ももりん さん プロフィール

  •  
ももりんさん: 四つ葉のクローバー
ハンドル名ももりん さん
ブログタイトル四つ葉のクローバー
ブログURLhttps://ameblo.jp/momorin-and-mikimomo/
サイト紹介文私は、生まれつき脳性麻痺です。毎日仕事や訓練を頑張っています。泣いたり笑ったりの毎日です
自由文初めまして、ももりんです。私は、生まれつきの障害と共に生きてます。毎日、仕事や訓練を頑張っています。泣いたり笑ったりの毎日です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供178回 / 365日(平均3.4回/週) - 参加 2017/07/25 18:57

ももりん さんのブログ記事

  • 「自立」と言う言葉だけを
  • 一年前のブログを読んで思わず、「まだ、一年か」と思ってしまった。去年の昨日、初めて、男の看護師さんだけの訪看を受けて、初めて、浣腸された日のブログがありました。懐かしいような、「あの日も頑張ったな」と思いながら、複雑な思いは今も消えない。今日訓練で、久しぶりに男の先生だった、初めは、先生が怖くって泣きました。慣れてたはずなのに。お腹のマッサージを頼もうとしたけど、頼みきらない、前の先生には頼んで [続きを読む]
  • 一昨日の一言
  • 今日の訪看で、これから、おなかのマッサージをる事が決定しました。今日の訪看は、男の看護師さんでした。でも、午前中は、おなかもはってないので、マッサージも痛くなかった。ももりんは、午後の方がお腹がパンパンに張るので、朝は、お腹がぺちゃんこなの、午前中は、マッサージも痛くない。訪看は、ももりんの場合は、おなかの事を考えたら、午後の方がいいと看護師さんと話した。その方が、マッサージは痛いけど、訪看を受 [続きを読む]
  • 幸せ気分になる
  • 編んだぞ、編んだぞ、スヌードを朝2枚、昼から1枚はん、職員さんからは「もう、ももりんさん、あみすぎ」と言われました。「いいの、元気の証拠」と笑いながら言いながら編んでいます。その時は、なんとも言えない、幸せ気分になる、ももりん?? 夕方、内科受診でした。先生からは、「訪看が来たときは、おなかのマッサージをしながら、様子を見よう」と言われました。先生から言われると、看護師さんたちは、それで、動くから [続きを読む]
  • 明日もガンガン編むぞ
  • 今日、訪看中に、「今の訪看はつらい」と一番慣れている、看護師さんに言った。おなかのマッサージがはいったから。女の看護師さんの時でも、痛いし、痛くって、少し泣いてしまうのに。男の看護師さんの時は。痛いし、力も強いし、この前感じたの押さられた感があった、それは今日はあった。恐怖を覚え始めた。でも、おなかのマッサージは、今のももりんには必要なこと。最近、感じ始めてことがある。男の看護師さんのことで、そ [続きを読む]
  • 七乃実と言う居場所
  • 「もし、七乃実と言う居場所がなかったら、今回の闘病生活は、在宅では治せなかった。入院だった」と今日来た看護師さんからはっきり言われた。私もそう思う、今回の治療は、辛かった、感じたまま書くと、初めて、男の看護師さんに、点滴をしてもらうことも初めてだったし、すごく怖ったと思う、でも、その時は、気持ちりよも、治りたい一心だった。先日のおなかのマッサージも、やっぱり、不安だった。男の看護師さんになれてる [続きを読む]
  • 新たな
  • 新たな、日誌表を作成してしまいました(笑) 自分で考えた。訪看さんに、見せて観る。細かいよ、細かすぎるでも、ももりん、元気にいたいから、そのために日誌書くんだよ。確かに、訪看さんに管理されて生きるって、自分が病気が重いからだって、弱いからだって思ってた、そんな私がいやだった。でも、最近、そうやって、生きてて、楽しんで生きてる事に感謝する時もある、今回も、訪看さんのおかけで入院は避けられた。大好きな [続きを読む]
  • 一年間の足跡
  • 昨日よりも少し食欲がない。でも、今日は、昼にお出かけをして、ホットケーキを食べた。美味しかった、毛糸も買えた、私の頭の中で、7月から、書いてない、訪看さんに出す,日誌のことが頭に浮かぶ、改めて、日誌の必要性を感じたし、日誌の表も今までのではだめと感じた、食事の部分で、大まかな書いてたけれど、もうちょっと、細かく書いた方がいいのではないかと思う、しかし、それをすると、今よりも、書くのが大変になる(笑) [続きを読む]
  • 感謝
  • 昨日の夜から、食事形態、普通に戻りました。昨日の夕方に、Wさんの訪問があり。食べれない原因は、胃の溜まるガスだと分かり、Wさんのおなかのマッサージ後、パンを食べたところ、食べれた。美味しかった。【パンってこんなにおいしかったの】と思いました。今日で、訪看を受け始めて.一年が経ちました。あの夜から、一年。始めて訪看を受けて、その日の夜は。アパートに泊まる日、私は、夜になり、訪看さんへの電話も怖くって [続きを読む]
  • 私らしく過ごしたい
  • 今の私にとって、食事の時間は地獄、小分けにして食べてても、食事後に吐き気が来る、つらい、それでも食べる、ペーストからあがらず、私の難病の怖さを知る。Wさんは【誰でもあるよ」といつも言う、初めはその言葉を信じてた。でも、でも、今は今の症状は「慢性特発性偽性腸閉塞症」の症状と私は分かる。辛い、食べたい、 食べたらきつい、もう、食べたくない、頑張って食べてるのにと言う思いがWさんにぶつけた。どうすれば [続きを読む]
  • 毛糸の山
  • 今日、毛糸を山ほど買った、30個?50個かな、もちろん、ももりんは大満足、母は、笑いながら【ストレス発散ができたね】と言ってくれた。七乃実の人からきっと、「また」と言われるだろう、体調は。よくなってない、一日、5、6回に分けて、ペーストと食事をする、それでも痩せていく、点滴をやっていた時よりも、やせた、1キロ、食べなきゃと思うけど、あんまり、食べれない、アイスやプリンがおも、おしっこも間隔もあいて、色 [続きを読む]
  • ソフト食でもいいから食べた
  • 今日から、ソフト食おかゆすら、今は食べれない、点滴も500から1000なる。つらいな。今日点滴に3時間かかった。ソフト食なんて人ごとだった。悲しくなる、食べた後は胃がいたし。水分は、ストローで飲むが、吐いてしまう。今日の看護しさんからは、楽のみを試してみたらと言われた。今の現実をうけとめきれなく。治るまでと言っても、持病、難病 慢性特発性偽性腸閉塞症 完治はできません、発病した時よりも、悪い時は、期間が長 [続きを読む]
  • 今のなのみは大嫌い
  • 今日、何回はいただろうか、胃液が出た、きつい毎日。御飯の量も増えず。今日の看護師さんから、水分だけでも入れば、点滴は外れると。聞くが、必死になってのむのだが、洗面器の中に吐いてしまう、慌てないで治したいもある。でも、早く良くなりたい気持ちはある、慌ててる。だから、昨日みたいにパンを食べてしまう。来週、なのみのバザーがある。もちろん行きたい。でも、母からは、「点滴は」と聞かれた。それまで、良くなりた [続きを読む]
  • 点滴頑張る
  • もう、「食べたくない、飲みたくない」という気持ちがある、先が見えない不安。食べれないと、点滴は、やめれない。つらい。でも、食べれない、おなかの痛み。吐き気。食べたい、でも、食べれない。毎日の訪看、Wさんとも毎日会う、何も感じないようにしてる。今は、元気になる事に専念している。でも、いろんな思いは感じていると思う。でも、食べれるようになるまで、点滴はしたいよ、夜、二口パンを食べた。「自分は、本当は [続きを読む]
  • 食べることが
  • 昨日から、自宅で点滴をしてる。食欲低下、少しだべると胃がむかむかし、吐いてしまう。自分で選んだ道、点滴を自分やりたいと言った、でも、初めての事、かなり、精神的に着っぃ事はわかってた。訪看さんと今より近くなることは、分かってた。今は、心の中は書かない。書けば、今後の治療しんどいし、書かないと心が苦しい、正直、いつ。食べれるようになるか、分からない、アパートに戻る。食べたい、食べないと、点滴も続く、こ [続きを読む]
  • しんどい
  • 一昨日から、食事の量が減って、三日目、しんどい、少しやせてきた、1月と同じ、訪看に報告は、まだしてない。私は、このまま、様子を見たいが、訪看さんは、早目に動く、1月と同じになるかもしれん。私は、考えるのは早いと思う、まだ、三日と思いがあるが、訪看はもう、三日という気持ちかもしれない。もしも、1月みたいになっても、良くなればいいよ。今、少しづつ。弱ってるから。訪看に見てもらうしかない。いろんな気持ちは [続きを読む]
  • 大丈夫
  • 今日から、体調が悪くなった、食欲がなくなっている。水分の減っている。でも、まだ、二日、大丈夫、前向きに考える、訪看に連絡しながらの生活。でも、少しきつい。このまま弱ればどうなるかも分かってる、今年の始めと同じようになるよ、そんなのいやだ。つらい事がたくさんあったよ。でも、8ヶ月間、おなかの方は、調子が良かったから。ももりんは、良かったと思う。難病が良くなった気がしてた。「もしかしたら、ももりんは難 [続きを読む]
  • やっぱり、Wさんは、凄いよ(笑)
  • やっぱり、Wさんは、凄いよ(笑)厳しいけど、いつも、一緒懸命考えてくれて。私がどんなに怖がっても、動じない、怒るときは怒る。でも、いつも、いつも、いつの間にか、立ち直ってる。私の心を本当に分かってる。すごいと思う。また、Wさんを怖いと感じることがあると思う、でもね、きつと、心の中では頼ってるんだ。今日もまた、Wさんのすごさを感じた。苦しかったけど。Wさんに感謝だよ。 [続きを読む]
  • Wさんの厳しい言葉があったから
  • 訓練の先生にが変わり、前の先生の事をいまだにさがす。そんな日々、キャンプで同じ班の学生さんが、その先生にそっくりだった。恋しさがたまらかった、先生が帰ってきたみたいに感じた。別人ってわかっていました。でも、その人を見るたびにたまらなかった。寂しいよ、会いたいよ。今の先生とはうまくいってる。だけど、前の先生の事がよぎってしまう。キャンプの日も私は、Wさんの訪看を受けた、その時に、その先生が恋しんだ [続きを読む]
  • Wさんの訪看が怖いよ
  • くやしいよ。昨日の訪問から、不安が強くなるときがあって、今夜は、怖がりながら、Wさんに電話をした。怖がりながらでも話したが、Wさんから「時間ができたら、訪問に行きます」と言われた。私は、「いや」と何回か叫んだ。でも、それだけですんた。電話を切った後。少し、泣いた。なのみでも、訓練でもいつもと違う、昨日までとの、ももりんとは違う、昨日の夜も心が苦しかった、ある話をするが、その話をしたら、心が苦しくな [続きを読む]
  • 超えるよWさんたちと今
  • 心がきつい、今日、女の看護師さんだったが、心が爆発した。ありのままの感情が出た。何を話したのかも覚えてなく、気が付いたら、泣いてた。Wさんの訪問がないと、先へは進まないことを私は、分かってる。どんなに怖くても、避けれないこと、避けたい気持ちはある。女の看護師さんにありのままに感情が出たことは良いことかもしれないけど、Wさんと距離が近くなる。それが、すごく怖い、必要なこと、Wさんさんには隠せない。私 [続きを読む]
  • 楽しい事したいよ
  • 今週も始まりましたね、今日は、訓練でした。一番厳しい先生にあたった。一時間、大泣きの連続、体が硬くなっていたし、機能低下。その他もろもろ。担当の先生に報告に行けば、訓練は強化するだろう。( ´Д`)=3 フゥなぜ、こんな時に、泣き疲れたよ。Wさんの事も落ち着かないまま。明日は、訪看、この前の土曜日に、「火曜日は、私かWさんかどっちか」といわれた。Wさんが来るほうが強い状態だ、嫌と言えない。Wさんと約束だ [続きを読む]
  • きっと
  • 今夜も、夜が怖い、知り合いに電話したら、「怖いけどWさんに電話しなさい」と言われた、思い切って電話した。勇気がいった。夜が嫌だ、前やったら母に電話してた。今日、母と一緒にいた、嬉しかったな、母から離れたくない気持ちが今はたくさんあることは。いけないの。どうして、Wさんなのと思うときは、心のバランスがぐずれている時、前の私に戻りたい時、知り合いに言われた「今のももりんの心の状態を一番わかるのは、W [続きを読む]
  • 治療の一環
  • 不安だよ、夜になったよ。Wさんに電話が怖くってできないだから、ブログ書くよ。書き終わるころには、心が落ち着いてるの、今日は、なのみも休み、午前中、訪看を受けた、女の看護師さんだった。ホッとする。最近、看護師さんが帰るときに、次は誰と聞く、Wさんが怖いからだろうか。ここ一週間は、Wさんが怖くがたまらかった、心のバランスが壊れてる。時々、声を出したり、少しほほをたたいてしまう。心がたまらんくなって。W [続きを読む]
  • おバカのももりん
  • 今、不安が出てきたこんな時は、えっとー、母ではなく、Wさんに電話。それは、いやだWさんに頼るもんか。母がいいもんと心の中で叫んでいるももりん。でも、それが、Wさんに分かれば、今より、厳しくなる。それがわかるから、苦しい。もう、いやだ、母が一番いいよ。自立なんかできないよ。なんで、男恐怖症のももりんが男の人に心預けられするの。ありえないよ。母への依存が強い、私にとって、その依存を男の人に変えることは [続きを読む]
  • どうしょうもなく
  • また、ももりんのいやな、夜がきました。調子が悪いと、不安になって、Wさんに電話が多いい。ほかの人に電話は、母へのあまえた電話はダメになって、もうすぐ一年になる。この一年は、母に依存してた部分をWさんに変えていくことが大変で、まだ、少しもしかできいていない。それでも、大変だった、男恐怖症の私。男の人になれる事は、ひとくろう、調子が悪いと、買い物で男の人に近寄られると、逃げる私、そんな、ももりんが、男 [続きを読む]