漢方養生伝道師さいたま市いわい薬局の竹部晃之 さん プロフィール

  •  
漢方養生伝道師さいたま市いわい薬局の竹部晃之さん: さいたま市大宮いわい薬局の体と心を整える漢方ブログ
ハンドル名漢方養生伝道師さいたま市いわい薬局の竹部晃之 さん
ブログタイトルさいたま市大宮いわい薬局の体と心を整える漢方ブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/benz4/
サイト紹介文体と心を元気に!ハッピーに!健康相談、お薬の相談ができる薬局です。
自由文大宮 さいたま市 いわい薬局 の竹部です。薬剤師・国際中医専門員の立場から、漢方、食事、運動 など…様々な健康情報を発信し、元気と笑顔をお届けできれば幸いです。無料相談のご希望はお電話にてご連絡ください。「初回相談の予約」とお伝えいただくとスムーズです。℡0120-624-101
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供85回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2017/07/28 16:33

漢方養生伝道師さいたま市いわい薬局の竹部晃之 さんのブログ記事

  • 日本の「漢方」は中国では通用しない?
  • 患者さんにとって最善のご提案ができるよう、日々努力したいと思います。昨日は月に一度の日本漢方勉強会に参加してきました! 新宿の「太陽堂薬局」さんのお店に夕方前からお邪魔し、みっちりお勉強('◇')ゞ写真はその後の懇親会です(これが楽しくて続いています(笑)) 関東を中心に、時には関西や九州からも熱心な若手が集まってきます。 漢方には日本独自の「漢方」と「中国漢方(正確には中医学)」があるのはご存知ですか?( [続きを読む]
  • 日頃から体が重だるく、頭痛もある女性の漢方症例
  • 40代女性 介護士(子供2人) 10年程前から体調に様々な変調をきたすようになりました。(原因は人間関係のストレス) 体が重く、やる気が出ない(朝がツライ)症状に加え、コメカミ〜首筋にかけての頭痛、みぞおちの痛み、胸やけ・吐き気、背中の痛み、顔の痒み、喉や胸の圧迫感、イライラ・ウツウツ感など症状は多岐にわたります。 花粉症や通年性アレルギーも気になります。減量も希望。 スポーツクリニックや内科で長年調整を [続きを読む]
  • ヒラメの後にマグロで痩せる!
  • やみくもに運動するよりも、効率的な方法を知ることは、健康維持にも役立ちます! 今日はダイエットにも健康にも有効な運動法についてご紹介します! 運動には有酸素運動と無酸素運動があります。 有酸素運動はウォーキング・水泳・自転車運動など無酸素運動はダンベル・スクワット・腕立て運動など では… ダイエットではどちらを先にやると効果的か?ご存知ですか?? 正解は… 無酸素運動→有酸素運動の順番! 無酸素運動は主に [続きを読む]
  • 「早寝は鬱予防の第一歩」
  • 健康の基本は「早寝早起き」朝できることは朝やろう! 台風や豪雨、地震等で被災された方々にとっては、まだまだご不便が多いかと思いますが、一日も早い復旧を心から願っております。 私の住むさいたま市は、いつも通りの生活が続いており、少し前までの猛暑が続く真夏に比べれば、だいぶ過ごしやすくなってきました。 今年の夏は本当に暑かったですね〜(*’ω’*) 夜もなかなか気温が下がらず、眠りの質も低下…クーラーを一晩中 [続きを読む]
  • ストレス性の胃痛に苦しむ女性の漢方症例
  • 少しづつ、食べることが出来るものも増えています。 30代 女性 主婦 元々胃腸が弱い体質であったが、半年ほど前から家族間のトラブルもあり、ストレスの為か胃の調子が悪い。 特にみぞおち辺りの刺すような痛みが度々あり、食欲も落ちている。激しい痛みではなく、食後などにジワジワと痛くなる。(お腹は下していない) 免疫性の持病もあり、日頃から疲れやすいことも気になります。比較的安全性の高い漢方薬での体質改善を希望 [続きを読む]
  • 意外と知らない「膝の痛みの養生法」
  • 「その痛みが無くなったら、あなた何をしたいですか?」 今回のテーマは「膝の痛み」についてです! まず… 膝痛に対する西洋学的な治療法は、主に対症療法が中心であり、お薬や施術後に痛みは一時的に楽になるものの、根本として改善していない例も多いのが現状ではないでしょうか? 膝の痛みで何年も病院へ通われているお年寄り…よく見かけますよね? ちなみに、東洋医学でのアプローチでは、炎症を取ることに加え、筋骨を強化す [続きを読む]
  • 繰り返す副鼻腔炎に悩む女性の漢方症例
  • 30代 女性 主婦 20代の頃から体調を崩すと悪化する「副鼻腔炎」に悩まされてきました。 特に季節の変わり目に悪化しやすく、黄色〜緑色の鼻水が大量にでることが増えています。お子さんを出産してからも変わりはなく。近年は抗生物質も効き目を感じなくなっています。 喉も弱く、咳が一度出始めると吐き気をもよおすほどの込み上げる咳が連続します。 また、同じころから頭痛も頻発しており、目の周り〜首の付け根〜コメカ [続きを読む]
  • 長年のうつ病とパニック症状に悩む女性の漢方症例
  • 高校生の頃から鬱症状が確認され、通院経験もある女性の漢方症例です。 20代女性 鬱病 パニック障害 学生の頃から心身の不調を感じるようになり、学校では自宅と保健室の行き来を繰り返してきました。卒業後は外で働くことはできず、実家の手伝いをして生活されています。 日頃から気持ちが悪くなる(食後の吐き気)、フワフワしためまい、不安感、便秘、疲労時の頭痛、日中の眠気などの症状が多数あります。 また、6年ほど前か [続きを読む]
  • 不安感の克服に向けて、前向きに取り組む女性の漢方症例
  • 今日は不安感に対する漢方症例のご紹介です。 服用を始めたばかりなので、まだ大きな変化はありませんが、前向きに取り組んでくださっています。 50代 女性 専業主婦 10年以上前から、焦りとイライラに加え、強い不安感に悩まされています。長年病院ではデパスを処方されてきましたが、継続して服用することにも抵抗を感じていたそうです。 一度、自分の力でお薬を辞めようとした時期もありましたが、体調が悪化して以来、ま [続きを読む]
  • うつ病からの回復を目指す女性の漢方相談
  • 一歩一歩ですが、少しづつ回復が期待できる症例です! 30代女性 元会社員(一年間休職中) 数年前に仕事のストレスがきっかけで精神的な苦痛を感じ、体調を崩すことが増えた。鬱病の一種と思われる。 朝が起きれないことが増え、ストレスが溜まると過食行動が目立つようになり、体重が一気に増える。その後は過度なダイエットで調整を繰り返していることも気になる。梅雨時や台風が近づくと、倦怠感や頭痛が辛い。 生理前になると [続きを読む]
  • 理由のない不安感…「強迫性障害」とは?
  • 不合理であると分かっているのにやめられない…。強迫性障害の特徴について 今日は若者に発症するケースの多い「強迫性障害」について解説いたします。この病気は、自分の心の中に”不安”や”不快”の感情が浮かび、それを振り払おうと思うのに、なかなか抜け出すことが出来ない"不安症"の一種です。 いったん強迫観念が湧き上がると、”病的な”不安や不快感に耐えられず、それを払拭したり中和したりするために「繰り返し行為」 [続きを読む]
  • 漢方薬って知ってはいるけど…本当に効くの?
  • 漢方薬は食事の延長!もっと身近に感じてほしい漢方のこと 皆さんは「漢方」と効いてイメージするものってありますか? 体に優しい・自然由来・体を根本から改善する…などの良いイメージから 苦い・価格が高い・怪しい…などマイナスなイメージまで(笑) 今日は少しでも「漢方」を身近に感じることが出来る内容をテーマに解説させていただきますね! そもそも漢方って本当に効くの?と疑いの目で見ている方も多いかと思います。(私も [続きを読む]
  • うつ病と生理痛に悩む女性の漢方症例
  • 長年の不調も少しづつ前進!「食・心・お薬」の大切さが実感できる症例 30代後半女性 事務職 10年程前からうつ病を患い一時休職。その後は徐々に回復し、仕事にも復帰できたが、昨年再発(職場で倒れた)通院を続けながら職場での業務をこなしていた。 体調面では気分の浮き沈み、胃腸が弱く下痢しやすい、浮腫み、生理前のだるさ、めまい、過食など様々な症状が気になるとのこと。 また、数年前より子宮筋腫も指摘されており、学 [続きを読む]
  • パニック障害を理解しよう!
  • 今日は誰もが罹る可能性のある「パニック障害」について解説いたします! メンタル疾患のカテゴリーには、病的な不安(あるいは恐怖)を主症状とする病気があり、「不安症」と総称します。 今回のテーマである「パニック障害(パニック症)」は、急性の強い不安発作(パニック発作)を特徴とする不安症の一種です。 パニック発作はなんの前触れもなく突然起こることがあります。 乗り物の中、人ごみの中、お店の中、あるいは一人で [続きを読む]
  • 長年の胃弱に悩む女性の漢方症例
  • 胃腸は健康を維持するための体の中心!毎日の養生が大切です! 大宮さいたま市いわい薬局の漢方薬剤師★竹部晃之です 今日は店頭の症例をご紹介します! 40代女性 会社員 3年以上前から胃の調子が悪く、体も疲れやすい。体温も35.5℃と低いので、代謝を上げて元気に生活したい。 日頃から空腹感が殆どない。胃が冷えた感覚あり、動きが悪い。食後に胃痛や吐き気を感じる。下痢はしておらず便秘気味。 気持ちも不安や憂鬱を感じやすい [続きを読む]
  • ミネラルとバランスってなぜ大事なの?
  • ミネラルがあなたの健康を守る! こんにちは!食養生指導を得意としています。恵美子先生です! 今回は知っているようで知らない「ミネラルの世界」について解説します! 突然ですが…人間の細胞って何個あるかご存知ですか? 正解は… 人は60兆(一説には37兆)の細胞の集まりです。凄いですね〜!地球の全人口が約73億ですから。全人口の8千倍以上の細胞が、規則正しく連携して一人の人間を形作っていく…もはや奇跡ですよね。 そして [続きを読む]
  • 円形脱毛症の漢方症例をご紹介
  • 仕事の意欲も上がり、以前よりも体調が良いと思います。 大宮さいたま市いわい薬局の漢方薬剤師★竹部晃之です 今日は当店のお客様「円形脱毛症」の症例をご紹介いたします。 20代 女性 保育士 二年前に現在の保育園に就職し、今年から担任のクラスをもつようになった。多忙な職場であるため、仕事を自宅に持ち帰ることもしばしば…心身共に疲れている実感があった。 ある日、頭髪の一部が抜けていることに気づき、病院にて診断 [続きを読む]
  • お肌を守る為にサングラス?紫外線がもたらす目の病気!
  •  毎日暑い日が続きますが?いかがお過ごしですか? 今年の紫外線対策は十分ですか?実は、お肌だけにクリームを塗るだけでは、日焼けを防ぐことはできません!当然ながら、目も日焼けをします。昼間は何でもなかったのに、夜になると涙がボロボロと出たり、目が痛くなったりしたことはありませんか?スキーでの雪目も同じですね。  また、恐ろしいことに、目に紫外線が入ると、外に露出していない部分の肌まで日焼け肌になります [続きを読む]
  • 男性会社員の「パニック障害」漢方症例
  • 不調が落ち着き、日常生活にも自信が持てるようになった男性 大宮さいたま市いわい薬局の漢方薬剤師★竹部晃之です こんにちは!今回は「パニック障害」と診断されたお客様の症例をご紹介します。 35歳 男性 会社員 半年ほど前から、突然押し寄せる不安感、動悸、息苦しさ、ふらつき、吐き気などに悩まされるようになりました。 症状が出るのは主に仕事中、電車の中…家にいる間は特に問題ないとのこと。学生の頃は全く同じよう [続きを読む]
  • 夏の養生法で酷暑を乗り切ろう!
  • 夏の疲れがボディーブローのように蓄積されている方が増えています。 大宮さいたま市いわい薬局の漢方薬剤師★竹部晃之です 先日、立て続けに我が家の子供達の体に異変が続きました(/ω\) はじめは次男が夜に高熱を出し、翌朝になっても熱は下がらず…(汗)体は元気そうだったので漢方薬で様子を見ましたがなかなか解熱しない為、いよいよ病院へ連れて行こうか?と思ったところ無事回復(^_-)-☆事なきを得ました。 やれやれと思 [続きを読む]
  • 不安障害ってなんだろう?
  • 「相談して良かった…」と思っていいただけるカウンセリングを目指して! 大宮さいたま市いわい薬局の漢方薬剤師★竹部晃之です 今日は当店でもご相談の多い「不安障害」について解説いたします。 不安障害とは、”不安”を主な症状とする精神疾患のことです。特定の対象や状況に対する不安や恐怖が過度に心を占めて精神的に苦しみ、状況を避けようとする回避行動により日常生活に支障が出ている状態を指します。病名としてはパニ [続きを読む]
  • パニック障害を克服しつつある女性の漢方症例
  • 夏休みの目標に向けて順調に回復中です! 大宮さいたま市いわい薬局の漢方薬剤師★竹部晃之です こんにちは!今日は「パニック障害」に悩むお客様の症例です。 30代 女性 主婦 まだ小さなお子様を子育て中の女性…学生のころに鬱の症状があり、メンタルクリニックを受診した経験があるものの、大人になってからは大きな症状は落ち着いていました。数カ月前から元々働いていた職場に復帰し、お子様を保育園に預けるようになったこ [続きを読む]
  • 慢性前立腺炎の漢方相談例
  • 日中の尿意が収まり、仕事への集中力が戻ってきました! 大宮さいたま市いわい薬局の漢方薬剤師★竹部晃之です 40代の男性より、「慢性前立腺炎」のご相談をうけました。 主な症状は ・頻繁な尿意と排尿後の残尿感・下腹部の違和感・会陰部の痛み などあり、約一ヶ月程前から症状が悪化したとのこと。最近は排尿時に膿のような粘液が出てくることも気になります。 夜中は尿意は無く、症状は日中に集中している。病院では抗生物質 [続きを読む]