写遊人梓次郎 さん プロフィール

  •  
写遊人梓次郎さん: 梓次郎のフォト漫歩
ハンドル名写遊人梓次郎 さん
ブログタイトル梓次郎のフォト漫歩
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/suzakumon710/
サイト紹介文平城宮跡周辺の自然風景や野鳥、生きものを撮り歩いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供211回 / 353日(平均4.2回/週) - 参加 2017/07/24 11:01

写遊人梓次郎 さんのブログ記事

  • 梅雨明けのフォト漫歩
  • 西日本の各地に未曾有の被害をもたらした豪雨。 これで中・四国から近畿が一気に梅雨明けとも・・真夏の太陽になんともやりきれない気持ち。複雑な気分でほぼ一週間ぶりのフォト漫歩へ平城宮跡、水上池周辺は水浸しだった。樅の木の葉先からぬ〜っと顔を出したゴマダラカミ... [続きを読む]
  • 暇つぶしの雨
  • 7月になってから、やはり雨の日が多くなってきた。  梅雨入りしても少雨傾向だったが末期になって連日の雨には    DVD映画鑑賞にも飽きて、PSEでレタッチの復習に・・・・「モノサシトンボ」画像で雨中の恋をレタッチして暇つぶし。雨降りのレイヤーを作成、原画像にレ... [続きを読む]
  • アオバズクの子育て
  • 今夏も青葉繁る木洩れ日の中で、子育てが始まったようだ。 ただ一羽のヒナが巣穴から落下。 巣穴に戻ることはできず、愛鳥家が仮の巣箱を準備して無事収容されてとも。 親はヒナにもっとも近いところで、終始見守っているような。付近を徘徊するカメラマンたちを威嚇して... [続きを読む]
  • きょうから後半戦??
  • ・・・と云ってもサッカーや野球の話ではなく・・・ 大雪  に見舞われた冬も桜の開花に押されるよう一気に春へ少雨傾向の梅雨入りも異常なことこの上なし。  早くも関東甲信で梅雨明け宣言へ  息も絶え絶えのアオサギエサをもとめて、口ばしも半開きで羽根... [続きを読む]
  • 梅雨明け???
  • 6月の末に梅雨明け     そんなバカな?? 沖縄に次いで??? 熱帯夜の毎日で扇風機は出番後、すぐ引っ込んでしまって代わってエアコンがフル活動            アオイトとんぼ&キイトとんぼのコラボ仕事と暑さでトンボ撮影もままならず。 鬱蒼とした御... [続きを読む]
  • 真夏日のフォト漫歩
  • 梅雨はどこへ行ったのか? 中休みが続いている。      奈良市街地も今夏初めての真夏日となったようだ。朝から気温がぐんぐん上昇して、お昼前には30度ラインを突破??    炎天下の平城宮跡は訪れる人もなく、朱雀門も夏草の海に漂うがごとく。猛烈な暑さにペ... [続きを読む]
  • 木洩れ日のフォト漫歩
  • 束の間の青空が広がった。  夏陽が照りつけるなかフォト漫歩に・・・ 平城宮跡はだだっ広いだけで木陰もなく磐の媛陵までたどり着くとホッと一息。 ここは木陰があってお濠を抜ける風が涼しい。枯草の先で羽を休める蝶トンボもホッと一息か   規則正しい編み目が夏日... [続きを読む]
  • 雨後のフォト漫歩
  • 大雨も去ってお昼過ぎから青空が出始めた。     いままでオオタカの指定席だったが、最近は姿を見せないことが多い。きょうは大サギが束の間の青空を楽しんでいた。大きな翼を広げて長い脚で羽繕い。高いところでリラックスしていた。全身で梅雨の晴れ間の日光浴か??... [続きを読む]
  • 雨の止み間
  • 大地震の後  また梅雨空が戻ってきたようだ止み間を狙って水上池周辺へ       相変わらず風景で写欲をそそるような被写体もなく・・・ きょうはとんぼや蝶の姿も見えずぬかるみがむき出しの田んぼ  苗がヒョロヒョロと寂しく植えられて・・コチドリが地中にくち... [続きを読む]
  • 古代天皇の宴会場跡
  • 近くの平城宮跡で奈良時代後期の大宴会場跡が出土したという。続日本紀754年孝謙天皇が東院で貴族ら100人を集めて大宴会を催したと記録されている。井戸水と一体した建物跡やカマド跡並んでいた。合理的に大厨房が作られていた。 近隣でもあり梅雨の晴れ間の陽射しを浴びな... [続きを読む]
  • 梅雨の中休み?
  • 梅雨前線は南下して爽やかな空がきょうも広がって  平城宮跡を颯爽とフォト漫歩。東院庭園のすぐそば、大きなネムノキがピンクの花を咲かせていた。花先は繊細な刷毛のような花びら? 風に揺れて右へ左へなびいて、思わず頬に触れさせてみたいような・・・セッカや大葦切... [続きを読む]
  • 梅雨の旅路
  • 毎日空を見上げてフォト漫歩を占う雲が多く今にもポツポツと降り出してきそうなそんな日々。                        安眠妨害 ガクアジサイの真ん中で蝸牛が一匹、まったく動く気配はなく・・・そこへ一匹のミツバチ、花蜜を採取にやってきた。 ... [続きを読む]
  • 梅雨最中のフォト漫歩
  • 心配された台風5号と大雨はどうやら避けられたような。池の周辺の田植えはほぼ終わったような。 早苗が風にゆ〜ら ゆ〜ら〜 今シーズン、初顔合わせの団扇ヤンマ、水辺の風にゆ〜ら ゆ〜らこの種のトンボは狙いやすい、飛んでも必ずもとに戻ってくる。水辺に産卵にきたコ... [続きを読む]
  • 梅雨の晴れ間
  • 鬱陶しさを吹き飛ばすような青空が広がった南の方では台風が密かに接近中のようで、 明日からはまた梅雨空に逆戻り。                 夏草の中を疾走青空は広がったが蒸し暑いことはこの上もない。               平城宮を疾走する大軌バ... [続きを読む]
  • 梅雨の晴れ間?
  • 梅雨入り発表・・・ うっとうしい雲間から日が差し込んできた。 いつもの池の畔、田植えはほとんど終わっていた。 年々、田植えの農家が少なくなっているような気がする。揚羽蝶がぬかるみで舞いながら愛を確かめ合って・・・息もピッタリ・・・折角のところへ恋の横車を... [続きを読む]
  • 梅雨入りの発表
  • 今日は近畿から東海、関東、甲信は梅雨入りのようだ。まぁしばらくフォト漫歩も不定期になることは間違いなし。梅雨入り前のフォト漫歩で〈磐之媛御陵〉へ  お濠の岸辺で見つけた猩々蜻蛉ひっそりと羽を休めていたが、手前の水草が少々邪魔な存在。 カメラアングル迷って... [続きを読む]
  • 梅雨入り前のフォト漫歩
  • いよいよ入梅の前兆か? きのうに変わって雲の多い天気だ。蒸暑さもあって不快指数も上昇もよう・・・ 天気は下り坂へ      いつものコースをフォト漫歩。ほぼ田植えはすんで農家もやれやれと一息・・まだ田植えはすんでいないのか? コチドリがカップルでチョコチ... [続きを読む]
  • 長元坊の子育て
  • ことしも長元坊が高架下の橋脚部分に営巣を始めていた。先月の中頃はオスの長元坊だけ確認していた。 ヒナの姿は全く見えなかった。 ところが何と   6羽のヒナがいたという。                  大きな影 あいにくと兄弟の内で最も大きいヒナ一羽だ... [続きを読む]
  • F15J古都を飛ぶ
  • 梅雨の気配は何処かへ消えて、夏を想わせる空の下自衛隊奈良基地の基地祭が開かれた。午後2時過ぎF15J戦闘機が轟音と共に平城宮跡の上空をひとっ飛び(合成)炎天下の下、北東の方角から姿を見せたF15J 自衛隊奈良基地上空をデモ飛行。昨年は2機が飛来したがことしは1機のみ... [続きを読む]
  • 夏へ一歩
  • 今日から6月、そして夏への入り口か?・・・・    その前に通らねばならないうっとうしい梅雨。 きのうは1日を通して降り続いた。  だがまだ梅雨入りの発表はなかったように想うが・・・黒糸トンボ? 物差しとんぼ? どれも同じように見える。交尾の態勢がうまい具... [続きを読む]
  • いよいよ梅雨入り?
  • 朝からまとまった雨が降り始めた。   公式発表はまだないが、中国、近畿の梅雨入りは間違いないところだろう。午後からは年に1回の同窓会。 出かける前の僅かな時間に画像の整理。 紋白蝶の求愛行動? どうやらアザミの花がお好きと見える。 告白に接近中?後から回り... [続きを読む]
  • つゆ間近のフォト漫歩
  • 九州北部から四国地方が梅雨入り発表    平年より8日昨年より23日も早いという。 その影響からか?朝から雲に覆われてどんよりとした空模様まぁ、降水確率はO%で予定どおり     エコな真っ赤なポルシェで〈とんぼ探索〉へ いつもの水辺トンボの姿はまったく見ら... [続きを読む]
  • 青ヤンマは何処?
  • 日増しに暑さが増して応えるようになってきた。きのうに続いて里山のトンボを探し求めてフォト漫歩磐の媛之命陵のお濠の水辺、暑さと共にトンボの姿も増えてきた。青ヤンマは朝からお濠の周辺の縄張りを巡回中。 葦の群生をくぐり抜けたり、縫うように右から左からへ精力的... [続きを読む]
  • フォト漫歩・平城宮〜
  • 梅雨入りが近いのか? 朝から雲の多い一日だった。陽射しが弱い分、歩調もはかどると想ったが やっぱり暑かった。    黄糸トンボを今夏始めて視認。 葦の葉末で休息中か?すぐそばでは越年トンボか? 休息中。  レンズを向けたらチラッと顔をカメラに向けてモデル... [続きを読む]
  • フォト漫歩菅原の里Ⅱ
  • 気温の高い日がつづく梅雨が近いのか、少々蒸し暑さが感じられる。再び平城京の外れ〈菅原の里〉へ野鳥ウオッチング。 目指す野鳥の姿は見えず垂仁天皇陵の周辺は田植えの準備が進んで『日曜日の雨次第だよ・・・』と農家の人は云っていた。アオサギの幼鳥か?まだ恐れるこ... [続きを読む]