黒川あさひ さん プロフィール

  •  
黒川あさひさん: ゆるたん結婚生活
ハンドル名黒川あさひ さん
ブログタイトルゆるたん結婚生活
ブログURLhttp://www.krkwasahi.com/
サイト紹介文地味なオタクが夫婦仲良く暮らしていく秘訣や思ったことなどをまとめているイラストブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供43回 / 84日(平均3.6回/週) - 参加 2017/07/27 15:51

黒川あさひ さんのブログ記事

  • 愛知県の管理教育について振り返ってみた【高校編】
  • 以前、中学生時代の管理教育の話を書きました。www.krkwasahi.com今回は、高校時代にあった管理教育の話をしたいと思います。私の通っていた高校は、ほとんどの生徒が大学進学を目指すまあまあの進学校でした。生徒はそれなりに真面目でイジメも全くない、中学生のとき学校に行きたくなかった私にとっては夢のような学校でした。しかし、学校に縛られていたと感じていたことがいくつかありました。あいかわらず厳しい服装指 [続きを読む]
  • 個人的に歌詞がいいと思う歌謡曲を8曲選んでみた
  • 歌詞がいいと思う歌謡曲を8曲選んでみた前回、歌謡曲のランキングの記事を書きましたが、個人的に楽しかったので、今回は、歌詞が好きな曲を抜き出してみました。とはいえ、前回と同じように総合的に判断していますので、ご了承ください。www.krkwasahi.com 歌詞がいいと思う歌謡曲を8曲選んでみた 1.やさしさ紙芝居 水谷豊 2.めぐり逢いロマンス 伊藤敏博 3.陽だまり 村下孝蔵 [続きを読む]
  • はじめてJINS(ジンズ)でメガネを作ってみた
  • 6年ぶりにメガネを作ろう! ショッピングモール内の店舗は子連れでも安心! 完成したメガネがこちら! JINSメガネのメリット いらないメガネはリサイクルボックスへ JINSメガネのまとめ6年ぶりにメガネを作ろう!メガネとコンタクトレンズがないと生きていけないほど超ド近眼な黒川です。メガネ歴は15年。両親ともに近眼のメガネ一家なので、今までは、母が作るタイミングに合わせて、近所のメガネ屋さんに [続きを読む]
  • おじさん好きな私が「歳の差婚」に思うこと
  • 突然ですが、私はおじさんが好きです周りにはおじさん好きということで通している黒川です。芸能人でも同年代には興味がなく、好きになるのはおじさんばかり。阿部寛さん、舘ひろしさん、松重豊さん、遠藤憲一さんが私の中でトップ4(2017年8月現在)。私のおじさん好きの歴史中学校〜高校時代は、同級生には目もくれず先生が好きでした。♪それはせん〜せい〜好きと言っても、別に付き合いたい!とかそういうものではなく、な [続きを読む]
  • 人を見下す高学歴はなぜできあがるのか
  • クイズ番組に出演していた女子高生が「周りを見下している」と炎上先日『ネプリーグ』というクイズ番組を観ていました。この回では、灘、開成、洛南という超進学校に通う現役の高校生が出演していたのですが、その中の1人、洛南高校の女の子の態度にちょっと違和感を持ちました。ネットで検索してみると同じように思っている人が結構いて、ネット上ではちょっとした炎上騒ぎに。その彼女の態度ですが、簡単にいうと、周りの人を [続きを読む]
  • アナログからデジタルへ〜17年間の絵の進化録〜
  • お絵かき歴は約25年!?私は、物心ついたときからずっと絵を描いていました。今となってはたいして上手くもないですが、子供のころは絵で賞をとったりもしていました。一つ目は幼稚園のとき。紙をギザギザの形に切れるはさみを使って、折紙を切って貼ってセーラームーンの絵を作りました。母が応募してくれて、受賞したのは下の賞だったんですが、はさみをもらいました。次に、小2のとき。今でいうプリキュアみたいな幼児向けア [続きを読む]
  • 中学校に行きたくなかった私が日記を書いていてよかったこと
  • 中学校に行きたくなかった理由・体育会系の先生が怖い自他ともに認める大人しい性格でクラスに馴染めなかったので、「クラスで団結!何ごとも積極的に取り組もう!」という方針がとにかく嫌でした。体育会系の先生はそういうのを強要してくるので勘弁してほしかったです。▼そういや前回の記事にもこの記事を貼った…www.krkwasahi.com・カースト上位の人(特に不良やギャル)が怖い・仲良くできる人がクラスにいないスクール [続きを読む]
  • 愛知県の管理教育について振り返ってみた【中学校編】
  • ツイッターで、「中学校の校則でポニーテールが禁止」という投稿が話題になっていました。1000RT:【えっ】中学校でポニーテール禁止「うなじが劣情を誘うため」…理由に困惑広がるhttps://t.co/CFtsodgTS3他の学校では「透けて見えるブラ線が男子生徒の劣情を煽る」としてブラジャー着用が禁止になったという。 pic.twitter.com/0FuEaMaxS1— ライブドアニュース (@livedoornews) 2017年8月1日他の投稿も見ていく中で、「愛 [続きを読む]
  • 産後半年 旦那への思いはどう変わった?
  • 「子供が産まれてから旦那とよくケンカをするようになった」よく聞きますよね。しかし、出産するまで私はいまいちピンときていませんでした。「今のところ一応上手くやれてるし、出産後も大丈夫なんじゃないの?」と軽く考えていました。そして、出産して約半年が過ぎましたが…大丈夫じゃないです!!すみません、舐めてました。こんなにも変わるものなんですね。「夫婦仲良く」を目指して記事を書いているこのブログにこんなこと [続きを読む]
  • 産後初のヒトカラに行ってきました
  • ヒトカラに行くタイミングは今しかない! 今回初めて挑戦した曲 夜のヒトカラ 気になる料金は 出産後初のヒトカラでリフレッシュできましたヒトカラに行くタイミングは今しかない!息子は7ヶ月になり、だいぶ生活リズムが整ってきました。朝6時頃になると勝手に起床し、夜9時には寝かせています。よほどのことがない限り、そのまま朝まで寝てくれるのでかなり楽になりました。(なんてブログに書こうとしてたら、最近 [続きを読む]
  • シワシワネームな私がキラキラネームに思うこと
  • 息子の名前の漢字が叩かれている!?息子の名前に使われている漢字がネットで叩かれているのを知ったのは、息子が生後3か月くらいのときでした。「息子の名前の○という漢字はよくないのでしょうか?」という質問がネットにいくつか上がっているのを見つけたのです。「あれ、息子の名前と同じだ」と興味本位で回答を見ると批判の声が多数…なぜ、こんなにも叩かれているのかというと、悪い意味の熟語に使われていることが多いから [続きを読む]
  • らくがきまとめ(3)
  • もうどこまで載せたのかわからないくらい久しぶりなのですが、Twitterに載せていたらくがきまとめ第三弾です。たいして面白くない解説付きです。セーラー服と機関銃の橋本環奈ちゃんほんっと可愛い pic.twitter.com/V3S3ZqAPoj— 黒川あさひ (@krkw_asahi) 2016年3月10日環奈ちゃんかわいー!と思って勢いで描いた絵。うわ、目が大きすぎ…!?となったので、さっそくTwitterで弁解していた。物心がついたころからセーラーム [続きを読む]
  • 出産祝いに着ぐるみロンパースがおすすめな理由
  • 出産祝いに着ぐるみロンパースを貰いました大学時代の親友きたみちゃん(仮名)から出産祝いを貰いました。「微妙だったらごめんね」と何回も言っていたので、何だろうと気になっていました。届いたので中身を見てみると…ピカチュウの着ぐるみロンパース!! とピカチュウのスタイでした。実は、出産後にネットで可愛い着ぐるみを着ている赤ちゃんの写真を見て、「ポケモンの着ぐるみもあるのかな?」と検索して気になっていたので [続きを読む]
  • 夫婦間の話し合いで泣いてしまうときの対処法
  • 以前、こんな記事を書きました。krkwasahi.hatenablog.com「すぐに泣いてしまう自分が嫌だ」という話を書きました。読んでくださった方からコメントを頂きまして、とても参考になりました。ありがとうございました。あれからどうなったかというと、相変わらずすぐに泣いています。しかし、今までは泣いてしまうことで重い雰囲気になってしまったり、上手く話し合いができなかったりしていたのですが、最近は泣いてもちゃんと話し [続きを読む]
  • 無理しない子育てをしていくために生活を改める
  • 4月中旬のことですが、私が体調を崩し一週間ほど熱が下がりませんでした。最初はインフルエンザの検査をしたり、乳腺炎を疑い産婦人科に駆け込んだりと原因を突き止めるのに疾走していましたが、最終的に大きな病院で血液検査をして特に異常はなかったのでそのまま安静にしていたら治りました。ただの風邪だったと思います。確かに無理をしていた自覚はありましたが、旦那も仕事で大変そうだったのでなかなか家事などを頼めず…し [続きを読む]
  • 生後2〜4か月の息子まとめ
  • 生後2か月から一か月ごとに、体重や成長したことなどをイラストと一緒に描いてきました。Twitterに載せていたものですが、せっかくなのでブログにも載せていこうと思います。本当はもっと描きたいけど、せめて一か月に一枚ならできるかなと思い始めましたが、このペースがちょうどいいです(笑)本当にあっという間に一か月が過ぎていきますね…。生後2か月 (描いた日:2017.2.3)自宅に戻り、新生児訪問が終わってようやく自宅 [続きを読む]