あん様 さん プロフィール

  •  
あん様さん: Untitled〜暇潰し私的BLOG
ハンドル名あん様 さん
ブログタイトルUntitled〜暇潰し私的BLOG
ブログURLhttp://ansama1021.blog.fc2.com/
サイト紹介文ノンジャンルですが、主にブーツのエイジング記録として綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 86日(平均1.7回/週) - 参加 2017/07/28 10:27

あん様 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 猫 #1/Happy Birthday お猫様達♪
  • 本日10/21は2匹の猫の誕生日になります。正直、知人からのもらい猫と知人宅に住み着いたのら猫の2匹なので正確な日にちがわからず勝手にこの日に決めたワケですが。あんちゃんです。今日で4歳になりました。キジトラの♀で独身時代に職場の方の知人からもらいうけました。私には絶対的信頼があるのかとても甘えてくるのですが、妻にはあまり懐きません。猫パンチやら、「シャーッ!!」と威嚇されるそうです。来客があったら部屋か [続きを読む]
  • シューケアボックスが欲しくて。。。
  • 増えていくシューケア用品。汚れ落とし用のブラシや仕上げ用のブラシ。磨き用として色ごとにブラシ。クリームやワックスも然り。トレーディングポストさんの別注の例のアレ。あれが本当は欲しくてたまらなかったのですが、流石に4万もかけるなら、「新しい靴買うわ!」と言うことで、手頃なものがないものかと結構前から探しておりました。狙い目はやはり、「コスメボックス」。楽天市場などでも、いろいろと物色しお気に入り登録 [続きを読む]
  • 9月の靴の使用状況!
  • 北陸の天気は全国的にみると雨が多く、どんよりとした天気も多かったですが、ブーツ履いてないんじゃないかというほど履きまくりました。◆WOLVERINE1000マイル 7回・・・今年の5月に購入したので早くエイジングを進めようと最優先で履いております。やはりクロムエクセルレザーの為か、エイジングの進行が早いように思います。よい意味でヘタってきてます。◆ベックマンチェスナット 8回・・・これも今年の6月に購入したものな [続きを読む]
  • REGAL(リーガル)フルブローグ #1/インソール修理
  • リーガルのフルブローグ(ウイングチップ)。インソールがボロボロだった為、砺波イオンの「リアット」さんへ修理依頼。修理前の写真とり忘れました。夕方に出した為、即日は無理でしたが翌日には修理完了。ハーフインソールで1800円の税込み1944円でした。アッパーの黒ずみ(傷?汚れ?)がもう取れませんが、もう少しがんばってもらいます。 [続きを読む]
  • REDWING 2017年秋冬モデル発売開始!
  • 9月下旬の発売予定だった、レッドウィングの2017年秋冬の新商品が9月21日より販売を開始したようです。まずは、今作の目玉となるであろう、◆Beckman "Flatbox"(ベックマン"フラットボックス")3色展開で左から、STYLE NO. 9063 (レザー:ティーク・フェザーストーン)STYLE NO. 9060 (レザー:ブラック・クロ−ンダイク)STYLE NO. 9062 (レザー:ブラックチェリー・フェザーストーン)となってます。ここで気になるのが、9060番の [続きを読む]
  • WOLVERINE 1000 MILE BOOT W05299 #3/経年変化3ヶ月〜
  • 5月に購入した1000マイルブーツの経年変化記録3ヶ月目です。前回の記録からの使用回数は6回ほどになります。夏真っ盛りのこの時期にしてはかなりブーツを履いた日が多かったです。手入れは相変わらずブラッシングのみ。先日、新たに調達した豚毛ブラシも使いたいので近々クリームでも塗ろうかと思っております。[前回の記録]WOLVERINE 1000 MILE BOOT W05299 #2/経年変化1ヶ月〜レッドウィングのベックマンやセッターなど6インチハ [続きを読む]
  • ブリストルブラシ(豚毛)クリーム伸ばし用/BUY
  • 当方、一部のスムースレザーなどの革靴のクリーム伸ばしには毛先の短い馬毛ブラシを使ってますが、やはりワークブーツなどのオイルドレザーにはコシの強い豚毛ブラシが一番最適だと思います。先日新調。楽天市場にて4本まとめ買いしました。ドイツ ブリストルブラシ 豚毛(PURE BRISTLES)楽天市場での購入ですがオレンジヒールという、東京日本橋、渋谷に実店舗もあるお店です。ケア用品の取扱だけではなく、靴や鞄の修理、靴磨 [続きを読む]
  • 長く大事にブーツを履く為に必要なこと
  • グッドイヤー・ウェルト製法ハンドソーン・ウェルテッドと呼ばれる手縫いの製法を元に、米国のチャールズ・グッドイヤー2世がそれを機械化し確立した方法。名称は発明者から。 中底に貼り付けられたテープのリブと呼ばれる部分に甲革、裏革と細革と呼ばれる細い帯状の革(ウェルト)を縫い付け(掬い縫い)、その細革とソールと縫合する(出し縫い)。ソールと甲革が直接縫い付けられていないため(複式縫い)、ソールが磨り減った場合は [続きを読む]
  • REDWING BECKMAN 9013 CHESTNUT #3 クレム1925にてメンテナンス
  • 履いたらブラッシング。履かなくてもブラッシング。履き始めにオイルアップもしてなかったので補色も兼ねて手入れ。SAPHIR Noir(サフィール ノワール)」について1925年のパリ万国博覧会にてサフィールがレザーケア製品の品質で金賞を受賞して以来、継続的な研究と皮革製品や靴業界における世界的なトップブランドとの密接な協力関係によりサフィール・ノワール(MEDAILLE D’OR)は「プロフェッショナル」のためのレザーケア用品と [続きを読む]
  • Parboot BARTH AMERICA/パラブーツ バース アメリカ
  • Paraboot パラブーツ-「全ての製品に本物の信頼性と高い品質、そして魅力を」Parabootの創始者レミー・リシャールポンヴェールは1919年アメリカ滞在から1足のラバーで覆われたブーツと共に帰国しました。この"ブーツ"は彼に、ブラジルPARA港から直輸入された天然ラテックスを使用しラバーソールの靴を生産するというアイデアを与えました。よって「Paraboot」は自社の靴に用いるソールをも自ら製造する世界で唯一のシューズメーカ [続きを読む]
  • REDWING 9870 アイリッシュセッター ラウンドトゥ #1
  • 1952年に発売された8インチブーツ #877は、男性向けアウトドアブーツとして初めて、白くクッション性に富む底の平らなソール(今日のトラクショントレッドソール)を採用したことで、発売後すぐに大きな反響を呼びました。今日のアイリッシュセッターの基礎がここに出来上がったのです。この成功を得て、翌年からそのバリエーションの開発が始まりました。 1954年には、6インチブーツ#875と共に、チャッカ、プルオンブーツ、オック [続きを読む]
  • REDWING BECKMAN 9013 CHESTNUT #2 1ヶ月〜
  • 6月に手に入れたベックマンも早1ヶ月か経ちました。時期外れもあり、あまり履く機会がなかったです。外履きは3回ほど。あれだけ痛かった、左足も室内履きを暫くしていたお陰で改善。まぁ、ほとんど変わってませんね。アッパー部分に少しだけ皺が出来ました。でもまだまだキレイ。横から後ろから現在はブラッシングのみのお手入れ。梅雨明けて、夏が過ぎ、秋が訪れ、あ、その頃にでもクリーム塗りましょう [続きを読む]
  • 過去の記事 …