utlogan さん プロフィール

  •  
utloganさん: 牛ときどき午|米国西部ユタ発
ハンドル名utlogan さん
ブログタイトル牛ときどき午|米国西部ユタ発
ブログURLhttp://utearth.blog.fc2.com/
サイト紹介文研究者ママから見た、07年生まれの息子を通したアメリカ教育。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供60回 / 263日(平均1.6回/週) - 参加 2017/07/23 05:43

utlogan さんのブログ記事

  • 冷蔵庫断捨離に成功
  • ここ2ヶ月ほど取り組んできた冷蔵庫断捨離。ようやくここまでスッキリしました〜。ビフォアーの写真を撮っていないのが悔やまれる。。。奥から、何ヶ月前の?って食品がワンサカ出てきた開かずの間がこんなにスッキリ。ここまで整頓すると、家にはどの生鮮食品があるか記憶でき、スーパーで二重に食材を買うミスが減りました。長期で徐々に庫内の食品を減らしていくにあたり、以前は1週間に一度、スーパーでまとめ買いをしていた [続きを読む]
  • 少なくとも子供達は英語に興味を持っている
  • ランドセルの宣伝で、子役達4人がステージに立って、将来何になりたいですか?と質問されました(リンク先)。一人目は、英語で外国人とコミュニケーションをとりたい二人目は、ハリウッドの映画にでたい三人目は、アナウンサーになりたい四人目は、英語の先生になりたい4人中3人も、英語や世界に興味を持っている。一方で、大人はこういうことを言ったりします。幼児向け英語スクールに通わせても、世界で通用する英語は身につ [続きを読む]
  • アメリカ子育てママの本棚
  • 友達の家に行き、本がずらっと並んでると、どんな本を読んでいるのかなって見るのが好きです。我が家は、この10年で6回も引越しして、本は2年おきくらいに処分しちゃうのですが、それでも大事な本は、太平洋を超え、持ってきています。大人の本棚。夫は、最近はほとんどkindleにしてて、私の本が多いかな?人を動かすと7つの習慣は、我が家のバイブル。仕事や日常で、あの人はどうしてこういうことするんだろう、と対人問題は [続きを読む]
  • 遅ればせながらスペリングBeeをやってみた
  • アメリカで行われるスペリングBee. ワードを聞いてスペルの正確性を競争するコンテストです。今までやる機会がなかったのですが、ちょうど学校でコンテストをするとのことで、準備してみたのですが、そこには思いもよらない難所が待っていました…スペルを勉強するには、ワードの発音を聞いて、スペルを答えるのが、一般的な学習だと思います。我が家の場合、親の二人とも英語ネイティブではありません。しかも、高校や大学など若 [続きを読む]
  • アメリカSTEMスクールのサイエンスプロジェクト
  • サイエンスプロジェクトの連絡が来たのは1ヶ月前。家庭で準備をして、家族も手伝って、ポスターを仕上げてくださいとのこと。ご丁寧にこういうフォーマットで作るとか、研究の中でどういうポイントを重視するとか、たくさんの情報が送られます。なかなかエンジンがかからず、ようやく始めたのが3月中旬。それからコツコツ調べて、どうにかポスターを完成させました。行った研究は、マニアックすぎるのですが、息子がどうしてもや [続きを読む]
  • ロングドライブを飽きさせない必殺ツール
  • ロングドライブの間、どのようなことをして過ごしますか? 息子のサッカーのチームメイトは、テレビで映画を観ることが多いです。うちの車はテレビがついてないので、普段はラジオや音楽を聴いています。最近、夫が職場の同僚達と6時間ドライブで出張に行ったときに、オーディオブックを聞いたそうなんです。私たち世代以上のアメリカ人の旅の定番と言ったところでしょうか? 往復12時間、結構楽しめたようで、早速我が家も試 [続きを読む]
  • ダジャレへのタイムラグ
  • 料理中、息子が笑いながら「ねぇねぇ、お母さん、聞いてー」と近づいて来ます。こういうときは要注意。ダジャレを英語で言ってくるパターンなので、聞き漏らさないように、耳を立てます。「Do you want to taco ‘bout it? It’s nacho problem.」軽く間、、グスッ。どうも英語のダジャレというのは、すっとは笑いがこないです。逆に、息子と日本のドラマ99.9を見ていた時に、主人公の松本潤が、ダジャレを言うぞう、のシーンにな [続きを読む]
  • 学校より優先されること
  • 息子の歯医者さんの予約を取るときは、ひと苦労です。まず、ここの歯医者さんは、午後4時が最終で閉まり、土日はやっていません。さらに春休みなどもお休みです。つまり、平日の学校がある時間帯+αしかやっていないのです。学校に影響なく歯医者に行かせるには、4時の枠しかないのですが、そう考える家庭も多く、なかなか予約が入りません。じゃあ、月曜の9時にどお?と普通に言われるので困ったもんです。「学校休ませたくな [続きを読む]
  • I love youを毎日伝えることに〜
  • 息子のお友達が家に遊びにきて、お母さんに電話。最後に、「I love you, Mom!」と、言っていました。今時っぽい子だったので、周囲に臆することなくI love youを言ことに、ビックリ。その子が帰った後、息子に、「I love youなんて、電話で言ってくれたことないね?」って言ったら、「お母さんもねー」って言われてしまいました。確かに…保育園の朝バイバイする時から、何かの折につけハグして、「大好き〜」って言ってましたけど [続きを読む]
  • ウィンターストーム到来
  • タイミングが良いことに、週の後半にウィンターストームが到来し積雪、週末は雪のコンディションが最高です。先々週はパウダーマウンテンに、先週末はビーバーマウンテンでスキー。パウダースノーはめっちゃ滑りやすい。ただし、パウダー=気温が低い、でスキー場はかなり寒いです。先週末は夫が出張で不在なので、息子と二人でスキー。息子には、とうの昔に体力を追い越され、今シーズンはスキーの技術もスピードも抜かされた。ま [続きを読む]
  • バイリンガルたるもの、その複雑性
  • 最近、バイリンガルって、語学の組み合わせによってはめちゃくちゃハードル高いよなぁという事に気がつきました。息子のサッカーのチームメイトに、英語とスペイン語のバイリンガルがいるんですが、そのママに「じゃあ、読んだり書いたりもできるの?」と聞いたら、「もちろん」と。なんでそんなこと聞くの?って顔をされました。その時に、そっかぁ、スペイン語って話せれば、読み書きもそれほど難しくないのね、と知りました。日 [続きを読む]
  • そろそろマイレージプログラムを乗り換えようかと
  • 日本ではJALに乗っていました。アメリカにもヨーロッパにも出張があったので、比較的に路線が充実して便利でした。ステータスがサファイアにあがると、年会費を払ってクレジットカードを維持すれば、キープできます。そうすると、優先搭乗やラウンジが利用できるので、積極的に乗っちゃうのですよね。ところが、、アメリカ本土に越して問題が発生しました。JALと同じアライアンスはアメリカの航空会社だとアメリカンなのですが、こ [続きを読む]
  • Ph.D取るよ
  • 息子はサッカーに一生懸命なのもあって、高校出たら、大学には行かないでプロになりたいと言います。それも人生、挑戦するなら、こっちも腹を括らないと、と思ってます。最近、大学の職場の人と食事に行ったときに、息子も連れて行ったら、博士課程の学生と仲良く話していました。その会話をよくよく聞いたら、「僕もPhD取ろうと思ってるんだよね」とか言ってます。大学行かないと言ってたので、PhD(博士号)だなんて意外に思えた [続きを読む]
  • 冷蔵庫・食料庫、断捨離
  • ユタに越してからは、冷蔵庫、食料庫のストックが半端ない量になりまして。まずは、日本食スーパーが近くにありませんので、何かの機会に立ち寄る日本食スーパーに行くたびに、これは必要だろうからと買い込むわけです。日本に帰ったときも、スーパーで1万円くらい買って、持ち帰ります。そして、満杯になった食料庫を眺めて、ああー幸せ、と思っていたのですが、気がつかないうちに、賞味期限が切れたりして、食品の廃棄が増えて [続きを読む]
  • 受験から色々考えて
  • 日本を出て6年経つのですが、ふとしたことから日本の中学受験の記事を読んでビックリ。今は、試験を受けた当日や翌日には合格発表なのですね。こういう学校って、審査に時間をかけないので、点数で子供達を並べて、スパーンと決めるんでしょうね。ボーダーライン上の子供を選ぶ時は、他の要素も見比べるのでしょうが、ほぼ点数だけでのセレクションと知ると結構ビビります。ちょうど同じ頃、ママさんとアメリカの大学受験の話をし [続きを読む]
  • 英語学習者授業ELLのメリット
  • 先日、書類をチェックしてたら、昔、息子が小学校で受けていたELL (English Language Leaners)の成績を発見。ELLは英語が母国語でない生徒に提供される無償の英語教育プログラムです。学校の入学書類には母国語を記入する欄があり、通った学校では、英語が第一言語でない子供の英語能力を評価して、ELLプログラムの入会を決めます。息子の場合、小学校のキンダーガーデンが始まる4ヶ月前に日本からハワイに引越ししたので、英語は [続きを読む]
  • レゴ大会で学んだこと
  • 年が明けすぐFirst Lego Leagueの大会がありました。息子はこの大会に出場する小学校のチームにサインナップして、ここ4ヶ月、週1日2時間ほど放課後に集まって準備。大会では、制限時間内にロボットを使ってミッションをクリアすることで得点を競う競技と、今年のテーマのハイドロダイナミックスにちなんだ新しい水循環システムの提案のコンペで競います。この大会に向けて、レゴロボットを制御するプログラミングや、新しい水 [続きを読む]
  • 褒めることについて
  • アメリカ人との仕事で、毎回ハッとさせられるのが、アメリカ人ってめちゃくちゃ褒めるの上手だな〜ってこと。先日も、ちょっとしたミィーテングをして、最後にスーパーバイザーから、「君らは良くやっている、超誇りだよ」と言われました。達成度は小さなもので、うん?と素直に受け取れない所はあるのですが、メインの業務とは別の活動なので、こう言われると嬉しいし、モチベーションも上がります。こういう声かけ、今までの日本 [続きを読む]
  • 望んでいたSTEM授業
  • 学期中、ロングドライブの時に、なんとなく息子に今学校で何を勉強しているか聞いたら、Atom(原子)、と答えました。おおー、難しそうだ、と嬉しくなります。それまでも、water cycleとか、個人的に好きなトピックがありましたが、STEMの授業には期待してなかったのもあり、物理をやるんだ、というちょいマニアックな喜び。息子も面白かったようで、先生がこう説明してね、と話が進みます。STEMの学校なので、先生もよく勉強して [続きを読む]
  • フラワーペン
  • このホリデーは風邪をひいて家にいる時間が長かったので、フラワーペンを作ってみました。お花も葉っぱも全部ペン。いつも、ペンがどこ行った?ってなっちゃうので、フラワーペンみたいにデコレーションしたペンの方が探しやすいです。ついでにこうやって飾っておくと、片付きます。2年前の母の日に、息子からもらったフラワーペン。銀行で見かけたことがあったけど、このペンって作れるんだねー、ってびっくりして、とても嬉しか [続きを読む]
  • カリフォルニアの山火事と保険会社
  • カリフォルニアの山火事Thomasがサンタバーバラまで及んだのを知った時、エリアを調べたら、想像していたよりかなり広範囲で、驚愕しました。サンタバーバラにはこの夏に友人が引っ越ししたので、家を買ったタイミングだったらと思うと心配です。今回の一連の山火事による家財や車の消失で、保険会社にはすでに2万件ものクレームが上がっているそうです(情報元)。これらの手続きが行われ保険金が支払われるまで数ヶ月かかる見通 [続きを読む]
  • スキー場で板を知る
  • ソルトレイクシティ近郊にあるsnowbirdとaltaスキー場に行ってきました。snowbirdはお友達おすすめ、傾斜がきついで有名です。初日、下で1回滑って、早速トラムに乗り山頂3300mまで上がります。嫌がる息子には、迂回のIntermediateコースもあるからと説得しました。ところが、トラムが到着して、コースに続く道を滑り始めると、雪が少なくコースの閉鎖の看板ばかりで、まさかの迂回のintermediateコースまで閉鎖。唯一オープンし [続きを読む]
  • 息子へのクリスマスプレゼントは
  • 息子は一昨年あたりから、サンタクロースの存在を怪しんでいて、去年はお互い騙されたフリでプレゼントを送り受け取っていたのですが、今年は自然とフェードアウト。ついに今年は我が家にサンタさんは来ません。その代わり、私たちに、自分の欲しいプレゼントをいくつか挙げてきたので、その中から今年は、株にしました。包装紙の中はギフトカード入れが入ってて、さらにその中に、指定されたHasbroの株を買った日と買値を記入した [続きを読む]
  • クリスマスのギフト
  • 12月に入ってからご近所からミニギフトが頂くようになったので、急いでクッキーを焼きました。ご近所に配るミニギフト、ユタの名産、ハチミツもつけます。こちらは、子供のクラスで配るチョコレート。裏にはシールを貼って、From XXと名前も書きました。レジで買った時、若いレジのスタッフがこれすごい良いーと喜んでいて、子供にも好評だったみたいです。食べて見たら、ハーシーズなので、あの独特の味ですが、美味しかったで [続きを読む]
  • 週間予報とにらめっこ
  • スキーリゾートは徐々にオープンしてますが、スキー場にはまだ雪が少ない状況。今年はラニーニャで乾燥してるので、積雪が少ないようです。できれば冬休み序盤にスキーに行きたいと思っていたので、ジリジリと週間予報を見て、あーでもないこーでもないと言っていたのですが、今日ようやくストームが来ました。これだと雪も積もりそうかな?というわけで、そそくさと宿泊をとって、冬休みが始まったらとっととスキー行きます。今年 [続きを読む]