写遊人梓次郎 さん プロフィール

  •  
写遊人梓次郎さん: 梓次郎のフォト漫歩
ハンドル名写遊人梓次郎 さん
ブログタイトル梓次郎のフォト漫歩
ブログURLhttp://manpo-azusa.blog.jp/
サイト紹介文平城宮跡周辺の自然風景や野鳥、生きものを撮り歩いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供215回 / 365日(平均4.1回/週) - 参加 2017/07/24 11:01

写遊人梓次郎 さんのブログ記事

  • 冬到来のフォト漫歩
  • ようやく冬の兆しが見えてきたようだ。雲が多く薄ら寒い朝。近くの水辺へフォト漫歩、空も水辺もどんよりとした灰色。池のそばの道筋、四軒ほどの民家が並んで秋桜がまだ健在のようで・・・朝が早いと〈カンムリ鳰〉も驚くほど近くまで寄ってくる。人が活動し始めるころは遙... [続きを読む]
  • 帰ってきた長元坊
  • 天気は下り坂へ・・・ 雲の多い朝だがオオタカの出没を待って御陵へ時々陽射しはあるが雲はどんどん増えて、今朝もオオタカはやってこなかった。                   傷心の気持ちで真っ赤なポルシェのエンジンも重く・・     帰り道、民家の屋根に... [続きを読む]
  • 奈良公園フォト漫歩
  • 正倉院展もいよいよフィナーレ 暖かな小春日和の陽気で大勢の人たちが熱心に鑑賞聖武天皇と光明皇后の愛用した遺品や天平の頃〈シルクロード〉を越えて伝わった品々に感動国立博物館の人混みに圧倒されて早々に退出。 奈良公園周辺でお気に入りのところは、大仏殿の裏手だ... [続きを読む]
  • 立冬のフォト漫歩
  • 立冬も過ぎて冬本番なんだが、相変わらず気温が高く地域によっては〈夏日〉を記録したところも・・・  平城宮跡も紅葉はすすんできたがイマイチの感じ??若草山の山肌もまだ青みを残しているような。 例年もっと赤っぽく染まるのだが。この気候では冬の鳥たちも長野や岐... [続きを読む]
  • 雨上がりのオオタカ
  • 夜半の雨は日が昇る頃にはすっかり上がって・・・雲が多い空に、さんざん迷ったが意を決して  雲に切れ目の青空も見えて・・・   目指すは御陵の前・・・ 今朝はやってくるだろうか?野鳥ウォッチャーの姿はなく静かな時がながれる。10時前、突然右手からフワ〜リと大... [続きを読む]
  • 冷え込みも足踏み?
  • 冷え込みも一時的だったようで暖かな日が続いて・・・平城宮跡周辺の紅葉もイマイチ?野鳥たちの渡りも遅れているのかな?いつもの冬の使者たちは、どこかで足踏みをしているのだろうか?磐之媛御陵の北側からフォト漫歩へ・・・ 聞えるのはヒヨドリの甲高い鳴き声ばかりお... [続きを読む]
  • 蒼サギの3D?
  • 暖かな陽射しの下、真っ赤なポルシェで平城宮跡をひとまわり・・気温が高いためか史跡内の紅葉もあまり色づいていないようだ。いつもの池の遊歩道も野鳥の姿を見ることはなかった。池のマガモたちは日を追うごとに増えてきているようだが、近年は数が少なくなってきたような... [続きを読む]
  • 小春日よりフォト漫歩
  • 冷え込みは多少緩んで雲の多い朝。空を仰げば黒い怪しげな雲が覆って通り雨でも?    大鷹の飛来を心待ちにするが、二匹目のドジョウはいなかった。  遊歩道の脇の南京ハゼの大木、いつも通りがかりに気になっていた。毎年、真っ赤に色づき存在感を出していた。小春日... [続きを読む]
  • 冬到来のフォト漫歩
  • 北国からは初雪の便りが、秋はさらに深まって・・・・  市街地も今秋一番の冷え込みだったとか。ブル ぶる buruburu    真っ赤なポルシェでいつものフィールドを一回り・・・ きのうに代わって雲が少なく、暖かそうな晩秋の陽が・・・〈ヒッ ヒッ ヒッ・・・〉 ... [続きを読む]
  • 晩秋のフォト漫歩
  • きょうから11月ことしも残すは2ヶ月あまり・・・平城宮跡をぐるっと一回り一面に秋の野草が風になびき、晩秋の風情はあちこちに   聞えてくるのはモズの高啼きばかり    梢の先で盛んに縄張り宣言か? きっと年が明けると求愛給餌の行動が活発になるかもネ・・・  ... [続きを読む]
  • 秋色のフォト漫歩
  • 一歩一歩季節は進んでに秋の色は濃くなって・・・日の出時間も随分と遅くなってきた。 朝は布団の中がいちばん心地いいような蒼サギが梢でなにを想うのか? 晩秋の陽が差し込み始めて・・西の空には二十日の月がまだ残って・・・ 別名を〈寝待ち月〉とも云うらしい。月... [続きを読む]
  • 早朝のフォト漫歩
  • きのうに比べてチョッピリ朝の冷え込みは増したかな?・・・愛車ポルシェを横付け撮影にかかるが早くも先客が3名余り  朝もやが沸き立って幻想的な水辺。 ヒヤッとした空気感が気持ちいい。コブ白鳥の〈こーちゃん〉朝は必ず絶好ポイントにやってくる。きのうはパン屑をプ... [続きを読む]
  • 深まる秋のフォト漫歩
  • チョッピリと冷え込みが増したような・・・そんな朝だった。好天をもたらした高気圧も去り今夜から明日はどうやら     真っ赤なポルシェはきょうも快調に・・・  冷え込みの凛とした空気感が気持ちいい  水上池は一面に朝モヤに覆われて幻想的な佇まい。 コウちゃ... [続きを読む]
  • 秋日和のフォト漫歩
  • 爽やかな秋晴れが続いて、いつもの池の周辺は渡りの鳥たちが増えてきているようだ。磐ノ媛御陵の正面、どこからか〈カチ カチ カチ〉と聞覚えがある鳴き声に用心深く辺りを見回すと灌木の先でジョウビタキのオスを発見         この場所は彼の定席だ。今冬もいつも... [続きを読む]
  • 一雨ごとの冷え込み
  • 年が明けると一雨ごとの暖かさなんて云われるが・・・さしずめ今の時期は一雨ごとの冷え込みかも・・・・  〈秋霖〉という言葉が好きなんだが、地球温暖化の影響か?秋霖のようなシトシトと降る雨はあまりなかったように想える。  ただ今朝は雨の前の暖かさか? 明け方... [続きを読む]
  • 秋日和のフォト漫歩
  • 何だか久々の爽やかな空模様のような、そんな気がする朝だった。ちょっと気温は高く汗ばむようだが・・・まさに〈秋日和〉と云ったところか週末からの平城宮跡のイベントを避けて、ちょっと遠回りで磐の媛陵の裏手の遊歩道からスタートお濠の岸辺はすっかり秋の佇まい。〈ジ... [続きを読む]
  • 秋色のフォト漫歩
  • 相変わらずの空模様本来なら抜けるような青空、白い綿雲が秋の定番なんだが・・・イマイチピリッとしない天気 朱雀門の鴟尾でモズの高啼きの声が・・・  まるで平城宮跡に響き渡るかのようだ。いくら何でもちょっと高すぎやしないか??    勢力をおさめていたセイタ... [続きを読む]
  • 御陵の住人達
  • 平城宮跡の北の外れ、磐の媛之命御陵のお濠も夏の主役達は姿を消して、代わって秋の住人達があっちこっちに大きな柿の木の下で日向ぼっこの夏アカネ  赤トンボの名前は胸や胴が赤いとか腹の模様が細いとか、イマイチ判らず。 この種は判りやすい。真っ赤な胴に眼が薄いブ... [続きを読む]
  • 秋色の平城宮跡へ
  • 少し雲は多めだがまずまずの空模様・・・セイタカアワダチ草が真っ黄色に平城宮跡を染めて朝からノビタキが古都の秋を満喫して・・黄色の谷間を飛び回って昆虫の補食に大忙し・・・遙か彼方だが二羽のノビタキが・・ 一羽は顔が真っ黒でクロノビという個体らしい。通説では... [続きを読む]
  • 秋の気配?
  • 遅ればせながら秋の気配を感じるような・・平城宮跡も一面が黄色の絨毯を敷き詰めたように・・東院庭園にほど近い田んぼ。 稲刈りも終わったらしく一面に苅田が広がって今年もノビタキがやってきた。遙か遠くを凝視、長旅の疲れを癒やして採食に大忙し・・・おっツガイか?... [続きを読む]
  • 再び池を巡りて
  • 雨が上がって北からの高気圧で冷え込んでそろそろ本格的な秋の訪れが・・・高温多雨に台風の襲来で異常な天候が続いたせいか?池のあっちこっちには まだまだ睡蓮の花は健在の様子。 さすがにやや色あせが見うけられるような・・ 花の命は短くて苦しきことのみ多かりき と... [続きを読む]
  • 早暁のフォト漫歩
  • 今夕から天気は下り坂で明日は広い範囲で雨模様のようです早朝、目が覚めたのは5時を少し廻っていて、外は真っ暗で曇っているのか、晴れているのか判らず                 5:58分 日の出時刻 真っ赤なポルシェで現地へ着いたのは6時15分ほど前でした  ... [続きを読む]
  • 汗だくのフォト漫歩
  • 10月になって1/3の日が過ぎたが、相変わらず気温が高い日が続く朝夕はそれなりに涼しく感じるが、日中の陽射しに思わず空を見上げて・・・いつもの池もコブ白鳥のコーちゃんだけが遊泳中いつもの池の周りを一回り。して〈磐の媛御陵〉で一休み。猛暑だった日々、お濠を飛び回... [続きを読む]
  • 朝のフォト漫歩
  • 早朝のフォト漫歩と云っても日の出の時間からすでに2時間余り経って・・・   もうこれ以上の早起き出来ず・・・ 高い木立に遮られていた朝陽がようやく      タシギの営巣地を照らし、ようやく水草の間から姿を見せ始めた。池の中洲をヨチヨチと歩き始めて、タシギ... [続きを読む]