socialanimal さん プロフィール

  •  
socialanimalさん: From a Corner of Somewhere
ハンドル名socialanimal さん
ブログタイトルFrom a Corner of Somewhere
ブログURLhttp://worldtoworld.hatenablog.com/
サイト紹介文世界を長期で旅した記録・記憶を日英文で書いてます。アジア、ヨーロッパの旅が中心です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 319日(平均0.5回/週) - 参加 2017/07/27 08:03

socialanimal さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 異国で外国語を学ぶとき、母国語について思うこと
  •  2018年5月から11月まで、アイルランドのダブリンにて語学学校に通いながら英語を勉強していました。授業では先生からよく「単語はコロケーションを意識して覚えてね!」と言われていました。コロケーションとは単語同士の自然なつながりのことで、外国語を学ぶ上で必須の知識です。似た様な意味の単語でも、組み合わせによっては不自然に聞こえたり意味を成さなかったりします。例えば、温かい店内から寒風吹き荒ぶ冬の街に出た [続きを読む]
  • 1週間のフィリピン英語留学は、果たして効果があるのか?
  • 「フィリピンでの短期英語留学が人気です!」というニュースが出てきてからすでに5年ほど経ったであろうか。今も多くの日本人や韓国人がフィリピンに押し寄せている。僕もそれに倣ってゴールデンウィークに1週間だけ英語を勉強してきた。勉強することにはもちろん意味はあると思うが、高い授業料や渡航費を支払い、貴重な1週間の休みを利用して留学することにどれほどの効果があるのか分からない人は多いと思う。この留学の1年後に [続きを読む]
  • The Baltic Sea and Cognitive Science
  • The express ALLEGRO left Saint Petersburg station at early morning and arrived at Helsinki, the capital city of Finland, after sev
    eral hours via coniferous forests area. I’m going to next town, Stockholm by ferry this evening because I’m going back here ag
    ain after I visited the other Northern European cities.I put my bag in the locker of the central station and went to the downtown.
    Streets a [続きを読む]
  • No.9 バルト海と認知科学
  •  早朝にサンクトペテルブルクを出発した急行アレグロ号は、針葉樹が生い茂る森林を抜け、数時間後にフィンランドの首都ヘルシンキに到着した。この街には北欧を周遊した後にもう一度来る予定である。そのため、宿泊せずに夕方発のフェリーで次の街であるストックホルムに行くことにした。中央駅のロッカーに荷物を預け街へ出ると、ロシアとは違った洗練された街並みが広がっていた。北欧は、よくそのデザイン性の高さとともに語ら [続きを読む]
  • No.8 Giraffes in Saint Petersburg
  • When I was a primary school student, I was often confused about Russia and Germany. That was probably because I hardly understood
    not only the conflict between East and West Germany but also the cold war between USA and the Soviet Union. Therefore I regarded R
    ussia as a “bad and cruel” country because of the wicked impression of the Nazis and socialism. As time goes by and study worl
    d history, t [続きを読む]
  • No.8 サンクトペテルブルグのキリン
  •  小学生の頃、僕はよくロシアとドイツを混同していた。多分、東西ドイツ間の対立と、旧ソ連とアメリカの対立の関係を上手く理解できていなかったからだろう。そんなわけでロシアにはナチスと社会主義の悪いイメージから「ひどいことをするわるいやつ」だと思っていた。時が経ち歴史を学ぶに連れてこうした誤った認識は無くなっていったが、日本で生活しているとロシアの情報は中々入ってこないので、ロシアは依然として謎のままで [続きを読む]
  • No.7 ”Guns, Germs and Steel, and a Strawberry Sponge Cake”
  • It takes 7days to go Moscow from Vladivostok by Siberian railroad even if you don’t get off any stations. It’s very hard to ta
    ke it for 7 consecutive days, so I got off at Irkutsk and Omsk station. Of course I had to stay in the train for total 7days. To m
    ake good use of free time, I started reading “Guns, Germs and Steel: Jared Diamond”. This is a bestseller of cultural anthropo
    logy. Summariz [続きを読む]
  • No.6 the Siberian Ground and the Great Mother
  • I was looking at the blue of Japan sea shone with summer sun from Vladivostok to Khabarovsk, and the Siberian ground were being re
    flected on the train window after the area. Only white birch and glass lands spread between town and town. when I saw small villag
    es which has only 4 or 5 houses, I thought “How do they live here?”. I will never know the people that I can’t imagine who t
    hey are, but [続きを読む]
  • No.6 シベリアの大地と偉大なる母
  •  ウラジオストクからハバロフスクまでは、夏の陽光に照らされた日本海の青を眺めることもできたが、それ以降はずっとシベリアの大地が車窓に映し出されていた。町と町の間には白樺の森と草原がひたすらに続く。時折現れる数件の集落を見るたびに、「彼らはここでどうやって生きているのだろうか?」と考えてしまった。僕の想像の外に暮らす彼らとはこの先一度も交わらないと思うが、そこに無理矢理にでも接点を生み出すことが、見 [続きを読む]
  • No.5 on the Siberian Railroad Heading for the West
  • I took a 3rd class train of the Siberian Railroad from Vladivostok to Irkutsk, one of the biggest cities situated in the center of
    Russia. Different from the 1st class decorated with luxurious furniture and the 2nd class that lots of compartments stand in a ro
    w, we can see the usual lives of the locals in the 3rd class.The train left Vladivostok station at the scheduled time, 11:02 AM. A
    lthough [続きを読む]
  • No.5 シベリア鉄道で西へ
  •  ウラジオストクからロシア中央部の大都市イルクーツクへは、シベリア鉄道の三等車に乗って行くことにした。豪華な装飾に彩られている一等車両や4人用のコンパートメントが並んでいる二等車両とは異なり、仕切りのない三等車両ではロシア人の普段の生活を垣間見ることができる。 列車は定刻の午前11時2分、ウラジオストク駅を出発した。あっという間に夏が過ぎ去って行くロシアではあるが、8月上旬はまだ暑さが残っている。車 [続きを読む]
  • No.4 at the End of the East
  • When I was a kid, I was often watching the TV program, “Special Mission Research 200X” The contents of the program conducs researches about paranormal phenomena and mysterious incidents to uncover their secrets and go into a new world. I had been fascinated with the variety of pictures constituted like a drama and sitting with excited feeling in front of a TV set at every Sunday 8 PM. Looking ba [続きを読む]
  • No.4 東の果てより
  •  子供の頃、「特命リサーチ200X」というテレビ番組が好きだった。超常現象や怪事件の調査を行い隠されていた謎や未知の世界に迫る、という内容だ。ドラマのように構成された様々な映像に魅了され、日曜8時に僕はテレビの前で毎回ワクワクしながら見ていた。UMAやノストラダムスの予言、バミューダトライアングルなど、今考えてみると怪しい情報ばかりであったが、自分の住んでいる世界とかけ離れている世界を知ることはとても面白 [続きを読む]
  • No.3 Looking Back on My Life towards the Future
  • This ferry is operated by Korean company and most of the passengers are Korean. In addition, restaurants and many goods in shops a
    re Korean style. Although this ferry was still sailing in the territorial waters in Japan, I felt as if I was in a foreign country
    . I had been tired because I took many trains and buses so far, went to bed at early night. In the second day morning, this ferry
    was sailin [続きを読む]
  • No.3 明日に向かって振り返る
  •  この船が韓国を中心にして運行しているからなのか、旅客の大半は韓国人だ。また、船内のレストランや売店の商品の多くは韓国系である。まだ日本の領海内を航行しているとはいえ、既に異国に来ているような感じだ。連日移動を繰り返していたこともあり、この日は早々に床に着いた。二日目の朝、船は韓国領内を航行しており昼前には東海についた。ここで4時間ほどの滞在だ。看板や標識がハングルで書かれていることを除けば、日本 [続きを読む]
  • No.2 Dropping in and Going around
  • I arrived at the ferry terminal of Sakaiminato before sunset. The ferry departing here sails to Donghae, Korea and Vladivostok, Ru
    ssia. There used to be the other passenger ships from Yokohama, Niigata, and Toyama, Japan to some Russian cities, but now we can
    only take this ferry and the small ferry connecting Wakkanai, Japan to Sakhalin, Russia during summer. The grater part of overseas
    lines for [続きを読む]
  • No.2 道々、寄り道、回り道。
  •  境港のフェリーターミナルには夕暮れ前に到着した。ここから出る船は日本の境港と韓国の東海、そしてロシアのウラジオストクをつないでいる。かつては横浜や新潟、富山からロシアへ向かう定期船もあったが、現在はこの船と、稚内とサハリンをつなぐ夏季限定の定期船を残すのみだ。他にも韓国や中国、台湾への貨客船もあったが、大半は廃止されてしまった。日本から外国にいく場合、豪華客船に乗るというならいざ知らず、安価で利 [続きを読む]
  • No.1 Going on a Straight Railroad or a Winding Road
  • Where would I go if I took long holidays? If they were 1 week, I could visit Canary islands and see dragon’s blood tree. 2 weeks
    , could go to some villages which have Tibetan cultures located in the northern part of India. 3 weeks, could get to the Northernm
    ost place of European continent from Japan by only land and sea. 4 weeks …I can get numerous information from my smartphone held
    by my r [続きを読む]
  • No.1 真っ直ぐな線路と曲がりくねった道
  • 長い休みが取れたらどこへ行こう。一週間あれば、カナリア諸島に生える竜血樹を見に行ける。二週間あれば、インド北部にあるチベット文化圏を周れる。三週間あれば、陸路と航路だけで日本からヨーロッパ大陸最北端まで行ける。四週間あれば… 右手に持つスマートフォンを操作すれば情報は無限に出てくる。そしてそこから幾通りもの旅行プランを作り出せる。しかしこんなことをいくら考えてても、実現には程遠い。日本の多くの [続きを読む]
  • 過去の記事 …