kokichi100 さん プロフィール

  •  
kokichi100さん: kokochi100
ハンドル名kokichi100 さん
ブログタイトルkokochi100
ブログURLhttp://www.kokochi100.site
サイト紹介文書籍「心地いい暮らしを作る100のヒント」掲載商品、 雑感を記しています。リンネル好き。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供109回 / 284日(平均2.7回/週) - 参加 2017/07/25 10:46

kokichi100 さんのブログ記事

  • コラム06 心をこめたおもてなし(お迎え当日)
  • 暮らしを豊かにする心づかいの第6弾は、実際にお客様が来訪したときのマナーについてです。お客様が「また来たい」と思ってくれたら……そんな相手への思いやりの気持ちを持って接するのが、マナー向上のポイントと思います。<お出迎え>あいさつで第一印象をよくコート・傘・スリッパの対応部屋までご案内手みやげを頂いた時<お茶の出し方>お盆にのせて運ぶ置き方の決まり<お見送り>おいとまのチャンスをうながす玄関 [続きを読む]
  • 100 サプリ代わりに1日1個の梅干し
  • 世界的に日本食・和食がブームになったり注目されています。日本ならではの独特の食べ物を、外国の方が試食して顔をしかめている様子を映したテレビ番組を見たことがあります。正直「いやいや。大抵の日本人は小さいころの慣れで食べられるだろうけど、苦手な人はそれなりにいる食べ物だよ?」と思う時があります。筆者のマエダサチコさんは、幼少のころから食べているのが『1日1個の梅干し』。梅干しにはクエン酸(疲労回 [続きを読む]
  • 99 5色の野菜をバランスよく摂る
  • 「野菜をたくさん食べなさい」「バランスよく栄養をとりなさい」というようなことを、小さいころから、小学校の家庭科の授業からいわれてきたように思います。とはいえ、食材一つ一つの細やかに栄養素まではなかなか覚えられないもの。しかしながら「色」を意識することで、だいたいの栄養バランスをとれるそうです!筆者のマエダサチコさんは漢方の先生から教わったとのこと。白黒緑赤黄この5色の野菜をまんべんなく取って [続きを読む]
  • 98 水分補給は大切に
  • 人に勧められたら何でも試してみるという、筆者のマエダサチコさん。意欲的な気持ちも、きれいさ、美しさの秘訣かもしれません!唯一の悩みが『いいものが増えすぎて、どれを続けてどれをやめるかというせめぎあい』だそうです。そんな悩みもありつつ、「いいもの」でマエダさんの生活に安定して根付いているのが『飲み物の習慣』。一番好きな飲み物は『コーヒー』ですが、飲み物に関してはマイルールを設けているそうです。カ [続きを読む]
  • 97 しっくりくるヘアスタイル
  • 美容室に行くと、どうしても「せっかくだから」と毎回イメチェンにチャレンジしたくなります。しかしながら年齢を重ねてきて、もとい、美容室に行く回数を重ねるごとに、なんとなく自分に合う、合わないヘアスタイルというのが分かってきたように思います。そして自分以上に似合うスタイルを分かってくれているのが美容室の担当者だったりします。筆者のマエダサチコさんも、行きつけの美容院の美容師さんに考案してもらったとい [続きを読む]
  • 96 ヘアケアはオーガニックのものを
  • これまでの項目でも筆者のマエダサチコさんは「オーガニック系」をオススメしていましたが、この項目ではタイトルに盛り込むくらい、強く推しているようです!マエダさんはヘアケアに関して、どんなアイテムを愛用されているのでしょうか?またどんなお手入れをしているのでしょうか?まず愛用しているシャンプーとリンス『ジョンマスターオーガニック』 ノンシリコンのオーガニック系にシフトチェンジした理由は毛穴ケアと [続きを読む]
  • 95 5分で簡単いつものメイク
  • メイクで一番大切にしていることは何でしょうか?ざっくりとした質問なのでアイメイク?ツヤ感?カバー力?すっぴんメイク?といった答えが出てくるのかなあと想像してみましたが、筆者のマエダサチコさんの答えはというと……『健康的なナチュラルな雰囲気』ただの「ナチュラルメイク」ではなくて、「健康的な」ナチュラルさです。マエダさんがポイントとして実際に行っているメイクというのがファンデーションは疲れを感 [続きを読む]
  • 94 毎朝の半身浴を習慣に
  • 『運動をまったくしないので、どうにかして新陳代謝を活発にしたいという意識から始めたのが半身浴』と語る筆者のマエダサチコさん。マエダさん流の半身浴の仕方は一体どんなものなのでしょうか?マエダさんが取り入れている半身浴の方法は毎朝、最低30分はつかるようにして、しっかり汗をかく発汗作用を高めるために「塩」を活用むくみがひどい時にはマッサージを取り入れる朝の入浴なので、デメリットとして仕事のこと [続きを読む]
  • 93 ずっと愛用している石けん
  • 皆さん、体を洗う時のソープは、「石けん派」ですか?「ボディーソープ派」ですか?私は数年前から「石けん派」になりました。肌が丈夫ということもあって特にこだわりはなく、石けんのほうがコスパが良いこと、特に便利な石けんホルダーを手に入れてからますます拍車がかかった感じです。この項目では筆者が愛用している石けんが紹介されています!ナチュラルなものをセレクトし続けているという筆者のマエダさん。体を洗うもの [続きを読む]
  • 92 酷使する手をいわたる
  • キャンドルアーティストでもある筆者のマエダサチコさん。毎日の作業でやけどはしょっちゅう、洗浄力の強い洗剤を使うこともあって、ハンドケアにはかなり気を使っているそうです。そんなマエダさんが数多くのハンドケアアイテムを試して、マイ・スタンダードになった商品があります!それが、『オロナイン』スキンケア、肌ケアに詳しいマエダさんが行き着いたのがオロナイン!正直、意外でしたが『即効性がとても高いので [続きを読む]
  • 91 お肌の調子に合わせた集中ケア
  • 毎日のお手入れはシンプルに、しかしながら、冬に起こりがちな乾燥や時々起こる肌トラブルにはこまめに対応したいもの。そういうときに欠かせないのが「集中ケア」商品です。今回の項目では、具体的に商品の紹介がなされています。コスメキッチン「ナチュレル アルガン」www.cosmekitchen-webstore.jp『化粧水の前につけるブースターセラム……化粧水の浸透力と効能も高めてくれます』www.cosmekitchen-webstore.jp『夜だけ使 [続きを読む]
  • 90 頼もしいデイリーケアアイテム
  • 気になったこと、興味があることは、どんどん聞いてみること。そして聞いたことを即実行してみること。この2つの心意気が、美への近道なのかもしれません。筆者のマエダサチコさんは美肌の持ち主ですが、『キャンドル教室の中で、一際肌のきれいな方がいらっしゃったので、使っているコスメを聞いてみたんです』そして、スキンケアアイテムの効果的な使い方を教わってやってみたところ、肌トラブルがだいぶ減ったのだとか! [続きを読む]
  • 89 洗顔はやさしくていねいに
  • 見た目もお肌も若々しいマエダサチコさん。そんなマエダさんの美の秘訣はなんだろう?と思った矢先、この項目が答えの一つなのかなと思いました。美容に詳しい人に教わったことを意識、実践しているそうです!それが『クレンジングと洗顔の大切さ』美容に詳しい人いわく『使うものの形状や洗い方によって、数年後の肌質やたるみ具合が全然違ってくるから』というのです!オイルのクレンジングは乾燥肌をより加速させる洗顔 [続きを読む]
  • 88 香りで気持ちをリセットする
  • 香水の瓶をまるまる一瓶、使い切ったことがありません(汗。半分以下になるころには違う香りに「浮気」しがちになったりして、残りを芳香剤(オシャレにいうところのディフューザー)がわりにしてしまいます。なぜかな?と考えたところ、香水を日常的に使う、というのが習慣化されていないせいで飽きるくらい使い切る前に、時間が経過してなんとなく飽きがきてしまうせいなのかなあと考えつきました。筆者のマエダサチコさんは、 [続きを読む]
  • 87 灯して楽しむキャンドルタイム
  • 『キャンドルは生活そのもの』キャンドルアーティストのマエダサチコさん、24時間では足りないくらい、キャンドルのことについて考え続けているのだとか!制作とは別に自分用にも作ってよく灯しているそうです。制作用と自分用の大きな違いは「シンプルさ」。ローズ、フリージア、イランイランなどのオイルをたらして香りを楽しみつつ、キャンドルの灯りのやわらかな光を見てリラックス……一挙両得といいますか、香りも見 [続きを読む]
  • 86 アロマオイルでリラックス
  • 今回からカテゴリーは「ビューティーについて」!担当する方はマエダサチコさん。マエダさんの本職はキャンドルアーティストのようです。ビューティー=美容・メイクと思い込んでいた私にとっては意外に思いましたが、マエダさんの肌ツヤを写真で見て納得、つるつる!若々しい!本業が美容系でないからこそ、無理せずに続けられる美容、そして健康についてのコツを分かりやすく教えてくれそうです。ビューティー最初の項目が「 [続きを読む]
  • コラム05 心をこめたおもてなし
  • 「暮らしを豊かにする心づかい」の第5弾!今回は「お迎え準備」についてです。お客様が来られる前の準備として、抑えるべきポイントが分かりやすく書かれています。玄関「家の第一印象を決める大事な場所」掃き清める靴はしまう人数分のスリッパの用意生花を飾るコートや荷物を置ける場所の確保トイレ・洗面所「清潔感を大切にていねいな掃除を」トイレットペーパーを新しいロールに替えるカバー・マット類を替える石けんやタ [続きを読む]
  • 85 モードなアイテムはカジュアルな装いに
  • 前の項目で「普段着にハイブランドのバッグを加えるとクラスアップできる」という内容をお届けしました。今回の項目でもそれに通ずるものがあります。佐藤かなさんの工夫は『直球カジュアルスタイルには、ハイクオリティな素材のデザイン小物を合わせて大人っぽさを演出』すること!ハイクオリティなデザイン小物を選ぶ時のオススメとしてスタンダードデザイン合わせやすい色安定感という単語が挙げられていました。これも前 [続きを読む]
  • 84 ハイブランドはシンプルなデザインを
  • 「安っぽいバッグ複数持つより、大事にできる高価なバッグを一つ持ちたい……」なんて思うようになってきました。オトナになった(年を取った?)からなのかでしょうか?でも思い切って!購入!とはなかなかなりません(汗。ハイブランド商品は、憧れますが高価であること、使用頻度、着こなし・使いこなせるかどうかが気になって、安々と手にできない!というのが、私の勝手なイメージ。さらにいえば、お値段がそれ相応だから長く [続きを読む]
  • 83 着こなしのアクセントになる小物使い
  • 好きなのに、使えない……そんな矛盾した気持ちを抱えたことはないでしょうか?特にファッションではよくあることのように思います。本当は派手な柄だって好きだけれども、どうにも服には取り入れられない……しかしながらファッションに取り入れる方法があります。それが今回のタイトルで示しているとおり『着こなしのアクセントになる小物として取り入れる』アクセント、なので見える面積が狭いことが最大のポイントです。 [続きを読む]
  • 82 さりげない親子リンクのコーディネート
  • 「双子コーデ」「姉妹コーデ」なるものが若い子たちで流行った時期もありましたが、「ペアルック」というファッションの楽しみ方は昔から現在でも健在であります。ペアルックは恥ずかしいけれども、同じ色や同じ柄でおそろい感を出すのは、それほど抵抗を感じないのではないでしょうか?最近の子どもたちの服のトレンドは「オトナ感」なのかなあと思います。本書の佐藤かなさんも『大人のミニチュア版という感覚でコーディネート [続きを読む]
  • 81 巻き方いろいろ、首まわりのおしゃれ
  • マフラーやストールの巻き方、いくつ知っていますか?いろいろな巻き方があるんだよなあと思っても、ついついいつも同じ巻き方をしてしまいがちな自分がいます。オシャレ要員というより「寒いから!」という防寒対策、実用性重視にしてしまうからだと思います。もっと楽しんでいいはずなのに(泣)。『シンプルな服に絶妙なニュアンスを与えてくれるのが巻き物』と断言している佐藤かなさん。素材感、品のいい色柄、巻いたときの [続きを読む]
  • 80 トレンチコートの選び方と着こなし
  • 『誰にでも似合い、トレンドを意識せずに、ずっと着られるコートといえば定番のトレンチ』……冒頭でそう申しておりますが、一つだけ、物申したい。「似合うトレンチコート探すのって、結構苦労するんです!」定番すぎるゆえに、長年着倒したいからこそ、似合うフォルム、ディティール、色を決めるのに本当に悩みます!(泣)特に私の体型はいかり肩かつ骨太な方なので、カチッとしがちなトレンチコートがより堅苦しく見えない [続きを読む]
  • 79 ヘアアクセや帽子で着こなしを味つけ
  • ヘアアクセサリーや帽子、活用していますか?私の髪の毛はボブ〜セミロングをいったりきたりしている状態ですが、うまく活用できていません。小物をセンス良く選ばないと、どうにも子供っぽくなるように思って躊躇しています。佐藤かなさんは『ギリギリ結べるくらいのボブ』がメインの髪型だそうで、躊躇していた頭まわりの小物に手を出せるようなヒントはないかと読み進めてみました。ヘアアクセや帽子のセレクト基準ですが服 [続きを読む]
  • 78 足元のおしゃれも抜かりなく
  • 皆さんは、靴下やタイツ、ストッキングは何足分を持っているでしょうか?私は数えてみたところ、10足くらいでしたが、佐藤かよさんは『衣装ケース3個分』あるそうです!なんでそんなに!?どうしてでしょうか?佐藤かよさん曰く、『小物使いの中でも、一番好きかもしれないのが足元のコーディネート』服と靴と足元用小物を合わせるのが楽しいのと、手軽に買える価格帯のものが多いのでいつの間にか衣装ケース3個分になるまで [続きを読む]