Mr. さん プロフィール

  •  
Mr.さん: メルセデス・ベンツの特徴と魅力に迫る
ハンドル名Mr. さん
ブログタイトルメルセデス・ベンツの特徴と魅力に迫る
ブログURLhttps://www.deu-car.com/
サイト紹介文欧州車と日本車の違い、そしてメルセデス・ベンツの特徴とメンテナンスに関して情報発信中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供57回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2017/07/25 10:07

Mr. さんのブログ記事

  • 車の燃費が冬場に悪化する原因は暖機運転以外にタイヤにあった
  • 1年を通して、車の燃費がいい季節は春と秋。窓を開けると心地よい風が入ってくる季節はエアコンの使用が少なくなるため、燃費にプラスに作用します。春の花粉症に悩む方はドアガラスを閉めて走行すると思いますけど。そして、日本の夏は各地で猛暑日が続きます。地域によっては40℃超を記録することもあり、エアコンの使用で当然、燃費が悪化します。その点、冬はエアコンのA/CスイッチをOFFにすることが多く、エンジンはエアコン [続きを読む]
  • メルセデスAMG E63S 4MATIC+ vs BMW M5ドリフトby土屋圭市ドリキン
  • ドリキンこと土屋圭市氏が富士スピードウェイで欧州のスーパースポーツセダンのドリフトチェック。ドリフトのチェック車両は・メルセデスAMG E63S 4MATIC+・BMW M5 with M xDrive そして、日本のFR車もエントリー。・フェアレディZ nismo・レクサスRC F果たしてドリキン土屋圭市氏の各スーパーな車両のドリフトチェックはいかに? メルセデスAMG E63S 4MATIC(W213)メルセデスAMG E63S 4MATIC(W213)SpecificationメルセデスAMG [続きを読む]
  • 左足ブレーキは危険?それとも踏み間違えが無い?メリット&デメリット
  • あなたが日頃、AT車やCVT車、DCT車のステアリングを握っているならば、右足ブレーキ派ですか?それとも、左足ブレーキ派ですか?日本国内の車両はトラックや観光バス、ハイウェイバス、路線バス等を除いて、ほとんどはCVT車やAT車、DCT車。CVT車やAT車、DCT車を運転中、左足でブレーキペダルを踏むことも可能です。これは別段、違法な運転ではありません。MT車以外の車両を運転する場合、教習所で学んだとおり、右足でブレーキペダ [続きを読む]
  • ドアバイザーの必要性とメリット&デメリット-必要?不要?風切り音は?
  • 新車購入の段階で、ドアバイザーをオプション装着するケースが多いのではないでしょうか。中には、社外品のドアバイザーを購入して取り付けるオーナーもいることでしょう。このドアバイザーは必要なパーツなのでしょうか。それとも、オーナーによっては不要なパーツなのでしょうか。 ドアバイザーの必要性 DEU-Car.com管理人、Mr. H君の愛車、スバルBRZにドアバイザーを取り付けて [続きを読む]
  • メルセデス・ベンツCLS,CLAは4ドアクーペTOYOTAカリーナEDの進化版?
  • メルセデス・ベンツのCLSクラス(W219)が登場したのが2005年。2代目のC218、そして2018年に登場した3代目のC257は、どれもデザインコンセプトが貫かれています。CLSクラスはワイド&ローのプロポーションで屋根が低いのが特徴。2000年代から欧州では、4ドアクーペが熱いようです。 サメ顔のメルセデスCLSクラスメルセデスCLSが登場した当時、トヨタのカリーナEDを彷彿させるデザインと評価されたようです。これは決してネガティ [続きを読む]
  • タイヤに窒素ガスの充填、補充の効果とメリット&デメリット
  • 随分前からカー用品店等でタイヤ交換時に「窒素ガス入れますか?」と聞かれることがあります。最初、「なぜ窒素ガス?」と思う方が多かったのではないでしょうか。そもそも、空気中の多くは窒素。タイヤに窒素を入れる意味は何なのでしょうか? 大気中の窒素、酸素、二酸化炭素の割合大気中の窒素(N2)の割合は約78%、酸素(O2)の割合は約21%、二酸化炭素(CO2)の割合は約0.03%。 大気中の成分大気中の割合窒素(N2)約78% [続きを読む]
  • 車の長距離運転で疲れない車とは?車選びで要注意のチェックポイント
  • 車とバイクの運転を比べると、長距離運転で疲れるのは「バイク」と答える人がほとんどでしょう。では、なぜ? 「ライダーはバランスを取りながら運転するから」「バイクの運転は全身の筋力を使うから」「ライダーは風の抵抗を受けるから」 他にもライダーの疲労に繋がる要因は複数あるでしょう。これらの中で、風の抵抗はライダーを疲労させる大きな要因の1つ。カウル付きのバイクであっても、ライダーは風の抵抗を受け続けます。 [続きを読む]
  • カルロス・ゴーンの日産私物化は強欲まる出しの白人経営者の典型例
  • ゴーンショックは全世界を震撼させました。2018年11月19日、東京地検特捜部は日産自動車のカルロス・ゴーン会長を金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)容疑で逮捕したニュースは世界を駆け巡りました。2015年3月期までの5年間でゴーン会長は100億円近い報酬を得ていたものの、有価証券報告書にはその約半分を記載していた容疑。1990年代、日産自動車は巨額な有利子負債を抱えていました。1999年、ルノーと日産自動車の [続きを読む]
  • 車を売る前に車買取&一括査定の注意点-セルカ&ユーカーパックの特徴
  • 車を買い替える際、愛車をディーラーや中古車販売店へ下取りに出すか、車の買取、車一括査定業者に依頼する方法があります。他に、ヤフオクを利用する個人間売買もありますけど、トラブルもあり、素人には敷居が高い世界。ディーラーや中古車販売店でどのような車を買い、どのような愛車を下取りに出すかで、下取り価格は千差万別。概ね、車の買取や車一括査定業者に依頼した方が有利な条件で車を売却できる可能性があります。しか [続きを読む]
  • ニットータイヤはドレスアップ派に最適-種類,価格,評価,評判は?
  • タイヤメーカーのブリヂストンやヨコハマタイヤ、ダンロップ、ミシュランあたりは有名どころ。ところが、タイヤ業界の方や情報通を除いて、NITTO/ニットータイヤというタイヤメーカーの知名度は今一つの感があるのが正直なところ。例えるならば、時計メーカーのセイコーとオリエント時計のような関係。誰もがセイコーを知っているものの、オリエント時計は知る人ぞ知る時計メーカーかもしれません。日本のマーケットでは、NITTOの [続きを読む]
  • ATRラジアルタイヤ(アジアンタイヤ)の種類,価格,評価,評判は?
  • アジアンタイヤの中で、ATR RADIAL/ATRラジアルはインドネシアのタイヤ。ATRラジアルタイヤを製造している会社はPT Multistrada Arah Sarana Tbk. 。通称、MASA。インドネシアでは、会社名にPTが付いていれば株式会社の意味。MASA社はインドネシアの首都ジャカルタに構え、ジャカルタの中心地にそびえるモナス塔から車で30分ほど。インドネシアは天然ゴムの生産国として有名。インドネシアの天然ゴムの生産量はタイ王国に次いで世 [続きを読む]
  • ナンカンタイヤ(アジアンタイヤ)の種類,寿命,価格,評価,評判は?
  • 韓国や台湾、中国、インドネシアで製造しているアジアンタイヤについて、どのようなイメージをお持ちでしょうか?「履いたことがある」「コスパが高い」「愛用している」「安かろう悪かろう」「大丈夫?」「興味無し」「知らない」等々、カーオーナーによって、アジアンタイヤのイメージや意見が分かれるかもしれません。 2,000年代に入り、日本市場でアジアンタイヤの流通が徐々に増えてきました。かつて、「激安なアジアンタイヤ [続きを読む]