道徳の本屋さん さん プロフィール

  •  
道徳の本屋さんさん: 道徳の本屋さん 出版部日記
ハンドル名道徳の本屋さん さん
ブログタイトル道徳の本屋さん 出版部日記
ブログURLhttp://www.ecmoralogy.jp/diary
サイト紹介文道徳の本屋さんから発行される本の魅力を皆様にお届けします。
自由文新人出版部員が道徳の本屋さんから発行される本の魅力を皆様にお伝えすべくがんばっています。

http://www.ecmoralogy.jp/

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供292回 / 86日(平均23.8回/週) - 参加 2017/07/27 13:06

道徳の本屋さん さんのブログ記事

  • みちこ、笑ってごらん!―いのち壊れて輝いて
  • かとうみちこ著272頁 四六判 ISBN: 4-89639-045-8 死に場所を探す旅から、生き場所を探す旅への壮絶なドキュメンタリー。16歳で難病に冒された著者が、苦しみとは、病とは、生きるとは何かを現代に問う。 【主な内容】プロローグ「壊死」のはじまり地獄をのぞく少女第一章 揺らぐ”いのち”第一節 幼き日々第二節 反抗の思春期第三節 消えかかるともしび第二章 雪どけ第一節 旅立ち第二節 ぬくもり第三章  [続きを読む]
  • モラロジー生涯学習資料 第2号
  • モラロジー研究所出版部 編169頁 A5判 ISBN: 978-4-89639-221-0 モラロジーの本質に迫る学習資料 モラロジーの学習と最高道徳の実践に資する情報を提供。第2号からは『テキスト モラロジー概論』の学習の手引として、教材開発や講義の担当者によるポイント解説を連載。 【主な内容】〔廣池千九郎研究資料〕    真の安心平和と幸福と人間最後の勝利と万世不朽の基礎(廣池千九郎)〔総合人間学モラロジーと現代〕     [続きを読む]
  • モラロジー生涯学習資料 第1号
  • モラロジー研究所出版部 編176頁 A5判 ISBN: 978-4-89639-210-4 モラロジーの本質にいっそう踏み込んだ学習資料 「モラロジー・倫理道徳の専門的研究」と「生涯学習・実践活動」との現場をつなぎつつ、モラロジーの学習と最高道徳の実践に資する情報を提供します。 【主な内容】〔廣池千九郎研究資料〕    人間の真の安心ならびに幸福を得る方法(廣池千九郎)〔総合人間学モラロジーと現代〕    人心開発救済とスピリチ [続きを読む]
  • ニューモラル選集(2) 明るい職場 働く喜び
  • 広池学園出版部編199頁 四六判 ISBN: 4-89205-339-2 職場は、そこで働く人にとっては生活の基盤である。職場のあり方、人間関係、働くことの意味など、いろいろな問題について考える。本書は、既刊の『ニューモラル』から精選して、テーマごとに一冊にまとめ、『ニューモラル特選』として発行したものです。 【主な内容】あなたがつくる明るい職場あなたにとって勤労とは職場は自分を育てます売るのはあなたです伸びる心価値あ [続きを読む]
  • 日本文化と感性教育―歴史教科書問題の本質
  • 高橋史朗著184頁 四六判 ISBN: 4-89639-125-X 日本の歴史を貫く伝統文化の本質を日本人自身がどうとらえるかを考える書。日本文化の価値を感性という視点から再評価し、今日の教育荒廃を改める道を示す。 【主な内容】はじめに―歴史教科諸問題の本質とは何か第一部 日本文化の感性と歴史教育中韓の歴史教科書と日日問題戦後教育の問題点日本文化の特質の再発見第二部 二十一世紀を拓く感性教育今、なぜ感性教育なのか感性を [続きを読む]
  • 日本の心を伝える伊勢の神宮
  • 山中隆雄 著128頁 B6変型判 ISBN: 978-4-89639-146-6 伊勢に生まれ育った著者が、伊勢の神宮の伝統的な神事を通して、歴代天皇に受け継がれている大御心の存在を述べます。また、その根底にある日本民族の心の流れを再確認するとともに、歴代の天皇が掲げられた “理想の国づくり” を今日まで受け継いでこられた皇室の存在意義を示します。日本民族の精神を受け継ぐ原動力が伊勢の神宮に連綿として受け継がれてい [続きを読む]
  • 生涯学習ブックレット 日本の建国と発展の原動力
  • 所 功著64頁 A5判 ISBN: 4-89639-096-2 国家として2000年以上も存在し続けている日本。その「有り難さ」を再確認し、「日本を一つの大きな家族的国家として建設する」という建国の理想に思いをめぐらす。 【主な内容】「記念日」に対する国内外の意識「建国記念の日」のもつ意味世界の国々の成り立ち国が一つにまとまることの大変さ国が存在することの「有り難さ」人間と同じような国家の生命「生命体」の国家を支える人々の心 [続きを読む]