ゆきちゃん さん プロフィール

  •  
ゆきちゃんさん: 大腸がんと子育てと
ハンドル名ゆきちゃん さん
ブログタイトル大腸がんと子育てと
ブログURLhttps://ameblo.jp/k201412/
サイト紹介文38歳2児のママです。33歳にて大腸がん、1年後卵巣転移、腹膜播種発覚。腹膜切除後再発なし4年目突入
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供32回 / 114日(平均2.0回/週) - 参加 2017/07/23 13:32

ゆきちゃん さんのブログ記事

  • 現在の体調
  • 2012年12月   大腸がん手術(S状結腸) 2013年12月   卵巣転移手術 ・ 両卵巣切除 2014年3月    腹膜切除(HIPEC)             腹膜・脾臓・胆嚢・子宮 切除 2014年6月    血栓が見つかり下大静脈フィルター留置            ワーファリンの服用が始まるが腎臓出血のためバイアスピリンに切り替える 飲み薬は  バイアスピリン・ランソプラゾール(胃薬) を朝に1錠ずつ 体調 [続きを読む]
  • 次男の事
  • こんにちは。こちらは今日は雨です?秋を通り越してもうすっかり冬になってしまい、とうとうタイヤ交換の心配する時期まで来てしまいました。もうすぐ雪の季節が始まってしまいますやだな〜寒いのは大キライです さて、家の次男は現在小学1年生。見た目はだいぶ大きく身長は132?と3年生のお兄ちゃんと大して変わりません。横にも大きいのが悩みですが・・・ヽ(;´Д`)ノ そんな次男は、親の私が言うのもなんですが、とっても [続きを読む]
  • なぜがんになったのか
  • 私は33歳にて大腸がん34歳にて卵巣転移・腹膜播種という病歴です。(現在38歳) 私自身、前兆の血便は痔を疑ったし、まさかこの歳でがんはないよなと、高をくくっていた部分はありました。 ネット情報だと30代までは1000人に1人。大半は60歳以降。でも、まさかの大腸がん。まあ、確率0ではないですからね。 ちなみに、両親も祖父母も姉も、がんにはなった事はありません。 初回の手術時に「30代の大腸がん患者は初ですよーいろ [続きを読む]
  • TS-1
  • 2014年3月の手術後、FOLFIRIを受けていましたが、副作用が酷く、あまりにも辛いため先生と相談しTS-1に変更をしてもらいました。(9月だったと思う) このころから髪の毛もだいぶ増えだし、まだまだベリーショートながらカツラいらないかな?と悩むくらいまでになりました。カツラって蒸れるし、装着が面倒くさい!!手入れも大変だし。はずした後なんて子供のおもちゃになりそうだったので、毎日クローゼットの奥に隠してました [続きを読む]
  • おみくじ
  • こんにちは。いつもブログを読んで頂きありがとうございます。 こちらはもうすっかり冬です。子供たちも手袋、ジャンバーで行くぐらいになりました。最近は、子供の小学校の学習発表会や長男のサッカーの試合(3週連続)とバタバタした週末を過ごしていました。サッカーは始めたばっかりで、まだまだ下手くそだけれども週に4日の練習を休まず頑張って行っています。私は今まで興味がなかったのですが、子供がやっていると応援にも [続きを読む]
  • ワーファリン
  • 前回の記事で血栓での入院の事を書きましたが、その後ワーファリンの服用が始まりました。血液を固まりにくくするために飲むのですが、 なっとうやクロレラは禁止出血に注意する(ケガや歯医者)血液検査をしてから パンフレットを頂く位なので強い薬のようでした。薬の量も血液検査の数値を見ながら、慎重に決めていきました。内科の先生も他の薬との飲み合わせに注意が必要との事で、風邪の際も毎回確認していました。市販の薬も [続きを読む]
  • 血栓
  • ID:804p8i 腹膜切除後、はじめてのCT検査が2014年6月にありました。血液検査や再発による異常はなかったのですが、肺の近くに血栓が見つかりました。 内科→心臓血管外科にまわされ、即入院、車いすに土曜日だったので子供達は夫に預けて一人で来ていました。急いで電話をし、入院道具一式届けてもらいました息苦しいとか全然なく前日まで子供達と元気に遊んでいたので本当にビックリ! 入院の翌日、内科の先生に呼ばれました。 [続きを読む]
  • 術後抗がん剤(FOLFIRI)
  • 地元に戻り抗がん剤が始まりました。HIPEC手術は3/24日、抗がん剤は5/1日からでした。手術から2ヶ月以内に行うのが良いそうです。 大阪の病院で、「ひどい播種じゃないから術後の抗がん剤はしなくてもいいかな〜でも念のために軽めの(TS-1)やっとくか」と言われていたのでそのつもりで地元の病院に行ったら、お手紙にFOLFIRIと体はすごいダメージ受けてるし、食事も以前の半分がやっとの状態だったので大阪の先生に確認してもら [続きを読む]
  • 次男入園式
  • 3月に無事に手術が成功し、付き添ってくれていた実母と別れ、地元へ戻る日が来ました。 まだ、歩くのがやっとの状態。関西の空港までは母がいましたが、飛行機に乗るのは一人です。何も考えずスーツケースできてしまい、失敗。地元の空港で受け取りの時に持ち上げられない・・・ダメ元で関西の空港に相談したところ、その時はお手伝いできないとの事でしたが、地元の空港へ連絡をいれて頂いていたようで着いた時にアナウンスが係り [続きを読む]
  • 血液検査
  • 15日(金)は、血液検査の日でした。現在、半年毎のCT検査、3ヶ月毎の腫瘍マーカー検査をしています。結果は ↓ ↓  ↓CEA 0.9CA19-9 9CA125 10.7その他項目も異常なしでした!12月にCTと大腸内視鏡検査が入ったので、検査食と下剤をもらってきました今から気が重い、、、 [続きを読む]
  • お金の事
  • がんと宣告されたのは33歳の時でしたが、私は結婚してすぐに夫のがん保険の配偶者保証をかけていました。 診断された時の一時金や手術費用、私の名義の女性疾病特約から保障される金額は ¥1,145,754(大腸がん手術) ¥225,037(大腸がん術後抗がん剤入院) ¥890,000(卵巣切除手術・術後抗がん剤入院) ¥560,000(腹膜切除手術) 合計¥2,820,791 振り込みがありました。 こんなにもらえるなんて思ってもいなかったので本当 [続きを読む]
  • 食後の痛み
  • 私は今まで、帝王切開−大腸がん手術(腹腔鏡)−卵巣切除手術(開腹)と3回手術を経験しましたが、この腹膜切除術は他の手術の比ではありませんでした。手術に反対する医師も多いというのも納得です。 切除した臓器の数も違いますが、一番苦労したのは食後の痛み!!食事を摂ると、腸が動くのかものすごい痛みが、、、でも、食べないと回復も遅くなると思い、一口食べては悶絶、一口食べては悶絶で4割くらい食べ終わる頃に次の [続きを読む]
  • 退院まで
  • 皆さんこんにちは。こちらは、朝晩だいぶ涼しくなってきて、タイミングをずらしながら家族で風邪をひいています。手術を受けてから風邪を引きやすくなりました。 切除した臓器に「脾臓」がありますが、調べてみると、「体の健康を維持するための免疫機能を担っている」とのことで納得しました。R1ヨーグルトでも飲もうかな?と最近考えています さて、腹膜切除が無事に完全切除という形で終わりましたが、私の手術後の経過につい [続きを読む]
  • 病理検査結果
  • 手術が終わり目が覚めると夫の顔がありました。「がんは全部取れたって!!」聞いた瞬間に子供達や家族の顔が浮かびました。良かった、本当に良かった、、完全切除という形で今回の手術を無事に終える事が出来ました。病理検査結果骨盤内に1ミリの腫瘍が3個だけだったそうです。当初の予定通り、子宮、胆嚢、脾臓、腹膜の切除と温熱療法を行いました。大腸への転移はありませんでした予定時間より1時間早く先生が出てきたそうで、 [続きを読む]
  • 手術〜腹膜切除(HIPEC)
  • 2014年3月岸和田にて腹膜切除(HIPEC)実施手術内容腹膜、大網、胆嚢、子宮の切除手術予定時間は5時間腸にも転移がある場合は人工肛門の可能性があると説明がありました。子供達は夫の両親に預け、夫と私の両親が来ていました。術後の2週間は母に付き添ってもらう予定でした。この手術がダメなら抗がん剤だけになってしまう、、子供達の事や死への恐怖が再発を知らされた時からいつも頭の中にありました。でも私が泣いたり不安を口 [続きを読む]
  • 抗がん剤(FOLFIRI)
  • 皆さん、おはようございます。だんだん秋の気配が漂い始めましたね〜昨日は多分今年最後となるプールへと家族4人で行ってきました。日差しは強くて暑かったのですが、水が冷たかったようで、、震えながらあがってきましたでも、なんだかんだで1時間は泳いでました子供は元気!そして、先週持って行った次男の朝顔        ↓        ↓        ↓ツルすら伸びてない・・・他の子のも見てみたけど、花が咲い [続きを読む]
  • 岸和田へ(セカンドオピニオン)
  • 皆さん、こんにちはこちらは今日は?です今年は本当に雨が多いですね夏の遊びがなかなか出来ずに、子供達も夏休みは体を余してましたよ昨日から小学校が始まり、親としてはホッとしていますこのブログを始めたきっかけは、腹膜播種になった方の完治ブログがゼロに等しいこと。術後の抗がん剤(1年間)が終わり無治療にて2年が経過して3年目、完治の光が見えだした事。油断は出来ないですが、再発の恐怖が少しずつ減って行く中、生 [続きを読む]
  • セカンドオピニオン
  • お盆も終わりましたね。こちらは北国なので もう秋の気配が漂っています。帰省先から戻り、15日〜また仕事が始まりました。体の事考え週2、3日事務の仕事をしていますさて、2013年12月に腹膜播種がわかり、ネット検索で腹膜切除術(ハイペック)の事を知ったのは、まだ入院中の事でした。開腹手術だったので11日間の入院でした。まだまだ生きたいと必死になって、ようやく見つけた一筋の光でした。術後の内診の検査の時に婦人科の [続きを読む]
  • 腹膜播種発覚
  • 手術が終わり、意識が戻ると執刀した女医さんがすぐ近くにいました。ICUへの移動中でした。私は「がんはすべて取れましたか?」と聞きました。先生は少し言葉につまりながら「卵巣のがんは取れました。でもお腹にニキビみたいなものがあったので、抗がん剤を頑張りましょう」と言いました。ニキビって何だろう?全部取れなかったの?と不安なまま、ICUでの治療になりました。そして一般病棟に戻った後に先生から説明がありました。 [続きを読む]
  • 卵巣転移手術
  • 卵巣への転移が分かり、2013年12月に手術が決まりました。内容は両卵巣切除、子宮切除。子宮は念のための切除です。大腸がんの手術からちょうど1年後に再発となりました。検査結果が出るまでは、体調も悪くなかったので、なんで‥っていう思いがすごく強かったです。ただ、一度だけ。再発がわかる1ヶ月位前に、起き上がる時に下腹がピリって痛んだんです。本当にその1回だけでしたが、違和感があった痛みでした。でもその後の体調 [続きを読む]
  • 再発
  • 4人に1人大腸がんステージ3aの再発する確率です。この確率を見て、多分私は大丈夫だろうと、がんは見つかった時に遠隔転移していなければ、手術でとってしまえば終わり、、なんて、軽く考えていました。がんは甘くないと、私の考えが甘かったと、この後知る事になります。その日は子供達を義父母に預けて、内視鏡の検査とCTの検査結果を聞きに行きました。内視鏡の検査が終わり、先生の話が始まりました。「内視鏡の検査は大丈夫で [続きを読む]
  • ゼロックス副作用
  • 2回目、3回目と回を重ねるにつれて、副作用が強く出てきました。洗濯物は手のピリピリがひどく、ゴム手袋。真冬(北国)だったので、吹雪の中の幼稚園バス待ちは地獄でした手袋2重、マスク、帽子をしても、顔がこわばるというか、、、足先も痛いし、手先も痛い!そして、味覚障害まで出始めました子育てや仕事をしながら治療されている方は沢山いるかと思います。みなさん、どうですか?私は自分の事で精いっぱいでした。吐き気が [続きを読む]
  • 抗がん剤〜ゼロックス〜
  • 庭の朝顔が綺麗に咲いていますこちらは今日は涼しいくらいで、子供達が大好きな水浴びがなかなか出来ません??今週末より関東の私の実家に帰省予定なので、向こうで思いっきり遊ばせようと思っています。夏休みは20日までなので、あっと言う間に終わってしまいますからねさて、ステージも決まり、いよいよ抗がん剤をするための入院となりました。採血で白血球の数値の確認をしていくそうです。すごく気になっていた脱毛の件。説明 [続きを読む]
  • 手術 〜大腸がん〜
  • 12月に2週間の入院にて、手術を行いました。子供たちは義理の両親が面倒を見てくれましたが下は未就園児だったので本当に大変だったと思います。このあとさらに5回も入院する事になったので、義理の両親にはただただ頭が下がる思いです子供たちも、よく頑張ってくれました手術時間は予定通り3時間。特に合併症もなく予定通り退院出来ました。腹腔鏡だったので傷も全然目立ちませんでした病理検査結果S状結腸がん ステージ3aリンパ [続きを読む]