えるけど、押しの強さ上波、 下波の強さが同じだから強さはピカイチ。 かかり鮎は、必ず沖に逃げるから、竿は 立てずにこらえなければとれない。 ハ [続きを読む]
  • 気仙川? 甲子川? どっち?
  • この間の大雨、増水で釣りができる川は 気仙川と甲子川しかない状況で気仙川に いってきました。 家から近いため、遅めの出動です。朝、 7時半に出て、気仙川についてどこに入る か見て回って走って下流に行く途中、人 人、やはり、どこもできないからみんな 気仙に集中したようです。 で、お目当の場所が空いていたので速攻 で入ってやって見ました。 上流には、がらかけの人、1人だけで、 その上には5人です。運よく私の所は 空 [続きを読む]
  • 飼育鮎4
  • 今日は飼育鮎の違いについて書こうと 思います。鮎はその環境、及び水質によって 形などが変化しますのでその辺はご了承くだ さい。 まず最初の動画は、金田一産です。特長と しましては鼻先がとがってない、背ビレも ぞくにいう、あまりびらびらしてなく普通 である。尾びれも大きくもなく、普通で 全体にまん丸な感じである。顔も優しいほ うである。 次の動画は秋田産である。 金田一産と比べると、鼻先はつとがっていて 鼻も [続きを読む]
  • 完敗、撃沈、雫石
  • お盆は釣りできないから、12日にはりきって雫石に行ってきました。増水前の好調だった頃を思い浮かべ、イメージトレーニングをしながら朝、7時に地元を出発9時半現地到着で、春木場橋から、川を除くと何?これ?この川の状態?川がくさりきってるじゃん?全体ですよ。はんでる石もないから、鮎も見えない。頭をよぎったのが、流された?でもここだけと思い、上流へ行き取り敢えずやってみることに、しかし、30分ぐらいしてダメダ [続きを読む]
  • 鮎タモ
  • この間の、釣行で今まで使っていたタモを 転んで壊してしまったのでお世話になって いる、シモツケ(大橋漁具)さんにたのんで タモを新調しました。 カーボン枠のタモなんですけど、今までも 使っていての感想です。 まず、軽い、さしやすいし抜きやすい 1番は、タモを流した時にカーボンなんで 浮かんで流れていきます。なので流されても すぐ、見つけれるし回収できるんです。 (自分) カーボンじゃないタモだと、沈んで流れて く [続きを読む]
  • 米代川
  • 8月6日は、秋田の米代川にいってきました。増水前の好調さわ、どうなったか?大槌から秋田までは、高速を使って2時間40分ぐらいで鹿角インターを降りて川を見ながら行くと、もう川には人、人だらけでした。唯一空いていた、たかやばし下流にはいってスタートです。開始時間は10時近く水量は少しだけ多くでも、釣りにはえいきょうありません。スタートしてすぐかかりました。でもかかった鮎は、鹿角鮎にはほど遠い17〜8センチでし [続きを読む]
  • 飼育鮎3
  • 飼育鮎は、病気もなく順調に育ってる。 やはり水温を一定にたもっているのが いいのかもしれない。 今年、最初は水槽を2つ用意したけど 1つが水圧に耐えれなくてこわれてし まって、2種類の鮎秋田産と金田一産 を別々に飼って研究したかった。 でも、一緒にしても鮎の形、背びれの形 鼻の穴の位置、鼻の先の形でわかるように なった。だから釣りに行ってかかった鮎を みてわかるのだ。 特徴はまた次の機会に書きたいと思います [続きを読む]
  • 気仙川
  • 今日は、鮎釣りができる河川は気仙川、甲子川、鵜住居川、大槌川ぐらいしかなかった。2週間も鮎釣りしてなかったから昨日は、寝れなかった。楽しみで??それで釣れてると評判の良い気仙川にいってきました。今年初めてです。いつもだと、解禁は気仙川なんだけどね。去年いい思いをした下流域にいってみたらなんと、川が変わって石が埋まって半分が砂地になって金魚草がはえてました。なんたることか、他の場所は人だらけなもんで [続きを読む]
  • 飼育鮎2
  • やはり、水温を18度にたもつと食いがよくなる。 大きくなるのも早いし、肥満鮎である。 このまま、病気にかからなければ、水温を 一定にたもてば、かからないと思う。 今まで、大槌産はお盆頃、盛産は7月、秋田産 は6月と病気にかかってきた。 今年初めて、金田一産を飼育してみてまだ、 かかっていない。いつかかるか調査中である。 来年は安家産を、調べてみたいと思っている。 今日、餌を食べてる動画です。 [続きを読む]
  • 今日も、ドライブ
  • 少しの望みをかけて、気仙川に。山道を下りていく途中の、沢、気仙の上流は濁ってないし、水量も増えてない、よしと思い下っていくと、遠野側からの、沢から濁りが上有住、下有住、住田と行くと、増えてる濁ってるで、ガッガリ。 えーいこのまま!駄目元で内陸までいってみたものの、この間の雨の時よりも、どこの川もまっ茶色、あとは諦めて盛岡の上州屋によって店長と、話しして朝来る時の、甲子、鵜住居は渇水だよって、教えて [続きを読む]
  • 飼育鮎。明日は何処へいこうか
  • 今日の、飼育鮎の状態です。沢水だけだと、水温が上がって酸欠になったり調子がわるくなるから、地下水と混ぜて水温を18度ぐらいになるようにすると、とても活発になるようです。餌を食べてる様子です。明日は、岩手河川、秋田河川とも増水して釣りになるとこあるかな?地元の、沿岸河川は大丈夫みたいたがら、ただ今後のふりかたにもよるけど。甲子、鵜住居、気仙、閉伊川どこも今年はいいです。天然が、結構上がってますので、 [続きを読む]
  • 夏バテ?飼育鮎
  • 飼育鮎は、水温が上がりすぎると、餌の食いが悪くなる、18度ぐらいが、活発になる。上がりすぎると、餌は食べなくなるし、酸欠になって死んだりもする。いろいろ、研究の結果、18〜20度が、活発に活動することがわかってきた。だから、釣りに行っても、水温を計ってやろようにしている。あと、日陰を作ると、日陰を好んで日陰のほうにいたりする、これって、川でもなのか、研究中である。あと、日が照ってくると、追い星が、は [続きを読む]
  • 長時間ドライブのち岩手河川
  • 16日は、心踊らせ一路秋田へ。道中は、内陸にいくたび、雨、土砂降り、嫌な予感!いく先々の、河川は、まっ茶色、秋田に着く頃予約していた、宿から電話が、まだ、こっちにむかってなかったら、来ない方がいいよってもうついてるし、よってから帰るって言ったら料金はいらないっていうから、それじゃだめだからって、半分おこうとしても、なかなかうけとらない。こっちも負けずに、わるいからってむりやりおいてきた。とても、い [続きを読む]
  • 飼育鮎
  • このごろ、どんどん大きくなっていく鮎たち。そういえは、昨日、雫石のタネ鮎さんも言ってました。私が、どこさんを離してますか?って聞いたら秋田産と、かの有名なある漁協産でした。ある漁協産、放流するときあんな、小さくて大きくなるの?って言ってやりました、私、大きくなりませんって、放流するときに12センチ以上ないと大きくなりませんって、やっぱりって言ってました。タネ鮎頼んでも、小さくてダメだって、だから秋 [続きを読む]
  • 雫石川
  • 今日は、初めて雫石川へ行ってみた。今週、釣り具メーカーの大会があるから、どこいっても、人、人、だらけではいるとこなんてないって感じでした。最初は、竜川に入ったけど、、竿一本分しかできない状態で、真ん中全然で、ヘチで2匹だけ。ヘチしかかからない感じ。そのうち、アメマスなんだか、わからないけどかかって、竿おっちまうし、さんざんでした。午後に、葛根田川の方に行って、仕切り直したけど、ここも、人、人でした [続きを読む]
  • 解禁はしたものの?
  • 解禁はしたものの、どこも、パッとしない。昨日、一昨日の増水で、鮎が散らばってくれればいい!じゃないと、去年と同じダメな年になりそうです。ふと思うこと、近年なぜか、鮎が解禁になっても小型化している、震災まえは、解禁には、20センチ級に、大きくなっていたものだ、ここ数年は、大きくても平均18センチどまり、15センチがザラである。わたくしなりに、鮎を飼育して、思うことは、ある漁協産を、岩手河川に、多く放流す [続きを読む]
  • 飼育してきずいたこと
  • 今年から、違う産地の鮎を飼ってみて、俺なりに気づいたことは、冷水病は、最初から鮎自体が持っていて、なんらかの理由で発症するんじゃないか。水温であったり、天候であったり、水質など、なぜなら、初めて使った水槽で、発生してるからだ。そして、水槽の設置方、上、中、下と、同じ水を使用している。上の水槽に、最初にいれて、その排水が中の水槽に、その排水が下の水槽にと、この原理だと、上の水槽の鮎が、病気にかかれ [続きを読む]
  • 2017/06/26
  • 鮎を飼育するようになって、10年近くなります。今年は、飼育水槽を、2つ用意し、写真上の方には、秋田産、真ん中には金田一産をしいくしています。解禁まであと、わずかとなった、東北では待ち遠しいかぎりです。上の写真は、金田一産の鮎の様子です、大きいものは18センチクラスまで育ってます。次の写真は、秋田産です。大きいものは20センチぐらいです。岩手の川も、このぐらい育ってるといいんですが、はたしてどうなのかな [続きを読む]
  • 過去の記事 …