愛妻家 さん プロフィール

  •  
愛妻家さん: 本当に健康になれるの?コウケントーの光線療法
ハンドル名愛妻家 さん
ブログタイトル本当に健康になれるの?コウケントーの光線療法
ブログURLhttp://kenko2015.seesaa.net/
サイト紹介文コウケントーの効能だけでなく、健康器具・家庭用医療器具や健康食品などについても
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供786回 / 365日(平均15.1回/週) - 参加 2017/07/27 21:08

愛妻家 さんのブログ記事

  • なかなか症状が改善しないという方へ 「個別サポートのご案内」
  • フクロウ式生活のとびら 入手方法から生活環境、食事、健康管理まで。 [ 誠文堂新...個別サポートは病院治療と光線治療を並行して行います。お互いに顔を合わさずに治療法を探し、症状改善を目指しますので、病院などでの検査結果や診断内容は非常に大切になってきます。顔を合わせないで治療ができるのかと思われる方もいるでしょうが、正確に病状などをお知らせいただくと大丈夫です。非常に客観的な観察が出来ますのでご安心く [続きを読む]
  • 「誰でもできること」をコツコツと続けるだけで人生が大きく変わるかも?
  • 超カンタン・癒しの手 2日で“気”が出る「レイキ」活用法 [ 望月俊孝 ]先日、友人から勧められた『夢をかなえる習慣力』という本を読んでいまして、次の言葉がとても気になりましたので紹介します。並の才能しかなくても、並はずれた情熱や習慣力で成功した人は世の中に多数います。ですので、才能や特別な資格がないという人も大丈夫です。光線治療をされている方には、大きい夢であれ、お手頃サイズの夢であれ、何らかの夢を持 [続きを読む]
  • 「悲しいこと」「つらいこと」「不利益なこと」に対しても感謝をする
  • なぜ、感謝するとうまくいくのか【電子書籍】[ 五日市剛 ]<自己愛を深める7つの方法>1、自分の失敗を寛大に受けとめる。自分を許すことができない人は、他人を許すことができない。2、ありのままを受け入れる。自分の限界を認められない人は、他人の欠点を受け入れることができない。3、鏡の中の自分に微笑んでみる。鏡の中の自分に笑いかけることができない人は、他人に心から笑顔を向けることができない。4、自分の中の可 [続きを読む]
  • 脊椎・脊髄の病気における手術前後の可視総合光線療法
  • 脊柱管狭窄症5万人が薬や手術に頼らず自分で治した!痛みナビ体操最新完全マスターD...可視総合光線療法は、多くの病気の術前術後に広く利用されています。手術など外科的治療を避けることができれば幸いですが、腫瘍、ガン、外傷などで手術が不可避の場合があります。光線療法を術前から実施することで血行を改善し、また免疫機能。抗病力を強化して術後の体力回復の促進、創傷治癒力を向上し、痛み・しびれ・麻痺など神経病状を [続きを読む]
  • 自宅の庭で傷めた右足靭帯損傷の痛みが約3カ月で改善する
  • ストレッチとほぐし動作 ケガを予防し、痛みをとる [ 石井三郎(ヨガ) ]私はもうすぐ喜寿(77歳)を迎える女性です。約3カ月前、庭の段差でドンと足をついて右足首とアキレス腱を痛めてしまいました。段々むくんできて、足首をそらせなくなり、歩くのが辛くなってしまいました。翌日、整形外科で検査を受けましたところ、骨折は免れましたが、足首の靭帯損傷と診断され、湿布をしてギブスで固定しました。約3週間で、むくみは [続きを読む]
  • 4つの光線治療例 ステージⅣの胃ガンで余命半年と言われた!
  • 希望への道 早期発見・早期治療胃ガン検診のすすめ/寺島悦子【1000円以上送料無料】■光線治療例 術後に腹膜転移が判明した治療例【その他の治療例】69歳の男性です。60歳時、胃ガンで胃の全摘手術を受けた。術後、腫瘍マーカーが下がらず腹膜転移が判明し、抗ガン剤の服用を開始した。光線治療器を持っていたので当附属診療所を受診し、1000−4008番を使用し治療を始めた。その後は腹膜転移は徐々に縮小した。抗ガ [続きを読む]
  • 胆管ガン・ 十二指腸乳頭部ガン・ 膵管内乳頭粘液性ガンと光線治療
  • その生活が“ガン”なのです あなたの病気の本当の原因は…… [ 宗像久男 ]■胆管ガン(がん研有明病院より)胆管は肝内と肝外胆管に分けられ、肝外胆管の途中で胆汁の一部を貯めておき濃縮する袋が胆のうです。これら肝内外胆管と胆のうをあわせ胆道と呼びます。胆管ガンは胆管から発生する悪性腫瘍で、発生した胆管の部位により、肝内胆管ガンと肝外胆管ガンの2種類に分けられます。普通胆管ガンと呼ばれるのは、主に肝外胆管に [続きを読む]
  • 睡眠不足や睡眠障害を光線治療で改善させる方法をお知らせします
  • 睡眠こそ最強の解決策である [ Matthew Walker ]光線療法の可視光線エネルギーは眼球を通過して視神経を介し生体リズムを調整する視交叉上核を通り、メラトニン、セロトニンの分泌を促進し、全身をリラックスさせ睡眠を促します。また、光線療法の温熱作用は全身の血液循環を改善し代謝を良くして、ホルモン分泌や自律神経系を整えます。これらの作用により痛みの改善やダメージを受けた細胞を回復させます。日常生活では朝起きた [続きを読む]
  • 胆道ガンと光線治療! 光線療法の光、熱エネルギーの抗ガン作用
  • 今あるガンが消えていく食事 超実践編【電子書籍】[ 済陽高穂 ]胆管、胆のう、膵臓などから発生するガンは診断時に進行している例が多く、手術可能でも難度が高く、患者の負担も大きくなります。さらに進行例では抗ガン剤治療の副作用で苦しむ場合もあります。光線療法は、手術前から充分に行うことで術後の回復を促進させ、術後の光線治療はガンの再発予防に寄与します。進行例で手術ができない場合、光線治療はガンの合併症や痛 [続きを読む]
  • 小倉智昭氏、3年来の膀胱がんで全摘手術へ!「根治を目指します」と
  • 膀胱ガン闘病記人生ポジティブに生きよう【電子書籍】[ 杉岡昇 ]フジテレビ系「とくダネ!」でメイン司会進行の小倉智昭氏(71)が膀胱(ぼうこう)がんによる膀胱全摘手術に踏み切ることを発表した。「2018年11月6日から今週いっぱいお休みをいただきます」と切り出した。私の体には膀胱がんがあります。ずっと前からあるんです。2年半前に内視鏡の手術をして膀胱がんを取りました。でも、浸潤がんと言って、筋肉層まで [続きを読む]
  • 胃ガンの手術を受けたあとに役立つ光線治療法
  • ガン絶望から復活した15人 こうしてガンの進行・再発を防いだ! [ 中山武 ]■光線治療例 胃ガン術後【治療例2】73歳の男性です。68歳時、心臓検査の際、血液検査でたまたま貧血が判明し、その原因が胃ガンであった(ステージⅠb)。腹腔鏡下手術を受け胃2/3を切除した。術後は食事が詰まる感じがあり、腹痛、腹部膨満感などダンピング症状があった。自宅に光線治療器があったので治療法確認のため当附属診療所を受診した [続きを読む]