狸茶 さん プロフィール

  •  
狸茶さん: ぽたぽたぴあの
ハンドル名狸茶 さん
ブログタイトルぽたぽたぴあの
ブログURLhttp://lisastudy.blog.fc2.com/
サイト紹介文アラフィフ主婦のピアノ練習日記。ゆっくり弾くのが得意です(^^)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供18回 / 85日(平均1.5回/週) - 参加 2017/07/24 19:33

狸茶 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 急がば回れ
  • むかしむかし、〇十年も前の小学生のころ、テクニック本をやっていたとき次はアルペジオ、というところで当時の先生に「アルペジオはね、ツェルニー50番にとても良い曲があるからその時にやりましょ!!」と言われたのを今でも覚えてます。当時はまだツェルニー30番でしたから思わず、「ええ?先生、それって・・・いつ頃になるんでしょう???」と、子どもながらツッコミを入れた記憶が(^-^)「・・・がんばってね!」 いや [続きを読む]
  • 大人ピアノ 視野は広がるが 目は衰える
  • すっかり秋めいて 寒くなってきましたね。10月とは思えぬ先週の暑さにはおどろきました。でも 秋は実りの秋なので好きです♪オットが岐阜で買ってきた6個100円の柿。糖質制限の身にはイケナイのかもしれませんが柿は健康にもよいらしく。「柿が赤くなれば医者が青くなる」といわれていて、ビタミンCとビタミンAが豊富に含まれており風邪予防、疲労回復、老化予防、美肌効果が期待できるんだそうです。その他、血圧を下げる [続きを読む]
  • 曲、追加。
  • 今日のレッスン。「沈める寺」たまに 怪しい音がするものの 一応の区切りを迎えました。あとは 本番にむけて手の内に入るまで弾きこみ。なんでかな〜ゆっくりした曲なのに 暗譜が途中で飛ぶんですよねぇたぶん ゆっくりなだけに 思考も止まってる(笑)先日、「たけしの家庭の医学」で タオルを両手の手のひらで10分間こするともの忘れが良くなるかもしれない、とやっていたので毎日10分、素直にタオルマッサージをやっ [続きを読む]
  • 本番に向けての
  • 家でピアノの練習をしていると ふと 集中が途切れることがあります。主婦ですから あ、洗濯機がピーピーいってるわ〜干さなきゃ〜とか宅配のお兄さんがピンポン鳴らしてる〜Amazonで買ったものが届いたのねとか。もうもう 邪念だらけさて 今日のレッスン。発表会などが近くなってきて ここ一番、集中して仕上げたいときどんな工夫ができるかを先生に聞いてみました。なんせ今月末には先生のリサイタルがあるので タイムリー [続きを読む]
  • 手の内に入る 
  • 先日の 音大同窓会コンサートで 2人の生徒さんがとても楽に弾いているように見える、と思ったことをレッスンの時に先生に言ってみたら。「ああ、うん、間がいい、ってことは、自分の音をよく聞けてる、ってことよ」他の子は ちょっと曲が大きくて 手の内に入ってなかったもの、と先生。手の内に入る、ねえ。うまいこと言ったもんだ。その余裕がなかった生徒さんも 手の内に入れば、さらに磨かれる、と。・・・そこまでの道の [続きを読む]
  • 練習室
  • 久しぶりの練習室。ひろーいお部屋で C3XAがゆったり弾けて1時間500円(平日)という節約主婦にはたいへんありがたい場所。グランドピアノをあきらめた私には おばあちゃんになっても通いたいお部屋。Kさんも来てくれて、連弾の練習を1時間。そのあと、自分の練習を。明日、レッスンなので、家で電子ピアノ(ヘッドホン)の私は耳とタッチの調整をしておかないとレッスンの時にすんごいフォルテで弾きまくってしまうので前日 [続きを読む]
  • からだの動き。
  • ピアノの先生に、音大の同窓会コンサートのチケットをもらったので隣の県まで車で聴きに行ってきました。現役音大生、卒業してピアノの先生をやってる方々、本職のピアニストの方々。私の先生も連弾と伴奏で参加。 圧巻のシャブリエ、ゾクゾクしました。こんなに指が回って素敵な表現ができたら、どんなに楽しいだろう、と。他にも、選ばれた生徒さんたちが数人出演。音大生の女の子(私はひそかに「のだめちゃん」と呼んでいる) [続きを読む]
  • 8月のレッスン(2)
  • 前回の続き。ペンチでうっかり挟んでしまった指も 次の日の夜には腫れが引いて また練習できるようになりました♪いや〜それにしても 間抜けすぎる(笑)レッスンで教わった練習方法で 家でもやってみていますが なかなかムズカシイ。たまに 「あ?この感覚かな?」という感触はあるのですが・・少なくとも必死にやれば 指が回ってくれる予感。こればかりは 毎日 根気よく取り組んでいくしかないようです。さて もう1つ [続きを読む]
  • 8月のレッスン
  • いや〜蒸し暑いですね。毎日毎日。そして、昼過ぎになると毎日のように、「ドドーン」と雷雨が。今年の夏はなんだか天気が不安定。すごく雷と雨が多いような気がします。そんな中、娘は教習所に通っております。本人はイヤイヤだったのですが、おじいちゃんとパパに強制的に通わされてます。しかも カミナリが大嫌いなのに・・・・カミナリと雨の時間に路上教習とかめっちゃ可愛そう〜でも  ぷぷっ がんばれ〜〜〜と心の中で応 [続きを読む]
  • さあ、ダイエット!(2)
  • ダイエットを始めたときの日記はコチラさて、5月に思いたったダイエット。8月までにマイナス5キロが目標。 ゆる糖質ダイエット、ってやつですね。ゆる糖質ダイエットのほうがリバウンドのリスクを減らせます。最初の10日はすぐに体重が落ちたけれど、そのあとピタッと止まってしまい途中、挫折しかけたこともあったし、リバウンドもしたし最近は体重計にも乗ってませんでしたが昨日の夜、久しぶりに体重計に乗ってみたら、1.4 [続きを読む]
  • 結局、基本なのよね(動画つき)
  • お相撲のことは詳しくないですが、今の横綱は 誰よりも基本練習をするんだそうです。やっぱ 基本、大事なんですね。曲が難しく、速くなればなるほど、ここがおろそかにならないように。自戒を込めて。ラン・ラン先生のピアノレッスン。今日までに12本の動画が上げられていて、夜中、スマホにUP通知がぴんぽーん、とくると もぞもぞと起きだして見ています。(・・・顔、怖い(笑)12回目の今回は、最もワタシがダメダメな部分 [続きを読む]
  • 練習曲
  • アラフィフになってですよ ツェルニー50を回らない指とわかっていて無理だとわかっててなぜレッスンの課題に 普段 ウォーキングくらいしかしてない中年女が  「来年、ホノルルマラソンで走りまーす イエーイ!」とか宣言したわけじゃないんだからいきなりモシュコ15を指定されて 面くらい先生はおかしくなってしまったのか、と思ったくらいでも、私が、あれも弾きたい、これも弾きたい、と言ったから先生なりの思いやり [続きを読む]
  • 大人の弾きあい会
  • 先週の日曜日、「おとなの弾き合い会」なるものに参加してきました。定期的に 発表会スタイルに慣れておく、という目的です。自分ももちろん弾くのですが、なによりほかの演奏者の方々の素敵なピアノを楽しみます。おとなからピアノを始めた人、海外留学したプロ並みの人、いろいろ。このいろいろなレベルの人が一堂に会するのが、好きだったりします。レベルは違っても、ひたむきな心に違いはありません。むしろ、専門の勉強をし [続きを読む]
  • まなびかた いろいろ
  • 最近 youtubeで学ぶことにハマっています♪なんといっても 楽しいのがランラン。演奏の「基本」について 楽しく 真剣に教えてくれています。これはたぶん、「拍感」について。私がバッハ先生についていたときに 毎回言われていたことと同じことをランラン先生、美しい音色と共に熱く語っています。中国語で話しているときは 英語の字幕が出るのでわかるのですが英語で話しているレッスン動画は、オーバーアクションでなんと [続きを読む]
  • ふたたび
  • 忙しくて もう 止まってしまっていたブログですがさてさて 相変わらず 忘れんぼうの私のこと過去のこと ピアノの記録 片っ端から忘れてしまうのでそれもこの年になると寂しいかな と思いまた ぼつぼつ 書こうと思う今日この頃ですくだらないこと まちがってること いっぱいあるかもしれませんけどまあ 読み流してくださって結構です(笑)ではまた 近況など。 [続きを読む]
  • 5月のレッスン
  • 「この曲が似合う季節になってきましたね」先生、とても曲のイメージを大切にします。ほんとに音楽が好きなんだな、と感じます。自然や絵画もお好きですね。それらからいろんなインスピレーションを得ているのだろうと先生の演奏を聴くたびに思います。私もそういう感性が欲しいな、と 隣に座った”遠い存在”を仰ぎ見ています。「ヒースの茂る荒れ地」前奏曲の第2集の中では一番好き、と先生。有名な「亜麻色」よりこっちのほう [続きを読む]
  • 明日レッスンだというのに
  • 明日レッスンだというのに・・・時間と体力が足りません( ;∀;)明日はピアノのレッスン。お題は新たに、モシュコの15練習曲の12番。ゆっくりなら弾けるようになったけど、譜読みがイマイチ。全音の楽譜を使ってますが、18小節目のDの音、おかしくないかな??同じ小節の中で?になった音って、指示がなければ、そのまま?じゃなかったっけ・・・・この辺りの知識が怪しいんですよね、ソルフェージュを真面目にやらなかっ [続きを読む]
  • 自己管理(減量編)
  • レッスンの時にもよく先生に言われることですが「もう1人の自分がいて、自分の演奏を聴いている感じ」だとか「指揮者がいてタクトをふっている」とかなにしろ、客観的に自分の演奏をチェックしろということなのでしょう。自分では録音してチェックしては、「へったくそだな」と怒りすら覚えますがそれはきっと ダイエットもしかり。自分を管理するのも、オットに小言を言われながらやるもの楽しくないので(どっちかというとノリ [続きを読む]
  • 過去の記事 …