KITA さん プロフィール

  •  
KITAさん: マンション管理研究所ウォームハート
ハンドル名KITA さん
ブログタイトルマンション管理研究所ウォームハート
ブログURLhttps://warmheart-office.com/
サイト紹介文当ブログはマンション管理のセカンド・オピニオン”マンション管理士”の活用を推進するブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供55回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2017/07/25 00:08

KITA さんのブログ記事

  • 機械式駐車場の維持管理の指針 
  • 国交省(都市局街路交通施設課)は「機械式駐車場設備の適切な維持管理に関する指針」を初めて策定しました。専門知識のないビルオーナーや管理組合などでも自ら管理する駐車場がきちんと保守点検されているか確認できるチェック項目等が盛り込まれています。1.指針の概要これまでの機械式駐車設備の維持管理に係る課題としては、適切な知識や技術力を持った保守点検業者をどのように選定すれば良いか?保守点検の業務内容や責任 [続きを読む]
  • 管理組合における新4K8K衛星放送導入の基礎知識
  • いよいよ今年の12月1日から「新4K8K衛星放送」の本放送が開始されます。が、これはあくまで衛星放送(これまでのBS放送やCS放送など)のことであり、地上デジタル放送はこれまでどおり視聴できますのでご安心ください。この新4K8K衛星放送は、これまでの右旋(うせん)電波に加えて、新たに左旋(させん)電波を受信する設備が必要となるので、管理組合において、新4K8K衛星放送設備を設置するかどうかの合意形成を図らなけ [続きを読む]
  • 売買・賃貸契約前における土砂災害警戒区域の説明義務
  • 毎年、梅雨や台風の時期に発生する土砂崩れ。被害に遭われた方からは「まさか、こんなことになるなんて…」という言葉がよく聞かれます。最近の気象は、短時間に多量の雨が降ったり、長時間にわたって同じ場所に雨が降り続くなど、(素人感覚ですが)過去の気象現象と変わってきているように感じます。過去の経験、「かつて、この川が氾濫したことはない」「浸水してもたいしたことはないだろう」などの自らの過去の経験・認識に必 [続きを読む]
  • もはや「知らなかった」では済まされないハザードマップ
  • 気象庁は、7月6日から8日にかけて西日本の11の府県で「大雨特別警報」を発令した記録的な大雨の名称を「平成30年7月豪雨」と発表しました。気象庁が命名した災害としては、昨年の「平成29年7月九州北部豪雨」以来となります。特に大きな被害として報道されているのが、岡山県倉敷市真備町。高梁川支流の小田川の堤防が決壊し、町の27%が浸水したといいます。そして注目すべきは、倉敷市が作成し全戸に配布していたというハザードマ [続きを読む]
  • 動き出した所有者不明土地対策
  • 6月6日に『所有者不明土地の利用の円滑化等に関する特別措置法』が参議院で成立しました。これにより、所有者不明の土地が、都道府県知事の判断で最長10年間の「利用権」を設定したうえ、公園や仮設道路、文化施設など公益目的で利用できるようになります。ただ、所有者不明土地の面積は、現在、九州本土(約367万ha)よりも広い約410万haが存在し、このまま何らの対策をとらないとすると、2040年には北海道の面積(約780万ha)に [続きを読む]
  • 地震発生後、ライフライン(電気・ガス・水道)の復旧はいつ?
  •  大阪北部の地震発生(2018年6月18日)から2週間。 この地震でのライフラインの復旧状況を、過去の大地震と比較してまとめてみました。1. 大阪北部地震の概要発生日時2018年6月18日 午前7時58分規模マグニチュード6.1最大震度6弱人的被害死者4名、負傷者428人住宅被害全壊4棟、半壊46棟、一部損壊19,193棟※出典:総務省消防庁「大阪北部地震の被害と消防庁の対応状況」より2. 過去の大地震との比較大阪北部の地震熊本地震東日 [続きを読む]
  • 福岡市のブロック塀等除去費補助事業
  • 出典:福岡市ホームページ 2018年6月18日7時58分頃、大阪府北部を震源とするマグニチュード6.1の地震が発生、最大震度は6弱(大阪市北区、高槻市、枚方市、茨木市、箕輪市)、地震の種類は直下型地震でした。朝の通勤、登校時間に発生した地震の状況は、埋設水道管の破裂による道路陥没、民家火災、鉄道の運航停止、道路の渋滞、帰宅困難など刻一刻とテレビが中継していました。被害に逢われた方々に心よりお見舞い申し上げま [続きを読む]
  • 駐車場区画の抽選制
  • 駐車場区画の抽選制(総入れ替え制)この制度は、広さが同じなど同条件の駐車場が1住戸に1区画、マンション敷地内に確保されているマンションであれば、あまり導入されていないと思います。(なかには、マンションの出入り口までの距離が近いか遠いかの不公平感をなくすため抽選制を導入することも考えられますが、そこまで考慮しているマンションは少ないでしょう。)多くは、全住戸分の駐車場をマンション敷地内に確保できない場 [続きを読む]
  • 建物インスペクションと管理組合の関係(2)
  • 前回からの続きです。平成28年の宅建業法改正で宅地建物取引業者に新たに義務付けされた事項は、以下の3つです。① 媒介契約書:媒介契約の締結時に、建物状況調査を実施する者のあっせんに関する事項を記載した書面を依頼者に交付すること。② 重要事項説明:買主などに対して、建物状況調査の結果の概要などを重要事項として説明すること。③ 契約書:売買などの契約の成立時に、建物の状況について当事者の双方が確認した事 [続きを読む]
  • 建物インスペクションと管理組合の関係(1)
  •  今回は、宅建業法の改正で今年4月1日からスタートした「インスペクション=建物状況調査」制度について、書いていこうと思います。 この制度は、これまで新築ばかりを推進してきた国が政策を大きく変え、中古住宅の流通を促していこうとする政策の一環として始まった制度ですが、マンションの管理組合にとって関係のない話ではなくて、マンションの中古住宅市場の活性化という目的も含まれていることから、マンションの資産価 [続きを読む]
  • マンション管理お役立ち情報
  •  □ 最新情報・トピックス 7月13日国土交通省new「機械式駐車設備の適切な維持管理に関する指針」6月26日地震本部全国地震動予測地図2018年版発表6月21日国土交通省建築物の既設の塀(ブロック塀や組積造の塀)の安全点検について6月13日国税庁「民泊と税」FAQを公開6月 9日福岡市マンション管理規約適正性診断のお知らせ6月 1日観光庁住宅宿泊事業法:違法物件に係る予約の取扱いについて6月 1日国土交通省平成30年度マンシ [続きを読む]
  • 規約原本と原始規約           
  • ☆ マンション標準管理規約72条これは、「規約原本」の取扱いに関する規定です。要約すると、『区分所有者全員が記名押印した「規約原本」(1項)を理事長が保管し、利害関係者からの閲覧請求に応じなければならない(2項)』ということになります。☆ 規約原本と原始規約「規約原本」とは、「現に有効な規約」のことです。よって、規約を改正した場合は、規約改正後の現に有効な規約が「規約原本」となるわけです。けっして、新 [続きを読む]
  • 福岡マンション管理基礎セミナーのお知らせ
  • 「福岡マンション管理基礎セミナー」が本年(6月・12月)も開催されます。2つの講演セミナーとその前後に、福岡県マンション管理士会によるマンション管理無料相談会も行われますので、お時間がある方はぜひご参加ください。福岡マンション管理基礎セミナー(福岡市HP)セミナー・相談会申込み(福岡市HP)分譲マンションの建替え等に関する特別相談会開催のお知らせ(国交省:PDF) [続きを読む]
  • マンション標準管理委託契約書の改正(H30)
  • 「マンション標準管理委託契約書」が今年の3月に改正されています。今回はこの中身について振り返ってみます。改正の柱は、1改正個人情報保護法に対応した見直し標準契約書16条本文&コメント2反社会的勢力の排除条項の新設標準契約書24条本文&コメント3理事会及び総会支援業務の明確化別表1の1本文&コメント4その他標準契約書2条本文、3条コメントの4つになります。管理委託契約書とは、マンション管理業者とマン [続きを読む]
  • 共用部の自主点検は通常総会の3ヶ月前に!
  • ■ 自主点検 皆さんの管理組合は、定期的に共用部分の自主点検を行っていますか?「自主」とは、「他からの保護や干渉はどうあれ、独自に行うこと。」ですが、エレベーターや機械式駐車場などの資格や専門知識が必要な設備の点検はプロに任せるにしても、自分たちが暮らすマンションがどのような状態なのか「他からの保護や干渉はどうあれ、独自に」知っておくべきです。「管理会社に任せているから大丈夫!」などと考えていま [続きを読む]
  • 「マンション管理組合 無料相談会 in天神」 のお知らせ
  •  マンション管理組合 無料相談会 in天神 を開催しています。 日  時月曜日〜土曜日  午後1時〜午後5時の間で事前予約制場  所福岡市中央区渡辺通5丁目20−7上野ビル事務所お申し込み方  法当ホームページの「お問合せ・相談会申込み」より、ご希望の日時、氏名、マンション名、簡単な相談内容をご記入のうえ、お申し込み ください。※ 1回あたりのご相談時間は50分までとさせて頂きます。※ 初回のご相談は無料 [続きを読む]
  • 設計監理者は管理組合のパートナー!?
  • 管理組合のパートナー大規模修繕工事の解説書などには、工事の準備段階でよく「管理組合のパートナー選出」がうたわれていますね。この「パートナー」とは何者でしょうか? 解説書によっては、コンサルタントと呼んだりするので非常に分かりにくいですよね。※当ブログの過去記事でも「コンサルタント」で解説していました! スミマセン!大規模修繕工事(4)コンサルタント選定のポイントそこで、この場合の「パートナー(コン [続きを読む]
  • 理事長を理事会で解任できますか?
  • 平成29年12月18日、最高裁第1小法廷は、管理規約に理事長・副理事長等の理事の役職について「理事の互選により選任する」と定められた管理組合において、理事会で理事長を解任できるとする判断を示しました。今回は、このある分譲マンションの管理組合で起こった事案を取り上げてみます。まず、当該管理組合の規約には次のような定めがありました。管理組合に、その役員として理事長及び副理事長等を含む理事並びに監事を置く。40 [続きを読む]
  • 団地の管理(2) 〜マンション標準管理規約の定め
  • 前回は区分所有法における団地の規定を確認しましたが、今回はマンション標準管理規約における団地の規定を確認します。 1.マンション標準管理規約(団地型)の対象となる団地(1)対象となる団地の形態マンション標準管理規約(団地型)は、一般分譲の住居専用のマンションが数棟所在する団地型マンションで、団地内の土地及び集会所等の附属施設がその数棟の区分所有者(団地建物所有者)全員の共有となっているものを対象にして [続きを読む]
  • 団地の管理(1) 〜区分所有法の定め
  • 団地型マンション、いわゆる「団地」は、昭和40年代頃から公団や住宅供給公社などによって、同じ形をした5階建ての共同住宅が、数棟から十数棟単位で建築・分譲されてきました。私も子どもの頃、団地に住んでいたので、その頃の思い出は今でもうっすらと覚えています。最上階の5階に住んでいたため、見晴らしは良かったのですが、当然のようにエレベーターがなかっため、上り下りは大変だったと思います。特に大変だったのが、今か [続きを読む]
  • 国交省『外部専門家の活用ガイドライン』の概略(3・終)
  • 前回に続いて、国土交通省の「外部専門家の活用ガイドライン」の概略を以下の構成に沿ってご紹介したいと思います。「外部専門家の活用ガイドライン」は、主に外部専門家を理事長・管理者に選任する場合の実務的な留意点や運用例をまとめたもので、導入までの手続きフローや利益相反等のトラブル防止措置と事故が起こった場合に取るべき対応例などを示しています。 LINK 国土交通省「外部専門家の活用ガイドライン」 ☆ ガイド [続きを読む]
  • 国交省『外部専門家の活用ガイドライン』の概略(2)
  • 前回に続いて、国土交通省の「外部専門家の活用ガイドライン」の概略を下記の構成に沿って、ご紹介したいと思います。「外部専門家の活用ガイドライン」は、主に外部専門家を理事長・管理者に選任する場合の実務的な留意点や運用例をまとめたもので、導入までの手続きフローや利益相反等のトラブル防止措置と事故が起こった場合に取るべき対応例などを示しています。 LINK 国土交通省「外部専門家の活用ガイドライン」 ☆ ガイ [続きを読む]
  • 佐賀、久留米の皆様、マンション管理基礎セミナーのご案内です。
  • 10月14日(土)久留米市役所、10月15日(日)佐賀市市民活動プラザにおいて、マンション管理に関するセミナーと相談会が開催されます。セミナー内容は両会場とも、『マンション管理の基礎について』と『マンションの大規模修繕の実施について』になります。セミナー終了後は、マンション管理士による分譲マンションの管理運営、維持保全等に関する相談会を実施しますので、お時間の許す方は是非ご参加ください。 ☆ 平成29年度: [続きを読む]