まい さん プロフィール

  •  
まいさん: がんに負けない!〜家族にできることはなに〜
ハンドル名まい さん
ブログタイトルがんに負けない!〜家族にできることはなに〜
ブログURLhttp://befine.club/
サイト紹介文姉が卵巣がんになり、卵巣子宮全部摘出。再発し、抗がん剤治療中。完治を目指し様々な情報を集めています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供94回 / 79日(平均8.3回/週) - 参加 2017/07/27 09:44

まい さんのブログ記事

  • 意外と知らない!海外ではダメなのに日本ではOKな食品添加物とは?
  • スーパーで売られている加工食品の多くには、「食品添加物」が含まれています。 食品添加物は、食品が腐らせないこと食品の見た目や味や匂いを保つこと栄養価を高めること食品を加工する際に必要であることといった役割があります。 海外と比べると日本で許容されている食品添加物は多いです。 そこで海外ではダメなのに日本ではOKな食品添加物について調べてみました。 1. 海外と日本の食品添加物の安全基準は異なる?海外と日 [続きを読む]
  • G‐CSFの投与法
  • G‐CSFとは血液細胞は、造血幹細胞というおおもとの細胞から白血球赤血球血小板という3種類の細胞が分化、分裂して成り立っています。 各系統の細胞が分化、成熟していく過程で、特定のサイトカイン(細胞に特定の作用を及ぼすホルモン物質)が必要です。 一般細菌に対する免疫を担い、抗がん化学療法中にその減少が問題になる物質を顆粒救コロニー刺激因子と呼ばれて、成熟に必要となります。 1980年代後半にG‐CSFを人工的に [続きを読む]
  • 自律訓練法〜ドイツの精神科医
  • ドイツ精神科医シュルツの「自律訓練法」という言葉を聞いたことありますか? 広く普及しているリラクゼーション方法、自己睡眠導入方法なのです。 自律訓練法成立頭が涼しくなったり、脈拍が穏やかになったりとある特定の身体反応は、共通して発生しています。 これらの臨床的睡眠研究は、ドイツの大脳生理学者ファクトによって行われましたが、 それを基に同じくドイツの精神科医であったシュルツが「自律訓練法」として確立し [続きを読む]
  • 自律訓練法〜ドイツの精神科医
  • ドイツ精神科医シュルツの「自律訓練法」という言葉を聞いたことありますか? 広く普及しているリラクゼーション方法、自己睡眠導入方法なのです。 自律訓練法成立頭が涼しくなったり、脈拍が穏やかになったりとある特定の身体反応は、共通して発生しています。 これらの臨床的睡眠研究は、ドイツの大脳生理学者ファクトによって行われましたが、 それを基に同じくドイツの精神科医であったシュルツが「自律訓練法」として確立し [続きを読む]
  • 卵巣出血が起きたら
  • 女性の方が突然、激しい下腹部痛を感じたら卵巣出血のトラブルが起きている可能性があります。 妊娠に大きな関わりを持つ卵巣からの出血と聞くと これからの妊娠や出産に影響があるのではないかと心配になりますよね。 卵巣出血とは卵巣出血とは、子宮にある卵巣からの排卵時の傷などが原因で出血してしまうことを指します。 重症化すると出血によるショック症状がみられることもあるため、 急激な下腹部痛を感じたときにはでき [続きを読む]
  • 抗がん剤治療中の脱毛でもオシャレをしよう
  • 抗がん剤による脱毛脱毛自体は、抗がん剤の種類によって起こるものと、起こらないものがあります。 脱毛は起こる可能性があっても軽度のものもあります。 患者さんにとって、脱毛や吐き気があるものは強い抗がん剤、そうでないものは弱い抗がん剤と考える人がいますが、それは関係ないのです。 脱毛は、治療で抗がん剤を使用してから2〜3週間目から起こります。 通常、抗がん剤治療は何回か繰り返すので、治療を行っている間は [続きを読む]
  • 腰痛に隠れているいる病気もある〜受診のタイミング
  • 腰痛で卵巣が心配身に覚えのない腰痛に違和感を覚えた場合、卵巣に病気を抱えてしまっているかもしれません。 腰痛の症状を持つ病気は数多く存在しますが、 卵巣に関する病気も腰痛の症状を持っている場合もあります。 腰痛の症状がある卵巣の疾患を知って、早期発見を目指して下さい。 腰痛症状がある卵巣の疾患①ひどい腫れが起きる卵巣嚢腫卵巣嚢腫とは、卵巣にできる腫瘍の中で悪性ではないものを指します。 卵巣嚢腫には自 [続きを読む]