写遊人 梓次郎 さん プロフィール

  •  
写遊人 梓次郎さん: 梓次郎のフォト漫歩
ハンドル名写遊人 梓次郎 さん
ブログタイトル梓次郎のフォト漫歩
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/suzakumon710/
サイト紹介文平城宮跡を撮り歩いています。天平文化が花開いた歴史の里山は自然にあふれ四季の生物がイッパイです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供57回 / 90日(平均4.4回/週) - 参加 2017/07/24 11:01

写遊人 梓次郎 さんのブログ記事

  • きょうも雨
  • きょうで8日連続の雨。盛夏は猛暑で一雨ぐらいはと想っていたが、   朝から仕方なく未整理の画像編集でも・・・磐之媛御陵の裏でふと見つけた『アオイトトンボ』二匹。  一匹は見失ったが、残りの一匹はモデルを買ってくれたような光景に思わず一期一会の感動を覚えて・... [続きを読む]
  • また今日も雨?
  • きのうの晴れ間も一日と続かなかった。朝から本降りとなっていた。きょうはフォト漫歩は ???午後から雨が止むのを待つことに昨日のフォト漫歩で撮った『蝶』の画像でも整理することに・・主な野鳥の名前は概ね分かってきたつもりだが・・蝶の名前は分かりづらいことはこ... [続きを読む]
  • 束の間の晴れ間
  • 4日間降り続いた雨もようやく晴れ間が戻ってきた.使い古された諺『天高く 馬肥ゆる秋』なんてほど遠い毎日だった。大きな柿の木の下で大サギが眼もくれずに畑のエサ探しに忙しそう。気温はやや冷え込んで御陵の周りは、野鳥の声が賑やかになってきたような・・・。目の前をヒ... [続きを読む]
  • いよいよ出番が
  • 季節外れの天気も今日までか? 前線が南下しながら冬の大気を運んでくる     夏の大気が異常に踏ん張って秋の空気が立ち往生のようだった。それにしても暑かった。平城宮跡の外れの田んぼも、稲刈りはすんだようだ。湿度が高いせいか空は白っぽい。ノビタキが姿を見せ... [続きを読む]
  • 季節外れの天候異変
  • 10月半ばになっても季節が一ヶ月逆戻りしたかのような毎日が続く汗ばむ日、今日のフォト漫歩は愛車ベンツで、     平城宮跡を一回り・・・池の中ほどに3〜4羽の見かけない水鳥  オシドリだ・・ オスが3羽? メスが1羽のようだ。北の国からはるばる渡って癒やしの遊... [続きを読む]
  • 黄昏のフォト漫歩
  • 昼間は雲の多い空模様だったが、夕闇が迫る頃は落日は古都を染め上げた    2階の窓から西空をみて急遽平城京へ       陽はすでに生駒山系に吸い込まれていた。燃えるような空は早くも色あせてきょうの夕景写真を撮っていたいたのは、誰も見かけなかった。季節は進... [続きを読む]
  • 汗ばむフォト漫歩
  • すっかりきれいに晴れ渡った空 いつものコースをフォト漫歩 まだ野鳥たちの姿は見かけない。池の畔の田んぼの中で、蒼サギが翼を広げて日光浴か?なんだかオヤジがアグラをかいているような・・・ 冷え込みが和らいで今日は汗ばむような気温とか・・・大サギ?カワウがの... [続きを読む]
  • 天気は下り坂へ
  • 爽やかな空模様も今日まで・・・明日はまとまった雨模様のようだ・・・  花の少ない平城宮跡で大極殿とのコラボはここぐらいのモノか???車道から望む大極殿 ススキの穂が秋の陽射しに輝いてここからの風景はお気に入りだ。 運が良ければ「長元坊」の狩りに遭遇するこ... [続きを読む]
  • 中秋の名月?
  • 中秋の名月は満月?? いや微妙に満月じゃないらしい。そう云えば月齢も13.9で、青垣の峰から上ってくる月も完全な満月じゃないみたい。左端がやや陰っているような・・。今夜は暦の上での名月、陰暦の8月15日で中秋の月というらしい。  ホントは6日が満月になるらしい。... [続きを読む]
  • 強風のフォト漫歩
  • きのうはまとまった雨の一日となった。お昼前から次第に北風が強くなって、自転車から文字通りの漫歩へ   まだ暗雲が垂れ込んで変な空模様。東院庭園付近のススキの原、北風に大きく波打って美しい。早くも稲刈りを終えた田んぼ。 ここの稲刈りが終わればまた「ノビタキ... [続きを読む]
  • 今日から10月
  • 奈良公園のフォト漫歩で少々お疲れだったか? 早朝の大極殿撮影にやや遅れをとってしまった。     現地では早くも撮影中のカメラマン姿も・・・    明けの明星金星が美しい。Oカメラでライブコンポ撮影、プレビューに星の軌跡が時間とともにと伸びていく様子が面白... [続きを読む]
  • 奈良公園フォト漫歩
  • 爽やかな天気に恵まれて奈良公園をフォト漫歩。相変わらず中国や東南アジア系の観光客がイッパイでした。 猿沢池で中秋の名月の夜、采女祭りのイベントに使われるようです。試験遊覧で乗船料大人1600円はちょと高い。水門町の我が師入江先生宅から戒壇院へ、そして大仏殿裏... [続きを読む]
  • 夜空を仰いで
  • 何処かで聞いたような語句だ。そうだ80歳になってもまだまだ元気な加山雄三さんの往年のヒット曲だ。                 画像の上で すると大きくなります。早朝に大雨を降らせた雨雲は、夜半にはすっかり晴れ上がってきた。ロマンチックな歌と共に、... [続きを読む]
  • 早朝のフォト漫歩
  • なぜか早朝4時過ぎに目が覚めてしまった。今季初めての早朝撮影へ昨晩の名残か高円山上空は厚い雲が覆い被さっていた。僅かな裂け目は紅く染まり始めて、期待が膨らんでくる。現地は早くも先客がやがて雲の隙間から光芒が射し始めて、神々しい古都の黎明。聖武天皇も眺めたの... [続きを読む]
  • 真夏日のような
  • 久しぶりに一日を通して秋の太陽の光がサンサンと・・・  9月の下旬とは思えないような気温             平城宮跡、唯一の彼岸花の群生・・二・三年前、側溝にフェンスがつけられて撮影に一苦労。うまい具合にキアゲハ蝶がやってきた。太陽の恵みに大サギもの... [続きを読む]
  • 田鴫を訪ねてフォト漫歩
  • 久しぶりに朝から青空が広がってきた。 青空のもと平城宮跡を離れて、N大学の近くの公園へ  大きな池は睡蓮の葉が折り重なって、名残りの花が点在。バンが葉っぱの上を器用に歩く。まるで忍びの者だ。水掻きがなく葉をかき分けて泳ぐより、歩いた方が早いのだろう。 いた... [続きを読む]
  • 彼岸花咲く平城京
  • きょうは天気が回復の予報だったが、一日中雲が多いすっきりとしない空だった。いつもの漫歩コースはきょうは反時計回り・・・     つい2・3日前は何もなかったが、きょうは僅かだが彼岸花の群生が見られた。名前は分からないが遊歩道でそっと咲いていた。 足長蜂がめ... [続きを読む]
  • すっきりとしない空模様
  • 日中との温度差が大きく、午後からは雲が多くなってチャンスに恵まれず。     暦通りに秋の訪れは順当だったが、朝夕の晴れ渡った空はほど遠い。日没時間も日を追うように早くなってフォト漫歩も追われがち・・・                蒼サギとカワウの語ら... [続きを読む]
  • 実りの頃
  • 朝から雲が多い不安な空模様  だが雨の心配はなさそうだがまさかのために自転車でフォト漫歩。  秋風を期待したが湿度が高く、ペダルを踏むだけでも汗ばむようなしばらく見なかったがM池のそばの田んぼは稲穂が頭を垂れて・・稲刈りも間近の様子。彼岸花と稲穂のコントラ... [続きを読む]
  • 台風一過
  • 超大型台風18号は各地に大きな爪痕を残して、一気に列島を通り抜けたようだ。 幸いにも県内は大きな被害もなかったようだ。時間を追うごとに晴れ間が広がって、いつものフィールドを一廻り              爽秋の夕暮れとCOSMOSのコラボ近年、黄花コスモスの繁... [続きを読む]
  • 幸せの青い鳥??探して
  • 近くのM池周辺もまったく姿は見えず・・ いつもの池の住人ばかり・・・週末は台風18号の影響で大荒れ模様とか…  天気が崩れる前に大和民俗公園へフォト漫歩           広く深い森の中を目を皿のようにして・・ まったく鳥の影すら見えず夏の名残か? 弱弱し... [続きを読む]
  • 小さい秋、見ぃ〜つけた
  • 少し蒸し暑さを感じるが、おおむね良好な空模様・・・・   こんな時は『ミサゴ』が現れそうな そんな気がして、M池から東院庭園へそして朱雀門へ                        広い平城宮跡は意外と草花は少なく、休憩所の前で小さな秋を発見 ... [続きを読む]
  • 早朝の大雨
  • 明け方の大雨と雷に目が覚めました。先日も近くのコンビニに落雷があったらしく、  あまりいいものではありません。      県下には大雨や土砂災害の警報が出ていました。 その後解除されたことはホッと一息でした。軒先のクモの巣に雨粒が光って、豪華な首飾りのよ... [続きを読む]
  • 太閤さんもビックリ!
  • 大荒れから一転、青空が広がる大阪城公園は太閤さんも  かの国の観光客達の間を縫うように、一路「飛騨の森」へ夏日、人混み、地理不案内で      どうにか目的地付近へ到達、知らない人の 手招きで猛ダッシュ    雑木林の薄暗い中で一羽の「オオタカ」が盛んに... [続きを読む]