kamiyama さん プロフィール

  •  
kamiyamaさん: 山と渓谷、岩と雪、都会と田園を彷徨う
ハンドル名kamiyama さん
ブログタイトル山と渓谷、岩と雪、都会と田園を彷徨う
ブログURLhttps://kamiyama-online.com
サイト紹介文雪山からボルダリングまでアウトドアを楽しんでいます。
自由文東京在住の古い登山愛好家です。IT関連の仕事をしています。

三千メートル級の雪山に復帰したのをキッカケにブログを開設しました。

二十世紀の頃、よく雪山に登りました。主なフィールドは北アルプス、南アルプス、八ヶ岳、谷川岳。スタイルはテント泊稜線縦走です。冬壁はやったことがありません。のちに、フリークライミングにしたしむようになりました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供150回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2017/07/25 16:00

kamiyama さんのブログ記事

  • 登山で役立つツェルトのおすすめと四方山話
  • ツェルトの有無が生死を分ける山の遭難事故で「低体温症」「疲労凍死」といったキーワードに接するたび、「ツェルトを携行していたのだろうか」「ツェルトがあれば1人でも多く助かったのではないか」と考える癖があります。立山の中高年パーティ遭難1989年10月8日、北アルプスの立山で季節外れの吹雪となり、8人の方が亡くなりました。吹きさらしで着の身着のままで過ごしたようです。ドキュメント 気象遭難 (ヤマケイ文庫)posted [続きを読む]
  • ダイソーの200円ヘッドライトを登山で使う
  • ダイソーで散財しました。200円のヘッドライト(ヘッドランプ)です。他のモノを買いに行ったのですが、目についたコレを衝動買いしてしまいました。開封の儀パッケージ(表)パッケージ(裏)ライトの仰角を調整できるライトの仰角を調整できます。この点だけとるなら、むかし買ったペツルのティカ初期モデル(数千円)より高機能です。ゴム製のパッド額に当たる部分にはゴムのパッドが貼られています。ロゴバンドに「LED HEADLIG [続きを読む]
  • SOTOのポケトーチとライターの互換性、相性
  • SOTOのポケトーチを2017年11月に購入しました。ポケトーチとは何ぞや、という人は本家の新富士バーナー株式会社の紹介ページをご覧ください。ポケトーチ スケルトンブラック・スケルトン ? SOTO新富士 ポケトーチ(スケルトン) PT14FFSKCRposted with カエレバ新富士バーナーAmazon楽天市場Yahooショッピング開封の儀パッケージ取扱説明書全体像ポケトーチを分離してライターを出し入れするポケトーチのヘッド部をこんなふうに [続きを読む]
  • ジェットボイルを固形燃料ストーブとして使う
  • 何度目かの固形燃料のマイブームが訪れました。Esbitクックセットと固形燃料で火遊びした男子たるもの、ときどき火遊びをしたくなります。アウトドアで使う燃焼器具は、火力の強さや扱いやすさからガスストーブが便利です。...kamiyama-online.com2018-09-27 18:00新たなる着想を実験してみました。謎の固形燃料ストーブアルミのキャップの上でEsbit(エスビット)の固形燃料を燃やします。このキャップはキャンドウ(100均)で別 [続きを読む]
  • Esbitクックセットと固形燃料で火遊びした
  • 男子たるもの、ときどき火遊びをしたくなります。アウトドアで使う燃焼器具は、火力の強さや扱いやすさからガスストーブが便利です。そして、その燃焼効率を追求するとジェットボイルに行き着きます。私はスノーピークの「地」(初期モデル)とジェットボイルSOL-Titaniumを使っています。スノーピーク(snow peak) ギガパワーストーブ“地” GS-100Rposted with カエレバスノーピーク(snow peak) 2016-12-24Amazon楽天市場Yahooシ [続きを読む]
  • アライテントのビバークツェルト ソロを家型に設営してみた
  • 先年、雪山に復帰してすぐにアライテントの「ビバークツェルト ソロ」を購入しました。アライテント(ARAI TENT) ビバークツェルト ソロposted with カエレバアライテント(ARAITENT)Amazon楽天市場Yahooショッピングアライテントの紹介ページでは「ポンチョのように使うことも可能な、究極のパーソナルシェルター」と紹介されています。しかし、要所要所に付いているループを利用すると、家型に設営することが可能です。スペック [続きを読む]
  • 雪山登山おすすめダブルウォール自立式テント、シェルター
  • 雪山単独行で使うテントを新調する予定です。選定するにあたって最初に、シングルウォールかダブルウォールか自立式か非自立式かという選択肢があります。この記事では自立式のダブルウォールを扱います。自立式のシングルウォールについての記事はこちら3シーズン用とされているテントであっても、外張り等を使わずそのまま雪山に持ち込むことを想定しています。重量は1.5kg未満を目指しますが、やや余裕をみて1.5kg〜2.0kgも視 [続きを読む]
  • 登山サンダルのおすすめとクロックスが苦手な話
  • 登山歴のなかで一番印象に残っているサンダル昔々、白馬岳から穂高まで2週間ほどかけて縦走し、上高地に下山してきました。登山にサンダルを携行する習慣はありませんでしたが、そのときばかりは欲しくなりました。小梨平キャンプ場の売店で500円で売っていた茶色のサンダル。いや、ゴムゾウリ?を履いて、憧憬の地でリゾートタイムを過ごしました。売店には米も肉も売られていました。ジンギスカンの羊肉の美味かったこと。一人で [続きを読む]
  • 誰も言わない登山用ザックの問題点と簡単な解決方法
  • 縦走登山の長い一日、たとえば中房温泉から合戦尾根を登り、燕岳を往復して、大天井岳まで歩くとしたら、途中で何回くらいザックの雨蓋を外して、中身にアクセスするでしょうか。私は10回くらいです。サイドポケットの類がないオーソドックスなザックを使っているので、水筒(ペットボトル)を本体に入れます。そのため休憩のたびにザックの本体にアクセスします。私が水筒や魔法瓶をザックの本体に入れる理由ザックの本体に頻繁に [続きを読む]
  • ジェットボイルの秘密の収納スペースを活用しよう
  • ジェットボイルSOL-Titaniumを愛用しています。JETBOIL(ジェットボイル) バーナー SOL-Titanium サンド 1824377 SD【適合性検査済日本正規品】posted with カエレバJETBOIL(ジェットボイル) 2013-03-23「熱効率が良くて、風に強い。だけどかさばるからなぁ」と敬遠している人は、もしかすると気づいていないかもしれません。スタジオジブリ作品 となりのトトロ マトリョーシカposted with カエレバエンスカイ(ENSKY) 2015-11-26Ama [続きを読む]
  • BE-PAL付録の金字塔、MAMMUTとコラボしたターポリン製2WAYポーチ
  • ザックのショルダーベルトに付けるポーチを登山用品店で探したのですが、BE-PAL誌2016年7月号の付録に匹敵する製品が見当たりません。私はKindleでBE-PAL誌を読んでいますが、この号だけは付録を目当てに紙の雑誌を買い求めました。私は限定品やノベルティグッズの収集マニアではありません。BE-PAL誌の付録は、正直なところ「既製品で十分かな」と思うモノが多いです。ところが、この「MAMMMUT?BE-PALオリジナルターポリン製2WA [続きを読む]
  • BE-PAL付録の金字塔、MAMMUTとコラボしたターポリン製2WAYポーチ
  • ザックのショルダーベルトに付けるポーチを登山用品店で探したのですが、BE-PAL誌2016年7月号の付録に匹敵する製品が見当たりません。私はKindleでBE-PAL誌を読んでいますが、この号だけは紙の雑誌を買い求めました。私は限定品やノベルティグッズの収集マニアではありません。BE-PAL誌の付録は、正直なところ「既製品で十分かな」と思うモノが多いです。ところが、この「MAMMMUT?BE-PALオリジナルターポリン製2WAYポーチ」だけ [続きを読む]
  • ダブルリングノートをルーズリーフバインダー風に使う裏技
  • 普通のダブルリングノートをルーズリーフバインダー風に使う裏技を動画にしてみました。ダブルリングノートの中紙はルーズリーフのように自由に抜き差しできません。ページ構成を変更したい場合には、ダブルリングを破壊して、別途購入したルーズリーフバインダーに綴じ直す人が多いのではないでしょうか。『唯一無二の耐水防水ノート「ライフ アウトドアノート B6」を登山で使う』で表紙を抜き差しする方法を紹介しましたが、柔ら [続きを読む]
  • Gonex 超軽量リュックサック 折りたたみ 30Lを再購入した
  • チェストストラップのバックルを紛失しました。ストラップが長すぎる気がしたのでハサミで端を切り落としたのですが、それが失敗でした。Gonex 超軽量リュックサック 折りたたみ 30Lトレーニングを兼ねた週末のハイキングで使い倒すデイパックとして、1年ほど前に「Gonex 超軽量リュックサック 折りたたみ 30L」...kamiyama-online.com2018-08-17 15:00猛暑の高尾山の帰りに落としたらしい腰のうしろの汗溜まりが問題猛暑の高尾山 [続きを読む]
  • メレルのコーストライダーで酷暑を乗り切る
  • 酷暑。外に一歩出たとたん、「なんで夏なのに暖房を入れてるんだよ」とボヤきたくなります。じっとしていてもYシャツの下で汗が滴り落ちる。満員電車で押し合いへし合い、耐え続けているのは世を忍ぶ仮の姿だ。本当の自分は、荒涼とした岩の殿堂や、まばゆい雪稜を闊歩している。この日々の辛苦を風雪のビバークとみなしてやり過ごそう……。そう自分に言いきかせても、うだるような暑さからは逃れられません。私個人は特に靴の中 [続きを読む]
  • 珍しいポーラテック パワーグリッドライトのTシャツ
  • グリッド主義半袖Tシャツを購入するときは、肌面が汗で貼りつきにくいドット状やメッシュ状になっている製品を選ぶようにしています。そうでない製品は、色味やプリントを気に入って買ったとしても、周期的な断捨離フェーズにリサイクルゴミとして放出するはめになります。山岳メーカーの数千円のTシャツと何枚おさらばしたことか。一方、ユニクロの千円のTシャツ(肌面ドット状)は残っていたりします。そんな私の心に響く製品が [続きを読む]
  • 槍ヶ岳のマナーと登り優先のパラドックス
  • 槍ヶ岳に久しぶりに登頂したなんと四半世紀以上ぶりです。同じ北アルプスでも、後立山方面や穂高方面には行ってたんですけどね。前回登ったのは1989年の秋。1日目、千天出合にテント泊し、2日目は北鎌尾根の末端から槍ヶ岳を目指しました。ルートファインディングに迷ったり、雪が舞い始めたりしたため、独標の少し手前、天狗の腰掛けと呼ばれる台地でテント泊しました。忘れもしない1989年10月8日、立山で大量遭難(吹雪のなか8名 [続きを読む]
  • 登山に携行する最軽量のピルケースを探す
  • 山に生鮮食料品をふんだんに持っていくことは難しいので、ビタミンやミネラルを補給するためにマルチビタミン&ミネラルのサプリメントを持っていきます。普段から利用しているピルケースをそのままザックの雨蓋に押し込みます。ピルケースと言っても形態はさまざま。私のピルケース遍歴は以下の通りです。ポリプロピレン製のピルケース仕切り付きのピルケースよく見かけるタイプです。ポリプロピレン素材で、パカッと蓋をあけると [続きを読む]
  • モンベルの「リゾッタ」シリーズを食べて、思い出したこと
  • モンベルのリゾッタシリーズにガパオ味が追加されました。(2018年8月)わずか3分でできあがる、モンベルが開発した新しい山ごはん「リゾッタ」に、ガパオ味が新登場! フリーズドライ製法なので、アルファ米に比べて調理時間は約1/5。6種類の味から選べる「リゾッタ」のおいしさ・携行性・保存性を、ぜひ夏山で実感してください。https://t.co/cW5FulSboc pic.twitter.com/9YiDfepclv— 株式会社モンベル (@montbellJP) Aug [続きを読む]
  • 唯一無二の耐水防水ノート「ライフ アウトドアノート B6」を登山で使う
  • 山行ノートの理想形のひとつ「ライフ アウトドアノート B6」は、山行ノートの理想形のひとつです。私が山行ノートに求める条件耐水紙(ユポ紙)風雨雪のなかで筆記することがあるので、水濡れに強く、丈夫であってほしい。このノートは“水に強く、水に濡れても書いた文字が消えたり、紙が破れたりしません”。素手で引き裂くことができないほど丈夫です。無地自由に書ける無地が好みです。耐水紙のノートはほかのメーカーからも [続きを読む]