kamiyama さん プロフィール

  •  
kamiyamaさん: 山と渓谷、岩と雪、都会と田園を彷徨う
ハンドル名kamiyama さん
ブログタイトル山と渓谷、岩と雪、都会と田園を彷徨う
ブログURLhttps://kamiyama-online.com
サイト紹介文雪山からボルダリングまでアウトドアを楽しんでいます。
自由文東京在住の古い登山愛好家です。IT関連の仕事をしています。

三千メートル級の雪山に復帰したのをキッカケにブログを開設しました。

二十世紀の頃、よく雪山に登りました。主なフィールドは北アルプス、南アルプス、八ヶ岳、谷川岳。スタイルはテント泊稜線縦走です。冬壁はやったことがありません。のちに、フリークライミングにしたしむようになりました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供151回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2017/07/25 16:00

kamiyama さんのブログ記事

  • ダイソーの500円モバイルバッテリーを登山で使う
  • ダイソーで散財しました。500円のモバイルバッテリーです。しばらく前に200円のヘッドライトを衝動買いした記事を書きました。ダイソーの200円ヘッドライトを登山で使うダイソーで散財しました。200円のヘッドライト(ヘッドランプ)です。他のモノを買いに行ったのですが、目についたコレを衝動買い...kamiyama-online.com2018-08-13 18:00本命の買い物はモバイルバッテリーでした。本当は300円の製品(2,000mAh)を狙っていたの [続きを読む]
  • ダイソーの200円ヘッドライトを登山で使う
  • ダイソーで散財しました。200円のヘッドライト(ヘッドランプ)です。他のモノを買いに行ったのですが、目についたコレを衝動買いしてしまいました。開封の儀パッケージ(表)パッケージ(裏)ライトの仰角を調整できるライトの仰角を調整できます。この点だけとるなら、むかし買ったペツルのティカ初期モデル(数千円)より高機能です。ゴム製のパッド額に当たる部分にはゴムのパッドが貼られています。ロゴバンドに「LED HEADLIG [続きを読む]
  • 雪山登山用ランタン遍歴
  • カメヤマロウソク学生時代のワンダーフォーゲル部では、ランタンを使った記憶がありません。そんな贅沢品?はそもそも装備の候補にあがりません。存在を知らなかったと言っても過言ではない。なにせ火器(この言い方もかなり特殊ですが)として、「ラジウス」とか「マナスル」とか呼んでいた灯油ストーブを使っていました。当時すでに時代錯誤の趣がありました。MANASLU(マナスル) マナスル 126 2102posted with カエレバMANASLU( [続きを読む]
  • 東京から燕岳に行くなら松本駅で途中下車しよう
  • 表銀座〜槍ヶ岳縦走に行ってきました。日本の登山愛好家1000万人のうち、東京在住SUICAを所持している北アルプスの燕岳に出かけるという条件に当てはまる人はどれくらいいるでしょうか。50万人?鉄道に詳しい人にとってはごく初歩的な知識ですが、ちょっとお得な豆知識を書いておきます。松本駅は2014年4月1日からSUICA対応駅となった私は自宅の最寄り駅でSUICAを利用して改札を通過しました。普通列車で松本駅まで行き、大糸線に [続きを読む]
  • 登山マットレス比較〜銀マットはテント床のベースレイヤーである
  • 山岳雑誌のマットレス特集で銀マットがエントリーすることはありませんが、ウェアにたとえるなら「テント床のベースレイヤー」とも言える重要な装備です。多目的シートとして、1枚携行することをおすすめします。銀マットとは、発泡ポリエチレンの片面にアルミニウムを蒸着したシートです。分厚い製品もありますが、この記事では厚さ2ミリ程度を想定して書いています。【基本】テントマットとして敷き詰めるエアマットを冬季対応さ [続きを読む]
  • 登山マットレス比較〜エアマットを遊び尽くそう
  • 学生時代にワンダーフォーゲル部の仲間がこぞって使っていたのがエアマットでした。たしかキャラバン社の製品です。当時はエアマットかロールマットくらいしか選択肢がありませんでした。セルフインフレータブル式の製品はバカ高かった……と言うより、その存在さえ知られていませんでした。帆布素材のキスリングに装備をガシガシ詰め込むので、やわなロールマットには居場所がありません。外付けするとしたらキスリングの天辺です [続きを読む]
  • モンベルのムーンライトテント1型を雪山(冬山)登山で使う
  • 1980年代、無雪期でも積雪期でも使えるコストパフォーマンスの良いテントとして、考えに考えたあげくにムーンライトテント1型を購入しました。現在の軽量化されたテントと比較すると重量面では不利ですが、耐久性は申し分なく、三千メートル級の稜線で十分に通用しました。私の使用経験を書いてみます。このテントを検討中の方のご参考になればと思います。モンベル(mont-bell) テント ムーンライトテント 1型 グリーン GN [1~2人 [続きを読む]
  • フォックスファイヤーのエスケープサコッシュを多目的に使う
  • フォックスファイヤーのエスケープサコッシュを購入しました。[AGエスケープサコッシュ] ポーチ アクアガードシリーズ 7421768 044 レイクブルーposted with カエレバFoxfire(フォックスファイヤー)Amazon楽天市場Yahooショッピング購入直後、タグを切っていない状態です。正確な商品名は「アクアガードエスケープサコッシュ」です。“水濡れや汚れに強い『アクアガードエスケープシリーズ』”のひとつです。A4とA5の中間くらいの [続きを読む]
  • 私がスノーピークのギガパワーストーブ「地」を愛する理由
  • 外観お湯を沸かすだけなら、ジェットボイルを持っていきますが、コッヘルやフライパンで炊事する場合にはスノーピークのギガパワーストーブ「地」を持っていきます。白を基調としたガスカートリッジとあいまって、外観のデザインの美しさは業界随一だと思います。自然を模倣したかのような開閉機構ゴトクが花びらのように開き、コッヘルをのせるとその重力によって、根本のストッパーに押し付けられて、ピタリと固定します。収納時 [続きを読む]
  • 雪山単独行おすすめダブルウォール自立式テント、シェルター
  • 雪山単独行で使うテントを新調する予定です。選定するにあたって最初に、シングルウォールかダブルウォールか自立式か非自立式かという選択肢があります。この記事では自立式のダブルウォールを扱います。3シーズン用とされているテントであっても、外張り等を使わずそのまま雪山に持ち込むことを想定しています。重量は1.5kg未満を目指しますが、やや余裕をみて1.5kg〜2.0kgも視野に入れます。有力な候補について、スペック、レビ [続きを読む]
  • 雪山単独行おすすめシングルウォール自立式テント、シェルター
  • 「LOCUS GEAR /Djedi DCF-eVent Dome」「MSR /アドバンスプロ2」を追加しました。雪山単独行で使うテントを新調する予定です。選定するにあたって最初に、シングルウォールかダブルウォールか自立式か非自立式かという選択肢があります。この記事では自立式のシングルウォールを扱います。重量は1.0kg未満を目指しますが、やや余裕をみて1.0kg〜1.5kgも視野に入れます。有力な候補について、スペック、特徴、感想をまとめてみ [続きを読む]
  • モンベルは何故「いけてない」のか
  • 「いけてない」イメージみんなお世話になっているモンベル製品。ウエアのデザインがもう少し垢抜けてくれればなぁ、とブチブチ文句を言いながら、ためつすがめつ眺めます。何かの機能を求めて新しい装備を買い足すとき、ひとまず候補の一つに入れて、「このロゴさえなければなぁ」とため息をつきます。全身モンベル製品で固めた登山者は「モンベラー」と揶揄されるとか。ガイドの人達のあいだでは、モンベル製品を使っていると素人 [続きを読む]
  • カリマーの「DTA pants」で猛暑を乗り切る
  • 久しぶりに新調したくなるようなトレッキングパンツと出会いました。カリマーの「DTA pants」(DTAパンツ)です。東レの「Dot Air」素材を使用した通気性の高い商品です。カリマーの「DTA pants」カリマー(カリマー) DTA PANTS メンズ トレッキングパンツ 51517M172-CHARCOAL (チャコールグレー/LL/Men’s)posted with カエレバ0 カリマーAmazon楽天市場Yahooショッピングクローズアップ全体普通のトレッキングパンツと比較2 [続きを読む]
  • 登山マットレス比較〜山と渓谷の特集記事など
  • 最近のマットレスの潮流を俯瞰するため、「山と渓谷」で特集された山岳装備の特集を読んでみました。山と渓谷2015年1月号 GTR VOL.09「冬季用マット」山と渓谷2016年10月号 GTR VOL.07「スリーピングマット」山と渓谷2017年3月号 山岳装備大全「マットレス」いずれも「Kindle Unlimited 読み放題」で読むことができます。「山と渓谷」の最新号は読み放題にならないので、私は毎号購入しています。その他のアウトドア雑誌(PEAKS [続きを読む]
  • 超小型軽量なモバイルバッテリー、ThruNite C2
  • 超小型軽量なモバイルバッテリーThruNite C2を購入しました。ThruNite C2 (3400Ah 最小最軽量モバイルバッテリー USB急速充電器ハブ) USBモバイルバッテリー ThruNite 3400mAh 18650 リチウムイオン充電池(1本)と組み合わせ【C2 モバイルバッテリー】posted with カエレバThruNiteAmazon楽天市場Yahooショッピング通常のモバイルバッテリーとちがうのは、内蔵電池が交換できるところです。電池の種類は「18650電池」。この電池は [続きを読む]
  • 登山後の電車やバスで香水として虫よけシールを利用する
  • 連日テント泊したり、真夏の低山で汗だくになって下山したあと、公共交通機関の密閉空間に身を置くと、自分の汗臭さに気が付きます。王道の対策法は、ウェアをメリノウールにする。(天然の防臭抗菌効果あり)山中でこまめに洗濯する。(夏は着干しする)下山後の着替えをザックにしのばせる。(重量が増える)ですが、香りでごまかす系の対策をひとつ提案します。ウルトラライトな香料女性なら、ふだん使っている香水やアロマを小 [続きを読む]
  • ゴアテックスのテントが市場から消える
  • 噂の発端ゴアテックスのテントが市場から消えるらしいと初めて知ったのは、山と渓谷2017年11月号の連載「山岳装備大全 第20回 シェルター」(p.128)を読んだときでした。第一世代ゴアテックスは、2009年から「Xトレック」として日本限定で流通してきたが、今季をもって製造が中止されるというのだ。この素材を使ったシェルターに興味があるのなら、早めに入手しておくことをおすすめしたい。「第一世代ゴアテックスとは?」「製造 [続きを読む]
  • Google Keepがチェックリストの階層化に対応した
  • Google Keepがチェックリストの階層化に対応しました。2018年5月末〜6月初頭にリリースされた模様です。「Google Keepで登山装備チェックリストを作成できる」という記事で、「ラベル」機能を駆使して「疑似的に階層化する」手順を書きましたが、そんな苦労はせずにすむようになりました。Google Keepで登山装備チェックリストを作成できる昔は登山装備チェックリストをきちんと作成しました。学生時代、ワンダーフォーゲル部では [続きを読む]
  • モバイルバッテリーをフラッシュライト化するSODIAL USB LEDランプ
  • 「超小型軽量なモバイルバッテリー、ThruNite C2」をフラッシュライト化するUSB LEDランプを購入しました。SODIAL(R)黒いプラスチックのホワイトライトボタン、USB LEDランプposted with カエレバSODIAL(R)Amazon楽天市場Yahooショッピング私がAmazonで購入した時は130円でした。「関東への配送料無料」です。Amazonには「配送料だけでも購入価格を超えるんじゃないの?」と思う商品が沢山あります。この手の商品はたいてい船便( [続きを読む]
  • 撥水ダウンを自作する〜撥水篇
  • 撥水剤は素直に洗剤と同ブランドの「NIKWAX TX.10 ダウンプルーフ」を利用します。NIKWAX(ニクワックス) TX-10 ダウンプルーフ EBE241 【撥水剤】posted with カエレバニクワックス(NIKWAX) 2012-04-05Amazon楽天市場Yahooショッピング「リサーチ篇」「洗濯篇」からの続きです。水と撥水剤の適量を探る撥水効果を得られる最低限の濃度は150ml/18ℓ一着当たりの温水の量が18ℓを越えないようにしてください。一着当たりキャップ3杯 [続きを読む]
  • 撥水ダウンを自作する〜洗濯篇
  • 撥水処理する前に汚れをきれいに落とします。そうしないと、撥水剤が定着しにくかったり、下手をすると汚れの上に撥水処理されてしまい汚れが落ちにくくなります。「リサーチ篇」からの続きです。洗剤選びNIKWAX LOFT ダウンウォッシュ使いかけの「NIKWAX LOFT ダウンウォッシュ」が手元にあります。この商品、現在は製造中止になっているようです。イギリスの本家NIKWAXでも輸入販売元のEVERNEWでも製品リストに見当たりません。N [続きを読む]