ゆかりんパンダ さん プロフィール

  •  
ゆかりんパンダさん: 経過良好!ガンを小腸揉み&生菜食で消す大作戦
ハンドル名ゆかりんパンダ さん
ブログタイトル経過良好!ガンを小腸揉み&生菜食で消す大作戦
ブログURLhttp://ykrpanda.blog.fc2.com/
サイト紹介文乳ガンから肝臓ガンに2回転移。現在は腸揉み&生菜食のみで腫瘍マーカー減少、腫瘍も縮小中です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供39回 / 83日(平均3.3回/週) - 参加 2017/07/23 02:34

ゆかりんパンダ さんのブログ記事

  • 「やっぱりお肉が良いんですね。」
  • 今朝の情報番組で、ご長寿のおじい様がテレビに出ていました。「お肉をよく食べます。」とおっしゃっていました。それを聞いた女性の出演者の方が、「やっぱり、お肉を食べることが大切なんですね。」とコメントされていました。テレビに出てくるご長寿の方が、「お肉をよく食べます。」って言葉は、よく聞くように思います。そう言う話を聞くと、「お肉」を食べてるからご長寿の方が健康なのかなって思いますね。楊先生の話では、 [続きを読む]
  • 【私のガン体験記8/③】左下の顎の腫れ
  • 2016年4月1日に抗がん剤を、再度開始する予定で、病院に行きました。前にも書いたけど、その日は仲の良い友達数人でドライブして、お友達のお店に行って美味しい牡蠣料理を頂く日。勿論、私だけ急遽キャンセルして貰いました。勿論、牡蠣を食べてる場合じゃないし、食べても心から喜べないから。後ろ髪を引かれながら、ひとりぼっちで4月1日に病院に行くと、抗がん剤を投与する部屋に通されました。今まで何度も行ってる病院です。 [続きを読む]
  • 【私のガン体験記7/③】薬膳セミナー
  • どうも秋に入ってから忙しさマックスで、なかなかブログの更新が出来てませんでした。書きたいネタはたくさん会って、題名だけ書き留めてる記事も沢山あるのですが、本文を書き上げるのに時間が掛かりまくりです。はい。元気にしておりましたよ。さて、前回までは、肝臓ガンの再発の告知をされた時のお話を色々書いていましたね。一度目の肝臓ガンの転移が発覚した時に、それまでの生活ではいけないのだと実感して、体に良さそうな [続きを読む]
  • 嫌な事【デトックス前の体調不良&後ろ向きマインド】
  • 腸揉み&生菜食をして、ガンが小さくなって来ている事は、やはり一番の喜びで、それに付随して色々体に良い影響は有ります。何でも良い事ばかり言うのはズルいと思うんです。良い事の裏には、良くない事も有る訳で、今日は久しぶりの「嫌な事シリーズ」。腸揉みをしてると、古便(宿便)が出る前は、体調が少し悪くなったり、気持ちが後ろ向きになったりする事が多いです。体がだるくなったり、お腹が痛くなったり、沢山寝たのに眠た [続きを読む]
  • 小腸ヨガセンターセミナー
  • 私がお世話になってる「小腸ヨガセンター」では、毎月2週目の日曜日はセミナーをやっています。楊先生推奨の生菜食ランチを食べてから、楊先生の話を聞けます。私は毎回参加してる訳では有りませんが、スケジュールが空いていたら、体験談を話に伺ってます。10月8日のセミナーは、スケジュールが大丈夫なので、体験談をお話させて頂こうと思ってます。少しでも参考になったら嬉しいです。私のブログに書かれている事よりも、より [続きを読む]
  • 睡眠不足
  • お久しぶりです。バタバタしてたら、あっと言う間に1週間以上経ってしまいました。すごく元気にしてます。でも、なかなか忙しい1週間でした。実は、先週の火曜日の夜に徹夜をしました。朝方7時位まで作業をして、その後3・4時間寝ました。昼前に起きたら、頭は不思議とすっきり。その後、夜までそんなに眠くならずに夜になりました。以前なら日中頭がボーッとしてましたが、今回は感じませんでした。それは、不思議です。しかし [続きを読む]
  • 【私のガン体験記6/③】告知後の咳
  • 前にも少し書いたと思いますが、一回目の肝臓ガンの転移の時も、今回の再発の時も、ガンの告知をされた後、咳が止まらなくなりました。いや、もしかしたら、告知の前も少し咳をしたりは有ったかも知れません。一番覚えてるのは、今回の告知された日の夜に、初めの乳ガンの時から色々話を聞いて貰ったりしてた、兄貴的存在のK師匠に電話した時でした。電話口で話ながら、やたら咳をする私に、「その咳は大丈夫なの?」って聞かれた [続きを読む]
  • 診察の日でした
  • 昨日は、2ヶ月振りの診察の日でした。体調も変わらず元気、体重は、もっと太りたいけど、これは残念ながら変わらず。と、言う状況で、右あばら骨の盛り上がりも、より下がって来てるかなぁ〜と言う体感で、でも、何となく肝臓辺りに張りが有るような…。と、診察前は、やはりちょっぴり心配が顔を出します。今回はどうだろう?で、病院に行ったら、待合室に人が沢山。来月のピンクリボン月間前に、検査の人が増えてるんでしょうか [続きを読む]
  • おのころ心平さんの講演会に行ってきました。
  • 先日の土曜日に、おのころ心平さんの特別講演「病気にならない人間関係のつくり方」に行ってきました。講演会では、オシャレな自己紹介動画や、人との繋がりに関する感動的な動画を挟みながら、分かりやすい話を聞かせて貰えました。人の悩みの多くは人間関係と言われます。人とのコミュニケーションや、心の持ちようが、健康に大切なんだなぁと思いました。そして、「視点を変えること」。これも大切だなぁと思いました。一番印象 [続きを読む]
  • 【私のガン体験談⑤/3】再発を友達に報告
  • とりあえず、相談室で泣いて、不安は残ってるけど、少し冷静さを取り戻した私。告知された後、大変な事は、家族を含めて親しい人に連絡しないといけない事。「どのタイミングにお知らせするか」、「どの範囲の人までお知らせするか」は、人それぞれですが、結構難しい問題です。一番悩んだのは、その次の日に誕生日の親友を、私がレストランに招待してて、一緒に誕生日を祝おうと計画してた事。彼女に隠してお祝いは出来ない。絶対 [続きを読む]
  • 【私のガン体験談④/3】肝臓ガン告知直後
  • 7ヶ月の抗がん剤で無くなったハズの肝臓ガンが再発したと聞かされて、頭が真っ白な状態。ぬでも、何処か冷静な自分も居たり。そして、一旦待ち合いのロビーの椅子に座る。『大変な事になったなぁ。ホントに、ホントに間違いじゃ無いのかな。今回はPET検査もCTも、してないし。』と、考えてると、バイト先からメールが届いた。「4月のバイトの日は、この日とこの日に入れますか?」毎月月末に来るメールだ。『こんな状態で働いてら [続きを読む]
  • 【私のガン体験談③/3】肝臓ガンの再発の告知
  • 再発疑惑の続きからです。そして、採血した結果を聞きに病院へ。待合ロビーでの時間がひたすら長い。周りの人は帰って行くのに、何故か私の名前がなかなか呼ばれない。2度も経験してるから、何となく分かるのです。検査結果が思わしくなかった人は、受付順とは違って診察室に入るのが、後回しにされる事が多いのです。その間も不安になる気持ちを何度も打ち消しながら、「おかしいなぁ。もしかして?いやいや、去年の春に、抗がん [続きを読む]
  • 【私のガン体験談②/3】定期検診→ガンの再発疑惑
  • 今回の肝臓ガンの再発の話を詳しく書いていこうと思います。初めは告知の所からなので、読んで気持ちが重くなってしまったらごめんなさい。一番心がつらいなーと思ってた時期なので、仕方がないです。でも、これを書いてる人間は、「今は生野菜食べながら、楽しく生活してる」と思って読んでくださいね。2016年3月。いつもの検診。前の年の2015年の春に肝臓ガンが抗がん剤で無くなった後は、毎月検診に行っていました。2ヶ月毎に [続きを読む]
  • 楊先生語録No. 6【真の健康とは】
  • 「本当に健康な人は、環境に体調を左右されない。」9月に入って、急に秋の気配が本格的にしてきました。今年の夏も暑かったけど、電車に乗れば弱冷車でもそこそこ涼しい。街に出れば、あちこちのビルはクーラーが効きまくって寒いくらい。だから、暑くて辛いと言う感覚は有りませんでした。元々、暑くて汗がタラダラ出るのは問題なく暑いのはウェルカムな私です。反対に、クーラーが大嫌いだった私ですが、今年の夏は、クーラーが [続きを読む]
  • 私のガン体験談①/3
  • 40歳で乳ガンの告知を受けてから、46歳で肝臓に転移。47歳で肝臓にガンが再発。その3回のガンの経験の話を書いていこうかなぁと思ってます。それを時系列で書くのか、一番大切な今の自然療法の肝臓ガンの経験を書くか、ちょっと迷ってました。ガンを経験すると、書く事も沢山出てきます。それが3回も有ると、それぞれ違う話が沢山有る訳です。でも、やっぱりこのブログは、私の病気で苦労話を書く事より、腸揉み&生菜食で、ガン [続きを読む]
  • 体と心
  • 前回の投稿「がん」か「ガン」か「癌」かhttp://ykrpanda.blog.fc2.com/blog-entry-64.html?spで、「がん」を「ポン」と呼ぶと言う話を書きました。これって、ガン患者さんが受けるイメージを柔らかくする事で、精神的に楽になる効果が有るのでは無いかと思ってます。私は、ガンの告知をされて、凄く落ち込んだ時、お気に入りのお笑い番組の録画を何度も観ました。単純に、嫌な事を一時的にでも忘れたい為に観るだけなんですよね。 [続きを読む]
  • 「がん」か「ガン」か「癌」か
  • このブログを書くにあたって、ちょっと考えた事が有ります。タイトルに書きましたが、このブログでの表記を、「がん」か「ガン」か「癌」のどれにするか。ガンの経験のない人には、「どれでも良さそうなのに」と思う人も居るかもしれません。でも、ガンの告知を受けてショックを受けた事が有る人間としての経験から、特に告知を受けて落ち込んでる時には、どの文字もなるべく見たくない言葉でした。中でも「癌」と言う漢字は、やま [続きを読む]
  • がんサバイバーとして
  • ガンになった事が無い人は、身近にガン患者の人が居て、その気持ちを想像する事は出来ても、実際の心の中までは分からない人が多いと思います。私もガンになる前までは、ガン患者の人の気持ちは分からなかったし、気持ちが分からないから、どう接して良いかも分かりませんでした。乳ガンの手術で、約一週間入院した時に同じ時期に入院して話をするようになった乳ガンの再発の年上の女性が居ました。家族と離れて入院してて、する事 [続きを読む]
  • 夢と告知
  • ちょっと投稿が止まってました。こう言う病気のブログって、出来るだけ定期的に続けないと、読んでる方を心配させてしまうかも知れないので、続けなくちゃなぁ〜と反省です。単に忙しかっただけです。あ、体調はすこぶる良いです。夏バテも知らず。生野菜も食欲モリモリです。ところで、変な話ですが、一度目の肝臓ガンへの転移の時も、二度目の肝臓ガンへの再発の時も、病院で検査をして告知される前に、ガンを告知される夢を見た [続きを読む]
  • 生菜食に良いお店見つけました。
  • 今まで梅田での食事は、大戸屋によく行ってたのですが、阪急の駅からは結構な距離が有り、ちょっと困ってました。他にもちょっとはお店が有るけど、普通の加熱した料理のランチにサラダバーのお店が多くて、加熱した物は食べないので、割高になるのが、ちょっと勿体ないのが難点でした。今日の夕方、阪急梅田界隈で食事をしたいと思って、ちょっと前に小腸ヨガセンターの美砂子さんに教えて貰ったお店を思いだし、「678(ロクナナハ [続きを読む]
  • リュックサック
  • 丁度、去年の今頃、腸揉みに通う道を歩いてる時に思った事が有ります。私は荷物が多い方です。以前から肩掛けのバッグだと重いので、リュックをよく使います。自分も含めて、町を歩いてるリュックの人を観察してみると、リュックを背負ってる人は、歩く時にウエストの捻りひねりが少ないので、腸への刺激が少ないかもと思ったのです。リュックを背負うと、背中側の腰にカバンが当たっています。ウエストをひねって歩くとカバンが動 [続きを読む]
  • 自分の体と相談する
  • お盆休みに入ったからか、知人のFacebookに美味しそうな料理が、たくさんアップされてて、いちいちヨダレが出そうになってます。(笑)そんな中、やっぱり基本的に生野菜&生穀物の食事です。こんな時はちょっと悲しいかな。でも、今日は地元野菜をたくさん売ってるお店に行って、日頃買わない「そうめんかぼちゃ」を買ってみました。どうやって調理するのかネットで調べると、加熱する方法がほとんど。加熱したらそうめん状になるの [続きを読む]
  • 楊先生語録No.5【人の体の凄さ】
  • 「人の体にとって本当のよい環境を作る事で、体が勝手に治ってくれる。それなのに人が外から体を変えようとするから上手くいかない。」腸揉みを始めた頃に、楊先生に言われました。「私が病気を治すのではないです。私は手助けをするだけ。治すのはあなただし、体に良いお膳立てをしてあげれば、あなたの体が勝手に治ってくれます。」楊先生は、腸を揉んで、排便をしやすくするだけです。体の血を汚し体の不調を作る「宿便(古便)」 [続きを読む]
  • 嫌な事【体調不良】
  • 腸揉み・生菜食で、今はエネルギーがみなぎって、体調も良いですが、ここまで来るまでに、アップダウンは有りました。腸揉みをやり出しす直前は、数ヶ月前にひいたキツい風邪で大分減ってしまった体力、そこに来て「肝臓がん再発の告知」で受けた精神的ダメージで、体も心も超低空飛行でした。道を歩くのも、お婆さんに追い抜かされる位トボトボと歩くし、電車ではまず空いてる席を探して座ることしか考えない状態でした。腸揉み始 [続きを読む]
  • ローフードの本
  • 「女性のためのナチュラルハイジーン」と言う本を読んでみました。著書が、「チャイナスタディ」を翻訳した松田麻美子さんでした。オシャレ系のローフードの本とは違って、色々研究されていて、食事から体を健康にすると言う観点は一緒だなぁと思いました。書かれて有る事も、なるほどと言う事や、楊先生から聞く話と同じ所も有って、一味違う本だなど思いました。ただ、この「ナチュラルハイジーン」は、生野菜たけでなく、果物も [続きを読む]